ガラガラ レイド。 【ポケモンGO】アローラガラガラレイド対策!オススメポケモンと最適技一覧

【ポケモンGO】アローラガラガラの色違いとおすすめ技&弱点

ガラガラ レイド

ガラガラ ほねずきポケモン ぜんこくNo. 105 アローラNo. USUM 198 アローラNo. SM 164 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Marowak タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 28以上にレベルアップで『カラカラ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトル・バトルロイヤル時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 技『わるあがき』の反動は受ける。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『ほのお』タイプには無効。 投げつけた道具はなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 『ほのお』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

【ポケモンGO】レイドボス「アローラガラガラ」対策!少人数でも!初心者でも!

ガラガラ レイド

こんにちは、いもづるしきの読書です。 この記事では、「鎧の孤島」で使用可能になったポケモンのなかで、火力に優れるポケモンたちを書いています。 物理水No. 4、特殊フェアリーNo. 1のように表現している 火力ランクは、剣盾のソフトおよびDLC のみで入手可能なポケモンで算出しており、ジラーチ、レシラムなどのポケモンは取り除いています。 努力値振りは ASもしくは CSをおすすめします。 以下より常文。 リベロエースバーン いじっぱり、黒帯 ダイナックルをタイプ一致で撃てる最も速いポケモン。 募集するときに活躍してくれるだろう。 ・飛び膝蹴り、起死回生 ダイナックルの威力100 力もちマリルリ いじっぱり、神秘の雫、精霊プレート 物理水No. 4、 物理フェアリーNo. 1のポケモン。 ・アクアブレイク、じゃれつく、馬鹿力 サメハダー いじっぱり、控えめ、神秘の雫、黒い眼鏡 物理水No. 13、 物理悪No. 7、 特殊悪No. 3のポケモン。 ダイストリームを撃つ姿が最高にかっこいいポケモン。 サメ型のポケモンを使いたかったあなたに。 ・物理型:噛み砕く、アクアブレイク、インファイト ・特殊型:悪の波動 ドレディア 控えめ、お花のお香 特殊草No. 3のポケモン。 見た目がかわいらしく人気。 ・花びらの舞、エナジーボール 勝ち気プクリン 控えめ、精霊プレート 条件下で 特殊フェアリーNo. 1となるポケモン。 ダイマックス技がこちらへのステータスダウンとなる 悪、ドラゴンのレイドボスに極めて有効。 ・マジカルシャイン ジバコイル 控えめ、磁石、メタルコート 特殊電気No. 1、 特殊鋼No. 2のポケモン。 電気玉もちピカチュウを超え、特殊電気No. 1に躍り出た磁場ポケモン。 電気タイプを使うホストトレーナーよりもあなたのジバコイルが素早い場合、金属音を使ってレイドボスの特防を下げつつ、ホストのダイサンダーを展開させるプレイングを取るのもアリ。 ・ライジングボルト、徹底光線、ラスターカノン、金属音 根性レントラー いじっぱり、火炎玉 根性発動時に 物理電気No. 1となるポケモン。 ・ワイルドボルト、雷のキバ、馬鹿力 ガラガラ いじっぱり、太い骨 物理地面No. 2のポケモン。 物理地面No. 1は、命の珠もちの力もちホルード。 特性を避雷針にすると味方のポケモンに飛ぶ単体電気技を無効化できる。 ・ボーンラッシュ、けたぐり ダイナックル用 アローラガラガラ いじっぱり、太い骨 物理ゴーストNo. 1、 物理炎No. 2のポケモン。 物理炎No. 1は根性が発動したブースター。 ポルターガイストはダイマックスせずに使うと無効になるので注意。 ゲスト参加でフレアドライブを連発するなら、夢特性の「石頭」にしておくと反動ダメージを受けずににすむ。 ・ポルターガイスト、シャドーボーン、フレアドライブ、炎のパンチ フーディン 控えめ、曲がったスプーン 特殊エスパーNo. 2のポケモン。 ソロかゲスト運用するならHC振り、募集のホスト運用ならCSがおすすめ。 ・未来予知、サイコキネシス、サイコショック、ワイドフォース ナッシー 控えめ、奇跡の種、曲がったスプーン 特殊草No. 1、 特殊エスパーNo. 4のポケモン。 ・リーフストーム、エナジーボール、未来予知、ワイドフォース アローラナッシー 控えめ、奇跡の種、竜のキバ 特殊草No. 1、 特殊ドラゴンNo. 4のポケモン。 ・リーフストーム、エナジーボール、流星群、竜の波動 テクニシャンハッサム いじっぱり、銀の粉、メタルコート 物理虫No. 4、 物理鋼No. 7のポケモン。 アイアントに火力は劣るが、ダイマックスの切れる4ターン目にも攻撃を安定して命中させられるのが魅力。 ・シザークロス、アイアンヘッド、バレットパンチ、馬鹿力 根性ヘラクロス いじっぱり、火炎玉 根性発動時に 物理虫No. 1、 物理格闘No. 3となるポケモン。 ・メガホーン、インファイト、けたぐり ダイナックルの威力100 ウルガモス 控えめ、銀の粉、木炭 特殊虫No. 2、 特殊炎No. 3のポケモン。 ・虫のさざめき、大文字、火炎放射 適応力 ポリゴンZ 控えめ、拘りメガネ 最高火力の「さわぐ」ができるポケモン。 ゲストでお邪魔するときに便利かもしれない。 ・さわぐ 適応力 ドラミドロ いじっぱり、控えめ、毒バリ、竜のキバ 物理毒No. 1、 物理ドラゴンNo. 7、 特殊毒No. 1、 特殊ドラゴンNo. 1のポケモン。 物理ドラゴン運用は、弱点が突けるレイドボスがダイドラグーンでこちらのAを下げてしまうため、おすすめしない。 レイドでの活躍具合や同タイプなことから、NNをムゲンダイナにするトレーナーも出るかもしれない。 ・物理型:ダストシュート、気合玉 ダイナックル用 、シャドーボール ダイホロウ用 ・特殊型:ヘドロ爆弾、流星群、竜の波動 今回はここまでです。 いつも読んでくださり、本当にありがとうございます。 素敵なワイルドエリアライフを楽しめますように。

次の

#ポケモン剣盾 DLC解禁ポケモンとマックスレイドバトル|いもづるしきの読書|note

ガラガラ レイド

ガラガラ ほねずきポケモン ぜんこくNo. 105 アローラNo. USUM 198 アローラNo. SM 164 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Marowak タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 28以上にレベルアップで『カラカラ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトル・バトルロイヤル時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 技『わるあがき』の反動は受ける。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『ほのお』タイプには無効。 投げつけた道具はなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 『ほのお』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の