部屋 を 涼しく する 方法 夜。 エアコン使わず頭を使え!クーラーなしで部屋を涼しくする方法

エアコンなしで楽チン節約!お部屋で涼しく過ごす方法12選 | 女性の美学

部屋 を 涼しく する 方法 夜

部屋が暑い原因 「外は涼しいのに、部屋が暑い・・・」そんな経験がある方も多いはず。 この原因は主に5つほどあります。 直射日光が当たりすぎている 南側に大きな窓を配したいわゆる「南向きの部屋」は多くの光を室内に取り込めて人気の部屋ですが、光を多く取り込めるということはそれだけ熱も取り込んでしまうということでもあります。 また、西向きの部屋も同じように西日によって部屋が熱くなりやすいデメリットがあります。 日当たりが良い部屋は直射日光でなくても、充分にお部屋の中を明るくすることができます。 カーテンや窓に貼るフィルムなどを工夫して、上手に光と熱のバランスをとるようにしてください。 湿度が高い 気温にばかり意識がいってしまいがちですが、意外と重要なのが湿度。 高温多湿の日本では湿度を下げるだけでもぐっと快適に過ごすことができます。 エアコンの除湿機能や、専用の除湿機を活用するほか、お風呂場やトイレなどのドアはしっかりと閉め、湿気が部屋の中に入ってくるのを防ぐようにしましょう。 部屋に熱気がこもっている 換気不足で空気の流れが滞っていると、室内に溜まった熱気がなかなか外に逃げず、温度を上げる原因となります。 防犯のために外出時はすべての窓を締め切ってしまうのは仕方がないかもしれませんが、家にいるときはなるべく換気を心がけるようにしてください。 部屋自体(壁・天井・床)が温まっている コンクリートの建物や断熱不足のお部屋などは、建物自体が熱を持ちやすく、いくらエアコンをつけてもまったく部屋が涼しくならないといったことが起こってしまいます。 特に夜は、溜め込んだ熱を外に放出する「輻射熱」によって寝苦しい思いをしてしまう・・・なんてことも。 家電や家具が熱を持っている 壁や天井と同様、部屋に置いてある家具や家電が熱を持ってしまったままだと、部屋を冷やす邪魔になってしまいます。 特に家電類が熱を持っていると、故障などの原因にもなってしまいますので、送風等を工夫して適度に冷やしてあげるのがおすすめです。 照明の発する熱も部屋の温度を上げる原因の一つ。 なるべく最小限の照明に抑えるか、LED電球に変えるなどしましょう。 エアコンなし(クーラー以外)で部屋を涼しくする方法 換気扇を回す 帰宅したら、まずは部屋の熱気を外に出すことが先決。 窓を開けるだけでなく、キッチンの換気扇を回すのも効果的です。 扇風機で部屋を涼しくする方法を徹底活用しよう! エアコンを使わずに部屋を涼しくする方法といえば、真っ先に思いつくのが扇風機ではないでしょうか。 暑い外から帰宅した直後なら、直接風を浴びるのもいいですが、体に長時間風を当てるのは健康にも良くないのであまりおすすめできません(特に睡眠時)。 使う時はなるべく首振り機能を使うようにしましょう。 また、扇風機で室内の空気を循環させることで、部屋全体の温度を下げるテクニックというものもあります。 最近話題の『サーキュレーター』は、こちらに特化した送風家電といえます。 ぜひ一度お試しを。 2階やロフトに扇風機やサーキュレーターを置く 特に熱気がこもりがちな吹き抜けの2階やロフトには、扇風機やサーキュレーターを設置し、溜まった熱い空気を下に逃がしてやりましょう。 部屋自体(壁・天井・床)を冷やす エアコンや扇風機の送風口を天井に向けたり、太陽光が当たりやすい場所にサーキュレーターを設置し、熱を持った建物自体を直接冷やすのも効果的です。 こうすすると、風が直接人に当たらずカラダにも良いので一石二鳥ですね。 家具や家電を冷やす 家具や家電などが熱を持ったままだと、なかなか部屋の温度が下がりません。 ここでも扇風機やサーキュレーターが活躍します。 窓際に扇風機やサーキュレーターを置く 窓を少し開けて、その手前に扇風機やサーキュレーターを置くと、外気を効率よくとりこむことができ、より早く部屋の空気が循環しやすくなります。 送風口を室内側に向けるのはもちろんのこと、実はあえて窓際に向けるやり方でも涼風を室内に取り込むことができます。 扇風機+保冷剤・氷水・冷凍ペットボトル(気化熱を利用する) 部屋の熱気をある程度外に逃がしたら、お次は室内の温度を効率的に下げましょう。 エアコンを使わない場合は扇風機がメインになりますが、送風口の裏側に保冷剤を取り付けることで、手軽にエアコンのような涼風を送ることができます。 窓のない部屋を涼しくする方法 窓がない部屋は換気が難しいため、部屋に熱がこもりやすく、熱が逃げにくいデメリットがあります。 しかし、「窓がない部屋」というのは「直射日光が入ってこない部屋」であるということもポイント。 実は、一度部屋の温度を下げればそれが持続しやすいメリットもあったりします。 上記で紹介した扇風機・サーキュレーターを活用するテクニックなどを使えば、部屋自体の温度を下げるのはそれほど難しくありませんよ。 夏場は夜(寝室)の暑さ対策も忘れずに! 暑さが厳しい日は、夜になっても気温が下がらず、寝室で不快な思いをする方も多いかと。 寝る直前になってから熱気のこもった寝室にウンザリするのではなく、上記のようなテクニックを使ってあらかじめ寝室の環境を整えておきましょう。 今回ご紹介したテクニックは、エアコンを使うときにも冷房効率をアップさせるのに役立つものばかり。 節約意識も大切ですが、それがいきすぎて体を壊してしまっては本末転倒です。 無理せず使えるものは使っていきながら、様々な効率化テクニックを取り入れつつ、厳しい夏を賢く乗り切っていきましょう!.

