あいおい ニッセイ 同和 損害 保険 株式 会社。 あいおいニッセイ同和損害保険の売上高や利益、経営指標などの最新業績

あいおいニッセイ同和損害保険 : 業績・財務 : 日経会社情報DIGITAL : 日経電子版

あいおい ニッセイ 同和 損害 保険 株式 会社

本記事の目次• あいおいニッセイ同和損害保険について あいおいニッセイ同和損害保険はあいおいニッセイ同和損保は、グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えることを経営理念に掲げ、「特色ある個性豊かな社会」の確立に向け、取り組んでいます。 将来の役割を確かなものとしていく必要があり、新たなチャレンジの中で重要なのが、「先進性」、「多様性」、「地域密着」です。 その中で、地域密着の次なるステージへ、全社で取り組む地方創生プロジェクトです。 「地域密着」を行動指針の一つとして、地域社会とのつながりを大切にする活動を行ってきました。 主に、「情報提供」・「企業交流」・「地域貢献」の3つの柱で、地域と企業を元気にする「地域AD倶楽部」の活動や、損保会社唯一のベルマーク協賛会社として被災地学校などへの寄付活動があります。 地域の「まち・ひと・しごと」課題解決に役立つセミナーの開催や、地域企業三毛のリスクマネジメント支援などに協力して取り組んでいます。 例えば、「災害対策支援」として、震災・災害・疾病などによる地域企業の事業継続計画策定セミナーの共同開催を行ったり、急速に進む高齢化社会に「介護福祉事業者向けリスクマネジメント支援」なども行っています。 また、ダイバーシティ推進に取り組み、女性管理職・男性の育児休暇・仕事と育児の両立などを支援する制度を取り入れています。 非上場。 電話番号 03-5424-0101 FAX番号 現在調査中 決済月 3月 売上高 1兆1,920億8,900万円(連結 : 1兆2,622億3,800万円) 従業員数 13,260人(連結 : 14,182人) 男女比 1:3 CM動画 あいおいニッセイ同和損害保険の事業内容 主な事業内容は、自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険です。 経営理念とビジョン 経営理念 グローバルな保険。 金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます。 ビジョン 高品質の商品・サービスを届け、一人ひとりに対し確かな信頼を基に、発展する企業を創造します。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は363万円~792万円で、平均年収は659万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 ・平成29年:660万円 ・平成28年:681万円 ・平成27年661万円 ・平成26年:672万円 ・平成25年:657万円 年齢別の平均年収は、下記となっております。 ・25歳:363万円 ・30歳:483万円 ・35歳:577万円 ・40歳:642万円 ・45歳:725万円 ・50歳:792万円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 4年制大学・大学院卒19万円 短期大学卒17万 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 あいおいニッセイ同和損害保険の平均勤続年数は15. 1年です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与年2回 【月間残業時間】 28. 3時間 【有給消化率】 50. 5% 福利厚生や社内制度 福利厚生としては雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、団体生命保険、寮・社宅、社内預金、企業年金、退職金、持家融資、財形貯蓄、クラブ活動があります。 