足が臭い対処法。 足の臭いの原因は水虫だけなのか?

足が臭い原因は○○だった!本当に効果がある5つの対処法を紹介

足が臭い対処法

やすりや角質リムーバーで優しく角質を落としていきましょう。 このとき、やすりは一方向に動かしてください。 また、足が濡れた状態で行うと、落とす必要がない角質まで取り除いてしまう可能性があるので、必ず乾いた状態で行いましょう。 ただし、やりすぎは禁物! 週に1~2回程度が目安です。 この作業をすることで汚れが浮き上がり、汚れを落としやすくなります。 このとき、できるだけ ボディソープではなく石鹸を使用すると、より効果が高まります。 ボディソープには保湿成分が含まれていることが多く、その成分が汗や蒸れの原因になることがあるためです。 さらに強い効果が欲しい場合には、足専用の石鹸を使用してみるのも良いでしょう。 ポイントは 手で洗うことです。 スポンジなどで足の裏を傷つけてしまうと、菌の繁殖を促進してしまいます。 手で優しく、汚れが溜まりやすい指の間まで丁寧に洗い上げましょう。 場合によっては爪ブラシを使用し、しっかり汚れを落としましょう。 この時も乱暴に行うのはNG。 優しくささっと洗いましょう。 石鹸カスが残らないよう気を付けてください。 水分が足に残っていると、雑菌の繁殖に繋がるため、指の間もしっかり拭きあげてください。 ドライヤーを使用するのもひとつの手です。 足が完全に乾くまで、スリッパやルームソックスは履かないようにしましょう。 ミョウバンには殺菌効果や制汗作用があるため、表面の雑菌を除去することができます。 ミョウバン水の作り方は簡単。 まず水500mlと20gのミョウバンを用意し、ペットボトルの中に入れます。 ミョウバンは溶けるまでに時間がかかるため、ペットボトルのふたをしめてよく振り、冷蔵庫で保管してください。 水が透明になったらミョウバン水の完成です。 使用するときは、さらに10倍に薄めると、刺激が強くなりすぎずオススメです。 ガーゼに染み込ませたり、霧吹きスプレーの容器に入れ吹きかけたりして使います。 湿気をとるために、 1度履いたらできれば2日は靴を休め、干して乾燥させてください。 とはいえ、そんなに多くの靴を用意できないという場合は、冷凍庫に靴を入れてみるという方法もあります。 冷凍庫の温度下では雑菌は生き残ることができないため、臭いが消えます。 ジップロックなどに入れて靴を冷やしましょう。 新聞紙を下に敷くと、靴の水分を吸ってくれて靴をより清潔に保てます。 それでも臭いが気になる場合は、消臭スプレーや消臭インソールを使用してみてください。 また、靴のサイズが合わないと汗が増え、臭いの原因になるため、今一度靴のサイズもチェックしてみると良いでしょう。 通気性の良い靴下等を使用すると、通常の靴下に比べ臭いが減るかと思います。 1日履いた靴下は、洗濯機に入れる前に除菌用の石鹸などを使って事前に洗っておくと、より臭いが気にならなくなるはずです。 お風呂にゆっくり入り、十分な睡眠をとるなど、疲れをなるべく残さないようにしましょう。 適度にリフレッシュするのもストレスを減らす方法のひとつです。 疲労臭が原因の臭いの場合、デオドラント剤などはあまり効果がないため、根本的な改善を目指していきましょう。 また、足のニオイを意識しすぎると、余計ストレスから汗が出て臭ってしまうことも。 ある程度対策をしたら、過度に気にすることなく過ごすのも、臭いを消すことにつながります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 臭いはデリケートな問題なだけに、手入れが欠かせません。 きちんと対策を取って、ためらわずに靴を脱げるようにしましょう。 そして…… 気になる臭いは、足だけではありません。 体臭、特に加齢臭が出ていませんか? 足の臭いは自身で気づけますが、加齢臭などの体臭はなかなか気づきにくいですよね。 次のページでは体臭対策を徹底解説! 自分は大丈夫と思っている人が一番危ないかも!?

次の

【必見】足が臭い原因はコレだった!?原因を知って対策しよう!

