ワイ モバイル 新 料金 プラン。 UQモバイルとワイモバイルを新料金プランで比較!口コミ・デメリットも|UQ mobile

ワイモバイルは解約金廃止で縛りなし!スマホプランは解約金に注意

ワイ モバイル 新 料金 プラン

mobile(ワイモバイル)の同時契約)で500円引き、新規(MNP)で700円引きという計算になります。 ワンキュッパ割はなくなったが同様のプランあり かつてのワンキュッパ割というのはなくなりましたが、料金プランを見て分かる通り、新規もしくはMNPでの契約の場合、1カ月の基本料金は1,980円です。 解除料金がかからずにプランを変えるタイミング 新規やMNPであれば解除料金がかからない新プランでの契約ができますが、機種変更の場合、2年契約が終わるまでは解除料金がかかってきます。 旧プランをそのまま新プランに変更する場合、税抜9,500円という高額な解除料が発生するのです。 9,500円も解除料がかかるなんて本当にこまった話です。 mobile(ワイモバイル)基本料金の3~4カ月分にも匹敵するからです。 総務省もここまでメスをいれることはまだできていないのがなんとも残念なところです。 機種変更と一緒にプラン変更 これをうまく回避する方法があれば、2年縛りのない新プランへ移行したいというY! mobile(ワイモバイル)も多いはず。 そこでおすすめしたいのが、機種変更を伴うプラン変更です。 新機種の購入を伴う場合は違約金が発生しない 現在のシステム上、機種変更を伴わないプラン変更には容赦なく解除料が発生してしまいます。 ところが、新機種へ交換する場合に限って、無料でプラン変更ができることがわかりました。 オンラインショップは対象外 機種変更とプラン変更を同時にすることで、旧プランの違約金はかからないのですが、注意点はオンラインショップでの機種変更ではプラン変更ができないことです。 解約金を払わないためには、Y! mobile(ワイモバイル)ショップもしくは家電量販店などの代理店に行く必要があります。 とにかくY! mobileショップに行こう ショップに足を運ぶだけで、解約金の支払いがなくなるのですから、ここは足で稼ぐことを選択するのが吉です。 旧プランから新プランへ変更する際の注意点 新プランへ変更することで、2年縛りやそれに伴う違約金の発生から解放されます。 これだけでもメリットは大きいのですが、プラン変更には罠もつきもの。 スポンサーリンク 事前に注意点を把握しておきましょう。 これまでの割引サービスは終了 旧プランから新プランへ変更する場合、かつて適用されていた割引サービスはすべて終了になります。 場合によっては、旧プラン契約のほうが割引率が高いケースもあります。 例えば月額料金から一定額を割り引くサービス(ワンキュッパ割等)もすべて解約されてしまいます。 割高になってしまうことも 総務省の規制が厳しくなったこともあり、これまでのように機種代金が大幅に割り引かれたり、新規やMNP顧客向けの月額料金から一定額を割り引いたりするサービスがほぼ終了になりました。 新プランへ変更する場合は、変更前と後の料金を比較してから決めるのが良いでしょう。 すぐに解約しない 2年契約が終わっていない状態で、機種変更を伴うプラン変更をした場合、注意したいのが、解約のタイミングです。 回線を整理する目的などで解約する場合、プラン変更したその月は解約手続きはしないでください。 新プランの適用は翌月 プラン変更したその月に解約もしくはMNPをしてしまうと、違約金が発生してしまいます。 その理由は、新プランの適用が機種変更の翌月からになるからです。 これを知らずに解約もしくはMNPしてしまうと、解約金の9,500円がかかってしまいます。 実際に機種変してみた 今回説明した内容をもとに、実際にY! mobileで機種変とプラン変更をしてみました。 新たに機種変更したい機種を選んで、新プランへの変更を伝えるだけでプラン変更が完了します。 機種代金の割引と機種変更 新規契約の場合に適用される新規割は、機種変更の場合、適用対象外でした。 ただしPHSからの機種変更に限り、新規割が適用されるので、手元にPHSが残っている人は多少得になるかもしれません。 解約は月をまたぐこと 書類上年間契約は廃止という扱いになり、新たに新プランのスマホプランを契約します。 適用されるのは翌月1日からということで、月をまたがずに解約をしてしまうと、違約金の9,500円が発生します。 ショップの店員さんによる説明 この点はY! mobileショップのスタッフさんが説明してくれました。 きっと違約金なしでの解約もしくはMNPをするお客さんが増えているのでしょう。 月をまたがないと違約金が発生することも教えてくれました。 維持費は前よりもアップ 機種変してわかったことですが、以前のように機種代金を通信量から割り引く毎月割がなくなったので、機種代の分割金が基本料金以外にも発生します。 毎月の維持費は以前よりも高くなってしまいました。 金額的に言うと、毎月の基本料が500円、その他に機種代金の分割代金が入るので、これまでよりも2000円近く高くなってしまいました。 契約してすぐ解約したくなったというのが正直な感想です。 総務省の規制は果たして効果があったのか 総務省による規制で、これまでの購入術がほとんど塞がれてしまったこともあり、これからスマホを契約する人は、かつてのように機種代一括0円とか、大幅な通信量の割引といったものは適用されなくなります。 スポンサーリンク 現時点では消費者の利点はない 果たしてこれが良かったのかどうかはわかりません。 毎月の維持費も結局これまでよりもアップしてしまったことを考えると、新たに始まった新料金プランは結局、携帯電話会社を儲けさせてしまうことになるような気がします。 プラン変更するなら早めに解約しよう! Y! mobileの解約金を回避するため、機種変更の伴うプラン変更をしてみたのですが、手続きはスムーズに終わりました。 新たな機種を入手して、違約金のない新プランの適用も問題なくできました。 問題点はこれまでいわゆる実質0円といった形で、携帯電話代金から引かれていた毎月割がなくなってしまい、プラン変更前よりも割高になってしまうことです。 1回線だけしか持っておらず、料金に満足できる場合は解約する必要はないと思います。 ただ今回の機種変更で感じたのは、プラン変更をしたら早めに解約するほうが良いということです。

