嵐 会見。 嵐、会見での“無責任”質問を最高の「引き立て役」にできたワケ

嵐、会見での“無責任”質問を最高の「引き立て役」にできたワケ

嵐 会見

嵐休止会見で波紋を呼ぶ質問をした記者は誰? 嵐の休止会見で、波紋を呼ぶ質問をした記者は、 ミスターサンデーのディレクター 鈴木孝氏(鈴木かっぱ)さんという噂があります。 鈴木孝氏は、 有限会社クロスロードというTV番組を制作会社の経営をされています。 主にフジテレビ系列の報道・情報・ドキュメンタリー番組の制作 を担当です。 ツイッターを 有限会社クロスロードで されていますが、2018年6月以降に発言はされていませんね。 ですが、 色々と調べていると、 Mr. サンデーの番組の編集上、誤解を招くようなカットがあっただけで、 今回は、鈴木カッパさんではないと言うことが判明。 「スポニチのクワバラです」と言ってました。 と言うことで、スポニチのクワバラさんはどんな人かも調べてみました。 名前: 桑原淳(読み方:くわばらあつし) 年齢:41歳 2019年1月現在 住所:不明 出身:岐阜県海津市 所属:スポーツニッポン新聞社 東京本社文化社会部 担当:ジャニーズタレント全般 その質問に対し、 嵐の櫻井翔君は 少し怒ったような表情。 でも、できる限り落ち着いて、冷静に 「無責任かというご指摘に関しましては、我々からの誠意は、およそ2年近くの期間をかけて、感謝の思いを伝えていく期間を設定した、これは我々の誠意です」と答えていました。 嵐の活動休止に関しては、.

次の

【嵐緊急会見】嵐・大野智、2021年から芸能活動休止 会見で涙も「申し訳ない気持ちがある…」

嵐 会見

2020年も残り半年かぁ 年内いっぱいでグループ活動を休止し、大野智を除く4人はソロ活動に専念していく予定の嵐メンバー。 昨今の新型コロナウイルス感染拡大により、国内外で開催を控えていたコンサートの延期が決定したこともあり、一部で「嵐の活動延長」を求める声も上がっている。 嵐は、昨年1月に2020年12月31日で活動休止に入ると発表。 その際の会見で話したところによれば、大野は17年6月の時点で「2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたい」「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」と、メンバーに告げたという。 以降は話し合いを重ね、今回の結論に至ったと説明。 大野は21年から一時芸能活動を休み、残る相葉雅紀、櫻井翔、二宮和也、松本潤は個人で仕事を続けていく旨を明かした。 それだけに、今年は嵐やファンにとって重要な1年となるはずだったものの、新型コロナウイルスの蔓延によって、彼らの活動にも大きな影響が出ている。 春に行う予定だった中国・北京公演を断念し、5月15日・16日に東京・新国立競技場で開く予定だった『アラフェス 2020 at NATIONAL STADIUM』も延期が決まったのだ。 「嵐は、NHKの東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターを務めており、本来ならば今夏の同大会を盛り上げるポジションでした。 しかし、新型コロナウイルスの世界的流行を受け、オリンピック・パラリンピックは21年夏の開催が決定。 これにより、ファンは嵐がナビゲーターを続投するのかどうか気にかけていたのですが、3月25日の会見で、NHKサイドは『現時点で変更ということは考えておりません。 来年ということですが、まだ何も決まっていません』と、言及しています。 ただ、大会の関連仕事のみ嵐の5人が揃うのか、それとも大野以外の4人で遂行するのか、いまだはっきりしていないんです」(ジャニーズに詳しい記者) 20年以降の活動延長を望んでいる嵐ファンの声は多く見受けられるが、休止について切り出した大野の気持ちを考えると、複雑な心境になってしまう人も少なくないようだ。 ファンが嵐の行く末を案じている中、5月12日頃に音楽プロデューサー・井上氏が「嵐との仕事の中でも、Love so は最も思い出深い曲の一つです。 大切に歌い続けてくれて嬉しいです」「オリンピックと一緒に1年延期して欲しいと思っているのは俺だけでは無いはず。 ForeverArashi」と、ツイートしたという。 前述のツイートは、5月15日に「Love so sweet : Reborn」としてデジタルシングルが配信されることを受け、思いを綴ったようだ。 これに対し、主に大野を支持するファンからは「嵐に素敵な楽曲を提供してくれたのはありがたいけど、大野さんの命がけの決断をこんなふうに言われるのは……。 オリンピックとか関係ない」「SPINさんの歌は好きな曲が多いだけに残念。 大野くんの重い決断を軽く扱わないでほしかった」「オリンピックとともに延長? 心ない発言が悲しい。 自分はオリンピックに嵐が必要だとは思わない」「なぜ彼らが活動休止するのか、命がけの決断をした人の思いを考えたことがありますか? 軽率な発言です」「一般人なら好きに発信すればいい。 でも、関係者が追い詰めるような意見を発信すべきじゃない」と、非難の声が続出した。 さらには、井上氏と事務所の関係を引き合いに出し、「たぶん事務所からの依頼で、延長に賛成していない大野さんに圧力をかけたんだと思う」「元ジャニーズ関係者なら、やっぱり圧力だ。 どうして大野さんの意思が尊重されないの?」「井上さんはジャニーズの社員だった。 ああいうツイートをするということは、やはり圧力じゃないかな」と、邪推する人も。 きっと、オリンピックを超えて、年末にたどり着きたかっただろうなと。 コロナという想定外の出来事は5人とも悔しかったろうなと思ってしまいました。 今後は気をつけて発言します」と、返信しつつ謝罪。 一部ファンの間で物議を醸した結果、井上氏は最初のツイートを削除た。 大勢のファンと同じく、井上氏も嵐というグループが貴重な存在だと感じているからこそ、「オリンピックと一緒に1年延期して欲しい」とつぶやいてしまったのだろう。

