エーフィ & デオキシス。 ポケモン金銀 「エーフィ&ブラッキー」の入手方法!なつき度がカギです

【ポケモンGO】エーフィの進化方法やおすすめ技

エーフィ & デオキシス

【ポケモン剣盾】エーフィの育成論と対策【起点作成対策の高火力ブイズ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はエーフィの育成論と対策を考えていきたいと思います。 マスコットとしてもブイズは人気ですよね。 うちにもエーフィのカプセルグッズがあります。 エーフィの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【エーフィの特徴1】高い特攻と素早さ エーフィはグレイシアと同等の特攻種族値130という非常に強力な特殊アタッカーであり、アイアントよりも1速いS110族です。 高い特攻があるので、こだわりメガネを持たせれば耐久無振りの相手に対して低耐久ポケモンならサイコキネシスで一撃、そうでなくても次のポケモンの先制技で倒せるくらいの致命傷を与えられる火力が出せます。 例えばトゲキッスは特殊耐久が高めのポケモンですが、耐久無振りであれば性格補正なしでも7割り程度削ることができます。 【エーフィの特徴2】低い物理耐久とゴースト弱点 エーフィはあまりランクバトルで見かけませんが、その理由の1つが低い物理耐久とゴースト弱点でしょう。 ミミッキュとドラパルトという環境トップ中のトップ、9割以上のパーティにどちらか1体は入っているようなポケモンにタイプ一致弱点をつかれてしまい、逆にこちらはタイプ一致弱点をつけないというのが扱いが難しいところです。 特殊耐久はグレイシアと同じくらいですが、努力値はHPではなく素早さに振ることが多いので実質的な耐久力は特殊方面も弱くなりがちです。 同じく低耐久のサンダースのボルトチェンジのようにダメージを受けずにサイクルを回して削っていくことも難しくなっています。 とはいえサンダースよりも高い特攻と、ほとんどのポケモンの上をとれる素早さがあるため、こだわりメガネでの削りを入れた後に倒れて次のポケモンの先制技で倒すムーブや、速い素早さで壁を貼るといった仕事ができます。 【エーフィの特徴3】夢特性:マジックミラーによる起点作成封じ エーフィは他にネイティオとブリムオンしか習得しない特性マジックミラーを夢特性として持ちます。 これは自動マジックコートといえる特性で、変化技を相手に跳ね返します。 例えば跳ね返せるのは• あくび• ステルスロック• さいみんじゅつ• ねむりごな• おにび• でんじは• ちょうはつ• ふきとばし• すてゼリフ• ねばねばネット• ちからをすいとる• etc… などです。 特にあくびやステルスロックは、知っていてもうっかりうってくるトレーナーも結構な数いるので、カバルドン入り構築などに2番手においておいて交代して出すとカバルドン側の場にステルスロックがまかれたりあくびがカバルドンに入るので、起点作成を封じることができます。 ちなみに僕はトリルパーティを使っているときにブリムオンを使って相手のステルスロックを跳ね返していましたが、逆にカバルドンで起点作成パーティを使っていたときにはブリムオンを使っていたにもかかわらずうっかり交代読みせずステルスロックをうってまずい状況になった経験が何度もあります。 マジックミラーの立ち回りはほとんど見かけないので割とうっかりします。 変化技しか打てないような起点作成ポケモンの場合、エーフィになすすべがないので交代してきますが、そうすると交代先にエーフィの高火力技を打ち込むことができるので大きくアドを取ることができるでしょう。 メガネエーフィの攻撃をダイマックスせずに2耐えするポケモンはほとんどいないので、この動きが決まればエーフィの高い素早さも活かして• 変化技を跳ね返して相手交代• 交代先のポケモンを5割以上削る• 次のターン上から殴って1体倒す• 次に出てきたポケモンの上から殴って5割以上削ってエーフィ倒れる というように、エーフィで1. 5体以上を倒すことができるでしょう。 ネイティオやブリムオンと違うのは、かなり高い素早さと高火力によって上から殴っていけるところです。 エーフィの育成論と戦い方 エーフィは高い素早さを活かした起点作成の壁貼り型と、高い火力+マジックミラーを活かした切り返し型がみられます。 