次の

ワイモバイルの料金プランを比較解説|おすすめプランはこれ!変更・シミュレーションは可能?

ワイ モバイル 新 料金 プラン

2019年10月1日からの電気通信事業法の改正に伴って新たにスタートする、Y! mobileの「スマホベーシックプラン」と、現行の「スマホプラン」の料金プランおよび割引サービス、違約金などなどの諸条件をまとめてみた。 「データ増量無料オプション」は2年間適用される。 「データ増量無料オプション」は1年間適用される。 ただし、2019年10月1日にスタートする「スマホベーシックプラン」への料金プラン変更については、既にY! mobileの契約から二年間が経過していれば違約金が免除される。 現在ご契約中のお客さまがベーシックプランへプラン変更される場合、 以下のいずれかを満たす場合は、契約解除料9,500円を免除いたします。 ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること 機種変更と同時に変更後対象プランにプラン変更すること 前掲の通り、契約から二年間経過後の月額料金は、スマホベーシックプランの方が割安な上、対象機種の購入で月額料金を割引する「月額割引」も新プランでは廃止されるため、Y! mobileの契約から二年間が経過している場合、料金的には新プラン(ベーシックプラン)の方が有利になる。 ただし、現行プランの「プランL」に相当するプランが廃止されるため、プランMや新たに提供されるプランRでは容量が足りない方は、現行プランを継続するのもあり。 ワイモバイルオンラインストアは以下にて。

