幻 類語。 幻の魚「えつ」の季節がやってきました!「第8回 えつ銀色まつり」佐賀市もろどみin食の会

「鏡花水月」の意味と由来とは?使い方の例文や類語表現も解説

幻 類語

「夢幻泡影」の意味と語源は? 「夢幻泡影」の意味は「人生は誠に儚いものである」 「夢幻泡影(むげんほうえい)」とは「人生は儚く浅きものである」という意味を持つ四字熟語です。 読んで字のごとく「夢、幻、泡、影」の特徴はどれも非常に儚く、すぐに消えてしまいます。 4つの漢字全を持って人生の「儚さ」「壊れやすさ」を表すことで、「一秒一秒を大切にするべきである」と意味を込めた四字熟語となります。 「夢幻泡影」の語源は仏教本「金剛般若経」 「夢幻泡影」とは仏教の教えに通じる熟語です。 「語源」は3世紀以前に成立したとされる大乗仏教の般若経典の一つ「金剛般若経(こんごうはんにゃきょう)」で、「夢(ゆめ)」「幻(まぼろし)」「泡(あわ)」「影(かげ)」という、いづれも儚いものを列挙し、人生の儚さをたとえた仏語となります。 日本教育における道徳論の中にも「真理は無形無声であり、夢幻泡影でもある」という一説が説かれ、生きることの儚さや人生は壊れやすくもろいものである、ということを伝えています。 「夢幻泡影」は英語で「life is short」 「夢幻泡影」は英語で「life is short」か「life is transient」が最も適切な表現となります。 英語圏でも「人生は短いもの」という概念があり「時間を無駄にしないで楽しもう」「充実した人生を送ろう」という意味で、これらのフレーズが頻繁に使われます。 「夢幻泡影」を上手に使うには? 「夢幻泡影」を人生の教訓のように使う ごくありふれた日常生活の中で「夢幻泡影」が頻繁に使われるかというと、おそらく答えはノーでしょう。 仏教用語の一つということもあり、普段の会話に用いることは容易ではないかもしれません。 しかし「夢幻泡影」から伝わるメッセージは非常に深いものがあります。 たとえば、大切な人を放っておいて自分勝手に時間を使ってしまった時、また社会生活を過ごす中で感謝すべき人に恩返しが出来なかった時など、人生において「あの時、〇〇していれば良かった」という後悔の念を抱くこともあるでしょう。 そのような場面に向き合った時に「夢幻泡影」という言葉を自分自身の教訓として思い出したり、また誰かに贈ることで、一度しかない人生との向き合い方が変わることもあります。 「夢幻泡影」を人生の教訓として使ってみましょう。 仏教に通じる真理のようなものが見えてくるかもしれません。 「夢幻泡影」を使った例文• 子供の成長は本当に早いものだ。 夢幻泡影というが、家族との時間を大切にしたい。 夢幻泡影を感じるのは、愛する人との時間があっというまに過ぎてしまった時だ。 学生時代は遊び惚けていたけど、夢幻泡影で今となっては切ない思い出だ。 夢幻泡影。 仕事もせずブラブラしている自分に言い聞かせたい。 毎年億単位の売上を記録する企業が今年はまさかの大転落。 栄枯盛衰とはこのことだ。 栄枯盛衰ともいわんばかり、時代を制したアイドルたちは消えていくのだろうか。 まとめ 「夢幻泡影」は仏教用語の一つで「夢、幻、泡、影」の4つの儚いものが連なって出来た四字熟語です。 「人生とは夢や幻のように儚く、泡や影のようにもろく壊れやすい」ことを唱えた言葉ですが、総じて「一秒たりとも無駄にせず、大切に人生を歩んでいくこと」の意義を4つの漢字に託した深遠な言葉でもあるでしょう。 友達とのメールや家族との団欒の場ではあまり聞かれないかもしれませんが、学校の恩師や職場の上司など人生経験の豊富な人の口から放たれることもあると思います。 その時は「夢幻泡影」が運ぶ意味ををしみじみと味わうチャンスなのかもしれません。

