ライフ ネット スーパー。 ライフのネットスーパーについて配送料、配送時間帯等

ネット販売強化のライフコーポレーション、アマゾンの「Prime Now」に出店する理由

ライフ ネット スーパー

ライフネットスーパーでは現在、以下2店舗にロッカーが設置され、利用が可能となっています。 ・ライフネットスーパー神田和泉町店 () ・ライフネットスーパー落合南長崎駅前店 () 1.ライフの店舗で受け取れることの意味って? 店舗で受け取ることができることの何がすごいのか、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ネットスーパーは、Web上で注文した商品を自宅まで届けることができ、自宅にいながらスーパーの生鮮食品等を購入することができます。 今では同様のサービス提供するスーパーの数も増えてきましたが、店舗側にとってはWeb注文の確認、商品のピッキング、配送処理、顧客対応など、負担が大きいのも事実です。 実際に2014年10月にはネットスーパー事業を撤退する企業も登場しています。 (サミットネットスーパー「サービス終了のお知らせ」:) 今回のサービスでは、顧客自らが注文商品を店舗まで受取に行くことになります。 つまり、配送にかかるコストを削減することができます。 ・顧客を店舗まで誘導でき、追加での消費を見込むことができる。 また、顧客側にも以下のようなメリットがあります。 ・注文商品はロッカーへ用意されていて、買い物時間を短縮できる。 ・支払はWeb上で済ませているので、レジに並ぶ必要がない。 このように、店頭受取ができる、ということはネットスーパー業界でも意義のあるものなのです。 今回はライフネットスーパー(神田和泉店)を利用してみました。 おすすめ商品や特売商品などもあり、スーパー感がありますね。 ・注文は1,500円から ライフネットスーパーは1500円以上の購入で利用可能となっていて、受取ボックスを利用する場合も同様です。 ・配送料は不要 画面上には、配達料金が表示されていますが、宅配ボックス受取の場合、費用はかかりません。 宅配ボックスが利用できる時間帯は12:00~16:00、16:00~20:00の2つです。 朝9時までに申しこめば最短12時、12時までに申しこめば最短16時に受取ができます。 9時を過ぎていたので、16:00~20:00受取ボックス便にチェックを行いました。 自宅配送の場合は、代金引換も選択ができます。 画面上にて、クレジットカード情報を入力して、注文が完了です。 このメールに受取ボックスの番号も記載されています。 ・追加注文もOK 注文が完了したあとでも、お申込み〆切までの時間であれば、注文内容を変更することができます。 配達便の変更や、注文商品の追加や数量変更、削除を行うことができます。 追加注文後にも追加完了メールが届きました。 15時前頃に届きました。 メール上には、在宅してくださいとの記載がありますが、今回は受取ボックスでの受取ですので、いざ店舗へ向かいます。 【STEP3】店舗へ受取に行く ライフ神田和泉店は3階建ての大きな店舗で、営業時間は、9:30~24:00となっています。 中に入ると早速受取ボックスを見つけることができました。 受取ボックスの口数は大が3個、小が6個となっています。 ボックスに記載された受取方法にしたがって画面上のディスプレイを操作します。 画面に触れると点灯します。 「商品受け取り」を選択します。 受取番号の入力画面が表示されるので、メールに記載された受取番号を入力します。 「確定」を押すと、受取ボックスが解錠されました。 最初は施錠されている状態の「赤」が、解錠された「緑」に変わりました。 扉を開くと、ビニール袋に注文した商品が入っています。 商品の下には、納品書兼領収書が置いてあります。 冷蔵商品は奥の保冷バックに入っています。 保冷バックなどの資材はボックス内に戻してください、との記載があります。 こうして無事、注文した商品を受取ることができました。 3.ライフの受取ロッカーを利用してみて 受け取るだけはたしかにラクチン 店舗に立ち寄って、受け取るだけは思った以上に楽です。 もし買い忘れがあれば、店舗で購入できます。 今後、お子さんに受け取るだけのおつかいを頼むことなんかもあるかもしれませんね。 追加注文もできるのは便利 受付〆切時間までであれば、注文内容を変更ができ便利です。 「あ、あれも買わなきゃ」、という場合でも安心です。 金額に変更があっても、クレジットカードの決済金額は自動で変更されるようです。 冷蔵/冷凍機能が備わるといいなぁ 今回、実は上記の注意書きを見落としていて、アイスを注文してしまいました。 店舗から「キャンセルさせていただきます」、との確認の連絡をいただいてしまいました。 (店舗の方申し訳ありません。 ) 理想としては、今後受取ボックス自体に冷蔵・冷凍機能が備わり、アイスや冷凍食品も利用できるようになるとより便利になりますね。 ちなみに、医薬品も対面販売が義務付けられていたりするので、受取ボックスでは利用できないようです。 店員さんは大変だろうなぁ 上記のキャンセル連絡などの対応を考えると店員さんも大変だろうなぁ、と感じました。 特に、受取ボックスやネットスーパー自体の利用数がまだ少なく、専属のスタッフさんもいらっしゃらない中での運営は大変だと思います。 こうしたサービスを展開する上では、オペレーション教育も重要ですね。 4.ライフネットスーパーを利用してみてのまとめ 以上、今回はライフの受取ロッカーを利用してみました。 ロッカーを利用した受取サービスは西友が実施しています。 西友:うけとロッカー () その他、サービスカウンターでの受取はイオンやイトーヨーカドー、ダイエーでも実施されています。 イオン () イトーヨーカドー(一部店舗限定) () ダイエー(一部店舗限定) () ロッカーでない場合は、注文時の備考欄に「店頭受取希望」と記載するようです。 日常生活でも新たな仕組みを実感できる機会が増えてきました。 お近くの店舗で利用できる方は、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

