外壁塗装 近隣挨拶文。 リフォーム工事前の近隣挨拶での手土産と手紙の例文について

外壁塗装で必要なご近所への挨拶まわりについて

外壁塗装 近隣挨拶文

外壁塗装工事を行う際には工事の着工前に近隣の方に工事の開始のご挨拶をすることをお勧めいたします。 なぜなら、外壁塗装工事の期間中は何かと近隣の方にご迷惑をおかけするからです。 具体的な要因として、 仮設足場の設置時や解体時の騒音は気になるものです。 ましてや、平日に作業をしていたとしても、人に よっては休日かもしれません。 せっかくのお休みの中、朝からカンカンと資材を叩く音はうっとうしいものです。 また、組立て作業が進むにつれて高い所で近隣を見渡せる高さまで職人が作業するわけですから、自分の 家をのぞかれているのではないかと思われる方もいます。 しかも、仮設資材を積んだ車両は大きなトラックで 設置する家の前に駐車をします。 家の前の道路の敷地が広い狭いにかかわらず、家の前に駐車をされるだけ でも圧迫感がありますし、狭小地域などではガードマンが必要な場合や通行止めになる可能性もあります。 仮設工事だけでもこれだけ近隣にご迷惑をかける要因があるのですから、工事着工前には色々なケースを 想定して事前に説明をする必要があります。 このような事を予め説明もなく、いきなり工事が開始されれば、 誰でも不快に思うのは言うまでもありませんので工事開始の1週間から10日前を目安として近隣ご挨拶は 実施してください。 どれくらいの範囲でまわるのかは外壁塗装工事を行う家屋の近隣四方八方を目安に、 袋小路の建売住宅などでは入口から奥の家までは最低限必要となりまし、裏がアパートやマンションの 場合でも、掲示板やポストに挨拶文を配ります。 その中でも両隣・迎え・裏面に対する近隣にはさらに丁寧な 挨拶が必要です。 なぜなら、高圧洗浄や屋根の塗装時などでは飛散するリスクが考えられるので、施工中に 飛散防止の養生をさせて頂く可能性が考えられます。 狭小地域などでは毎日、車両に車両専用シートを かけさせてもらうケースがありますし、境界線のフェンスや建物にも養生をさせてもらう事もあるのです。 こちらも事前の工事開始の挨拶がなければいきなり養生を、お願いしても嫌な思いをさせてしまいますし、 中には、協力を拒む方もいますので事前に調べておく必要があります。 仮設設置に関しても、騒音だけでなく、 狭小地域では敷地を越境する場合もあれば、お隣の敷地に仮設を設置することもあるのです。 塗装工事に 関しては、外壁塗装で使用する塗料の臭気レベルの問題なども予めきちんと説明をしなければなりません。 例え外壁塗装工事がお互い様であっても現実は自分には全く関係のないことです。 工事期間がどれくらい かかるのかとか、洗濯物は干せないのか、窓は開けられるのか、塗料の臭いはどれくらいするのか、車両は 何台駐車するのか、工事を依頼した施主様が気になることを同様に気にされるものです。 ですから、外壁塗装の 工事前の近隣ご挨拶は大切です。 挨拶をするかしないかではトラブルが発生する確率も大きく変わりますし、 後々、悪い印象を与えることがありません。 外壁塗装の工事を行う前には近隣の方には必ず工事開始前に 工事着工のお知らせをすることをお勧めいたします。 お知らせ内容は工事期間や騒音が出る日時や日数、 万が一のことも考えて会社の連絡先や工事担当者の連絡先などを明記した書面を用意して配ります。 できれば、直接、近隣の方の顔を確認するご挨拶が理想ですが、ご不在の方にもポスティングをしたり、 工事の依頼をしているお施主様にもご協力をしてもらい、一緒に挨拶をまわるのも良いかと思われます。 東京近郊で外壁塗装工事を行うなら。 現地訪問調査無料のカルテットにお任せください.

