産後 シミ。 産後にシミが増えた!毎日の簡単ケアでキレイな白肌へ!

【医師監修】産後にシミ・そばかすが増える、反対に消える原因は?

産後 シミ

出産を機にシミが増えた、シミが濃くなったとお悩みではありませんか? 念願のママになったと同時にシミが増えるなんて、いつまでも美しくありたい女性にとっては大問題です。 ではなぜ産後にシミが増えてしまうのか、対策方法とあわせて詳しく探ってみましょう。 すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。 前者のエストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、肌の水分量を高めることで肌のハリやバリア機能を保つ働きがあります。 しかし産後は、このエストロゲンの分泌が一気に減少します。 そのために肌のバリア機能が低下し、紫外線などの刺激によってシミができやすくなるのです。 その理由には、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンが深く関わっています。 そもそも妊娠中は、エストロゲンと共にプロゲステロンの分泌量も増加しています。 しかしプロゲステロンにはメラニンを作り出すメラノサイトを活性化する働きがあるため、妊娠中にもシミが増えやすいのです。 産後はプロゲステロンの分泌量もエストロゲンと同じように一気に減少しますが、妊娠前のホルモンバランスに戻るまでには半年から1年かかります。 そのため、産後もシミができやすい状態が続いてしまうのです。 産後に増えるシミの種類 産後に増えるシミは、大きく分けて2つに分類できます。 原因や特徴、改善方法がそれぞれ違うので、どちらに当てはまるのかチェックしてみましょう。 たとえ紫外線を浴びていなくても、メラニンを増やす作用のあるプロゲステロンの影響でシミができてしまうのです。 なお、妊娠性肝斑は輪郭がぼやけていて、左右対称にできる傾向があります。 ぼやっと現れるため、肌のくすみのように見えることも多いようです。 妊娠中や産後に紫外線対策を怠っていると、プロゲステロンの影響でいつもより大量にメラニンが生成され、濃いシミができてしまうのです。 なお、老人性色素斑は輪郭がハッキリしていて、紫外線が当たりやすいところにできます。 そして老人性色素斑は上でもお伝えした通り、紫外線が直接的原因になります。 産後のシミを作らないためには妊娠中から徹底した紫外線対策が必要です。 日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子、ストールや衣類などで紫外線をシャットアウトしましょう。 ただし産後の肌はバリア機能が衰えているため、とてもデリケートです。 刺激の強い日焼け止めを塗るとかえって肌荒れを招いてしまうので、敏感肌用の低刺激な日焼け止めを使うようにしましょう。 しかし産後1年ほど経っても肝斑が消えない場合は、トラネキサム酸の内服薬での治療が有効になります。 トラネキサム酸は体内から色素沈着を抑制する作用があるため、肝斑を改善する効果が期待できるのです。 しかし内服薬ですから、安易に飲むことはおすすめできません。 必ず病院で診察を受け、医師のもとで服用するようにしましょう。 肝斑の種類によっては、レーザーによる治療を行うこともできます。 その場合は、半年ほどかかっていた治療も短期間で済むでしょう。 ビタミンC誘導体、m-トラネキサム酸、カモミラET、天草エキスなど、低刺激な美白有効成分が入った化粧品で、優しくケアしてあげましょう。 なお、産後の肌はエストロゲンが減っている影響で乾燥しやすくなっています。 そのため、基礎化粧品は保湿効果が高いものを使い、そこに美白美容液をプラスすることをおすすめします。 特に肌のターンオーバーを促すビタミンA、メラニンの生成を防ぐビタミンC、血行を改善するビタミンEは、シミの予防や改善に効果的です。 以下のような食べ物に多く含まれていますから、積極的に食べるようにしましょう。 ビタミンA…レバー、うなぎ、にんじんなど ビタミンC…パプリカ、芽キャベツ、いちご、柿など ビタミンE…たらこ、うなぎ、かぼちゃ、ナッツ類など 産後は赤ちゃんのお世話で何かと忙しいもの。 しかし綺麗なママであり続けるために、こまめな紫外線対策やインナーケアでシミの予防・改善を図っていきましょう。

