な ぎょ う へん かく 活用 古文。 古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ

カ行変格活用(カギョウヘンカクカツヨウ)とは

な ぎょ う へん かく 活用 古文

古典文法の動詞の活用で、古文の、ナ行変格 なぎょうへんかく 動詞の解説です。 ナ行変格動詞は、ナ変 なへん とも省略されます。 ナ行変格動詞の例は「往ぬ いぬ 」です。 「往ぬ」という動詞は「往なず」「往にて」「往ぬ。 」「往ぬる時」「往ぬれば」「往ね!」と、古典の日本語では変化します。 「なにぬねの」の五段を、珍しい形に活用しているので「往ぬ」はナ行変格活用動詞と呼びます。 ナ行変格活用動詞は「往ぬ」と「死ぬ」の2語しか存在しませんので、暗記してしまいましょう。 【古文動詞 往ぬ ナ行変格活用表】 活用形 語幹 活用語尾 識別方法 未然形 往 な ずを付ける 連用形 往 に てを付ける 終止形 往 ぬ。 を付ける 連体形 往 ぬる 物を付ける 已然形 往 ぬれ ばを付ける 命令形 往 ね !を付ける 古典日本語の動詞「往ぬ」は、ナ行変格活用動詞ですが、現代日本語の動詞「往ぬ」は五段活用動詞へと合流していきましたね。 の古文教材で、指導歴10年以下の講師が執筆しています。 【科目】 【領域】 【対応カリキュラム】 公立中学高校古典+ 【教材プリントダウンロード 小テスト用】 準備中 【対象生徒】 大学受験生 国公立高校生+私立中高一貫校生 高校受験生 【プロ家庭教師 依頼可能】 古文の文法対策講座を、プロ家庭教師にできます。 古文文法の動詞は、を学習して、それから、変格活用動詞を学習します。 変格活用動詞とは、・・ナ行変格動詞・ラ行変格動詞の、4種類です。 【ナ行変格活用動詞 解説】 変格活用 へんかくかつよう とは、珍しい活用をするという意味です。 ナ行変格活用 なぎょうへんかくかつよう とは、「なにぬねの」の段を用いて、珍しい活用をするという意味です。 ナ行変格活用動詞は、「往ぬ」と「死ぬ」の2語しか存在しません。 【古文動詞 往ぬ ナ行変格活用表】 活用形 語幹 活用語尾 識別方法 未然形 往 な ずを付ける 連用形 往 に てを付ける 終止形 往 ぬ。 を付ける 連体形 往 ぬる 物を付ける 已然形 往 ぬれ ばを付ける 命令形 往 ね !を付ける 活用語尾に注目すると「な・に・ぬ・ぬる・ぬれ・ね」と、ナ行の音が含まれていますね。 古典日本語の動詞「往ぬ」は、ナ行変格活用動詞ですが、現代日本語の動詞「往ぬ」は五段活用動詞へと合流していきましたね。 【古文動詞 死ぬ ナ行変格活用表】 活用形 語幹 活用語尾 識別方法 未然形 死 な ずを付ける 連用形 死 に てを付ける 終止形 死 ぬ。 を付ける 連体形 死 ぬる 物を付ける 已然形 死 ぬれ ばを付ける 命令形 死 ね !を付ける 活用語尾に注目すると「な・に・ぬ・ぬる・ぬれ・ね」と、ナ行の音が含まれていますね。 古典日本語の動詞「死ぬ」は、ナ行変格活用動詞ですが、現代日本語の動詞「死ぬ」は、五段活用動詞へと合流していきましたね。 ところで、現代日本語には往生 おうじょう という言葉があります。 この言葉は「生命」から「住ぬ」という意味なのですね。 【古典日本語と現代日本語 死ぬと死ぬ 活用表】 活用形 古典日本語 現代日本語 識別方法 未然形 死な 死な ず・ないを付ける 連用形 死に 死ん てを付ける 終止形 死ぬ 死ぬ。 を付ける 連体形 死ぬる 死ぬ 物を付ける 已然形 死ぬれ 死ね ばを付ける 命令形 死ね 死ね !