社内制度は新入社員研修、階層別研修、資格取得推奨制度、ダイバーシティ推進に向けた育児休業等の支援制度があります。 人事制度は部署や年齢、性別も超えて役員をロールモデルに、ダイバーシティー推進に取り組み、女性管理職の育成を行っています。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 営業事務職から営業へ転身し、既存代理店の訪問や新規開拓を行っています。 若い力を積極的に起用する風土があり、営業店で最年少ながら一番規模の大きな代理店を担当させてもらい、経営者に対して収益性の向上に向けさまざまな提案を行っていることです。 営業の事務職で入社し10年です。 楽しく仕事して、このまま定年まで働きたいなと思っていた矢先、会社方針で営業職になりました。 環境は地域性や、上司の雰囲気により変わるかと思いますけれど、常に人には恵まれ給与面でも大満足です。 別業種からの中途入社ですが、その辺りは成果を見て評価してもらえますので、今は満足しています。 出典元: ブラックな口コミは? 上長との面談による評価が反映されるので、相性や年功序列的部署で若年などの職場環境によっては、勤務実態にそぐわない低評価となる可能性もあります。 また、賞与で基本給の補填をしている部分がありますが、業績連動なので、何かあった場合にどこまで支給されるか不安定な部分があります。 契約社員と正社員では差がありますが、現在わかっているだけでいくつかあります。 ボーナスという名前での給与支給は無く、精勤手当ては少ないです。 介護休暇が契約社員には無く、有給を充てる必要があります。 資格取得支援制度が正社員にはありますが、契約社員は実費負担になります。 出典元: 会社の著名人は? 中嶋督人 あいおいニッセイ同和損害保険の採用情報 採用人数、インターン 採用人数は500人前後で、インターンはアクチュアリー体験:アクチュアリーとは、数理業務のプロフェッショナルです。 保険リスク・資産運用リスクなど商品開発業務やリスク管理業務などを行うことを体験します。 エグゼクティブ密着インターンシップ(夏・冬):夏は3日間、冬は5日間、第一線で働く社員への密着を通して、仕事のやりがいから課題まで余すことなく感じることができる体験です。 大学、大学院、短大の学生が対象です。 出身大学の傾向・学歴 東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、京都大学、同志社大学、立命館大学などを中心とする名門大学・大学院 あいおいニッセイ同和損害保険のまとめ いかがでしたか?「あいおいニッセイ同和損害保険」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

あいおいニッセイ同和損害保険 : 業績・財務 : 日経会社情報DIGITAL : 日経電子版

あいおい ニッセイ 同和 損害 保険 株式 会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 Aioi Nissay Dowa Insurance Co. , Ltd. 本社所在地 〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1 設立 9859 事業内容 損害保険事業 代表者 代表取締役会長 代表取締役社長 代表取締役副社長 代表取締役副社長 資本金 1,000億円 売上高 連結:1兆2,622億38百万円 単独:1兆1,920億89百万円 (正味収入保険料、2016年3月期) 純利益 連結:226億92百万円 単独:310億98百万円 (2016年3月期) 総資産 連結:3兆4,937億86百万円 単独:3兆4,185億16百万円 (2016年3月31日現在) 従業員数 連結:14,182人 単独:13,260人 (2016年3月31日現在) 支店舗数 115か所 会計監査人 関係する人物 (元会長) (元会長) (元会長) (元会長) 外部リンク あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(あいおいニッセイどうわそんがいほけん、: Aioi Nissay Dowa Insurance Co. ,Ltd)はである。 