次の

出産後に増える顔のシミの原因はなに?産後にできるシミを消す方法について

産後 シミ

産後にシミやそばかすが一気に増えるのは、妊娠中に女性の体内で起こる変化によるもの。 ホルモンバランスの乱れが深く関係していると言われています。 私がシミ治療に松倉クリニックを選んだのは、ただシミを薄くするだけではなく、松倉院長とお話しするたびに感じる「美と健康は繋がっている」という実感を再び得たかったのと、松倉クリニックならではのロジカルなメソッドで元気に肌をよみがえらせたかったから。 とある日の午後、松倉先生にアポイントを取りカウンセリングをお願いすると、早速「松倉節」が炸裂しました。 「シミ治療って言うけれど、そもそもその人の遺伝子によって効果的なシミ治療のアプローチは異なるんだ。 それを無視して皆に同じ治療を進める一部の医師もいる。 それじゃダメなんだよ」と松倉先生。 「シミには2種類あってね。 1つはフェオメラニン。 肝斑もこれが原因で、このフェオメラニンにはレーザー治療は不向き。 もう1つはユーメラニン。 一般的なシミ……つまり老人性肝斑の多くは、黒い色のユーメラニンが原因なんだよ。 このユーメラニンは、レーザー治療が有効。 黒に反応するレーザーで処置すれば、しみが薄くなっていくというわけ」 などなど、「シミとは」というそもそもの話を教えてもらい、「ざっくりいうと、レーザーは老人性色素斑のようなピンポイントのシミに有効で、広い範囲のシミには光治療をするイメージだね。 それをその人の肌のタイプによってきちんとカスタマイズするのが大切なんだ」とのお言葉をメモメモ。 まずフォトフェイシャルは、月一回。 「顔全体に光エネルギーを当てる光治療(IPL)。 従来のIPLは肝斑に当てると逆に肝斑が濃くなるリスクがあったんだけど、最新のスーパーIPLは、危険波長域をカットしているので、肝斑にも照射が可能なんだよ」 塗る位置や塗り方などには細かい指示があり、まさにクリニックならではの外用美白ケア。 もちろん対面によるカウンセリングと医師の処方がマストなケアです。 間違えないよう、何度も看護師さんに塗り方を確認する私。 「数日で赤みが出てきて、2週間くらいで少しずつ皮膚が剥けてきます。 それを経て、みるみる肌が生まれ変わっていくのを実感できると思いますよ」 と看護師さん。 ロジカルに納得したい人、そして手間を惜しまず、とことんシミを撃退したい人。 そんな人にはやっぱり松倉先生だなあと思う今日この頃。 月1の光治療をしつつ、毎日内服薬を飲み、毎晩外用薬を塗り塗り・・・の合わせ技で、すっかり私の肝斑がうっすらとしてきました。 光治療は、1回だけでも効果はてきめん。 5日ほど経った朝、鏡を見ると消しゴムで消したみたいにシミが薄くなっていました。 「3回くらいで、このくらいになったらいいな」というレベルにもう達していて、びっくり。 すぐに効果が出ると、内服や外用薬ケアへのモチベーションも上がります。

次の

【医師監修】妊娠中はシミが増える?原因は?産後は消えるもの?

産後 シミ

産後にふと気づいたらシミやそばかすが急に増えたように感じることがありますが、妊娠すると増えやすいのでしょうか。 産後に増えるシミ・そばかすの原因とは 産後のシミやそばかすには、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れが深く関係しています。 肌のバリア機能の低下 妊娠中にはエストロゲンという女性ホルモンが増加します。 別名「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌のハリやツヤを支えるコラーゲンやエラスチンを維持して、肌の衰えの原因になる活性酸素の働きを抑制する作用があります。 産後はこのエストロゲンの分泌が急激に減ることで肌のバリア機能が低下して、外部の刺激を受けやすくなってしまうのです。 刺激を受けたことにより肌が炎症を起こすと、色素が沈着してしまうことがあります。 メラニン色素が作られやすい 妊娠中に活発に分泌される女性ホルモンのプロゲステロンは、胎児を成長させるための胎盤を形成し、子宮筋の収縮を抑制するなど妊娠において重要な役割を果たしています。 その一方で、シミやそばかすの素になるメラニンを生成するメラノサイトを活性化させてしまうという面があります。 そのため妊娠中はシミやそばかすが濃くなりやすいのです。 産後はプロゲステロンの分泌量が一気に減少してメラニンの生成は抑えられますが、ホルモンの分泌が妊娠前の状態に戻るまでには、出産から半年ほどかかります。 産後のシミを増やさないための美白ケア方法 妊娠中にうけた紫外線などの刺激による肌への影響やホルモンバランスの乱れは産後もしばらくは続くため、しっかりとケアをする必要があります。 肌を紫外線や刺激からから守る日焼け対策 シミやそばかすをさらに増やさないためにも、産後も日焼け止めクリームや帽子、日傘を活用した紫外線対策をきちんとしておきしましょう。 日差しの強い夏だけではなく、一年を通して紫外線を防ぐ必要があります。 美容液やクリームで美白ケア 産後の肌はとてもデリケートなので、肌に優しい油溶性甘草エキスやカモミラETといった低刺激の成分を含有する美白化粧品を使ってケアを始めましょう。 肌の新陳代謝を促進する成分は食事で メラニンの沈着を抑制するビタミンCや新陳代謝を促進するビタミンAを含む食品を意識的に摂取して、身体の内側からシミ対策をする方法もあります。 ビタミンCは赤パプリカやブロッコリーに、ビタミンAは鰻や鶏のレバーなどに多く含まれています。

次の