吐き気 を 催す 邪悪 と は。 [B! pixiv] 吐き気を催す邪悪(アニメ・マンガ系) (ー)とは【ピクシブ百科事典】

【ジョジョ】吐き気のする悪、ヴァレンタイン大統領がどうやって国民の支持を集めてきたのかを考えるスレ

吐き気 を 催す 邪悪 と は

1,391• 1,602• 464• 873• 424• 233• 1,074• 487• 249• 524• 330• 1,734• 212• 743• 785• 807• 398• 193• 100• 182• 117• 420• 112•

次の

#吐き気を催す邪悪 吐き気を催す邪悪(フロム系)

吐き気 を 催す 邪悪 と は

この記事は、のである[吐き気を催す邪悪]の記事です。 以外の事に関しましては、記事やが荒れるのを防ぐ為、[]へとお願いいたします。 この項・では、成分を多く扱っています。 ここから下はで突っ走ってください。 吐き気を催す邪悪とは なにも知らぬなる者を利用する事だ……!! 自分の利益だけのために利用する事だ… がなにも知らぬ『』を!! てめーだけの都合で ゆるさねえ は今 再び オレの心を『裏切った』 概要 『』第5部の登場人物、に対し言ったのである。 この作品では他にも登場人物が「悪とは何か」を説く場面がある。 第、は「はき気のする悪」をこう評した。 『悪』とはてめー自身のためだけに 弱者を利用し ふみつけるやつのことだ!! 後のの言葉に通じるこのは、『』に登場するの姿を端的にっている。 決して吐き気を催しているのことではない。 が長く連載、の作品とあってでも古くからなをす言葉として多用されてきた。 でもと感じるが登場するととしてついたり、としても使われている。 但し人の好みはそれぞれなので、節度をもった使用を心掛けるべきだろう。 関連動画 関連静画 関連項目• 最後に… このでは、しばしばしい論争が起きています。 を書くときはをよく、に努めてください。 本記事は『』のを扱っています。 での人物・団体や他作品ののを出すことはおやめください!.