現在傘下の。 概要 [ ] 株式会社と 株式会社が、(平成22年)10月に合併して誕生した。 合併後も、及びグループとの提携関係は維持されている。 尚、あいおい損害保険は野村証券系列の大東京火災海上保険とトヨタ系列の千代田火災海上保険が、ニッセイ同和損害保険は岡崎財閥系列の同和火災海上保険と日本生命系列のニッセイ損害保険とがそれぞれ、(平成13年)4月に合併して誕生した会社である。 10月からは三井住友海上火災保険や三井住友海上あいおい生命保険との間で機能別再編が行われている。 機能別再編により、トヨタグループや日本生命グループとの提携関係が強化され、地域密着型営業を行う事業会社となった。 の会員企業である。 主力商品 [ ] 現在 [ ]• TOUGH(タフ)シリーズ - 個人向け商品• タフ・クルマの保険()• タフ・見守るクルマの保険(「タフ・クルマの保険」に「事故発生の通知等に関する特約」が付加された商品)• タフ・つながるクルマの保険(「車両運行情報による保険料精算に関する特約」が自動セットされた個人総合自動車保険)• タフ・住まいの保険()• タフ・ケガの保険(傷害保険)• TOUGHBiz(タフビズ)シリーズ - 法人向け商品• タフビズ事業用自動車総合保険(自動車保険)• タフビズ事業活動総合保険(火災保険)• タフビズ業務災害補償保険(傷害保険)• タフビズ賠償総合保険(新種保険)• タフビズグローバルPL保険(新種保険)• タフビズ建築業総合保険(新種保険)• タフビズ運送業総合保険(新種保険) 過去 [ ]• TOUGH(タフ)シリーズ - 個人向け商品• TOUGHSimple・クルマの保険(自動車保険、リスク細分条件設定なし)• TOUGH・医療の保険()• TOUGH・介護の保険()• TOUGHBiz(タフビズ)シリーズ - 法人向け商品• TOUGHBiz 物流総合保険() なお、・など、「TOUGH(タフ)」・「TOUGHBiz(タフビズ)」シリーズを名乗らない製品がある。 グループ会社である三井住友海上にも共通ブランドのGKシリーズがあるが、個人向けのみで且つ、介護保険は別ブランドで展開するという違いがある。 沿革 [ ] 詳細は「」および「」を参照 あいおい損害保険 [ ]• (大正2年) - 門野幾之進ら関係者の手により、千代田火災保険設立。 (大正7年) - 東京動産火災保険設立。 (大正7年) - 東神火災保険設立。 (昭和19年) - 系の大倉火災海上保険が、富国火災海上保険(旧小樽貨物火災保険)と合併。 (昭和19年) - 東京動産火災保険が、東神火災保険を合併し、大東京火災保険に改称。 (昭和20年) - 千代田火災保険が、大倉火災海上保険と合併し、大倉千代田火災海上保険となる。 (昭和21年) - 大倉千代田火災海上保険が 千代田火災海上保険に改称。 (昭和24年) - 大東京火災保険が 大東京火災海上保険に改称。 (昭和34年) — 千代田火災保険が、千代田生命とともに(現・)、トーメン(現・)と提携。 (平成13年) - 大東京火災海上保険が 千代田火災海上保険と合併し、 あいおい損害保険に改称。 (明治30年)11月 が、横浜海上火災保険を創業。 (明治40年) 創設者・が、を設立。 (昭和19年)3月 戦時経済・のもとに、企業統合・再編が進められ、横浜火災海上保険、共同火災海上保険、神戸海上火災保険、朝日海上火災保険(現存する系のとは無関係)が新設合併して 同和火災海上保険を設立。 社長は。 合併時は、についで業界2位の地位を占めていた。 戦後、自動車保険事業への先見性がなく、到来以降、業界12位へ転落する。 (平成8年) 生命保険事業に乗り入れ、子会社として を設立。 (平成8年) が損害保険事業に乗り入れ、子会社として ニッセイ損害保険を設立。 (平成13年) 同和火災海上保険とニッセイ損害保険が合併して ニッセイ同和損害保険となり、ニッセイアセットマネジメント株式会社、ニッセイ情報テクノロジー株式会社と共にニッセイグループの中核会社となる(同和生命保険は会社を清算し、保有契約は日本生命へ包括移転)。 あいおいニッセイ同和損害保険 [ ]• (平成22年)10月 - あいおい損害保険が、ニッセイ同和損害保険と合併し あいおいニッセイ同和損害保険に社名変更。 保険商品ブランドを「TOUGH」(タフ)及び「TOUGHBiz」(タフビズ)に統一。 (平成23年)6月 - の子会社だったアドリック損害保険を吸収合併。 (平成26年)4月 - グループ内の機能別再編 の一環として、• 船舶保険並びに航空・宇宙保険を三井住友海上火災保険へ移管(保有契約については同日以降に満期を迎えるタイミングで三井住友海上火災保険へ切替・移行)。 第三分野長期契約のうち、一部を除く新規契約をへ移管(三井住友海上あいおい生命保険の代理店委託受託により、あいおいニッセイ同和損害保険の代理店で販売される)。 2014年(平成26年)10月 - グループ内の機能別再編 の一環として• 貨物・運送保険を三井住友海上火災保険へ移管(保有契約については同日以降に満期を迎えるタイミングで三井住友海上火災保険へ切替・移行)。 三井住友海上火災保険のモーターチャネル代理店(整備工場・中古車販売・自動車関連・二輪販売を主たる業務とする副業代理店等)のうち、あいおいニッセイ同和損害保険を主要取引先とするモーターチャネル代理店を移管(移行対象の代理店経由で三井住友海上が保有する保険契約については同日以降に迎えるタイミングで切替・移行)。 関連会社 [ ]• :損害保険事業 - との共同出資• あいおいニッセイ同和インシュアランスサービス:保険事業 - (平成22年)10月にあいおいサポートBOXとNDI保険サービスが合併し、あいおいNDIサポートBOXに商号変更。 2016年(平成28年)3月に現社名に商号変更。 あいおいニッセイ同和自動車研究所:自動車修理に関する研究・研修事業 - 2010年(平成22年)10月にあいおい保険自動車研究所から商号変更。 あいおいニッセイ同和損害調査:自動車保険などの損害調査事業 - 2010年(平成22年)10月にあいおい損害調査とニッセイ同和損害保険調査が合併• ふれ愛ドゥライフサービス:によるデイサービス事業• e-Netホールディングス:業者の - (平成29年)8月にe-Net少額短期保険の単独株式移転により設立• e-Net少額短期保険• Next少額短期保険 - 2017年(平成29年)9月設立• 全管協SSIホールディングス:少額短期保険業者の持株会社 - (平成23年)10月に全管協共済会の単独株式移転により設立• 全管協共済会• エタニティ少額短期保険 - 2011年(平成23年)11月に全管協SSIホールディングスの傘下となる• ネットライフ火災少額短期保険 - 2017年(平成29年)5月に全管協SSIホールディングスの傘下となる• PECOあいおいニッセイ同和ペットライフ:ペットメディア(hotto)の運営事業 - (平成30年)4月設立、同社は「その他投資先」として扱われる。 テレビCM出演者 [ ] あいおいニッセイ同和• 2013年9月にはこのキャラクターを主人公としたがを通じて・発売された。 (2018年6月~ ) 提供番組 [ ] 2018年4月現在• ()- 同和火災時代から不定期スポンサー 過去• (日本テレビ系)• (系)• (系)• (フジテレビ系)• (、あいおい損保時代から不定期でスポンサーになっていた)• (、「あいおいニッセイ同和損保の損害保険・TOUGH」名義)• 系列 スポンサーの一社 関連項目 [ ]• (内)• - 4月、として同社と提携契約 脚注 [ ] [].