を付ける 古典日本語でも、現代日本語でも、ナ行変格活用動詞は存在します。 しかし、古典日本語の「死ぬ」と、現代日本語の「死ぬ」は、まったく同じではないので、注意しましょう。 【古典動詞の識別方法】 1:変格動詞であるかどうか。 カ変・サ変・ナ変・ラ変かどうか 2:上一段動詞か下一段動詞であるかどうか。 3:未然形がア段の音になれば、その動詞は「四段活用動詞」である。 4:未然形がイ段の音になれば、その動詞は「上二段動詞」である。 5:未然形がエ段の音になれば、その動詞は「下二段動詞」である。 【古典動詞 どれを記憶するかしないか】 活用形 記憶 四段活用動詞 しない 上一段活用動詞 する 上二段活用動詞 しない 下一段活用動詞 する 下二段活用動詞 しない カ行変格活用動詞 する サ行変格活用動詞 する ナ行変格活用動詞 する ラ行変格活用動詞 する 【古典日本語と現代日本語 死ぬと死ぬ 活用表】 活用形 古典日本語 現代日本語 識別方法 未然形 ず・ないを付ける 連用形 てを付ける 終止形。 を付ける 連体形 物を付ける 已然形 ばを付ける 命令形 !を付ける 古典日本語でも、現代日本語でも、ナ行変格活用動詞は存在します。 しかし、古典日本語の「死ぬ」と、現代日本語の「死ぬ」は、まったく同じではないので、注意しましょう。 【ナ行変格動詞 活用形の識別】 以下の各文のうち、ナ変動詞の活用形を書け。 往にて 形 疾く とく 往ね! 形 往ぬめり。 形 今ぞ往ぬる。 形 鬼こそ死ぬれ。 形 死せば 形 死なば 形 【ナ行変格動詞 現代日本語訳】 以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。 古文:河内へ往ぬる人。 現代: 古文:死なぬ薬を食ふ。 現代: 古文:水におぼれて、死なば死ね! 現代: 古文:見ては、千年 ちとせ やいぬる。 現代: 古文:妹 いも がいぬれば、うち嘆く。 現代: 「往ぬ」は「いぬ」と平仮名で表記される場合もありますので、注意しましょう。 ---万葉集 1809--- 【古典日本語と現代日本語 死ぬと死ぬ 活用表】 活用形 古典日本語 現代日本語 識別方法 未然形 死な 死な ず・ないを付ける 連用形 死に 死ん てを付ける 終止形 死ぬ 死ぬ。 を付ける 連体形 死ぬる 死ぬ 物を付ける 已然形 死ぬれ 死ね ばを付ける 命令形 死ね 死ね !を付ける 古典日本語でも、現代日本語でも、ナ行変格活用動詞は存在します。 しかし、古典日本語の「死ぬ」と、現代日本語の「死ぬ」は、まったく同じではないので、注意しましょう。 【ナ行変格動詞 活用形の識別】 以下の各文のうち、ナ変動詞の活用形を書け。 往にて 連用形 疾く とく 往ね! 命令形 往ぬめり。 終止形 今ぞ往ぬる。 連体形 鬼こそ死ぬれ。 已然形 死せば 未然形 死なば 已然形 【ナ行変格動詞 現代日本語訳】 以下の古文を、現代日本語に訳しなさい。 古文:河内へ往ぬる人。 現代: 河内へ行った人。 古文:死なぬ薬を食ふ。 現代: 死なない薬を食べる。 古文:水におぼれて、死なば死ね! 現代: 水におぼれて、もし死ぬのであれば、死んでしまえ! 古文:見ては、千年 ちとせ やいぬる。 現代: 出会って、千年が過ぎただろうか。 いや、過ぎてはいない。 古文:妹 いも がいぬれば、うち嘆く。 現代: 女性が亡くなってしまったので、うち嘆いた。 「往ぬ」は「いぬ」と平仮名で表記される場合もありますので、注意しましょう。 ---万葉集 1809---.