次の

【ジョジョ】三大”とは”「覚悟とは」「吐き気を催す邪悪とは」あと1つ・・

吐き気 を 催す 邪悪 と は

奈落の底を蹴り、壁を伝いながら地上に戻ってきたゴジラ。 あれだけの騒ぎで人が集まらないのかと思ったが考えてみればあれだけの戦闘なら巻き込まれないように逃げるか。 「お疲れ様ですゴジラ………息子さんは?」 「死んだ………ん、そいつは?」 と、ゴジラがバトラに視線を向けるとバトラは首を押さえ距離を取る。 「………ああ、バトラか」 「え、ええ……お久しぶりですねゴジラ。 聞けばアナタも目的は同じだとか……今回は協力関係を築けると思っていいのでしょうか?」 「………お前が丁寧口調とか何か気持ち悪ぃな……前回は死ねクソガキとか、潰れろとか叫んでたクセに」 「違和感があるならともかく気持ち悪いってどういう事よ!」 カッ!と目を見開き叫ぶバトラ。 いきなり気持ち悪いと言われれば苦手意識も忘れて突っかかってしまう。 ゴジラを睨み付けるバトラだがゴジラは無視して歩き出す。 まだ迷宮の近くに残っていた勇者御一行………の、中にいるメルドに向かって。 「よおおっさん。 生きてたか……」 「………ユウラ?お前、生きていたのか………」 「まあな。 ほれ飲め、回復薬だ」 と、ゴジラはメルドに神水を飲ませる。 あっという間に傷が塞がった己の体を見て目を見開くメルド。 ゴジラの視線はそのままメルドの持つ砕けた剣に向けられ、宝物庫から一本の剣を取り出す。 「アンタは、この世界の国に仕える存在で一番世話になったからな。 礼だ、くれてやる」 「あ、ああ……ありがたい。 これは?」 「『ゴジラの片腕剣』です」 「……… 『龍腕』 りゅうわん だ………取り敢えず、多少欠けても直る」 ちなみにこれ、以前清水がゴジラに使ったガスのせいで落ちた片腕の骨を材料にしてたりする。 肉片を取り除きエネルギーを与え熱を持たせ炉代わりに使い、鍛えた剣。 取り敢えずダイヤモンドだって切れる。 エネルギー系の炎や光、雷などの魔法は吸収するし仮に欠けても自動再生するという優れものだ。 「さて、取り敢えずあの女魔族は?死んでんなら死んでるで良いが………」 と、ゴジラの言葉に光輝が睨みつけてくる。 香織は何か話したそうにしていたが空気を読んでいるのか引き下がる。 代わりにアンギラスを連れた清水がやってきて、清水がアンギラスによじ登り背中を撫でるとグブェ、と女魔族、カトレアが吐き出された。 腹に開いた穴は凍っており、ぐったりと白目をむいていた。 「ティア、水」 「……ん」 ゴジラの言葉にアレーティアが水球を生み出しカトレアの顔面にぶつける。 咳き込み起き上がるカトレアは痛むのか腹を押さえた。 その視線に気づき顔をしかめるゴジラはカトレアに視線を戻し、カトレアは忌々しそうに顔を歪めた。 「息子?アンタ、彼奴の父親か………クソ、どうりでとんでもない化け物なわけだ」 「さて、普通はこういう時、何か言い遺すことは?と聞くんだろうが……生憎、お前の遺言なんぞ聞く気はない。 俺は敵を殺しても、背負う気なんてないからな。 それより、魔人族がこんな場所で何をしていたのか……それと、あの雑魚、一応は真オルクスの上の方には匹敵する弱さだったな?あの魔物を何処で手に入れたのか……吐いてもらおうか?」 「あたしが話すと思うのかい?人間族の有利になるかもしれないのに?バカにされたもんだね」 「別にある程度は予想つくがな。 「お前、あれだけの力を持ちながら、神代魔法を得ているのか?彼奴みたいに、まだ強さを求めているのか……!」 「俺の息子が求めていたのは時間であって力じゃねぇよ。 そこを勘違いするな……さて、お前の反応から裏もとれたし、もう死んで良いぞ」 と、ゴジラはカトレアの頭を踏みつける。 そのまま踏み砕こうとするが、その前に叫ぶものがいた。 「待て!待つんだ、黒慈!彼女はもう戦えないんだぞ!殺す必要はないだろ!」 「……………お前、少しも成長してねぇのな」 「捕虜に、そうだ、捕虜にすればいい。 無抵抗の人を殺すなんて、絶対ダメだ。 俺は勇者だ。 黒滋も仲間なんだから、ここは俺に免じて引いてくれ」 「…………へぇ……無抵抗、ねぇ………お」 呆れたように肩を竦めたゴジラは、しかし叫んだ光輝の後ろで光輝の肩に手をおこうと迷っている雫を見て、神結晶の指輪に魔力を込める。 直ぐに神水が溢れカトレアの傷が治り、モスラ達は目を見開き光輝はほっとする。 ゴジラはカトレアから足をどけると距離を取った。 瞬間、カトレアが飛び出す。 ゴジラ達にはどうせ勝てない。 だから光輝を狙ったのだろう。 光輝が目を見開く中ゴジラはカトレアの首を握りへし折る。 ブランと頭が垂れ、死体になったそれを放り捨てるゴジラ。 クラスメイト達は目の前で躊躇いなく人を殺した光景に息を呑み戸惑ったようにただ佇む。 「なぜ、なぜ殺したんだ。 その行為に光輝が叫ぶが完全に無視。 「 そ ・ れ ・ を吐き出すつもりはあるか?」 「……………」 ゴジラの言葉に首を横に振り、ゴジラの手が退くと口を押さえ息を整えた。 「ありがとう、黒慈君。 もう少しで、このグチャグチャした感情を吐き出して楽になるところだったわ」 「俺はそれで良いと思うがな、サムライ女はそれがいやなタイプだろ?」 「ええ……意外と厳しいのね」 「甘やかしてほしかったか?」 と、ゴジラが不適に笑うと雫もクスクス笑う。 少し無理したような笑みを見て光輝はゴジラを睨みつけた。 そして二人の雰囲気に危機を感じたのか香織がゴジラに飛び付く。 「………本物だ………生きてた。 やっぱり、生きてたよぉ………」 「………………」 飛びついてきた香織。 取り敢えず優しく抱きしめてみる。 光輝がさらに睨んできて、仕方ないというようにため息をはく。 「……ふぅ、香織は本当に優しいな。 クラスメイトが生きていた事を泣いて喜ぶなんて……でも、黒慈は無抵抗の人を殺したんだ。 