次の

東砂店

ライフ ネット スーパー

店舗情報• 電話番号:072-243-1400(受付時間:開店~21:00)• 住所:堺市堺区石津北町90-1• 営業時間:9:00~23:00(ドラッグコーナーのみ21:00まで・テナント営業時間はライフと異なります) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間については当面の間、開店~22:00(ドラッグコーナーは21:00まで)とさせて頂きます。 6月16日(火)より通常通り営業致します。 また営業時間は店舗の人員状況等に応じて、順次変更する場合がございます。 ご了承くださいませ。 駐車場台数:391台• 地図・交通アクセス• JR阪和線「上野芝駅」徒歩約20分 南海バス「緑が丘バス停」徒歩約4分 泉北1号線 府道30号線南陵町交差点西側 Googleマップの店舗情報では現在の混雑状況が確認いただけます。 下記手順より、混雑する時間帯を避けてご来店ください。 個店販促情報 A01,A06,B01,B05 取り扱い商品 C01,C02,C03,C05,C06 取り扱いサービス サービス S04,S09,S10,S11,S12,S13 店舗設備 F01,F02,F03,F06,F07,F08,F09,F12 テナント T01.

次の

ライフのネットスーパー担当に聞いた!価格・送料・おトクに利用するコツを紹介

ライフ ネット スーパー

スーパーマーケットチェーンを展開するライフコーポレーションがネット販売事業の拡大に向けて配送まわりの強化に本腰を入れ始めた。 今春からセイノーホールディングとネットスーパーの宅配業務で連携をスタートさせており、自社ネットスーパーにおける足まわりを強化していることに加えて、アマゾンジャパンが有料会員向けに展開するスピード配送サービスの配送網を活用して今年中にもアマゾン顧客へのネット販売を始める。 同社ではネットスーパーを成長事業と位置付け、規模拡大を進めてきたが配送人員や配送トラックなどの整備や確保が不十分で伸び悩んでいた。 配送会社との業務提携やアマゾンの配送網を活用することで配送まわりの弱点を軽減。 こうした試みに加えて、買物代行サービスへの商品情報提供も実施し、自らが配送に絡まない形でネット販売の売り上げを伸ばす取り込みも開始し、様々な手段を用いネット販売事業を拡大させる。 これらにより、前期(2019年2月)は24億円にとどまっていたネット販売事業を2年後には4倍の100億円まで拡大したい考えだ。 同社によると ネットスーパー事業は毎年、2ケタ成長を維持するなど順調に伸びているものの、前期の同事業の売上高は24億円で「 総売上高(6777億円)に占めるシェアは0. 「(ネットスーパーでの)注文数は特に近年、非常に伸びており、ニーズも手ごたえも十分に感じている。 その一方で、頂いた注文を捌き切れない事態となることも多々あった」(同社)とし、 店舗側で用意している人員や配送トラックで配送できるキャパシティを超える注文数となる場合には受付を止めざるを得ず、大きな販売機会を共なうことが多くあったようだ。 こうした配送まわりの弱点を強化してネットスーパー事業の売上規模を拡大するため、一環として4月11日、セイノーホールディングスとネットスーパーでの配送業務に関しての提携を締結した。 これまでもネットスーパーの配送業務の一部を同社に委託してきたが、さらに配送力を高めるため、セイノーが展開する狭商圏の食品配送サービスプラットフォーム「スパイダーデリバリー」を活用。 セイノーグループのベクトルワンが提供する自動配車AI「DSS(デリバリー・ソリューション・サース)」を活用しつつ、ライフ側からの出荷依頼を効率的に配送員に割り振り、 最適な配送ルートでライフのネットスーパーでの注文商品を顧客宅に配送できる仕組みを整えたほか、ライフがネットスーパーとは別に実施している来店客が買い物した商品を自宅まで配送する 「来店宅配サービス」の配送についても、従来の委託先からセイノーに一本化して効率化しつつ、配送力を強化した。 