次の

「ぬか喜び」の意味と使い方、語源、類語、対義語、英語表現

幻 類語

心的表象。 ・ を参照。 心的表象のうち、現実には間違いであるもの。 ・ ・ ・ を参照。 が嘘だと思っていること。 を参照。 現実には存在するが、その数が大変少なく、希少価値があるとされているもの。 実際にあった・起こったはずなのに、その存在を二度と確認できないもの(例:、)。 計画や立案のみで実現しなかったもの。 (vaporware)。 日本のヒップホップグループ。 を参照。 日本のプロレスラー、格闘家。 を参照。 作品名 幻• - 『』五十四帖の巻名の一つ。 第41帖。 幻 - の楽曲。 アルバム『』に収録。 幻 井上ジョーの曲 - のシングル曲。 幻 - の曲。 両A面シングル「」に収録。 - 日本映画。 まぼろし• - 監督のの。 - のシングル曲。 マボロシ• - の曲。 このページは 曖昧さ回避のためのページです。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

幻 類語

夢にさえ姿の見えないあの人の魂の行方を捜しておくれ)に因み、『』の後半をモチーフとしている。 この歌は光源氏の物語の始まりである第1帖「」で、源氏の父が亡きを偲んで詠んだ和歌「尋ねゆく幻もがなつてにても魂のありかをそこと知るべく」と呼応するものとなっている。 また、源氏が故(に火葬)の手紙を焼くエピソードは、『』で八月十五日に月へ帰ったかぐや姫から贈られた不死の薬を帝が焼く話から着想したと思われる。 あらすじ 52歳の正月から十二月の晦日までの一年間。 が世を去り、また新しい年がめぐってきた。 新春の光を見ても悲しさは改まらず、源氏は年賀の客にも会わずに引きこもっている。 そして紫の上に仕えていた女房たちを話相手に、後悔と懺悔の日々を過ごしていた。 は紫の上が可愛がっていたを源氏の慰めに残し宮中に帰る。 が訪ねてきて、かつて催したで紫の上が合わせた香を回想して褒め称えた。 それと同時に、「どうという取り柄がない妻を亡くしても、悲しみは尽きぬもの…ましてやあのような…」と自分の妻を亡くした時の記憶がよみがえり、更に涙ぐむ宮。 源氏は そうだった、宮も北の方を亡くされていたのだ… と心中を思いやる。 宮は北の方を早くに亡くし、かつてはに思いを寄せていたが、のちにの娘・と結婚したのだ。 彼女が住むの屋敷へ婿として通っていたが、夫婦仲はあまりうまくいっていない様子で、足が遠のいているという噂を聞いていた源氏。 ましてや宮は、未だに北の方を忘れかねているのだ… お互いのつらい現実に、さらに悲しみがこみ上げる源氏だった。 春が深まるにつれ、春を愛した故人への思いは募る。 しかしやのもとを訪れても、紫の上を失った悲しみが深まるだけだった。 四月、から衣替えの衣装と歌が届けられる。 の頃、に紫の上の一周忌の手配を頼む。 八月のには、生前に紫の上が発願していたの供養を営んだ。 年が明けたらを果たす考えの源氏は、身辺を整理しはじめる。 その途中、にいたころに届いた紫の上の手紙の束が出てきた。 墨の色も今書いたかのように美しく、寂寥の念はひとしおだが、すべて破って燃やしてしまう。 十二月、で行われた御仏名の席で、源氏は久しぶりに公に姿を現した。 その姿は「 光る君」と愛でられた頃よりも一層美しく光り輝いており、昔を知る僧並びに出席した貴族たちは涙を流した。 晦日、にはしゃぎまわる三の宮を見るのもこれが最後と思う。 源氏は最後の新年を迎えるための準備をした。 もの思ふと過ぐる月日も知らぬ間に年もわが世も今日や尽きぬる 外部リンク• による定家本の・• - (訳).

次の