話し合う必要がある。 もうそれくらいにして、黒慈から離れた方がいい」 「気安く人の名前を呼ばないでください天之河さん。 それに、無抵抗?彼女は貴方を殺そうとしてましたよ?雫ちゃんも、止めなくて良かったのに」 「そうだ、雫も……何故あんなことをしたんだ」 と、責めるように雫を見る光輝。 雫が血に染まった己の掌を見て、顔を上げる。 「何故?必要だと思ったからよ……あのままだと、貴方が殺されていた」 「それは、だけど………いや、そもそも黒慈!何故殺した。 お前なら、治せたろ!」 「治せたが傷を癒して貰っておいてなおも敵対する奴に二度目の慈悲をくれてやるかよ」 「二度目どころか一度目あげてる時点で変っすけどね」 「私一瞬あのゴジラさん、偽物かと思っちゃいました」 「息子の方?」 「いえ、ご主人様の息子でも慈悲を一度も与えないと思います」 好き勝手言う仲間達。 モスラはモスラで迷宮跡地に手を向け直している。 「……くだらない連中。 ゴジラ、もう行こう?」 「あー、うん、そうだな」 絶対零度と表現したくなるほどの冷たい声音で、光輝達を『くだらない』と切って捨てたのはアレーティアだ。 その声は、小さな呟き程度のものだったが、光輝達の喧騒も関係なくやけに明瞭に響いた。 一瞬で、静寂が辺りを包み、光輝達がアレーティアに視線を向ける。 ゴジラとしてもさっさと行ってしまいたいが、どうせならと香織達に視線を向け、光輝がまた口を開いた。 「待ってくれ。 こっちの話は終わっていない。 黒慈の本音を聞かないと仲間として認められない。 それに、君は誰なんだ?助けてくれた事には感謝するけど、初対面の相手にくだらないなんて……失礼だろ?一体、何がくだらないって言うんだい?」 「……」 光輝が、またズレた発言をする。 言っている事自体はいつも通り正しいのだが、状況と照らし合わせると、「自分の胸に手を置いて考えろ」と言いたくなる有様だ。 ここまでくれば、何かに呪われていると言われても不思議ではない。 アレーティアは、既に光輝に見切りをつけたのか、会話する価値すらないと思っているようで視線すら合わせない。 光輝は、そんなアレーティアの態度に少し苛立ったように眉をしかめるが、直ぐに、いつも女の子にしているように優しげな微笑みを携えて再度、アレーティアに話しかけようとした。 「勇者君。 存在自体が色んな意味で冗談みたいなお前を、いちいち構ってやる義理も義務もないが、それだとお前はしつこく絡んできそうだから、少しだけ指摘させてもらう」 「指摘だって?俺が、間違っているとでも言う気か?俺は、人として当たり前の事を言っているだけだ」 「そうか。 じゃ、殺された騎士連中の家族に俺の仲間が貴方達の家族を殺した女を殺しました。 一緒に何か言ってやってくださいといって連れてこい。 感謝以外の言葉が来たら俺が間違ってたんだろうな」 「人殺しが間違っていないはずがないだろう!」 「俺が殺すまでもなくあの女は後数分の命だ。 サムライ女の負わせた傷でな」 「それは、だが……お前なら治せる………!」 ゴジラははぁ、と頭をかきむしる。 心底面倒くさそうに、愛子の存在がなければ今頃光輝は消し飛んでいたことだろう。 「素晴らしいなお前。 幼馴染達に殺しを強要させといて、まだ自分が間違っていないとほざくか」 「何だと!?俺が何時、そんな事をした!」 「戦争に参加すると言い出したのはお前だ。 人を殺す場に向かうと言ったのはお前だ。 俺は止めたよな?チビ先も止めた。 それでもお前は世界の為に人を殺しに行こう!なんて堂々とクラスメートを誘った」 「ち、違う!俺は、こんな事になるなんて……魔人族にも心があると知ってたら、こんな事には」 「知ってたら?知ってたらと来たか!此奴は滑稽………引き金を引いて、頭蓋をかち割り脳髄をまき散らしておきながら弾丸が入っていると知ってたら撃たなかった。 そんな言葉が通じるとでも?」 戦争に参加すると言っておきながら、その戦争の相手に家族や恋人がいるなんて思わなかった。 ただ獣の様に人を襲う化け物を殺すだけだと思っていた。 だから僕は悪くない、そんな言葉が通じるはずがない。 「お前は他人の苦しみを知った つ ・ も ・ り ・ になれる人間だ。 同情という憐れみを肴に自分を英雄視して飯を食う、そんな吐き気を催す邪悪だ」 「俺が邪悪だと、そんな事、人殺しのお前に言われたくない!」 「吼えるな。 後ろのサムライ女を見ろ………お前のことだ、守るなんて軽々しく口にして、結局何も出来ずに、いや、何もせずに失望させたってとこか?……お前に何の期待もしてない目だ」 その言葉に雫はそっと光輝から目をそらす。 ゴジラを睨み付ける光輝は気づかなかったが。 「あのゴキブリ女を見てみろ。 お前からすれば、特別なのはサムライ女とアホ女。 だがゴギブリ女は自分こそがそうだと思い込んでくだらねぇ独占欲を向けてやがる」 その言葉にゴギブリはゴジラに殺意を向ける。 光輝はやはり気付かない。 ゴジラはこの時点で光輝から興味をなくした。 息子に会ったからだろうか?未熟な若者を少しは諭そうなどと思ったが、聞いては流して都合のいい部分だけ悪い意味で解釈し文句を言う奴に、何をいっても無駄だろう。 と、不意に檜山をみる。 ひぃ、と喉を鳴らし後ずさる檜山。 アンギラスは低く唸りゴジラの横に立つ。 「………一度目は見逃すさ。 あれは一応、チビ先の生徒だからな……おい、お前………俺を落とした奴。 次また何かしたら、アンギラスの飯にするからな」 そういうとさっさと去ろうとするゴジラ。 何時の間にか直っているオルクスを見て目を見開くとモスラがすごいでしょう、と胸を張るので頭を撫でてやる。 が、ゴジラと目が会うと立ち止まり不思議そうな顔で首を傾げ、次の瞬間には笑顔で駆け出す。 「 パ ・ パ ・ ァ ・ !」 そしてゴジラを父と呼び飛びついたのだった。

次の