【エーフィの育成論】超火力メガネエーフィ【起点作成切り返し型】• 特性:マジックミラー• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりメガネ(命の珠・まがったスプーン)• わざ:サイコキネシス・シャドーボール・くさむすび・マジカルシャイン 特徴 初手でステルスロックやあくび、鬼火や電磁波をうってきそうな相手がいるパーティに対して選出しましょう。 初手で対面した場合、火力のある相手であれば攻撃をしてきてエーフィがかなり削られるので、できれば2番手において初手交代出しで相手の変化技を跳ね返して弱体化させたあとに、高火力をぶっぱなしていく動きが理想的です。 マスターボール級でも5〜6桁の順位帯であれば初手でだしてもエーフィのマジックミラーを知らずに変化技をうってくるトレーナーもいるので、その場合は初手出しのほうが1ターン多くアドが取れるのでいいでしょう。 逆に3〜4桁以上の高ランク帯ではそもそも変化技を軸とする選出を嫌ってきたりマジックミラー警戒で安易な変化技をうってこない可能性もあるので、自分の経験と相手のパーティ構成から選出を判断しましょう。 また、変化技が軸のパーティ以外にも素早さが110族以下のポケモンしかいないようなパーティに対しては迷わず初手に出して上から高火力を打ち込むのもありです。 エーフィで大きく削った相手は、もしエーフィがその後すぐにやられてしまっても例えば自信過剰ギャラドスなどのダイジェットの餌にしたり、交代読みでエースの積みのスキを作ったりと活用しましょう。 雰囲気的には初手ヒヒダルマの使い方でしょうか。 【エーフィの育成論】壁貼りエーフィ【起点作成型】• 特性:マジックミラー• 個体値:A抜け5V• もちもの:ひかりのねんど・きあいのタスキ• わざ:リフレクター・ひかりのかべ・あくび・サイコキネシス 特徴 基本的には初手だしで普通に壁を張ります。 相手が普通に殴ってきたら、倒されるターンであくびをうって後続の起点作成完了です。 同じような役割を遂行できるポケモンに、いたずらごころによって必ず先制できるニャオニクスがいますが、エーフィは特性ではなく素早さによって上から動けるためバンギラスやガオガエン、オーロンゲなど初手に出てくる悪タイプにもあくびが通るのが強いのと、マジックミラーによって挑発無効=ほぼ確実に壁をはれる点です。 きあいのタスキをもたせる場合は、努力値調整は耐久振りではなくCぶっぱでもいいでしょう。 やや型が違いますが壁貼りエーフィを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 特殊方面の耐久は瞑想とエーフィの素の種族値で担保しつつ、火力も同時に上げながらバトンタッチで後続につなぐムーブはオシャレですね。 エーフィの対策 タイプ一致ゴースト・悪ポケモンを選出しておけばいいでしょう。 ミミッキュ• ドラパルト• サザンドラ• バンギラス• キリキザン• etc… エーフィは耐久が薄い上にエーフィの弱点をつけるポケモンはエーフィに致命傷を与えられる火力を持っているポケモンなので、基本的にはこれらのポケモンを選出しておけばOKです。 ほとんどのパーティにはすでに編成されているはずなので特に改めて対策することもないですし、あまりランクバトルでも見かけません。 ただ、相手のパーティにエーフィが見えたときは必ずマジックミラーを警戒した立ち回りをしましょう。 わかっていてもうっかりいつもの操作でステルスロックをまいてしまうことがありますが、そんなときに限って交代でエーフィが出てきて跳ね返されます。 エーフィがいるときは変化技は跳ね返されるリスクを承知の上でうつように立ち回りましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】エーフィの育成論と対策【起点作成対策の高火力ブイズ】 いかがでしたでしょうか。 マジックミラーと高速高火力、そして見た目の可愛さが魅力のエーフィ 夢特性の厳選がやや大変ですが、1体でもブイズの夢特性を持っていると他のブイズの夢特性を育てる場合も役立つので粘ってみるのがいいでしょう。 一応マジカル交換でも流れてくることがあります。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【エーフィ育成論】めいそう×マジックミラーで相手を翻弄!/対策と弱点も解説|ポケモット