次の

リフォームでの近隣挨拶はどうする?注意点・手土産・挨拶文例など

外壁塗装 近隣挨拶文

外壁塗装や屋根塗装で必要となる足場、お隣さんとの距離が近い場合、どうしても隣家の敷地にはみだしてしまうことがあります。 大抵の場合、「お互い様なので、どうぞご自由にお使いください」と快く貸してくれることがほとんどです。 「ご近所さんと挨拶くらいは交わすけど、話したことはほとんどないし、何か頼みづらいな」という方も多いのではないでしょうか。 弊社では外壁塗装や屋根塗装をする場合、しっかりとご近隣に挨拶します。 お隣の敷地を借りないといけない足場を仮設できない場合、そのこともしっかりとお隣様にお話し、ご理解をいただきますのでご安心ください。 ところで皆様、民法において工事の際は必要な範囲だけお隣の土地の使用を認めていることをご存知ですか。 第209条 土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕する必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。 ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。 前項の場合において、隣人が損害を受けたときは、その償金を請求することができる。 お隣さんに許可を取れば、必要な範囲で使っていいけけど、損害を与えてしまった場合は弁済しなさいという常識的な法律ですね。 こういった法律があるということを知っていると、ちょっと心強いですよね。 お勧めはしませんが、仮にお隣さんから拒否されてしまっても、調停や裁判で承諾を求めることもできます。 お隣さんとの仲は最悪になるでしょうが。 もし、お隣さんが使用の許可を求めてきたら、快諾してあげてください。 その後、ご自宅をリフォームする際にグッと借りやすくなるはずです。 昔に較べると現在はご近所づきあいも減ったと言われていますが、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震などで地域の防災意識が高まり、交流が活発になったところも多いと聞きます。 いざという時のためではないですが、お隣さんだけじゃなくご近所とはできるだけ、仲良くしておきたいものです。 人気のブログ一覧.

