アフターピル 購入 方法。 アフターピルは薬局で市販なし?Amazonや楽天で即日通販は可能?

アイピル通販|避妊薬|即日発送|お薬なび

アフターピル 購入 方法

2018-06-24 更新 こちら、海外薬局公式ブログでは、お薬に関する情報をご紹介していきます。 今回は私、海外薬店スタッフの斉藤がアフターピルの購入方法などを詳しくご紹介していきます。 アフターピルとは、「避妊具が壊れてしまった」「避妊をせずに性行為をしてしまった」など、避妊に失敗した性行為後に服用するお薬で、ホルモンバランスを調整する事で、生理を誘発したり、避妊率を高める事が出来ます。 行為後から時間の経過と共に避妊率は低下していき、行為後直ぐに服用した方が良いお薬です。 主に日本国内で処方されているアフターピル、ノルレボ錠を使用した避妊率です。 直後 ~12時間以内:約99. 失敗直後から12時間以内に使用すれば、かなり高い確率で避妊に成功する事が出来ます。 1日目、2日目、3日目と時間が経過する毎に、避妊率は大幅に低下します。 アフターピルは処方薬に分類される為、薬機法 旧薬事法 では、医師による処方せんが必須となるお薬です。 通常であれば産婦人科に行き、医師の診察を受けて処方されるお薬となります。 しかし、日本の現状では複数の問題点が重なってきます。 駅前にある薬局やドラッグストアでは在庫があったとしても、購入するには処方せんが必要です。 また、今ではネット通販でも薬は購入できます。 Amazonや楽天などの通販サイトでは、即日又は翌日には荷物が届くサービスをおこなっていますが、処方せんが必要な医薬品は販売しておりません。 それでは、アフターピルは何処に行けば購入出来るのでしょうか。 基本的には、産婦人科などの病院でアフターピルは処方可能です。 しかし、全ての病院でアフターピルを取り扱っているわけではありません。 一部の産婦人科ではアフターピルの取扱がない病院もありますので、来院前に処方が可能かどうか確認する必要があります。 1番大きな問題点としては、アフターピルが必要になるタイミングです。 週末や連休前の深夜に必要となる方が多くなりますが、その時間帯は産婦人科などの病院は閉まっています。 繁華街などにある産婦人科では、昼間であれば土日祝も営業している所もありますが、ごく一部です。 金曜の夜に必要になってしまった場合、病院の開く月曜日の朝まで、2日以上かかりますので、その間に避妊率が大幅に低下してしまいます。 また、直後に使用する場合、手元にアフターピルが予め必要となりますが、病院では必要のない状態でアフターピルを事前に処方してもらう事は出来ませんので、必ず避妊失敗後に来院しなければなりません。 海外では、薬局での市販や、自動販売機などによる販売によって、事前に購入して常備したり、必要なタイミングで直ぐに購入できる環境が整っている為、この様な問題点はありません。 薬局でアフターピルを市販するか検討もされましたが、見送られました。 テレビ電話などを利用したオンライン診療の規制緩和によって、アフターピルなどの処方も期待されていますが、原則としてオンライン診療は対面診療のサポートとしてではないと利用が出来ないため、対面が可能であればオンラインの必要がなくなるので、現在のガイドラインでは厳しいでしょう。 