次の

エアコンがつけられない部屋冷房どうしていますか?効果的な扇風機の使い方

部屋 を 涼しく する 方法 夜

電気製品や電灯などは熱を発するので、使用していない時はスイッチを切りましょう。 電源の入っている電気製品は部屋を暑くします。 使用していないものはコンセントを抜くか、スイッチを切りましょう。 パソコンとテレビは特に多くの熱を放出します。 また、白熱灯も多くの熱を発します。 できるだけ部屋の電気を消しましょう。 常に全ての電気を消した状態でいるのは不可能ですから部分的に使用して薄暗くしたり、最小限の使用に抑えます。 X 出典文献• 白熱灯を電球型蛍光灯や、熱の放出が非常に少ないLED照明(こちらの方がはるかに効果的です)に変えてみましょう。 X 出典文献 電球型蛍光灯やLED照明は環境にも優しい電灯です。 シーリングファンを回し設定を調節します。 シーリングファンは部屋の空気をかき混ぜ循環させるので、部屋が涼しくなります。 X U. Department of Energy シーリングファンが空気を循環させ上下の空気を入れ替えます。 熱い空気は部屋の上部に滞るので、こうすると早く涼しくなります。 X 出典文献 シーリングファンを使っていないなら、今すぐにスイッチを入れましょう。 速度を設定できる場合は最大にします。 シーリングファンを下から見て、羽根が左回りに回っているか確認しましょう。 そうでなければ設定を変更します。 羽根が左回りに回るように、そして速度を最大に設定すると空気がよく循環するでしょう。 X 出典文献.