次の

家の外壁塗装4

外壁塗装 近隣挨拶文

このページの目次 CLOSE• リフォーム工事でよくある近隣トラブル 誰でも家を持っていれば少なからず修繕や補修の工事を行うことがあるはずです。 リフォーム工事は実にさまざまで、ご近所に迷惑をかけてしまうような工事もあります。 お互い様とこちらは思っていても、そうは思ってもらえない場合もあります。 トラブルにならないために事前に想定しておくことが大切ですので、どのようなトラブルがあるのか知っておきましょう。 騒音トラブル リフォーム工事で既存の状態を解体するときに壁を壊したり、コンクリートをはつったり、大きな音が外まで響くことがあります。 また大工工事が有る場合はビスや釘を打つためにコンプレッサーを使用することも。 室内の工事でも実にさまざまな音が発せられます。 ご近所は普段の生活をしているわけですから、昼間と言え工事の音は気になるものです。 音をたてないで工事をすることは不可能ですから、配慮がとても必要です。 塗料のニオイや飛散のトラブル 外壁や屋根の塗装を行うときは足場を組んでシートで覆うのが一般的ですが、それでも塗料の独特なニオイやシートの隙間からの塗料の飛散などトラブルのもとになりかねません。 特に塗料のニオイは気分が悪くなって体の具合が悪くなったと言われるケースもありますので工事前には近隣への配慮が十分に必要です。 埃や木粉の飛散 外部のリフォーム工事では埃や木粉、タイル切断の際の粉なども飛散することがあります。 室内でも換気のために窓を開けて工事をするとご近所の洗濯物に付着したり、窓ガラスが汚れてしまったり。 そういったものの飛散が起こりうる場合は、きっちりとした養生や飛散防止に気をつけなければなりません。 工事車両の通行や停車位置のトラブル リフォーム工事には工事の種類にもよりますが、様々な職人が関わります。 キッチンの入替工事だけでも、電気屋、水道屋、大工、メーカー指定のキッチン設置業者、内装クロスなどが携わります。 職人達はいろんな道具を車に積むため大きな車に乗っている場合もあり、車を止める場所には細心の注意が必要です。 近くにコインパーキングがあればよいのですが、仕方なく路肩に停車し通行の妨げや近隣の人が自宅に出入りするのに邪魔になったりしてトラブルになるケースがあります。 大きなダンプや配送のトラックなども出入りすることもありますので注意が必要です。 見知らぬ職人がウロウロしている不安感 自分の家を工事している職人はご近所の方にとっては見ず知らずの人間です。 職人の風貌は怖がられることもありますので、大勢で休憩していたり、たむろして話をしているだけでも不安に思われることがあります。 職人の教育には徹底している業者もありますが、見た目だけで恐怖感を覚えるひともいることを覚えておきましょう。 工事前に挨拶する際のポイント 前記のようなトラブルにならないために、リフォームをする場合は事前に近隣挨拶をしておくのが賢明です。 挨拶のタイミングや具体例を知っておきましょう。 挨拶の範囲 工事前の挨拶に行く場合、両隣の家や前後の家だけでなく、同じ並びの家や前後の筋まで挨拶をしておくと安心です。 団地のような住宅地の場合は自分の家があるブロックなどの範囲で決めてもいいでしょう。 トラブルになる時は思わぬところから文句を言われたりすることもありますので、念のため広めの範囲で挨拶をしておくと安心です。 挨拶のタイミング 近隣挨拶は、ご近所さんとの関係を良好に保つためにも、工事前と工事後の2回行うことをおすすめします。 工事前の挨拶 遅くとも工事着工予定の2~3日前には済ませておきましょう。 リフォーム業者によっては独自で挨拶に行くところも少なくありませんので、担当者と相談して一緒に挨拶に行くのがベストです。 ご近所の方も業者の顔が見られれば安心できる面もありますので、施主だけ、業者だけで挨拶に行くのではなく一緒に行くのが好ましいです。 工事後の挨拶 忘れてはいけないのが、工事が終わった後の挨拶です。 「ご迷惑をおかけしました。 」、「お陰さまで無事に終わりました。 」と報告の意味を兼ねて工事後にも挨拶を心がけましょう。 これもリフォーム業者の担当者と一緒に行けるとベストです。 挨拶の具体例 どのような挨拶が好ましいのでしょうか。 近所付き合いの度合いにもよりますが、一般的に通じる挨拶を心得ておきましょう。 工事中は車の出入りや、騒音などニオイなどご迷惑やご不便をおかけすることがあるかもしれません。 十分に気をつけて工事を進めていきますので、よろしくお願いします。 」 といった風に、いつからいつまでどのような内容の工事を行うのか明確に伝え誠意を持って対応する旨、手土産を添えて挨拶をしましょう。 挨拶の手土産 手土産を持っていく場合は相手に気を使わせない配慮も必要です。 高価すぎるものや、安価すぎるものはかえって印象が悪くなる場合があります。 業者が用意してくれるものはタオルやごみ袋、洗剤や歯磨き粉、サランラップなどの日用品が多いですから、施主自身も用意する場合は業者と手土産が被らないよう相談しましょう。 簡単な菓子折りなどが一般的に多いようです。 ただ、挨拶をする件数が多い場合は隣接する家は少し差別化してもよいかもしれません。 手紙の見本 近隣挨拶を行う際、すべての家が在宅しているとは限りませんので予め添える手紙も用意しておきましょう。 業者に用意してもらうと、施主名、業者名も明確になりより安心感を与えることができます。 ご迷惑になりませぬよう心掛けて工事を進めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 安全・騒音・整理など万全の注意を払ってまいりますが、お気づきの点がございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。 業者からの手紙の方が何かあった場合に近所付き合いのこともあるため言いやすさもあります。 まとめ リフォーム工事をするときは近隣との接し方がトラブル回避にとても重要です。 なにも挨拶なしに工事を行ってしまいますと、少しの不満でも大きなトラブルに発展する可能性があります。 丁寧な対応をしておくとお互いが気持よく工事を終えることができますので、リフォーム業者の担当まかせにするのではなく、自らも挨拶に出向いておきましょう。 そうすることで、何か起こったときでも円滑にトラブルを回避することができるのです。 普段からの近所付き合いが親密であれば、工事車両を停める場所を提供してくれたり、助けてくれることもあるかもしれません。 キチンと対応をしておけばトラブルの備えになるということを覚えておきたいですね。

次の