以上の事からも、避妊に失敗した性行為後直ぐに使用する必要があるアフターピルですが、日本ではまだその環境が整っていないのが現状です。 それでは避妊に失敗した場合、どの様な購入方法が、1番避妊率を高くアフターピルを使用できるのでしょうか。 実は日本の法律でも、病院以外にアフターピルを購入する方法があります。 それは、医薬品の個人輸入です。 海外の医薬品を個人で利用する場合、自己責任となりますが処方せん不要で輸入する事が法律でも認められています。 私共海外薬局では、そういった海外の医薬品を通販と同様に購入できるよう、輸入代行としてサポートさせて頂いております。 個人輸入を利用する事で、アフターピルを事前に常備薬として購入する事が可能です。 そうする事で、病院の開いている時間を気にせずに、深夜でも避妊に失敗した性行為直後~12時間以内に使用する事ができ、約99. また、ノルレボ錠と同効果のジェネリック薬であるアイピルであれば、病院で1回分の処方料1万円~2万円の費用を、800円~1. 213円に抑える事が出来るので、経済的にもお得に購入ができます。 しかし、個人輸入にもデメリットがあります。 それは、海外から送る為、荷物が到着するまで時間がかかるという事です。 海外薬局では少しでもお荷物の到着を早く出来るように、即日発送にも対応しています。 最短で4日~5日程度、平均すると1週間前後でお荷物が到着しているような状況です。 これは、海外からのお荷物のため、税関で出国と入国の2回、通関のチェックが入るために時間がかかってしまいます。 つまり、必要になった状態でアフターピルをこれから購入しようとした場合、アイピルでは荷物の到着が最短でも4日以上必要なため、間にあいません。 今手元にアフターピルがない状態で必要な方は、第1選択としてアフターピルを処方可能な近くの産婦人科をお探し下さい。 費用や都合などがどうしても合わず病院では対応できない場合、最新のアフターピルであるエラを購入される方が増えています。 エラは海外で普通に処方されているアフターピルですが、日本ではまだ未承認の為、まだ処方してくれる病院が少ないです。 エラは最新のアフターピルなので、避妊効果もノルレボ錠より高くなっています。 また、5日以上時間が経過したからといって、諦めるのはまだ早いです。 通常、行為から受精した卵子が子宮に着床する 妊娠 までの時間は、10日前後かかるので、既に妊娠している状態でなければ、まだ避妊を高める事は可能です。 時間の経過と共に、避妊効果も低下していきますが、何もしないより遅れてでもアフターピルを使用したほうが、避妊効果を高める事が出来るのです。 海外薬局では、通関のお手続きがある為、何日までに配送を保証するといった事は行えませんが、お電話などでご注文の際に、お急ぎのご事情をお話いただければ、少しでもお荷物の到着が早められるように、最大限の努力はさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