次の

スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile

ワイ モバイル 新 料金 プラン

2019年10月1日よりY! mobile(ワイモバイル)の 料金プランが新しくなります。 定期(2年)契約のあるプランは新規受付を終了し、 契約期間の縛りがないスマホベーシックプランがメインに。 また、新しい容量のプランRが登場します。 スマホベーシックプランの通信容量は2年間のデータ増量オプション無料キャンペーンを適応しています。 2019年9月30日までのスマホベーシックプランSの5,480円、2年縛りのあるスマホプランSの2,980円と比べると、データ通信容量はそのままで利用しやすくおトクになっています。 ワイモバイルのプランの種類について のプラン変更を行う方法を紹介する前に、まずはワイモバイルで契約できるプランについて紹介します。 ワイモバイルではスマホプランとスマホベーシックプランの大きく2つのプランが用意されています。 ワイモバイルのスマホプラン ワイモバイルのスマホプランは、ワイモバイルを利用する多くの方が利用するプラン。 契約期間が2年単位で自動更新のため、いわゆる 「2年縛り」が発生してしまいますが、その分 料金が安くなったり使えるデータ容量が増えたりとお得な特典が多数用意されています。 使えるデータ容量の違いによって、S、M、Lの3つのプランが存在します。 スマホプランの大きな魅力の1つは、 1回10分以内の国内無料通話がプランに含まれていること。 10分以内の国内通話なら、何度かけても電話料金はかかりません。 また、スマホプランを契約すると契約から1年間はワンキュッパ割が適用されて 月額基本使用料が1,000円割引になります。 さらに契約から2年間は データ容量が1. 5倍になるという特典もあります。 ワイモバイルのスマホベーシックプラン ワイモバイルのスマホベーシックプランは、あまり一般的でないプラン。 スマホプランより月額料金が高く、ワンキュッパ割、データ容量の増量などの 特典がないプランです。 使えるデータ容量の違いによって、S、M、Lの3つのプランが存在します。 スマホプランと同じく、1度に10分以内の国内通話はかけ放題になります。 スマホペーシックプランのメリットは、 契約期間の設定がないこと。 ワイモバイルのデータプラン データ通信専用のプランで、タブレットを使う方におすすめです。 契約期間が3年間と決まっていますが、その分料金が安くなっていて高速通信がお得に使えます。 プランは容量の違いによってSとLの2つです。 Yahooプレミアム for ワイモバイルの特典もついています。 スマホプランベーシックプランと同様に、データ専用にも契約期間の縛りがないデータベーシックプランSとLがあります。 ワイモバイルはどのプランがおすすめ? ワイモバイルで長期にわたってスマホを使う予定の方には、圧倒的に スマホプランの方がおすすめです。 月額料金の割引やデータ量の増額といった特典が受けられ、なにより元の基本料金にも大きな差があるからです。 2台持ちするなどタブレットでデータ通信をメインにしたい方はデータプランもいいでしょう。 ただし、一時的に格安SIMを使いたいなら解約時に契約解除料がかからないスマホベーシックプランのほうが良い可能性もあります。 スマホプランとスマホベーシックプランを比較すると 初年度の月額料金の差額は3,780円。 契約解除が9,500円かかることを考えると、 2カ月以内に解約するならスマホベーシックプランを選ぶといいでしょう。 解約の予定が決まっていないならスマホプランを選ぶことをおすすめします。 ワイモバイル 料金プラン表 Y! ワイモバイルのプラン変更について ワイモバイルでプラン変更を行う方法やそのほかに知っておきたいことを紹介します。 ワイモバイルでプラン変更は自由にできる? ワイモバイルでは、基本的に 自由にプラン変更が可能です。 契約期間中何度でもプランの見直しができますし、変更に手数料などもかかりません。 プラン変更の手続きをすると 翌月からプランが変わります。 ひと月に1度しかプラン変更が適用されないので、その点には注意してください。 また、機種によっては選べないプランがあります。 ケータイプランSSなど 利用できる機種が限定されているプランもあります。 利用している機種が契約できるプラン同士の変更であれば問題ありませんが、 利用している機種が対象外となっているプランへは変更ができません。 ワイモバイルのプラン変更方法は? ワイモバイルのプラン変更は大きく分けて3つあります。 My ワイモバイル PCまたはスマホからにログインし「料金プランの変更」をタップして手続きをします。 自動音声応答サービス ワイモバイルの電話からは「116」 ワイモバイル以外の電話からは「0120-921-156」 自動音声応答では短縮番号「21」を入力し、ガイダンスに従って手続きを進めましょう。 契約時に決めた暗証番号(4ケタ)の入力が必要です。 24時間受付、通話料無料です。 ワイモバイルのショップ 本人確認書類と印鑑、契約中のスマホを忘れず持って行きましょう。 