御殿場 アウトレット 新 店舗。 ラデュレの新スタイル店舗が御殿場プレミアム・アウトレットに、“マカロンの帽子付き”ソフトクリームなど

御殿場プレミアム・アウトレット 第4期増設開業日は、2020年4月16日(木)に決定 ~開業20周年の年に“日本を代表する唯一無二のショッピングリゾート”へ進化~|三菱地所・サイモン株式会社のプレスリリース

御殿場 アウトレット 新 店舗

地図凡例• インフォメーションセンター• お直し (ママのリフォーム)• 授乳室• 宅配便 (国内便のみ)• お手洗い• オストメイト対応お手洗い• おむつ交換台• 自動体外式除細動器AED• プレイグラウンド• プレイヤールーム• 喫煙コーナー• 車椅子貸し出し• ベビーカー貸し出し• コインロッカー• 自動販売機(飲料)• バスロータリー• タクシー• 駐輪場• ごてんば観光案内所 (御殿場の観光・物産のご案内)• 公衆電話• 公衆無線LANサービス (Free Wi-Fi)•

次の

御殿場プレミアム・アウトレット第4期増床オープン!一大リゾート施設へ進化

御殿場 アウトレット 新 店舗

「ヒルサイド」エントランスイメージ 日本国内初のプレミアム・アウトレットとして、世界文化遺産・富士山の麓に2000年7月に開業。 19年間で約1億7,000万人(2000年~2018年度レジ客数合計)以上のお客様にご利用いただきました。 国内9か所に展開するプレミアム・アウトレットのフラッグシップであり、日本を代表するアウトレットセンターです。 開業20年の節目の年に約12年ぶりに実施する第4期増設では、新設エリアの開業に加え、施設全体の魅力を底上げするよう滞在性と快適性を強化。 同時に、既存エリアのリニューアルも行います。 富士山ビューのスポットを設けた新設エリアは「Hill Side(ヒルサイド)」と命名し、店舗面積約17,000㎡に、アウトレット日本初出店13店舗(物販のみ)を含む物販72店舗、飲食16店舗(既存店舗の移転22店舗含む)計88店舗がオープン。 当社調べ。 「ヒルサイド」には、物販では、ラグジュアリーブランドを中心に、カジュアルファッションやファミリーでも楽しめるブランドが出店。 さらに飲食店では、フードエリアを形成したほか、6店舗集積した「ITADAKI TERRACE(いただきテラス)」と称したフードホールを新設します。 「ヒルサイド」エリアイメージ また、約2,000台分の駐車場を新設し、合計約7,000台へと増強。 さらに、メリーゴーラウンドなどを備えたプレイグラウンド(有料)や、増加するインバウンド来場にも対応した団体観光バスターミナルも新設します。 また、既存エリアと「ヒルサイド」を結ぶ2か所に橋を設置いたします。 なお、既存エリアのリニューアルは、2020年夏の20周年を目処に順次オープン予定です。 昨年12月には、小田急グループにより、客室の半数以上で富士山ビューを楽しめる「HOTEL CLAD」と 自家源泉の良質な温泉や絶景を眺める露天風呂などが完備された日帰り温泉施設「木の花の湯」が開業。 御殿場プレミアム・アウトレットは、アメリカ生まれのアウトレットとして日本に開業して今年で20年。 ゆるやかな傾斜地を利用したひな壇状の地形に、3つのストリートを形成します。 アウトレット日本初出店13店舗(物販のみ)を迎えるほか、施設全体の回遊性を高めるため、既存エリアからの移転含め、物販72店舗、飲食16店舗、計88店舗がオープン。 全体で店舗面積約61,000㎡と圧倒的規模と存在感を誇る日本最大のアウトレットセンターへと進化します。 さらに新設エリアと既存エリアを結ぶ2つの橋を架けるなど、施設全体の魅力を底上げするような滞在性と快適性の機能向上を図り、「日本を代表するショッピングリゾート」としての環境を充実させます。 スポーツ&アウトドアブランドが集積するゾーンが登場します。 また御殿場プレミアム・アウトレットの特徴であるラグジュアリーブランドの拡充を実施。 「バーバリー」が既に拡張オープンしています。 さらに、施設全体の回遊性を高めるキーブランドの移転、より一層の豊富な品揃えにつながる店舗の大型化などを進めており、2020年夏の20周年を目途に、順次オープンする予定です。 第4期増設エリア「ヒルサイド」ブランドラインナップ 【物販店舗】 ラグジュアリーブランド&インポートブランドの拡充に加え、趣味雑貨など多彩なカテゴリーが登場 「ヒルサイド」イメージ 御殿場プレミアム・アウトレットの特徴でもあるラグジュアリーブランド&インポートブランドの拡充に加え、人気のセレクトショップ&カジュアルファッション、さらにはキッチングッズやキャラクター、ステーショナリーなど、全方位でのブランドラインナップの拡充を図ります。 さらにシルエットの美しさと極上の穿き心地が魅力のアメリカL. から生まれたリラックス感あるデニムブランド「ヤヌーク」、ユニークなデザインの観点を持ち合わせた上質のテーラリングを専門とするニューヨーク発のラグジュアリーブランド「トム ブラウン」の日本初のフルコンセプトストア、スポーツカテゴリーとして、ヨガウェアなどの高機能性なファッションを提案する「ルルレモン」、期間限定で、ヴァージル・アブローが手掛けるハイエンドなブランド「オフホワイト」。 