次の

【低用量ピル通販】正規品を最安値で安全に購入する

アフターピル 購入 方法

アフターピルの購入方法 アフターピルがすぐに必要な時とは、どのような状況でしょうか? ・性行為中、コンドームが外れてしまった場合 ・性犯罪の被害に遭った場合 ・合意無く、性行為に至った場合 ・膣内射精をした場合 ・経口避妊薬を服用し忘れた上で、避妊せずに性行為に及んだ場合 上記の場合のいずれにせよ、望まない妊娠を防ぐために、アフターピルがすぐ必要な状況であることは間違いありません。 女性の身体を守るために すぐにアフターピルを入手せねばなりません。 では、どのようにしてアフターピルを入手すれば良いのでしょうか。 病院で処方してもらう 病院やクリニックなどの医療機関にて、医師の診察の下で処方してもらう方法です。 医療機関で処方してもらうメリットとデメリットをお伝えしていきましょう。 【メリット】 この方法が 最も安全かつ最速入手が可能です。 医師の適正な診察の下で処方箋が発行されます。 薬局にて薬剤師が調剤して投薬するのです。 不安なことや疑問点は医師や薬剤師に確認出来るので、安心して正しく服用することが可能です。 診察後、すぐに処方してもらえるので、即日入手出来ます。 【デメリット】 デメリットとしては、匿名性が失われることです。 「誰にも知られずにアフターピルを購入したい」という方には心理的に厳しいかもしれません。 しかしアフターピルは医薬品です。 正しく服用するためには医療機関にて処方してもらうようにしましょう。 通販サイトを利用する 通販サイトでもアフターピルは出回っているようです。 通販サイトで購入するメリットとデメリットをお伝えしていきましょう。 【メリット】 誰にも知られずに購入出来ることです。 匿名性が保たれます。 【デメリット】 デメリットも沢山あります。 正規品ではなく 粗悪品に当たってしまう可能性も否定出来ません。 医師の診察を受けずに服用するので、ひどい副作用が出たとしても自己責任です。 「望まない妊娠が防げなかった上に、重篤な副作用が出てしまい、結局医療機関へ行くハメになった」なんて、一番避けたい最悪の事態ですよね。 一瞬の手間を惜しみ、後悔は一生…なんてことにならぬようにしたいものです。 さらに、どんなに早い通販サイトを利用したとしても最短で翌日の午前着でしょう。 翌日午前着で指定したのに、輸送トラブルで到着が大幅に遅れるということも可能性の一つとして考えられます。 一刻も早く服用せねばならないアフターピルですが、 入手までに通販サイトは時間がかかります。 アフターピルを購入する場合の注意点 アフターピルは、ビタミン系サプリなどと違って気軽に入手出来るものではありません。 れっきとした医薬品です。 最善かつ最良の方法で入手しましょう。 病院やクリニックなどの医療機関にて処方してもらう方法がベストです! 通販サイトは利用しない 上述の通り、 アフターピルは「医療用医薬品」です。 医師の判断の下、薬剤師が調剤して投薬されるべきものです。 素人が訳も分からず購入するべきものではありません。 極端な例ですが、「抗ガン剤」をガン患者が、自分の判断で選んで通販サイトで購入することは絶対にありませんよね?「抗ガン剤」は副作用が物凄く強く、場合によっては副作用で死に至ることも有り得ます。 医師や薬剤師などの専門家以外に使いこなすことが絶対に出来ないからです。 アフターピルも同様です。 「抗ガン剤」ほどの副作用は無いにしろ、素人が使いこなすにはリスクが高いのです。 アフターピルの副作用は「吐き気」「倦怠感」「頭痛」「稀に重篤な肝障害」などがあります。 副作用についての知識や初期症状について、医師や薬剤師より説明を受けた上で服用するようにしましょう。 通販サイトは正規品ではなく粗悪品も出回っているようです。 万が一粗悪品を服用してしまい、望まない妊娠を防げないだけでなく、何か重篤な症状が出てしまったとしたら。 本末転倒と言えるでしょう。 ぜひ、アフターピルは、病院やクリニックなどの医療機関で処方してもらうようにして下さい。 副作用が少ないのは「ノルレボ法」 「ノルレボ法」で使用する「ノルレボ錠」は、2011年に初めて日本で発売された「緊急避妊薬」です。 「ノルレボ錠」は排卵を遅らせること、受精卵の着床を阻害することが可能です。 比較的副作用が少なく、一般的な方法が「ノルレボ法」となっております。 とは言っても、副作用がゼロではありません。 「吐き気」「頭痛」「倦怠感」は出やすい副作用と言えます。 薬の効果効能が体内から消失すれば、これらの副作用も消えていきます。 「ノルレボ法」のお値段ですが、保険適応外です。 診察料込みで15,000円前後が相場となっているようです。 ノルレボ法に使用されるノルレボ錠についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 72時間以内に処方してもらうことが必至 性行為後、 72時間以内に「ノルレボ錠1. 5mg」を一錠、一回のみ服用します。 少しでも早く服用することが、避妊効果を高めます。 素人が知識無く服用するには、とてもリスクが高い医薬品です。 通販サイトで出回っているようですが、本来なら市販されるべきものではありません。 何故、市販されているのか、著者自身疑問でもあります。 アフターピルの処方に、保険証は必要? アフターピルは薬価未収載であり、 保険適用外です。 すなわち、医療機関でも自費診療となります。 値段は医療機関によって異なってきます。 相場は15. 000円前後です。 クレジットカードが使用出来る医療機関も増えています。 保険証は自費診療には必要ありません。 医療機関によっては、念のために保険証の提示を求められるところもあるようです。 受診前に医療機関に問い合わせておきましょう。 アフターピルはドラッグストアで購入出来る? アフターピルは「医療用医薬品」です。 ドラッグストアで販売することは出来ません。 保険調剤薬局でも、医師の処方箋無しに調剤してもらうことは不可能です。 アフターピルがドラッグストアで購入できない理由に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

次の

アフターピルはどこで購入できるの?

