いつかのメリークリスマス 歌詞。 B'z『いつかのメリークリスマス』の歌詞の情景について教えて下さ...

いつかのメリークリスマス(B'z) / コード譜 / ギター

いつかのメリークリスマス 歌詞

Contents• いつかのメリークリスマスの歌詞は大前提として… まず「いつかのメリークリスマス」の歌詞の情景や空気感は、今の時代ではなく 90年代ということが大前提としてあります。 そして「いつかのメリークリスマス」は1992年の12月に発売されたミニアルバム「FRIENDS」に収録されたのですが、この「FRIENDS」は コンセプトアルバムとなっているんです。 そのコンセプトっていうのが ラブストーリー。 個人的には冬のラブストーリーっていう印象ですね。 そのアルバムのSCENE 1として「いつかのメリークリスマス」は収録されています。 SCENE 1のシーンは『回想』なので、「いつかのメリークリスマス」の題名通り、主人公 *いつ かのメリークリスマスの歌詞は いつかのメリークリスマスの歌詞を順に解釈すると 「いつかのメリークリスマス」は前述したように、90年代の楽曲なのでインターネットも普及しておらず、っていうかスマホはおろか携帯電話も無かった時代です。 1992年ってなると、かろうじてポケベルがあったくらいでしょうか。 そんな アナログライクな時代の12月が歌詞の舞台となっています。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は終始、過去の恋人と幸せなクリスマスを過ごした事を回想していますね。 ただ最後は「秒速5センチメートル」を思い出すような表現だなぁと思いました。 まぁ「秒速5センチメートル」の方が後ですけど(笑 最初の1番Aメロの歌詞で情景を表現していて、街全体が賑やかでみんなが幸せに見える年末の夜が「いつかのメリークリスマス」の舞台だと分かります。 主人公は恋人が欲しがっていたプレゼントを買って、恋人の喜ぶ顔を楽しみにしながら家路に向かっているのが分かりますよね。 逐一連絡を取れる時代ではないからこそ、余計家路に向かう足取りは速くなったのではないでしょうか。 そして主人公と恋人が仲睦まじい情景も2番Bメロ「誇らしげに~」で表現されています。 *いつかのメリークリスマスの歌詞は 1番のサビにの歌詞を見てみると、同棲している恋人と結婚を考えていたことが分かりますよね。 また素敵な恋人がいていつか結婚も考えている、そんな日常はきらめいていただろうし、若い頃に抱いていた夢にひたむきに追いかけていたこともサビで分かります。 そしてサビの後半になると、おそらく主人公は恋人を失うかもしれないと予感がしていたんだと思うんですね。 何故恋人を失う事になったのかは「いつかのメリークリスマス」の歌詞では表現されていません。 ただアルバム「FRIENDS」のSCENE 2「僕の罪」のサビの歌詞も合わせて考えてみると、 がむしゃらに夢を追いかけた主人公とだんだん歩幅が合わなくなってきた恋人が、お互い最善の道として別れを選んだのかもしれませんね。 ちなみにSCENE 2「僕の罪」のシーンは 『再会』です。 *僕の罪の歌詞は スポンサーリンク いつかのメリークリスマスの歌詞の意味まとめ *いつかのメリークリスマスの歌詞は 「いつかのメリークリスマス」は、• 恋人と幸せな将来を見ていた時• 恋人との終わりを予感していた時 の二つの心情が交互に入ってきている歌詞です。 歌詞の最後の部分から過去の自分を見ているかのように、幸せそうな誰かを眺め昔の恋人に思いを馳せていますよね。 「いつかのメリークリスマス」の歌詞は、 恋人との幸せな時間を思い出し、別れから時が止まっている男側の心情を細やかに表現していると思います。 個人的には稲葉さんの詞の特徴でもあるかなと思うのですが、 男の女々しい部分を時に叙情的に時に生々しく表現していて、それが多くのリスナーを共感させていると思うんですね。 いつかのメリークリスマスの歌詞の椅子の解釈 他のブログやサイトでもたくさん取り上げられていますが、歌詞の中の恋人が欲しがっていたプレゼントがなんで椅子なのか? 色々憶測や考察はあると思いますが… 歌詞の内容から主人公は恋人と同棲していると分かるので、恋人が椅子を欲しがっても不思議ではないですよね。 また一緒に暮らしているということをより鮮明に表現するために、生活感のある椅子にしたのかもしれません。 抱えるくらいのサイズの椅子だから程々に大きくて、閉店間際だから夜も少し遅い時間帯。 電車の中もそれほど混んではいなくて、抱えるには少し大変な椅子のプレゼントでも大好きな恋人の喜ぶ顔を想像して苦にもならない。 最寄りの駅から家までの道のりも、恋人の笑顔を楽しみにしている。 僕が当時リアルタイムで聴いた時にイメージしたのは、こんな情景でした。 椅子というのは確かにインパクトがあって耳に記憶に残りました、と同時に 情景も思い浮かべやすかったと思うんです。 もちろん細かい描写は人それぞれになると思いますが、椅子の意味合いはストーリーを思い浮かべやすくしたのではと。 …でも、そんな風に捉えるよりも素直に歌詞の世界観に浸るほうが良いですよね。 椅子に違和感を感じるのなら、舞台背景が90年代と捉えるか、都合よく世界観を頭の中でいじって「いつかのメリークリスマス」の世界に浸るのがベストかなぁと 最後に 「いつかのメリークリスマス」は歌詞の世界観が鮮明に思い浮かぶような曲だからこそ、20年以上たった今も人気のある曲何だと思います。 また前述してきたように「いつかのメリークリスマス」はScene1『回想』で、物語としては起承転結の「起」の部分なんです。 アルバム「FRIENDS」は• SCENE 1. いつかのメリークリスマス 『回想』• SCENE 2. 僕の罪 『再会』• SCENE 3. 恋じゃなくなる日 『葛藤』• SCENE 4. どうしても君を失いたくない 『解決』 となっていてストーリー、主人公の気持ちが続いていきます。 だからアルバム「FRIENDS」を1回通して聴いてみると良いかなって思いますよ。