上記ブランドをはじめとする13店舗がアウトレット日本初出店いたします。 また、ニューヨークのリアルクローズを表現したモダンラグジュアリーブランド「3. 1 フィリップ リム」が日本のアウトレットでは唯一の店舗として登場。 さらに、多くの芸術家などに愛される伝説的ノートブックなどの販売を手掛ける「モレスキン」も期間限定出店いたします。 6つの飲食店が登場します。 静岡県菊川市の日本茶カフェが急須で淹れるお茶やアレンジティーを販売するティースタンド「サングラムグリーンティー」をはじめ、個性豊かな飲食店が立ち並び、テラス席48席を含む386席をご用意。 晴れた日には、富士山の絶景を眺めながら心行くまでお食事をお楽しみいただくことができます。 また、飲食店舗を集めたフードエリアを中心に、飲食や食物販の店舗を拡充。 幻のコシヒカリ『雪ほたか』を美味しく味わえる食堂スタイルの新業態レストラン「サロン ギンザ サボウ こめ食堂」、トランジットジェネラルオフィスが手がけ、脇屋友詞氏が監修する点心や汁なし担々麺を提供する新業態「ファンファン飲茶」もお目見えいたします。 4倍増強、約7,000台に 新たに3か所の立体駐車場等を建設。 現在の約5,000台から約7,000台へと拡大(ホテル専用駐車場を除く)するほか、外周道路の拡幅工事や来場経路の道路改修工事を実施し、来場の利便性が向上しました。 さらに昨年3月には、足柄スマートインターチェンジが開通したことで、一層施設へのアクセスが便利になりました。 富士山の絶景もお楽しみいただけます。 また、拡大した施設の回遊性を高めるヒルサイド バスターミナルとウェスト バスターミナル(路線バス・シャトルバス等)を結ぶ場内循環シャトルバスの運行も予定しています。 無料Wi-fi設置のラウンジには、くつろげるソファー席やカウンター席を設けたほか、飲料自販機や外貨両替機を設置。 日本政府観光局(JNTO)の外国人観光案内所認定制度で、「カテゴリー3」の認定(2019年12月現在)を受けた ウェルカムセンターでは、英語、中国語対応スタッフのほか、画面による通訳サービスにより様々な言語でのご案内が可能です。 様々な国や宗教のお客様に安心してお買い物をお楽しみいただけるよう、男女別のプレイヤールーム(祈祷室)も設置します。 片側には、屋根を設け、雨天時の動線を確保。 雨にぬれることなく新設ゾーンと往来が可能となるほか、橋の中央にはビューポイントを設けることで、目の前に広がる絶景をお楽しみいただけるよう工夫を施します。 休憩はもちろん、ミーティングルームや、歯磨きスペース、パウダールームなどを完備します。 <参考資料1> 第4期増設エリア「ヒルサイド」 店舗一覧 2ページ 下記URLよりご確認いただけます。 <参考資料4> 各施設概要• 【「HOTEL CLAD」施設概要】 HOTEL CLAD 小田急グループにより2019年12月15日オープン。 客室は全182室。 半数以上の客室が富士山ビューで、アウトレットでのショッピング前後にゆったり滞在いただくことはもちろん、箱根など周辺観光地への拠点としてもご利用いただけるホテルです。 御殿場プレミアム・アウトレットに出店しているJournal Standard のコンセプトルームも特徴です。 【「木の花の湯(このはなのゆ)」 施設概要】 木の花の湯 小田急グループにより2019年12月15日オープン。 「HOTEL CLAD」に併設する建物で、自家源泉の良質な温泉、圧倒的な富士山ビューを楽しめる露天風呂、19室もの貸切個室風呂、和モダンなレストランも備える日帰り温泉施設です。 ホテルの宿泊客は無料で利用できるほか、気軽に絶景を堪能しながら贅沢な時間をお過ごしいただけます。 【三菱地所・サイモン株式会社について】 三菱地所・サイモン株式会社は、三菱地所株式会社とSimon Property Group, Inc. の2社による合弁会社で、日本におけるアウトレットの開発、所有、運営を主な事業としています。 現在、日本において9か所のプレミアム・アウトレットを展開しております。 優雅なショッピングはもちろん アウトレットの新たな楽しみ方を今後も提案。 同じく20周年を迎える「りんくうプレミアム・アウトレット」(大阪府)の第5期増設(2020年夏)では、グランピング施設の開業などを控え、今後もプレミアム・アウトレットの価値をより一層高めてまいります。 プレミアム・アウトレットは、ニューヨーク郊外の「ウッドベリーコモンプレミアム・アウトレット」やロサンゼルス郊外の「デザートヒルズプレミアム・アウトレット」、ハワイ・ホノルルの「ワイケレプレミアム・アウトレット」など、アメリカ、韓国、およびカナダ、メキシコ、プエルトリコ、マレーシアでも展開されています。 の商標です。 本資料に関する画像は、下記よりダウンロードの上ご使用ください。 (2020年1月15日14時公開).