アフターピル 購入 方法

アフターピルの購入方法 アフターピルがすぐに必要な時とは、どのような状況でしょうか? ・性行為中、コンドームが外れてしまった場合 ・性犯罪の被害に遭った場合 ・合意無く、性行為に至った場合 ・膣内射精をした場合 ・経口避妊薬を服用し忘れた上で、避妊せずに性行為に及んだ場合 上記の場合のいずれにせよ、望まない妊娠を防ぐために、アフターピルがすぐ必要な状況であることは間違いありません。 女性の身体を守るために すぐにアフターピルを入手せねばなりません。 では、どのようにしてアフターピルを入手すれば良いのでしょうか。 病院で処方してもらう 病院やクリニックなどの医療機関にて、医師の診察の下で処方してもらう方法です。 医療機関で処方してもらうメリットとデメリットをお伝えしていきましょう。 【メリット】 この方法が 最も安全かつ最速入手が可能です。 医師の適正な診察の下で処方箋が発行されます。 薬局にて薬剤師が調剤して投薬するのです。 不安なことや疑問点は医師や薬剤師に確認出来るので、安心して正しく服用することが可能です。 診察後、すぐに処方してもらえるので、即日入手出来ます。 【デメリット】 デメリットとしては、匿名性が失われることです。 「誰にも知られずにアフターピルを購入したい」という方には心理的に厳しいかもしれません。 しかしアフターピルは医薬品です。 正しく服用するためには医療機関にて処方してもらうようにしましょう。 通販サイトを利用する 通販サイトでもアフターピルは出回っているようです。 通販サイトで購入するメリットとデメリットをお伝えしていきましょう。 【メリット】 誰にも知られずに購入出来ることです。 匿名性が保たれます。 【デメリット】 デメリットも沢山あります。 正規品ではなく 粗悪品に当たってしまう可能性も否定出来ません。 医師の診察を受けずに服用するので、ひどい副作用が出たとしても自己責任です。 「望まない妊娠が防げなかった上に、重篤な副作用が出てしまい、結局医療機関へ行くハメになった」なんて、一番避けたい最悪の事態ですよね。 一瞬の手間を惜しみ、後悔は一生…なんてことにならぬようにしたいものです。 さらに、どんなに早い通販サイトを利用したとしても最短で翌日の午前着でしょう。 翌日午前着で指定したのに、輸送トラブルで到着が大幅に遅れるということも可能性の一つとして考えられます。 一刻も早く服用せねばならないアフターピルですが、 入手までに通販サイトは時間がかかります。 アフターピルを購入する場合の注意点 アフターピルは、ビタミン系サプリなどと違って気軽に入手出来るものではありません。 れっきとした医薬品です。 最善かつ最良の方法で入手しましょう。 病院やクリニックなどの医療機関にて処方してもらう方法がベストです! 通販サイトは利用しない 上述の通り、 アフターピルは「医療用医薬品」です。 医師の判断の下、薬剤師が調剤して投薬されるべきものです。 素人が訳も分からず購入するべきものではありません。 極端な例ですが、「抗ガン剤」をガン患者が、自分の判断で選んで通販サイトで購入することは絶対にありませんよね?「抗ガン剤」は副作用が物凄く強く、場合によっては副作用で死に至ることも有り得ます。 医師や薬剤師などの専門家以外に使いこなすことが絶対に出来ないからです。 アフターピルも同様です。 「抗ガン剤」ほどの副作用は無いにしろ、素人が使いこなすにはリスクが高いのです。 アフターピルの副作用は「吐き気」「倦怠感」「頭痛」「稀に重篤な肝障害」などがあります。 副作用についての知識や初期症状について、医師や薬剤師より説明を受けた上で服用するようにしましょう。 通販サイトは正規品ではなく粗悪品も出回っているようです。 万が一粗悪品を服用してしまい、望まない妊娠を防げないだけでなく、何か重篤な症状が出てしまったとしたら。 本末転倒と言えるでしょう。 ぜひ、アフターピルは、病院やクリニックなどの医療機関で処方してもらうようにして下さい。 副作用が少ないのは「ノルレボ法」 「ノルレボ法」で使用する「ノルレボ錠」は、2011年に初めて日本で発売された「緊急避妊薬」です。 「ノルレボ錠」は排卵を遅らせること、受精卵の着床を阻害することが可能です。 比較的副作用が少なく、一般的な方法が「ノルレボ法」となっております。 とは言っても、副作用がゼロではありません。 「吐き気」「頭痛」「倦怠感」は出やすい副作用と言えます。 薬の効果効能が体内から消失すれば、これらの副作用も消えていきます。 「ノルレボ法」のお値段ですが、保険適応外です。 診察料込みで15,000円前後が相場となっているようです。 ノルレボ法に使用されるノルレボ錠についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 72時間以内に処方してもらうことが必至 性行為後、 72時間以内に「ノルレボ錠1. 5mg」を一錠、一回のみ服用します。 少しでも早く服用することが、避妊効果を高めます。 素人が知識無く服用するには、とてもリスクが高い医薬品です。 通販サイトで出回っているようですが、本来なら市販されるべきものではありません。 何故、市販されているのか、著者自身疑問でもあります。 アフターピルの処方に、保険証は必要? アフターピルは薬価未収載であり、 保険適用外です。 すなわち、医療機関でも自費診療となります。 値段は医療機関によって異なってきます。 相場は15. 000円前後です。 クレジットカードが使用出来る医療機関も増えています。 保険証は自費診療には必要ありません。 医療機関によっては、念のために保険証の提示を求められるところもあるようです。 受診前に医療機関に問い合わせておきましょう。 アフターピルはドラッグストアで購入出来る? アフターピルは「医療用医薬品」です。 ドラッグストアで販売することは出来ません。 保険調剤薬局でも、医師の処方箋無しに調剤してもらうことは不可能です。 アフターピルがドラッグストアで購入できない理由に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

次の