次の

【考察】「いつかのメリークリスマス」は失恋ソングではない【歌詞】

いつかのメリークリスマス 歌詞

サイレントナイト ホーリーナイト 今年も ひとりぼっち 神様 聞こえますか? 僕だって… いつかは… メリークリスマス…。 お願い! くり!くり! 今すぐ!Please! Please! 彼女を くりくり クリスマス! お願い! くり!くり! 今すぐ!Please! Please! 彼女を くりくり クリスマス! Fight!!!! 嗚呼バレンタインから 十ヶ月 色々もがいてみたけど 結果出ず 仮止めの約束 みんなFAKE やっぱり今年もまた 実家です サンタさーーーーーん クリスマス? クルシミマス! 散々 惨めに 感じてます Illumination illなテンション 予定はなんにもない メールの返事もない 俺 こんなのはいやだー もう こんなのはいやだー 季節限定 間に合わせ 滑り込み 待ってました…。 友達どんどん ご成約 僕だけ また 売れ残り クリスマスは みんなおうちですごすべきだと ぼくは おもいます サイレントナイト ホーリーナイト この僕の 何が悪い? 髪型も 香水も ワンランクアップ したのに サイレントナイト ホーリーナイト 今年も ひとりぼっち 神様 聞こえますか? 僕だって… いつかは… メリークリスマス…。 お願い! くり!くり! 今すぐ!Please! Please! 彼女を くりくり クリスマス! お願い! くり!くり! 今すぐ!Please! Please! 彼女を くりくり クリスマス! Fight!!!! サンタさん ぼくにかわいい かのじょをくりくり まさき サンタさん かのじょと おかしと ゲームくりくり とーい バーーーカがァァァァァァァ 叶うかァァァァァァァ 現実 見ろォォォォォォォォォ サイレントナイト ホーリーナイト なんでこう なっちゃうの? 学校も バンドでも 一年 いい子で いたのに サイレントナイト ホーリーナイト 紙皿に のせたいよ いちごケーキ フライドチキン 僕だって… いつかは… メリークリスマス…。 くり くり くり くり 彼女をください くりくりくりくり クリスマス!! くり くり くり くり 彼女をください くりくりくりくり クリスマス!! くり くり くり くり 彼女をください くりくりくりくり クリスマス!! くり くり くり くり 彼女をください くりくりくりくり くりくりくりくり? ギブミー ガールフレンド ギブミー ガールフレンド リア充 爆発しねえかな バーン!って ヴァーカ サイレントナイト ホーリーナイト この僕の 何が悪い? 髪型も 香水も ワンランクアップ したのに サイレントナイト ホーリーナイト 今年も ひとりぼっち 神様 聞こえますか? 僕だって… いつかは… メリークリスマス…。 サイレントナイト ホーリーナイト 僕だって… いつかは… メリークリスマス…。