My ワイモバイルでは、契約内容によっては手続きができないことがあります。 その際は自動音声応答サービスに電話してみるか、カスタマーセンター総合窓口に問い合わせしてください。 カスタマーセンター総合窓口• 受付時間:9:00~20:00(年中無休)• ワイモバイルの電話:151• ワイモバイル以外の電話:0570-039-151 ショップなら、今のプランに不満があるけれどどのプランを選んでいいかわからないといった場合などに相談に乗ってもらえるでしょう。 ワイモバイルでプラン変更できる時期は? ワイモバイルではいつでもプラン変更を申し込めますが、プラン変更が適用されるのはプラン変更を申し込んだタイミングによって異なります。 基本的には翌月の1日からプラン変更が適用となりますが、月末の21時以降で申し込んだ場合はその翌々月の1日からの適用となる場合があります。 プラン変更の際には適用日も確認しましょう。 ワイモバイルのプラン変更にかかるお金は? ワイモバイルでは、プラン変更自体に手数料はかかりません。 ただし、契約期間が定められているスマホプラン、データプランから契約期間のないスマホベーシックプランやデータベーシックプランへの変更の場合、 自動契約更新のタイミングを除いて、契約解除料として9,500円がかかります。 出典: プランを変更すると、もともと使っていたプランの特典として受けられていた割引サービスがなくなったり、キャンペーン適用がなくなったりして月々の高速データ容量が減る場合もあるので注意が必要です。 契約の更新期間拡大について 2019年3月1日から契約期間満了月も更新期間に入ります。 そのため、スマホプランやデータプランのような2年契約、3年契約の 契約解除料がかからない更新期間が2カ月間から3カ月間になります。 ワイモバイルでプラン変更すべきタイミングは? ワイモバイルを使っていて、プラン変更を考えると良いのはどのような場合でしょうか。 プラン変更することによってメリットがあるケースを紹介します。 スマホの料金が高いと感じたとき スマホの月々の利用料金をしばらく見直していないならプランの変更すると料金が下がることがあります。 データ容量が余っているならデータ容量が少ないプランに変えれば月額料金が安くなります。 併せて不要なオプションがないかなども見直してみるといいでしょう。 通信速度制限にかかることが増えてきたとき ワイモバイルでは、プランで定められたデータ容量を超えてスマホを利用すると、通信速度制限がかかります。 通信速度制限にかかるとデータ通信速度が送受信時最大128kbpsという低速度になり、画像の表示が遅くなるなどのデメリットが発生します。 データ通信をたくさん行うゲームや動画の利用にはストレスを感じてしまうことでしょう。 通信速度制限にかかることが多くなってきたということは、契約しているプランが自分の利用スタイルにあっていないということ。 よりデータ容量の多いプランに変更するのがおすすめです。 ワイモバイルでプラン変更したら注意すべきこと ワイモバイルでプラン変更をしたら注意すべきことがいくつかあります。 そんな注意点について紹介します。 データ通信容量が変化する もともと使っていたプランより料金の安い、 データ容量の少ないプランへと変更した場合は注意が必要です。 今までよりも使える高速通信容量が少ないので、 今までどおりに使っていると通信速度制限に引っかかってしまう可能性があります。 もしプラン変更したあとで通信速度制限に引っかかることが多くなった場合は、再度データ容量の多いプランに変更することを検討しましょう。 月額料金が変化する もともと使っていたプランより データ容量の多い高いプランに変更した場合は注意が必要です。 それまでよりも支払い金額が増えるため、 引き落としを行う銀行の残高やクレジットカードの限度額などに注意しましょう。 ただし、プランを変更しただけで月額料金が1万円、2万円と変化することはないので安心してください。 月額割引の金額が変化する ワイモバイルでSIM契約と セットで端末を購入した場合はプラン変更により月額割引の金額が変化することに気をつける必要があります。 ワイモバイルでは、それぞれのプランごとに端末料金の割引上限金額が定められているので、プラン変更の結果、 もともとのプランよりも機種代金の割引額が少なくなることもありえるのです。 キャンペーン特典が変化する 契約したときに加入したキャンペーンの特典がプラン変更によって受けられなくなったり、キャンペーン内容が変更されるといったこともあります。 プランを指定して申し込めるキャンペーンを利用してワイモバイルと契約したり、ワイモバイルで端末を購入したりした方は、キャンペーン特典の変化に十分気をつけましょう。 プラン変更時に契約解除料がかかる場合がある スマホプラン、データプランなどの期間の定めがある契約からスマホベーシックプランなどの縛りがないプランへと変更する場合、契約解除料が必要になる場合があります。 更新期間以外のプラン変更をする場合には 契約解除料9,500円のことも頭に入れて検討してください。

次の