次の

嵐・大野智、「2年くらいなんてことない」発言が波紋! 活休発表後の会話内容とは(2019/11/08 09:00)|サイゾーウーマン

嵐 会見

2020年12月31日をもって活動休止することを発表したアイドルグループ「嵐」の大野智(38)、櫻井翔(37)、相葉雅紀(36)、二宮和也(35)、松本潤(35)が27日、都内で会見を行った。 嵐としての活動をいったん、終えたいと。 この世界を一度離れてみて、今まで見たことのない景色を見てみたいというか、普通の生活って今まで経験していないなあって思いもあり、興味もあり。 そんなこと考えていなかったので。 話し合いを進めていく中で、僕らがずっと言っていたのは4人でも6人でも嵐ではない。 自分たちの嵐っていう世界の、価値の基準の中でずっと戦ってきたグループなので。 5人でなきゃ100%のパフォーマンスはできないだろうというのが、リーダーの思いを聞いた後の決め方ですね」 櫻井「僕も驚きましたね。 前の日に友達と焼肉を食べてたんですけど、グループメールの所に大野から話がしたいと言う風に。 その後、話を聞いたときに、相談と言うより、もしかしたらある程度意思の固まっているものなのかなと解釈しました。 ものすごく驚きましたけど。 誰か1人の思いで嵐の将来を決めるのは難しい一方、他の何人かの思いで1人を縛るのも難しいのかなって。 大野の思いを理解したということです。 たくさん時間をかけて着地点を探していかなければならないなと思いました」 松本「常々グループ活動を続けることはメンバーの強い意志があって続けていけるものだと思っていたので。 僕らは10周年の時にたくさんの方に祝っていただいたり、国立競技場でライブやらせていただいたり、15周年の時にはデビューしたハワイに連れて行ってもらって、素晴らしい景色をたくさん見せてもらった。 自分たちがいろんなことを経験していく中で、次は何やろうって皆で話し合って進めてきた。 その中で大変だと思うことも正直ありました。 自分たちが良いと思っている時期にグループをしめるということを実際に考えたこともあったし、メンバーにその話をしたこともありました。 具体的な時期をこの時期にしたいとかそういういことはなかったですけど。 なので、一番最初にリーダーの話を聞いたときに、僕は驚きはしませんでしたね。 その後にみんなでいろんな話をする中で、これからのことを考えた時に、2020年で区切りをつけるのがベストなんじゃないかと」 相葉「初めてリーダーから聞いたときはひっくり返りました」 櫻井「ひっくり返ってたね」 相葉「こういう生活が当たり前だと思ったことは一度もないですけど、現実で突きつけられたときは準備が必要でしたし。 どうにか嵐を続けていく方法はないのかとリーダーに相談したりもしました。 リーダーとみんなと何回も話し合いを続けていく中で、ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと付き合わせるのは違うなと。 1人欠けてしまっては嵐というのは難しいと思ったので。 リーダーの意見に納得しました」 櫻井「時間はかかりました当然。 二つ返事ではい分かりました。 とは責任感的にできなかった。 リーダーも本当にギリギリまで考えてくれてたなと」 櫻井「賛成反対でぱきって別れるのは難しい。 お休みするとかそういう予定はないですね」 松本「今までやってきていないことにチャレンジするタイミングになるかもしれない。 今は何より2020年まで5人でファンの皆さんと一緒に楽しいことをするということを考えたい」 櫻井「グループ活動をやっているので、当然、選択肢としては一人休んでも嵐ですという選択肢もあった。 でも我々は5人じゃないと嵐じゃないという選択肢をとった。 僕は2020年の12月31日までの嵐のことしか頭にない」 二宮「僕もけっこう同じで、1人のことについてはなんにも考えていないです。 一人一人と話し合ったときに、そういう言葉ももらったというか。 4人が1人1人納得という形に持っていった話し合いの中で、変にもめることもなくぶつかることもなく、意見をまとめる4人の思いが響いた。 5人で嵐なんだなって。 僕は言葉にはできなかった。 ファンに対してのわがままがあってもいいのではないか 松本「今まで本当に楽しくやらせてもらいましたし、感謝しかないですよ。 僕らのライブで、来てくださった方がペンライトを買っていただいて皆で1個の絵を作ろうって。 それが毎公演、僕ら見れてるんで」 櫻井「わがままを言ったことはたくさんある。 初めてドーム公演をやったときに、アリーナ公演を振り替えて東京ドームでやらせてもらったり。 そういった僕らのわがままに答えてもらっていた。 私は中学生の頃より芸能活動をしていて、仕事をしながら勉強を頑張ってきました。 今度は皆さんの番です。 勉強、頑張りましょう。 …何これ?(笑い)」.

次の