鶏 つくね レシピ。 鶏ひき肉レシピ【人気15選】つくれぽ1000越だけ!1位は?鶏そぼろやつくねなどの簡単料理も

感動食感の鶏つくね

鶏 つくね レシピ

料理研究家・きじまりゅうたさんに、「マンネリ化した定番料理が家族に飽きられ気味で困っている」という人へ、ちょこっとアレンジで飽きさせない「味変メソッド」を教えてもらいました。 鶏つくねの味変メソッド:メインの肉おかずは白飯に合う「男子受けする味つけ」が基本! ヘルシーなのにボリュームを出しやすい「鶏つくね」。 味つけ次第でレパートリーを増やせるおすすめのおかずです。 「旦那さんや育ち盛りの子どものお腹を満たすためには、メインはやっぱり肉。 ひき肉を練り、Aと玉ねぎを混ぜる。 フライパンに油を引いて、スプーンなどで8等分して丸めて並べ、火にかける。 焼き色がついたら裏返して蓋をし、弱火で5分ほど蒸し焼きにする。 疲れているときも、酢の力で食欲UP。 このたれで… 唐あげに絡めて 酢鶏にしてもよし 冷凍唐あげや、たくさん揚げたときの残りを次の日のおかずにするとき、この餡をかけて味変え。 酢鶏にして連日同じおかずを回避。 定番のつくねのイメージを一変させる味付けは、やみつきになること間違いなし。 このたれで… おひとり様タッカルビにも 鶏肉をこのたれで下味をつけ、ホットプレートで野菜と一緒に焼き、残りのたれを回しかけてチーズをのせます。 〆はご飯でどうぞ。 料理研究家・ きじまりゅうたさん NHKの番組や各メディアでも活躍中の料理研究家。 簡単なのに家族を満足させる家庭料理や、あるものだけで即席料理を考案もお得意。 Mart2020年6・7月合併号 テレビでもおなじみ 驚異のアレンジ力! 「またこれ?」と言わせない きじまりゅうたの味変メソッド より 料理/きじまりゅうた 撮影/北川鉄雄 取材・文・フードスタイリング/加藤文惠 構成/富田夏子.

次の

【料理研究家・きじまりゅうたさんレシピ】定番の味が変わる!「鶏つくね」の味変メソッド

鶏 つくね レシピ

焼き鳥屋さんでお馴染みのつくね串を、鶏ひき肉を練って作ります。 今回、作り方を少し工夫しまして、鶏ひき肉の一部を鶏そぼろにしてから作りました。 鶏つくねやチキンボールは柔らかさを出すために鶏皮や鶏脂を使うことが多いですが、これはそれらを使わないのでヘルシーな鶏つくね串です。 焼き鳥 つくね串の作り方 まずは作り方動画をご覧ください。 木べらで混ぜながら熱を入れ、固まってきたら、木べらでほぐすようにして混ぜます。 細かいそぼろ状になるまで、木べらでほぐしながら炒め、ほぐれたらAを加え、水気がなくなるまで炒めたら火を消しておきます。 2)大きめのボウルに鶏ひき肉450gとBを入れ、粘りが出るまで練ります。 粘りが出たら、1)の鶏そぼろを混ぜます。 3)大鍋に1. 5リットルの水と昆布、日本酒を入れて煮立たせます。 手にサラダ油(分量外)を薄く塗り、2)のタネをつかんで親指と人指の間から押出し、スプーンで掬って湯に落とします。 スプーンにも薄くサラダ油を塗っておくとくっつきません。 湯に落として10分ほど茹でたら火を消します。 そして、鶏つくねを湯に浮かべたまま冷まし、冷めたらザルにあげて水気を切ります。 4)焼き鳥のタレを作ります。 Cを鍋、もしくは小さめのフライパンにいれて弱火にかけます。 時間をかけて沸騰させ、昆布が伸びたら取り出します。 その後、中火で少しとろみが付くまで煮詰めたら、焼き鳥タレの出来上がりです。 5)水気を切った鶏つくねを焼き鳥用の竹串で刺します。 3個づつ刺しましょう。 8本くらいできるので、半分をタレ焼き、半分を塩焼きにします。 オーブントースターで焼きます。 タレ焼きの方はそのまま、焼き目がつくまで焼き、塩焼きの方は塩と旨味調味料をお好みでふって焼きます。 タレ焼きの方は、焼き上がった焼き鳥をタレに絡めましょう。 皿に盛り付けます。 塩焼きの方にはレモンを添えます。 お好みで一味唐辛子をつけて頂きます。 焼き鳥つくね串のできあがりです。 つなぎ少なめ、油分少なめ、鶏ひき肉主体で作った焼き鳥つくね串は、噛めば噛むほど旨味がジワ~っと出てくる感じです。 タレ焼き、塩焼き、どちらも美味しいです。 タレ焼きはご飯のおかずでもいける感じで、塩焼きの方は鶏の旨味が強く印象に残る味です。 鶏そぼろから作るのが手間ですが、時間があるときにでもお試しください。