エーフィ & デオキシス

エーフィ&ブラッキーの入手方法 イーブイをゲット まずは、イーブイをゲットしましょう。 エンジュシティのポケモンセンターで、マサキと遭遇後にコガネシティに行きます。 ゲームコーナー左下にあるマサキの実家を訪ねると、イーブイをもらえます。 条件によって、5種類に進化する可能性を秘めたポケモン。 今回は、 なつき度を上げて、エーフィ、ブラッキーに進化させます。 イーブイ進化ポケモン 条件 シャワーズ 「みずのいし」を使う サンダース 「かみなりのいし」を使う ブースター 「ほのおのいし」を使う エーフィ なつき度が高い状態で、朝~昼に進化させる ブラッキー なつき度が高い状態で、夜に進化させる なつき度を確認する方法 エーフィ&ブラッキーに進化させるには、イーブイのなつき度を高い状態にする必要があります。 レベルアップ 2. 能力アップアイテムを使う タウリンなど 3. ジムリーダー、四天王、ワタル、レッドと戦う 4. コガネシティの美容室でキレイにする 1日1回のみ 5. マサラタウンにいるグリーンの姉に毛づくろいしてもらう 午後3時~3時59分のみ 6. 手持ちポケモンに入れて歩く おススメは、 四天王とバトルです。 全ての手持ちポケモンが、なつき度アップするので、バトルに出す必要がないく、レベルを調整しやすいです。 何度でも挑戦できるので、一気にアップできますね。 他のポケモンのレベル上げや、お金集めのついでに挑戦してみてください。 四天王を倒した賞金で、コガネ百貨店に売っている能力強化アイテムを、買うのも良いですね。 イーブイのレベルは29で止める イーブイのレベルを上げすぎると、エーフィ、ブラッキーに進化させた後に、特有の技を覚えなくなってしまいます。 29レベルまでは、覚える技は一緒なので、そこで止めておくと良いですね。 30レベル以上にするのは、進化させてからにしましょう。 時間帯に注意 イーブイのなつき度が最高になったら、レベルを上げて進化させます。 ゲーム内の時間帯によって、進化が変わるので注意ですね。 エーフィの場合:朝~昼 午前4時~17時59分• ブラッキーの場合:夜 18時~午前3時59分 なつき度が下がる行動 以下の行動で、なつき度がダウンしてしまいます。 ポケモンが瀕死状態になる• コガネシティの地下通路にある、カンポー屋のアイテムを使う HPが減ったら早めに、回復してあげましょう。 愛情を持って育てれば、ポケモンも応えてくれるはず。 エーフィ&ブラッキー能力 最後に、エーフィ&ブラッキーの能力を確認して終わりましょう。 エーフィの種族値は以下の通りです。 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 65 65 60 130 95 110 特殊能力が高い、エスパータイプ。 HP、防御が低いので、物理攻撃をされると、苦しいですね。 高い素早さと特攻を生かして、先手必勝で戦うスタイルが合っていますね。 ブラッキーの種族値は以下の通りです。 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 95 65 110 60 130 65 防御能力が高い、あくタイプ。 HPも高いので、やられにくく、耐久に優れています。 その代わり、攻撃、特攻共に低く、敵を倒すのに工夫が必要なポケモン。 どくどくを覚えさせ、長期戦に持ち込むのアリですね。 まとめ 以上、エーフィ&ブラッキーの入手方法まとめでした。 攻撃型のエーフィか防御型のブラッキー、どちらに進化させるか迷いますね。 タマムシシティのゲームコーナーでは、 6666枚のコインとイーブイを交換できるので、両方ゲットするのも良いですね。 では、今回はここまでです。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

【ポケモンGO】エーフィの進化方法やおすすめ技

エーフィ & デオキシス

エーフィ たいようポケモン ガラルNo. 200 ぜんこくNo. 196 高さ 0. 9m 重さ• 5kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Espeon タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• /同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 [イーブイ:Lv. この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 [イーブイ:『イーブイZ』を持たせると『とっておき』がZワザになる。 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』が2段階ずつ上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の