野党 ブーメラン。 【政界徒然草】「光速ブーメラン」炸裂!茂木氏「線香疑惑」攻勢の野党 希望・玉木代表らに続々同様事例発覚(1/9ページ)

「桜を見る会」大騒ぎの真の目的は改憲潰しか 野党&メディアに“ブーメラン”炸裂も 小川榮太郎氏が緊急寄稿 (1/2ページ)

野党 ブーメラン

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる、左派野党やメディアの追及が続いているが、疑惑の焦点はコロコロ変わり、野党やメディアへのブーメランも次々と炸裂(さくれつ)している。 先週に続き、文芸評論家の小川榮太郎氏が緊急寄稿した。 朝日新聞も、ついにここまで来たか-。 22日の朝日新聞朝刊は、「桜を見る会」前日に安倍首相の後援会が主催した「前夜祭(夕食会)」で、首相夫妻が会費未払いであることを「追及」し始めた。 「飲食が無償でホテル側から提供されていれば、企業からの利益供与にあたる」という識者の珍説を記事に仕立てたようだ。 後援会主催のパーティーで、議員本人が会費を支出することなどあるはずがあるまい。 後援会が負担するのが当然ではないか。 ここまでバカげた言いがかりがあるだろうか。 かつて朝日新聞の嘱託作家だった夏目漱石はロンドン留学中、神経衰弱になり「夏目狂セリ」と打電されたのは有名な話だが、ここまで来ると「朝日狂セリ」という他、もう言葉はない。 当初、大騒ぎのきっかけとなったのは立憲民主党の石川大我参院議員らによる前夜祭での「久兵衛」すしの提供発言だが、全くの虚偽だった。 単価1万円以下ではパーティーは開けないと、たんかを切っていた同党の安住淳国対委員長は、同ホテルで朝食セミナーを単価1739円で開いていたことがばれた。

次の

【夕刊】野党・マスゴミに、本日もブーメランが炸裂

野党 ブーメラン

茂木敏充経済再生担当相の秘書が選挙区有権者に線香を配布した問題で、立憲民主、希望、共産の各党と衆院の民進党系会派「無所属の会」は1月31日、衆院予算委員会での集中審議を求める方針を与党側に伝えた。 1日の参院予算委員会でも追及姿勢を崩さないが、実は、野党議員にも過去に酷似した疑惑が指摘されている。 ブーメランもあり得る展開だ。 「その場に居合わせているわけではないので分からない」 茂木氏は1月31日の参院予算委で、秘書が線香を配布する際に名刺を持参したかを問われ、こう答弁した。 公職選挙法違反の可能性は否定した。 公選法では、政治家本人が選挙区内の人に金品の寄付を行うことは、原則として禁止されている。 一方、政党支部など政治家が代表を務める団体については、「(政治家の)名前を出さなければ寄付してもよい」と受け止められている。 茂木氏は「(線香に)氏名は入っておらず、政党支部の政治活動として配布した」と説明し、「問題ない」と主張しているが、一般の国民としては疑問は残る。 ただ、過去には野党議員も同様の疑惑を指摘されていた。 立憲民主党の山尾志桜里衆院議員は、民進党政調会長だった2016年5月、自身の政党支部が、選挙区内の有権者に花代や香典を支出していたことを認めたうえで、以下のように語った。 「(政党)支部が支出をすることは、禁止されていないということが、民進党の統一見解であります」 山尾氏は「ヤメ検」の弁護士である。 茂木氏疑惑の集中審議を求めた野党の多くが、民進党から分裂した政党であり、他の野党議員にも、類似した支出が指摘されている。 ブーメランの可能性もあるなか、どこまで野党は本気で追及するのか。

次の

「攻撃するために質問する人」とブーメラン

野党 ブーメラン

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる、左派野党やメディアの追及が続いているが、疑惑の焦点はコロコロ変わり、野党やメディアへのブーメランも次々と炸裂(さくれつ)している。 先週に続き、文芸評論家の小川榮太郎氏が緊急寄稿した。 朝日新聞も、ついにここまで来たか-。 22日の朝日新聞朝刊は、「桜を見る会」前日に安倍首相の後援会が主催した「前夜祭(夕食会)」で、首相夫妻が会費未払いであることを「追及」し始めた。 「飲食が無償でホテル側から提供されていれば、企業からの利益供与にあたる」という識者の珍説を記事に仕立てたようだ。 後援会主催のパーティーで、議員本人が会費を支出することなどあるはずがあるまい。 後援会が負担するのが当然ではないか。 ここまでバカげた言いがかりがあるだろうか。 かつて朝日新聞の嘱託作家だった夏目漱石はロンドン留学中、神経衰弱になり「夏目狂セリ」と打電されたのは有名な話だが、ここまで来ると「朝日狂セリ」という他、もう言葉はない。 当初、大騒ぎのきっかけとなったのは立憲民主党の石川大我参院議員らによる前夜祭での「久兵衛」すしの提供発言だが、全くの虚偽だった。 単価1万円以下ではパーティーは開けないと、たんかを切っていた同党の安住淳国対委員長は、同ホテルで朝食セミナーを単価1739円で開いていたことがばれた。

次の