次の

ラデュレの新スタイル店舗が御殿場プレミアム・アウトレットに、“マカロンの帽子付き”ソフトクリームなど

御殿場 アウトレット 新 店舗

15日にオープンする「ホテルクラッド」。 アウトレット来場者や観光客の需要を見込む=9日午前、御殿場市深沢 御殿場市深沢の御殿場プレミアム・アウトレットの増設工事が進んでいる。 増設エリアは2020年春にオープン予定。 店舗面積は約1万6千平方メートル広がり、アウトレットモールとして国内最大の約6万平方メートルに、店舗数は100店近く増えて約300店規模に拡大する計画。 運営する三菱地所・サイモンが9日、現場を報道陣に公開した。 16年に発表した第4期増設計画で、186億円を投じる。 具体的なオープン時期や出店ブランドは年明けに発表する。 同社の担当者は「さまざまなカテゴリーの店舗ラインアップになる。 日本初出店のブランドも決定している」と話す。 増設エリア「サウスゾーン」は既存の「イーストゾーン」と、15日開業の「ホテルクラッド」の間に位置する。 ひな壇状に3本の通路が配置され、それぞれの両脇に店舗が並ぶ。 団体バス専用駐車場や子ども向け遊具のあるプレイグラウンドも新設する。 工事の進捗(しんちょく)は計画の7割弱で、現在は外壁や店舗内の設備工事が進められている。 同社の山岸正紀社長は「名実ともに日本最大のアウトレットの地位を確固たるものにしたい」と声に力を込めた。 御殿場プレミアム・アウトレットは00年7月に開業し、その後は2度増設した。 18年度のレジ通過客数は延べ1030万人、売り上げは約946億円。 年間延べ1千万人を超すアウトレットの利用者や国内外からの観光客を受け入れる。 事業主体は小田急電鉄でグループ会社の小田急リゾーツが運営する。 開業式典が9日、同ホテルで開かれた。 静岡経済の記事一覧•

次の