「プライムナウ」への大手スーパーの出店は初めて 自社のネットスーパー事業の配送力強化に加えて今年中をメドに、アマゾンジャパンのスピード配送サービス「プライムナウ」に出店する。 アマゾンでは2015年11月から、有料会員「プライム会員」向けに受注から1時間以内に配送する「1時間以内配送」と午前6時から深夜12時まで2時間単位の配送時間を選択して当該時間枠内に配送する「2時間便」で自社商品を配送する「プライムナウ」をスタート。 現在、都内に4カ所、大阪と横浜にそれぞれ1カ所ずつ専用拠点「アーバンFC」を設け、そこを拠点に東京・千葉・神奈川・大阪・兵庫の一部地域で「新作ゲームソフト」や「冷えたビール」といったタイムリー性ある商品などを軸に即配サービスを拡大させている。 一昨年4月からは自社商品に加えて、外部事業者からの出店を受け付けており、スタート時点からドラックストア大手のココカラファイン、マツモトキヨシと百貨店の三越伊勢丹(日本橋三越本店)が出店しているが、 ライフのような大手スーパーの出店は初めてとなる。 「プライムナウ」ではアマゾンの直販商品の場合は、注文を受けた商品を配送員が「プライムナウ」の専用配送拠点からすぐに顧客宅へ配送する流れとなるが、 外部出店者の場合は、受注後に対応する店舗で受注商品をピッキングし梱包しておき、それをアマゾンの配送員が専用拠点から取りに行き、そこから顧客に配送する仕組みとなる。 ライフも基本的にこのスキームに乗り、「2時間便」を使って販売する予定だが、「プライムナウ」の商品をピッキング・梱包する対応店舗については「ネットスーパーに対応している都内の店舗ということは決まっているが、都内の対応店舗(22店舗)すべてなのか、どこか数店舗にするのかはまだ決まっていない」(同社)という。 まずは都内で今年中にスタートし、対象エリアを拡大していく考え。 なお、すでに「プライムナウ」に出店中のマツキヨら3社は東京23区内の一部と川崎市など神奈川県の一部、浦安市や市川市など千葉県の一部を対象エリアとしている。 販売商品も現状、検討中としており、ネットスーパー事業で販売する約8000点の中から、惣菜や生鮮品、加工食品のほか、PB(プライベートブランド)商品など「ライフでしか取り扱っていない魅力的な商品を販売していこうと検討を進めている」(同)としている。 対応時間や送料についても検討中。 ちなみに「プライムナウ」に出店している3社の対応時間及び送料は、 ココカラファインは対応時間は午前10時から午後10時、送料は540円(注文額2500円以上から配送し、合計5000円以上は送料無料)、 マツモトキヨシは対応時間が午前10時から深夜12時で送料は540円(同)、 三越伊勢丹では対応時間は正午12時から午後8時までで、送料は540円(注文額2500円以上から配送し、合計9000円以上は送料無料)となっている。 3社とも送料については基本的に540円となっているが、アマゾンによれば「(『プライムナウ』の外部出店者の) 送料を540円と一律で設定しているわけでなく、対応時間同様、出店者側で任意に設定できる」(同社)としている。 なお、外部出店者ではココカラファインのみが対応店舗周辺の一部地域で対応している1時間配送(ココカラファインの場合、送料は1430円、注文額合計5000円以上では890円)はスタート時点では対応しない模様だが、「(2時間便に加えて、1時間配送の)対応も検討していきたい」(ライフ)としている。 自社ネットスーパーの配送面の強化やアマゾンの配送網を活用したネット販売に加えて、 買物代行サービスへの商品情報の提供も進めている。 現状、都内の一部地域で展開する「Twidy(ツイディ)」に商品情報を提供しているが、こうした買い物代行サービスは当該サービスの配送員がライフの店頭で商品をピックアップし、顧客宅まで配送するため、ライフでは特に作業が発生することがなく効率的なため、さらに情報提供先を広げていきたい考えだ。 これらの施策で前期(2019年2月)は24億円にとどまっていたネット販売事業を今期はまずは30億円とし、 アマゾンやセイノーHDなどとの連携が本格稼働する見込みの2022年2月期には100億円までネット販売の売上高を拡大したい考えだ。

次の