足が臭い対処法

靴が原因 ニオイの原因菌は、高温多湿の環境でより繁殖するため、湿気の多い夏場は注意が必要です。 通気性の悪い靴を長時間履くことで、ニオイが強くなってしまう場合があります。 革靴や足が全部おおわれたタイプの靴(パンプスやスニーカーなど)は注意してください。 同じ靴ばかり履く人や、朝から夜まで同じ靴を履きっぱなしの人も気をつけましょう。 また、サイズの合っていない靴を履くこともニオイの原因になります。 サイズが小さい場合も大きい場合も、足にとってストレスなので、発汗を促すことも。 その結果、足が臭くなります。 靴下が原因 寝るまで同じ靴下を履いたままという人も、同じ靴を履きっぱなしでいるのと同じ。 靴下で足が密閉状態になることで、雑菌の繁殖しやすい環境をつくってしまっています。 ストレスが原因 ストレスがあると、自律神経が乱れて、足の裏に大量の汗をかき、雑菌が繁殖します。 また、足の角質などをエサとする常在菌が増えて、ニオイの原因に。 ほかにも、ストレスにより活性酸素が増加すると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。 病気の可能性も……!? 「白癬菌」という菌は、汗などをエサに繁殖し、老廃物を排出します。 これが、足のニオイの原因です。 白癬菌が皮膚の角質層に侵入して繁殖することで、いわゆる「水虫」になります。 皮膚に白癬菌が付着するだけでは水虫にはなりませんが、足を不潔にしておくと、汗や古い角質が足の裏に溜まってきて、白癬菌の繁殖環境をつくってしまいます。 また、傷ついた皮膚から白癬菌が侵入しやすくなります。 いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の

【必見】足が臭い原因はコレだった!?原因を知って対策しよう!

足が臭い対処法

足にいる雑菌• 疲労やストレス• 病気 順番に詳しく紹介します。 足にいる雑菌 足が臭い原因で最も多いのが、 足にいる雑菌です。 実は足って、体の中でも汗をかきやすい部分だとご存知でしょうか? 特に足の裏には、汗をかく汗腺というものが多くあり、 足だけで1日にコップ1杯分の汗をかくとも言われています。 汗そのものは無臭なのですが、足に潜み汗を餌にしている菌に分解されることによって、臭いにおいが発生するのです。 疲労やストレス 疲労やストレスも、足が臭くなる原因と考えられます。 日々の仕事などで疲労がたまると、本来尿として排出されるはずのアンモニアが皮膚から出て、疲労臭と呼ばれるものに変わります。 さらにストレスによって自律神経が乱れると、足の裏に大量の汗をかくようになり、 雑菌が繁殖しやすくなる原因にもつながりやすくなります。 病気 病気も、足が臭くなる原因として考えられます。 大量の汗をかいてしまう「多汗症」の人や、免疫力が低下している人の足は、 菌が活発に活動しやすくなるので、臭いも強くなります。 足の臭いは遺伝する? 手や柔らかいタオルで洗う 足を洗うときは、 手や柔らかいタオルで優しく洗いましょう。 スポンジやボディータオルでゴシゴシ洗うと、足に傷が付き、そこに雑菌が溜まりやすくなってしまいます。 足の裏のシワに沿って洗う みなさん足の裏を洗うとき、指からカカトに向かって縦に洗っていませんか? 実は足の裏のシワは、横に向かって出来ているシワもあるので、 縦に洗うだけでは効果があまり期待できません。 足を洗うときは、 シワに沿って横にも洗いましょう。 指の間や爪の中も洗う 指の間は、汚れが溜まりやすいのでよく洗いましょう。 また、爪垢が溜まるとそこから何とも言えない臭いが発生します。 毎日意識して爪の中も洗いましょう。 足を洗うときに見落としがちなのが、 カカトです。 カカトにも、汚れや汗が結構溜まっているのでしっかり洗い流しましょう。 しっかり洗い流して水分を拭き取る 石鹸カスや泡が残らないように、 しっかり洗い流しましょう。 その後、タオルで水気が無くなるまでしっかり拭き取りましょう。 特に指の間に水分が残っていると、雑菌の繁殖につながってしまうので気をつけましょう。 足の爪を切る 足の爪に溜まった垢は、 雑菌の繁殖を手助けする餌となります。 こまめにカットして、爪垢が溜まらないように注意しましょう。 靴を清潔にする 靴を清潔に保つことは、雑菌の繁殖を防ぐことにつながります。 靴は足から出る汗を多く含んでいます。 靴の中や靴箱の下に新聞紙を入れておくことで、靴の水分を吸収して清潔に保つことができるでしょう。 本当は、できるだけ毎日同じ靴を履くことを避けたいですが、そうもいきませんよね。 そんなときは、 せめて雨の日に履く靴だけでも変えてみてはいかがでしょうか? 雨に濡れた靴は、そのまま乾くと雑菌だらけになってしまいます。 レインブーツを用意することで、普段履いている靴が濡れてしまうのを防げますよ。

次の