次の

鶏ひき肉レシピ【人気15選】つくれぽ1000越だけ!1位は?鶏そぼろやつくねなどの簡単料理も

鶏 つくね レシピ

焼き鳥屋さんでお馴染みのつくね串を、鶏ひき肉を練って作ります。 今回、作り方を少し工夫しまして、鶏ひき肉の一部を鶏そぼろにしてから作りました。 鶏つくねやチキンボールは柔らかさを出すために鶏皮や鶏脂を使うことが多いですが、これはそれらを使わないのでヘルシーな鶏つくね串です。 焼き鳥 つくね串の作り方 まずは作り方動画をご覧ください。 木べらで混ぜながら熱を入れ、固まってきたら、木べらでほぐすようにして混ぜます。 細かいそぼろ状になるまで、木べらでほぐしながら炒め、ほぐれたらAを加え、水気がなくなるまで炒めたら火を消しておきます。 2)大きめのボウルに鶏ひき肉450gとBを入れ、粘りが出るまで練ります。 粘りが出たら、1)の鶏そぼろを混ぜます。 3)大鍋に1. 5リットルの水と昆布、日本酒を入れて煮立たせます。 手にサラダ油(分量外)を薄く塗り、2)のタネをつかんで親指と人指の間から押出し、スプーンで掬って湯に落とします。 スプーンにも薄くサラダ油を塗っておくとくっつきません。 湯に落として10分ほど茹でたら火を消します。 そして、鶏つくねを湯に浮かべたまま冷まし、冷めたらザルにあげて水気を切ります。 4)焼き鳥のタレを作ります。 Cを鍋、もしくは小さめのフライパンにいれて弱火にかけます。 時間をかけて沸騰させ、昆布が伸びたら取り出します。 その後、中火で少しとろみが付くまで煮詰めたら、焼き鳥タレの出来上がりです。 5)水気を切った鶏つくねを焼き鳥用の竹串で刺します。 3個づつ刺しましょう。 8本くらいできるので、半分をタレ焼き、半分を塩焼きにします。 オーブントースターで焼きます。 タレ焼きの方はそのまま、焼き目がつくまで焼き、塩焼きの方は塩と旨味調味料をお好みでふって焼きます。 タレ焼きの方は、焼き上がった焼き鳥をタレに絡めましょう。 皿に盛り付けます。 塩焼きの方にはレモンを添えます。 お好みで一味唐辛子をつけて頂きます。 焼き鳥つくね串のできあがりです。 つなぎ少なめ、油分少なめ、鶏ひき肉主体で作った焼き鳥つくね串は、噛めば噛むほど旨味がジワ~っと出てくる感じです。 タレ焼き、塩焼き、どちらも美味しいです。 タレ焼きはご飯のおかずでもいける感じで、塩焼きの方は鶏の旨味が強く印象に残る味です。 鶏そぼろから作るのが手間ですが、時間があるときにでもお試しください。

次の