次の

B'z いつかのメリークリスマス 歌詞&動画視聴

いつかのメリークリスマス 歌詞

チャート順位• 週間15位() 『FRIENDS 』 収録曲 FRIENDS Prologue. いつかのメリークリスマス SCENE 1. 僕の罪 SCENE 2. 『 』 収録曲 12 いつかのメリークリスマス 13 -1998 Style- 14 『 』 収録曲 いつかのメリークリスマス 1 2 『 』 収録曲 5 いつかのメリークリスマス 〜「」バージョン〜 6 7 『 』 収録曲 1 いつかのメリークリスマス 2 3 『 』 収録曲 6 いつかのメリークリスマス 7 8 「 いつかのメリークリスマス」は、の・の楽曲。 概要 [ ] 最初にリリースされた音源は、1992年12月9日にリリースされたミニ・アルバム『』に収録されているものである。 シングルカットはされていないもののの定番となり、B'zの中でも人気のある楽曲のひとつである。 B'zのには高い頻度で収録されており、それに伴いのような多くのバージョンが製作されている。 この曲についてメンバーの松本は、「数あるB'zのバラードの中でもメロディと歌詞のバランスが良く、特に気に入っている1曲」 と語り、また稲葉は「『FRIENDS』というコンセプトアルバムの中の曲という事で、ストーリーにとても気を付けて作詞した」 「これほどまでに皆さんに愛される曲になるとは想像できなかった」とコメントしている。 人気 [ ] B'zのベストアルバム『』 1998年9月20日発売 の収録曲を決める際のファン投票では6位にランクインし収録されたほか 、系『』の「クリスマスに聴きたい歌」アンケートでは、1997年から2006年まで9年連続1位を獲得 2007年は2位、2011年は2位。 系『』のリクエストランキングでも頻繁に登場し、自身の好きな楽曲のひとつにこの曲を挙げるアーティストもいる。 系『』の「クリスマスソング・セレクション」では、「発表以来長く愛されているクリスマス・ナンバー」「クリスマスの定番曲となった屈指のバラード」として選出された。 でも人気があり、調べによる「の歴代カラオケリクエスト数ランキング」 集計対象期間:1994年1月〜2012年12月15日 では、本楽曲が1位となった。 番組内では、「幅広い世代の男女に人気がある」「クリスマスシーズンに限らず歌われている」と解説された。 2011年にはのタイアップもあって、調べによる「総合ランキング」 11月29日付(89位)で初登場。 その後、同12月6日付 30位 、同12月13日付 11位 と順位を上げてゆき、同12月20日付 8位 において、楽曲の発表から20年目にして初のTOP10入りとなった。 現在もクリスマスシーズンになると、などのPC配信で再浮上する現象をみせている。 より2011年1月にでゴールド認定 、2012年1月にでプラチナ認定を受けた。 参加ミュージシャン [ ]• 古川真一: タイアップ [ ]• 系映画『』挿入歌• 系『』テーマソング• 系『』オープニングテーマ• 「ペプシネックス」Xmas Lover篇 バージョン違い [ ] いつかのメリークリスマス• 編曲:松本孝弘・ 通常バージョン。 いつかのメリークリスマス Reprise による。 いつかのメリークリスマス TV STYLE 通常バージョンからボーカルを抜いた、いわゆるオフボーカルバージョン。 いつかのメリークリスマス 『』の• 編曲:松本孝弘・稲葉浩志・ [ ] 原曲よりの音が多く、もに変えられ、なものに仕上がっている。 のがカットされ、とが主体のイントロになっており、ボーカルが再録されている。 打ち込み音はイントロから、まで終始流れ続けている。 正式タイトルは公表されていないため不明。 いつかのメリークリスマス New ver. 系『』にて2004年10月15日よりO. された、番組用にリミックスしたバージョン。 アレンジは通常バージョンと大きく変更はないが、ボーカルの再録などがなされている。 2004年11月6日から12月25日までBEING GIZA STUDIO内にて期間限定で配信されたが、未だCD化はされていない。 いつかのメリークリスマス ver. 系『』2004年12月3日よりO. された、番組用にリミックスしたバージョン。 2004年12月4日よりBEING GIZA STUDIO内にて期間限定で配信された。 後に再アレンジされ、いつかのメリークリスマス 〜「」バージョン〜として音源化された。 いつかのメリークリスマス 〜「」バージョン〜• 編曲:松本孝弘・稲葉浩志・徳永暁人 「いつかのメリークリスマス ver. 」を再アレンジして収録された楽曲。 の音を排除し、の音とを追加した。 通常バージョンより大人しめのアレンジになっている。 このバージョンの着うたフルで、日本レコード協会より2011年1月度にダブル・プラチナ認定を受けた。 いつかのメリークリスマス 『』 松本によるを主旋律にし、(第一ヴァイオリン 6名、第二ヴァイオリン 4名)、、、、、、、、、、、ロールドラムという管弦楽団の編成による。 松本のアルバム『』(初回限定盤)の特典DVDに同曲のが収録されており、歌詞の内容を踏まえたとおぼしき古びた椅子が登場する。 演奏披露 [ ] CM [ ] 2011年放送のので、サビの一部分のみではあるがB'zメンバーが「いつかのメリークリスマス」を演奏しているシーンが採用されている。 CMの撮影の時はメンバーは本楽曲を実際に演奏したが、CMで使用されたものはオリジナルの音源である。 テレビ番組 [ ] 音楽番組での演奏は以下の4回である。 1994年12月2日 - 系『』 サポートメンバー キーボード: ドラム: ベース: 当時、ライブでは一度も披露されていなかった為、このテレビ出演が本楽曲の初の演奏披露であり、アウトロがCD音源より短かった。 