次の

動詞の活用 ナ行変格動詞 ナ変とも省略

な ぎょ う へん かく 活用 古文

サ変動詞の構成 サ変動詞の多くは、のに「する」が付いた複合語である。 この他、をとするもの(例:「キャッチする」)、 の名詞+「する」の形のもの(例:「早起きする」)、擬態語+「する」の形のもの(例:「どきどきする」)が見られる。 「達する」「全うする」など、「する」の前の部分(語幹)が単独では単語として使われない形のものもある。 歴史的には、と「す」を複合した「重くす」「全くす」なども見られたが、現在の口語では「全うする」など語形の変化した形を除けば用いられない。 「する」を付けることでサ変動詞となるは、古くは動作性の名詞だけであったが、 近年は「煙草する」「お茶する」「学生する」「OLする」「青春する」「グルメする」「哲学する」「科学する」のように物や身分や抽象理念を表す名詞に「する」の付いた形も用いられるようになってきている(規範的な言い方として認められるところまでは行っておらず、揺れている用法と言っていいだろう)。 コンピュータの漢字変換ソフトウェアでは、後ろに「する」を続けることができる動作性の名詞を「サ変名詞」「ザ変名詞」などに分類し、ユーザによる辞書登録時もこれらを指定できるものがある。 語尾が濁音の場合 「論ずる」「重んずる」のように、濁音で活用するものもサ行変格活用の一種である。 これら「~ずる」型の動詞の活用は、サ変動詞「する」の1音目を濁音化したものが基本となるが、次の差異・特徴がある。 「する」には五段活用に由来する未然形「-さ」があるが、これに相当する形「-ざ」は通常使われない。 サ変型の活用形の他に、ザ行の活用形も使われている(例えば、「論ずる」に対する「論じる」)。 サ行変格活用の例 する(口語)• : し(-ない、-よう)、せ(-ず)、さ(-せる、-れる)• : し• : する• : する• : すれ• 語幹:発(はっ)• 連用形: -し• 命令形: -しろ、-せよ、 -しよ [ 要検証 — ] 愛する(口語) ここでは、五段活用の「愛す」の活用形と見なせる形も合せて示している。 語幹:愛(あい)• 未然形: -し(-ない、-よう)、-せ(-られる)、-さ(-ない、-ず、-せる、-れる)、-そ(-う)• 連用形: -し• 終止形: -する、-す• 連体形: -する、-す• 仮定形: -すれ、-せ• 命令形: -しろ、-せよ、-せ 論ずる(口語) ここでは、上一段活用の「論じる」の活用形と見なせる形も合せて示している。 語幹:論(ろん)• 未然形: -じ(-ない、-よう、-ず、-させる、-られる)、-ぜ(-ず、-られる)• 連用形: -じ• 終止形: -ずる、-じる• 連体形: -ずる、-じる• 仮定形: -ずれ、-じれ• 命令形: -じろ、-じよ、-ぜよ す(文語)• 未然形: せ• 連用形: し• 終止形: す• 連体形: する• : すれ• 命令形: せよ 変化の傾向 「愛する」・「解する」などの活用(口語)は、(「愛す」・「解す」など)になる傾向にある。 また「論ずる」・「感ずる」・「信ずる」などは、文語のに似ていて、上二段活用のようにになる傾向(「論じる」・「感じる」・「信じる」など)にある。