次の

エアコンがつけられない部屋冷房どうしていますか?効果的な扇風機の使い方

部屋 を 涼しく する 方法 夜

Contents• エアコン使わない?それ以外の方法 最初に、エアコンを使えるか使えないか。 これは大きな問題です。 もしエアコンを使わずに、部屋を涼しくするならば、ありったけの工夫をしましょう。 基本は、窓からの熱が部屋の温度を上げるので、窓を一番に対策します。 窓の遮熱、日差し対策、最新すだれ なんだかんだで、遮熱効果が優秀なのは、すだれです。 すだれのメリットは、部屋の外側で熱を食い止めてくれるところ。 すだれ以外には、シェードなどで日陰を作るのも効果的。 シェードは、こういうやつです。 一軒家、アパートなどそれぞれ実現できることが違うと思いますので、それぞれ試してみてください。 窓の外に日陰を作ると、その日陰で冷やされた空気が部屋の中に流れ込みます。 なので、すだれがない場合に比べて、風が涼しくなるのです。 もちろん、直射日光を防ぐ効果もあります。 断熱シート、カーテン口コミ 窓を断熱仕様にするシートは、かんたんに使えて便利です。 エアコンを使う人、使わない人どちらにとっても良い方法ですね。 一方、カーテンはどうでしょうか?UVカット、目隠しなど機能的ですけれど、カーテンは部屋の内側に設置するというデメリットがあります。 いちど、日光が内側まで入り込んでしまいますので、断熱効果を期待するのは難しいです。 多少、外に反射はするのかなという感想です。 窓を完全に塞いでもいいから跳ね返したい!となれば、このようなアルミシートが有効です。 家電のおすすめは? まず、エアコンを使わない、あるいは使えないとしたら、「冷風扇」と「扇風機」の選択肢があります。 扇風機の選び方 静音、風量など じつは1万円以下でも、有名家電ブランドの扇風機は購入可能です。 たとえば日立、シャープなど。 その安い価格帯の中でも、高いものを選ぶ意味は、あります。 風量の調節が細かくできたり、そよ風のような微風は、夜寝るときの仕様に便利。 更に高級機になると、首振りの自由度が大きくなり、サーキュレーター代わりに使えるものもあったりします。 おすすめは、日立。 あとは、アイリスオーヤマ、山善などが続きますけど、まぁ値段なりという評価。 sirocaはおしゃれですが、扇風機の評価はあまり高くないですね。 冷風扇の効果は?小型スポットクーラー 水の力で冷たい風を発生させる冷風扇。 普通の扇風機より涼しく、エアコンよりは弱いという中間に位置する家電です。 冷風扇自体は、20年以上前からある道具でして、じっさいに冷たい風は出ます。 それよりも、2019年は、小型化が目立ちます。 小型なのに、8時間とか稼働しますし、冷たい風も出ます。 こういうやつ、ですね。 さほど高くないので、Amazon等の通販でサクッと購入して良いでしょう。 ただし、Amazonの評価が高すぎるものはサクラの場合もあるので注意です。 寝具でぐっすり 夏用の寝具を選んで、毎晩ぐっすりー。 ひんやりグッズを選びましょう。 掛け布団、マット、あとは入浴剤もぐっすり眠るのにおすすめです。 順番に見ていきましょう。 接触冷感素材 夏の寝具、本命はやはり「接触冷感」素材のもの。 掛け布団、敷布団(マットレス)、枕カバーがあります。 しかし一番の難点は、どのメーカーを選ぶか、ですよね。 ニトリで済ませるか、西川レベルまで行くか。 いずれにしても掛け布団なら、価格は2,000円~3,000円ほどで買えます。 通販で見かけたコスパと評価の良さそうな、だけどあまり聞かないブランドを掲載しておきます。 そんなときはガーゼケットがおすすめ。 通年使えるから、少々お高めでも良いです。 汗の不快感が全然違いますし、夜中に目が覚める回数も減るでしょう。 私も、しまむら、ニトリのNクールなど安い有名所から数々試してみましたが。 とりあえず、ひんやり敷きパッドは・・・• ひんやり• 寝汗防止• 汚れ防止• 湿度解放• 消臭、抗菌 このような効果があるので、使わない手はないです。 寝苦しい原因のひとつはベタベタ湿度なのですよね。 その点、敷きパッドは、吸収して速乾させるからサラサラ長持ち。 洗濯機で洗えば、常に清潔なのです。 買ったぜよ。 カインズの敷きパッド。 ニトリのNクールと悩んだけど。 ここで気になるのは、値段と効果です。 コスパ 値段・効果比較 お店に行った人はわかると思いますが、「ニトリのNクール」「カインズの敷きパッド」は、1種類じゃあ無いです。 下位・上位があるんです。 肌が触れた時にひんやりと感じる特殊な生地を使用している。 これを踏まえて値段を比較してみると・・・• Nクール 1,287円• Nクールスーパー 2,676円• Nクールダブルスーパー 3,695円• ひんやり敷きパッド 1,280円• さらさらひんやり敷きパッド 2,980円• もっとひんやり敷きパッド 2,880円• あとは、各社の特徴。 ニトリのNクール、カインズどちらも、裏返すとふわふわパイル生地になるので、春秋に使える。 私が買ったしまむらの安いやつでも同じなので、これは珍しくない、かも。 エアウィーブ 浅田真央さん愛用で人気になったエアウィーブ。 マットレスの中身が9割空気でできているのがエアウィーブの特徴なので、通気性はよく、夏に使いやすいです。 丸洗いもできます。 しかし、マットレス全般で考えると、使い心地や耐久性など他のメーカーも検討したいところ。 資金に余裕があれば買っても良し、という評価です。 ひんやり枕 ジェルタイプ マットレス選びは、なかなか評価が難しいのですけど、枕のひんやりは当たりが多いです。 エアコン効率アップ 冷えないときは? 最新のエアコン裏技をお伝えします。 単純に冷やし効果がアップするのに、なぜか節約になるというダブルお得なテクニックです。 まず定番は、室外機。 じつは室外機が熱くなると、エアコンの冷却効率が悪くなるのですよね。 なので、室外機の上の部分にすだれなどをかけて、直射日光を防ぐのがおすすめなのです。 正面の部分をふさいでしまわないように注意です。 温度設定と風量 最新の研究では、設定温度を下げるより、風量をアップさせたほうが効率良し、というのが常識になっています。 冷たい風を作り出すのはエアコンさんも大変・・・ということですね。 なので、設定温度は下げずに、風量をアップさせましょう。 帰宅時に部屋があっつい場合も同じくです。 その時は、窓を開けながらエアコンを運転させて、早く外に熱を出すのもアリ、です。 夜は消す?つけっぱなし?自動 まず節約の話でいうと、つけっぱなしのほうがじつはお得な可能性があります。 理由は、暑い部屋を冷やすのはとても大変。 パワーが必要です。 一度冷やした部屋のエアコンを切ってしまうと、部屋の温度は上がります。 その後、またエアコンで冷やすとなると、またパワーが必要になり、電気代がかかるかもしれません。 自動運転は、朝だるくなりにくいので、良いと思います。 壁、屋根の断熱 部屋が暑くなる原因は、窓からの熱が7割とも言われますので、窓の対策をしました。 残りは、屋根と壁になります。 もっともエコで、もっともかんたんな方法は、塗料を選ぶこと。 遮熱性のある塗料を選ぶと、あとは手間なしで夏涼しい家に大変身。 詳しいことは、専門のサイトに問い合わせるとわかりやすくで良いです。 ここが利用者多くておすすめですよ。 料金安くなりますしっ。 それではまたっ!.

次の