「」と2曲続けて演奏した。 2002年12月18日 - 系『』 サポートメンバー キーボード:増田隆宣 ドラム: ベース: アウトロはCD音源のフェードアウトの部分も演奏した。 2005年12月23日 - テレビ朝日系『』 サポートメンバー キーボード:増田隆宣 ドラム: ベース: 2番はカットされており、1994年の演奏時と同様にアウトロがCD音源より短かった。 「」と2曲続けて演奏した。 2017年12月25日 - TBS系『スペシャル! クリスマス音楽祭2017』 サポートメンバー ドラム: ベース: この時のみイントロのオルゴールはカットされていなかったが、CD音源とは異なるオルゴール音が流されていた。 2002年の演奏時と同様に、アウトロはCD音源のフェードアウトの部分も演奏した。 「」と共に演奏された。 ライブ [ ] はクリスマスシーズンに行われることが少ないため、ライブではあまり演奏されない。 過去に演奏された公演ではThe 9th Bluesツアー 1994年 、BIG MACHINEツアー 2003年 、C'monツアー 2011年 、LIVE DINOSAURツアー 2017年 のそれぞれクリスマスシーズンでのみ演奏されている。 B'zの映像作品には『』において初収録された。 演奏披露された公演は以下の通りである。 B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"• 1994年12月24日 SECRET GIG "Merry Xmas メリーさんの羊が一匹・聖しこの夜"• 1994年12月25日 札幌ペニーレーン24 B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"• 2003年12月20日• 2003年12月24,25日 B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-• 2011年12月4日• 2011年12月10,11日• 2011年12月15,17,18日• 2011年12月22,24,25日 東京ドーム B'z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR"• 2017年12月14,16,17日• 2017年12月23,24日 福岡ヤフオク! ドーム 収録アルバム [ ] 『 』 1992年12月9日 2曲目に 通常バージョン、8曲目に いつかのメリークリスマス Reprise を収録。 『 』 1995年12月20日 15曲目に いつかのメリークリスマス TV STYLE を収録。 『 』 1998年9月20日 13曲目にされた 通常バージョンを収録。 収録曲を決める際のファン投票で6位に選ばれ収録となった。 『 』 2002年12月11日 1曲目に 通常バージョン、最終トラックの「SNOW」終了後、数秒間の間をおいて 別アレンジバージョンを収録。 『 』 2004年11月24日 のソロ作品『House Of Strings』の2曲目に、松本ととのによる いつかのメリークリスマスのを収録。 『 』 2005年11月30日 6曲目に系『』のテーマソングになった新バージョン いつかのメリークリスマス 〜「恋するハニカミ! 」バージョン〜を収録。 『 』 2008年6月18日 7曲目にリマスタリングされた 通常バージョンを収録。 他アーティストによるカバー [ ] 公式にリリースされている音源では、以下のアルバムに収録されている。 - 『LUVandCHRISTMAS』(1998年11月1日)• - 『MR. VOCALIST X'MAS』 2009年11月11日 『Mr. vocalist Best』 2011年4月6日 配信• Mayu Bingo - 『Everlasting Christmas Tunes』 2007年12月5日• - 『A Cappella X'mas』 2008年11月28日 また、テレビやラジオ番組では、、、、、、 、 、 、鬼龍院翔 、、 など。 ライブでは、元第3期の 旧:和久二郎 、 、、 、 、、などがこの曲をカバーしたことがある。 脚注 [ ] 出典 [ ]• 2012年1月2日. 2020年7月13日閲覧。 』第56巻、、2002年12月。 日本テレビ. 2012年12月24日閲覧。 2011年12月20日. の2011年12月6日時点におけるアーカイブ。 2011年12月22日閲覧。 Musicman-net エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社. 2011年12月16日. 2011年12月22日閲覧。 Musicman-net エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社. 2011年12月22日. 2011年12月22日閲覧。 616、、2011年3月、 14頁。 「」『The Record』No. 628、日本レコード協会、2012年3月、 14頁。 2017年12月11日. 2019年9月23日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2009年11月8日. 2019年9月23日閲覧。 K-PLAZA. 2019年12月11日. 2019年12月25日閲覧。 ツイート. より 2019年9月23日閲覧。 阪神コンテンツリンク. 2012年12月26日. 2019年9月23日閲覧。 (2009年12月27日) - デイジーデイジーMiKAオフィシャルブログ Powered by Ameba. 2019年9月23日閲覧•

次の