次の

ラ行変格活用

な ぎょ う へん かく 活用 古文

上の和歌は、「」という、在原業平 ありわらのなりひら がよんだ歌です。 昔の本は、このように昔の文字で書かれているので、教科書にのっている古文は、だれでも読み取れるように、私たちがいつも使っている字の形に直してあるのです。 古文は日本語で書かれた文章ですが、ふだん 、我々がつかっている日本の言葉とくらべると、使い方や意味がちがうところがたくさんあります。 ですから、これは私の高校時代の先生がおっしゃったことでもありますが、古文を勉強するときは、 外国語をあらたに勉強するような気持ちでのぞまなければなりません。 古典文法の活用と接続 古文をむずかしいと感じさせる原因は、 活用 かつよう と接続 せつぞく にあります。 活用とは、言葉の形が変わることで、活用するのは、 動詞 どうし ・形容詞 けいようし ・形容動詞 けいようどうし ・助動詞 じょどうし 、の4つだけです。 たとえば、「読む」という動詞は、「読まない」「読みながら」「読めば」というように、形が変化します。 古文にはこの形の変化に法則があるので、それを覚えるのです。 活用の覚え方 このサイトではほかのページで何度も書いていることなのですが、覚えるときのポイントがあります。 それは 音読 おんどく することと、指を使うことです。 なぜ音読が暗記に効果があるかと言うと、それは、さまざまな感覚をとおして、 脳に刺激を与えられるからです。 文字を目で追えば視覚が刺激されますが、声に出して言えば、自分の声を聞くことになるので聴覚も刺激されます。 また、自分の手を動かして文字を書きうつせば触覚も刺激されるので、書いて覚えることも有効な方法です。 それから、活用を覚えるときには 指を使うと便利です。 活用は、「未然 みぜん ・連用 れんよう ・終止 しゅうし ・連体 れんたい ・已然 いぜん ・命令 めいれい 」の6種類です。 これらを、この順番どおりに覚えます。 そのときに、それぞれの活用と自分の指を対応させてみましょう。 未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形 このようにすれば、実際に古文を読んで活用を考えるときに、簡単におこなうことができます。 それぞれの活用の意味は? 活用は6種類ありますが、それぞれどのような場合に使われるのでしょうか。 基本的な使い方を確認しましょう。 「ず」とくっついて否定をあらわしたり、「ば」とくっついて仮定条件をあらわしたりします。 用言とは「動詞・形容詞・形容動詞」のことで、「人がどのような動きをするのか」や、「ものがどのような様子なのか」などをあらわす言葉です。 いっぽう、つらなるとは「つづいていく」ことを意味するので、連用形は、 文を途中で切らないでつづける場合に使う形と言えます。 例)雨 ふりて、かさをさす。 (雨がふって、かさをさす。 例)雨 ふり、かさをさす。 (雨がふって、かさをさす。 ) 「て」を使う場合も、使わない場合も、意味は変わりません。 文をつづけるときに2つの連用形の使い方があることを確認しておきましょう。 例)書を 読む。 (本を読む。 体言とは名詞のことです。 人やもの、ことの名前をあらわす言葉です。 したがって、連体形は、 言葉を名詞につなげたりかけたりして説明する場合に使う形と言えます。 「ば」とくっついて原因や理由をあらわします。 例)雨 降れば、かさをさす。 (雨がふるので、かさをさす。 例)書を 読め。 (本を読め。 ) 最初に覚えるのは形容詞・形容動詞 活用する言葉を覚える順番は、 最初は数がすくない形容詞と形容動詞が良いと思います。 覚えることは形容詞の場合、 ク活用のみ、形容動詞の場合、 ナリ活用と タリ活用の2つです。 つぎに覚えるのは動詞 形容詞と形容動詞を覚えたら、こんどは 動詞を覚えましょう。 古文の動詞のなかで、数がたくさんあるのが、 四段活用 よだんかつよう ・上二段活用 かみにだんかつよう ・下二段活用 しもにだんかつよう です。 四段活用・上二段活用・下二段活用の動詞がたくさんある 種類のすくないものから先に覚えるので、最初に覚える動詞の活用は、不規則な変化をする 4つの変格活用 へんかくかつよう の動詞です。 つまり、カ行変格活用・サ行変格活用・ナ行変格活用・ラ行変格活用、まとめて言えば「 カサナラ変」です。 つぎに下一段活用 しもいちだんかつよう 、上一段活用 かみいちだんかつよう と覚えて、さいごに四段・上二・下二を覚えて完成です。 接続の覚え方 古典文法を勉強するうえで、接続は大切な知識です。 とくに、「 助動詞 じょどうし の接続の知識を整理できるかどうか」が、古文を得意科目にするか、あるいは苦手科目にしてしまうのか、ふたつの道の分かれ目でしょう。 接続とは? これから接続について説明しますが、その前に、ひとつ確認しましょう。 名詞は活用するでしょうか。 名詞も「形が変わるかどうか」という点で考えれば、たしかに、場合によっては形が変わると言えます。 たとえば、「たくろう」という名前の人がいるとして、彼にはいろいろなニックネームをつけられそうです。 「たくちゃん」「たっくん」「たく」などが挙げられるでしょう。 しかし、このような形の変化は、必要にせまられて生じるものではありません。 たくろう君を何とよぶか、それは自由なので、 必ずこの形でなければ許されないというわけではありません。 後ろの言葉が前の言葉の活用をきめる 上の場合、後ろの言葉がわがままなので、「自分は連用形接続の助動詞だから、前の言葉が連用形でなければくっつきたくない!」と言うようなものです。 とくに 助動詞は、それ自体が活用するうえに、「む」や「べし」のように、複数の意味を持つものまであるのでむずかしく感じられます。 したがって、助動詞を覚えるポイントは、意味の確認を後まわしにして、 接続を最初に覚えてしまう、ということです。 助動詞を接続ごとに分類してから、その後でそれぞれの意味を確認していくことで、まよわずに勉強をつづけることができます。 また、意外と見落とされがちなのが、 助詞です。 同じ語でありながら、接続によって意味が変わるものもあるので注意が必要です。 たとえば、さきほど活用のところで少し説明した接続助詞の「ば」ですが、これも直前の言葉の活用によって意味が変わります。 未然形につけば 「~ならば」と訳しますが、已然形につけば 「~なので」「~すると」などと訳します。 助詞それ自体は活用しませんが、助動詞のように前の語の活用を決めるはたらきをするので、接続もしっかり確認しましょう。 古典文法は基本が大切 以上のように、古典文法は活用や接続など、基本的なことをきちんと正確に覚えることが大切です。 一日ですべて覚えることはむずかしいですが、少しずつ覚えていけば必ず古文を読めるようになります。 活用と接続に注意して古文の勉強をすすめていきましょう。 余談ですが、サンスクリット語という古いインドの言葉は、名詞も曲用(きょくよう)と言って、必要にせまられて変化します。 これをすべて覚えるのは非常に大変なので、日本の古文はサンスクリットにくらべれは簡単なのです。 基礎から見なおして古文を得意科目にしてしまいましょう。 おすすめの古文単語帳もチェック 難関大学レベルの古文の問題にも対応できる単語帳をあわせて確認しましょう。 ndl.

次の