次の

あいおい損害保険

あいおい ニッセイ 同和 損害 保険 株式 会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 Aioi Nissay Dowa Insurance Co. , Ltd. 本社所在地 〒150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1 設立 9859 事業内容 損害保険事業 代表者 代表取締役会長 代表取締役社長 代表取締役副社長 代表取締役副社長 資本金 1,000億円 売上高 連結:1兆2,622億38百万円 単独:1兆1,920億89百万円 (正味収入保険料、2016年3月期) 純利益 連結:226億92百万円 単独:310億98百万円 (2016年3月期) 総資産 連結:3兆4,937億86百万円 単独:3兆4,185億16百万円 (2016年3月31日現在) 従業員数 連結:14,182人 単独:13,260人 (2016年3月31日現在) 支店舗数 115か所 会計監査人 関係する人物 (元会長) (元会長) (元会長) (元会長) 外部リンク あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(あいおいニッセイどうわそんがいほけん、: Aioi Nissay Dowa Insurance Co. ,Ltd)はである。 現在傘下の。 概要 [ ] 株式会社と 株式会社が、(平成22年)10月に合併して誕生した。 合併後も、及びグループとの提携関係は維持されている。 尚、あいおい損害保険は野村証券系列の大東京火災海上保険とトヨタ系列の千代田火災海上保険が、ニッセイ同和損害保険は岡崎財閥系列の同和火災海上保険と日本生命系列のニッセイ損害保険とがそれぞれ、(平成13年)4月に合併して誕生した会社である。 10月からは三井住友海上火災保険や三井住友海上あいおい生命保険との間で機能別再編が行われている。 機能別再編により、トヨタグループや日本生命グループとの提携関係が強化され、地域密着型営業を行う事業会社となった。 の会員企業である。 主力商品 [ ] 現在 [ ]• TOUGH(タフ)シリーズ - 個人向け商品• タフ・クルマの保険()• タフ・見守るクルマの保険(「タフ・クルマの保険」に「事故発生の通知等に関する特約」が付加された商品)• タフ・つながるクルマの保険(「車両運行情報による保険料精算に関する特約」が自動セットされた個人総合自動車保険)• タフ・住まいの保険()• タフ・ケガの保険(傷害保険)• TOUGHBiz(タフビズ)シリーズ - 法人向け商品• タフビズ事業用自動車総合保険(自動車保険)• タフビズ事業活動総合保険(火災保険)• タフビズ業務災害補償保険(傷害保険)• タフビズ賠償総合保険(新種保険)• タフビズグローバルPL保険(新種保険)• タフビズ建築業総合保険(新種保険)• タフビズ運送業総合保険(新種保険) 過去 [ ]• TOUGH(タフ)シリーズ - 個人向け商品• TOUGHSimple・クルマの保険(自動車保険、リスク細分条件設定なし)• TOUGH・医療の保険()• TOUGH・介護の保険()• TOUGHBiz(タフビズ)シリーズ - 法人向け商品• TOUGHBiz 物流総合保険() なお、・など、「TOUGH(タフ)」・「TOUGHBiz(タフビズ)」シリーズを名乗らない製品がある。 グループ会社である三井住友海上にも共通ブランドのGKシリーズがあるが、個人向けのみで且つ、介護保険は別ブランドで展開するという違いがある。 沿革 [ ] 詳細は「」および「」を参照 あいおい損害保険 [ ]• (大正2年) - 門野幾之進ら関係者の手により、千代田火災保険設立。 (大正7年) - 東京動産火災保険設立。 (大正7年) - 東神火災保険設立。 (昭和19年) - 系の大倉火災海上保険が、富国火災海上保険(旧小樽貨物火災保険)と合併。 (昭和19年) - 東京動産火災保険が、東神火災保険を合併し、大東京火災保険に改称。 (昭和20年) - 千代田火災保険が、大倉火災海上保険と合併し、大倉千代田火災海上保険となる。 (昭和21年) - 大倉千代田火災海上保険が 千代田火災海上保険に改称。 (昭和24年) - 大東京火災保険が 大東京火災海上保険に改称。 (昭和34年) — 千代田火災保険が、千代田生命とともに(現・)、トーメン(現・)と提携。 (平成13年) - 大東京火災海上保険が 千代田火災海上保険と合併し、 あいおい損害保険に改称。 (明治30年)11月 が、横浜海上火災保険を創業。 (明治40年) 創設者・が、を設立。 (昭和19年)3月 戦時経済・のもとに、企業統合・再編が進められ、横浜火災海上保険、共同火災海上保険、神戸海上火災保険、朝日海上火災保険(現存する系のとは無関係)が新設合併して 同和火災海上保険を設立。 社長は。 合併時は、についで業界2位の地位を占めていた。 戦後、自動車保険事業への先見性がなく、到来以降、業界12位へ転落する。 (平成8年) 生命保険事業に乗り入れ、子会社として を設立。 (平成8年) が損害保険事業に乗り入れ、子会社として ニッセイ損害保険を設立。 (平成13年) 同和火災海上保険とニッセイ損害保険が合併して ニッセイ同和損害保険となり、ニッセイアセットマネジメント株式会社、ニッセイ情報テクノロジー株式会社と共にニッセイグループの中核会社となる(同和生命保険は会社を清算し、保有契約は日本生命へ包括移転)。 あいおいニッセイ同和損害保険 [ ]• (平成22年)10月 - あいおい損害保険が、ニッセイ同和損害保険と合併し あいおいニッセイ同和損害保険に社名変更。 保険商品ブランドを「TOUGH」(タフ)及び「TOUGHBiz」(タフビズ)に統一。 (平成23年)6月 - の子会社だったアドリック損害保険を吸収合併。 (平成26年)4月 - グループ内の機能別再編 の一環として、• 船舶保険並びに航空・宇宙保険を三井住友海上火災保険へ移管(保有契約については同日以降に満期を迎えるタイミングで三井住友海上火災保険へ切替・移行)。 第三分野長期契約のうち、一部を除く新規契約をへ移管(三井住友海上あいおい生命保険の代理店委託受託により、あいおいニッセイ同和損害保険の代理店で販売される)。 2014年(平成26年)10月 - グループ内の機能別再編 の一環として• 貨物・運送保険を三井住友海上火災保険へ移管(保有契約については同日以降に満期を迎えるタイミングで三井住友海上火災保険へ切替・移行)。 三井住友海上火災保険のモーターチャネル代理店(整備工場・中古車販売・自動車関連・二輪販売を主たる業務とする副業代理店等)のうち、あいおいニッセイ同和損害保険を主要取引先とするモーターチャネル代理店を移管(移行対象の代理店経由で三井住友海上が保有する保険契約については同日以降に迎えるタイミングで切替・移行)。 関連会社 [ ]• :損害保険事業 - との共同出資• あいおいニッセイ同和インシュアランスサービス:保険事業 - (平成22年)10月にあいおいサポートBOXとNDI保険サービスが合併し、あいおいNDIサポートBOXに商号変更。 2016年(平成28年)3月に現社名に商号変更。 あいおいニッセイ同和自動車研究所:自動車修理に関する研究・研修事業 - 2010年(平成22年)10月にあいおい保険自動車研究所から商号変更。 あいおいニッセイ同和損害調査:自動車保険などの損害調査事業 - 2010年(平成22年)10月にあいおい損害調査とニッセイ同和損害保険調査が合併• ふれ愛ドゥライフサービス:によるデイサービス事業• e-Netホールディングス:業者の - (平成29年)8月にe-Net少額短期保険の単独株式移転により設立• e-Net少額短期保険• Next少額短期保険 - 2017年(平成29年)9月設立• 全管協SSIホールディングス:少額短期保険業者の持株会社 - (平成23年)10月に全管協共済会の単独株式移転により設立• 全管協共済会• エタニティ少額短期保険 - 2011年(平成23年)11月に全管協SSIホールディングスの傘下となる• ネットライフ火災少額短期保険 - 2017年(平成29年)5月に全管協SSIホールディングスの傘下となる• PECOあいおいニッセイ同和ペットライフ:ペットメディア(hotto)の運営事業 - (平成30年)4月設立、同社は「その他投資先」として扱われる。 テレビCM出演者 [ ] あいおいニッセイ同和• 2013年9月にはこのキャラクターを主人公としたがを通じて・発売された。 (2018年6月~ ) 提供番組 [ ] 2018年4月現在• ()- 同和火災時代から不定期スポンサー 過去• (日本テレビ系)• (系)• (系)• (フジテレビ系)• (、あいおい損保時代から不定期でスポンサーになっていた)• (、「あいおいニッセイ同和損保の損害保険・TOUGH」名義)• 系列 スポンサーの一社 関連項目 [ ]• (内)• - 4月、として同社と提携契約 脚注 [ ] [].

次の