インディ 727。 中古車情報 新しいキャンピングカーが続々入庫中 | オリジナル軽キャンパー制作・販売、中古キャンピングカー販売「カーショップスリーセブン」

インディ727で生活する

インディ 727

シート生地を一新しましたね インディ727の新しいシート生地 はい。 今回のニューモデルではベルギー製の上質なシート生地を使いました。 色もシックで、落ち着いた雰囲気が出ていると思います。 ボディのアルミパネルは美しさが映える焼き付け塗装をオランダのアルミメーカーで行っています。 窓などのパーツ類もヨーロッパ製を使っているので、シート生地の変更で、よりヨーロッパテイストのキャンピングカーに近づいたと思います。 ダイネットをベッド展開 アルミボディパネルの特性は美しさだけではないんです。 ヨーロッパのキャンピングカーでは多く採用されていて、軽量化にも役立っています。 バキュームプレス工法という方法を使って高い断熱性が保てることもキャンピングカーには最適です。 ボディシェルや各パーツの質は軽といえども本格的なキャンピングカーに負けません。 インディ727の使用パネル断面図 デビューから10年とロングセラーですね 夏場は心地よい風が吹き抜けるポップアップルーフ 見た目は変わっていないように見えますが、細部に磨きをかけています。 例えばポップアップルーフの側面素材は防水と防寒性を考慮してウェットスーツに使う生地で作っていましたが、今はテントなどにも使うハイブリザテックという素材を使っています。 ハイブリザテックは、外の水ははじくけれども中の湿気は放出する特殊なナイロン素材です。 生地自体が軽くなったため、ポップアップルーフを15cm高く持ち上げられるようになりました。 これで室内の天井はさらに高くなって室内を広く感じます。 高く上がるポップアップルーフは広い空間を生みます 今回はシート生地を新しくしましたが、ユーザーの声を聴きながら改良を加えているところもあります。 長く販売していますので、クルマはより成熟していきます。 随所に使い勝手を良くする工夫を施しています どんな人が購入していますか 使い勝手が良くおしゃれなヨーロッパ製の窓 最近はシニアの人たちの購入が増えてきました。 発売当初は軽キャンパーということで、小さな子供さんがいるファミリーが多かったのですが、維持費も安くて運転もしやすいのでシニアの皆さんに注目していただいているようです。 特にペットを飼っているユーザーさんが多いですね。 そういえば、当社で扱っているトレーラーのエメロードもシニアの方の購入が増えています。 以前はトレーラーは運転するのに冒険心が必要と考える方が多かったのか、若い人が購入されることが多かったのですが、軽キャンパーもトレーラーも維持費が普通乗用車より安いのでセカンドカーとして購入される方も増えています。 インディ727と並ぶトレーラーのエメロード 購入された方は皆さん長く乗られています。 手放すときには私たちへ声をかけくれる人が多いのですが、そういうことは年に2、3台です。 発売当初に買って今も乗っている人がいたり、インディからインディへ乗り継いでいる人もいます。

次の

中古車情報 新しいキャンピングカーが続々入庫中 | オリジナル軽キャンパー制作・販売、中古キャンピングカー販売「カーショップスリーセブン」

インディ 727

INDY727 type S インディアナRV - インディ727 タイプS -(ガソリン 4WD) ¥3,622,410 (税込) つくば店 展示中 表示の価格は車両本体価格に装着済みオプションを加えた価格です(諸経費別)。 新規でご注文いただく場合¥2,464,000(税込)からラインナップがございます。 INDY727 type Sのお問い合わせ アルミボディーパネル採用の軽キャンパー ヨーロッパのほとんどのキャンピングカーが採用しているアルミボディーパネル。 断熱性もさることながら軽量化することによる安全性への取り組み、省エネ、リサイクルや環境等にもやさしく取り組みました。 バキュームプレス工法により断熱性を損なわず、且つ仕上がりの美しいパネルを作ることに成功しました。 主要諸元• ベース車両: ダイハツ ハイゼットトラック 4WD エクストラ• 登録ナンバー: 8ナンバー• 型式番号: EBD-S510P• 車台番号(下4桁): 6575• エンジン: ガソリン• 総排気量: 660cc• 駆動方式: 4WD• ミッション: 4AT• 乗車定員: 4人• 就寝人数: 4人• 寒冷地仕様 ¥11,000• 助手席エアバッグ ¥22,000• サブバッテリー115Ahに変更 ¥6,050• 外部入力100Vサブバッテリー充電器 ¥45,980• バックカメラ(カバー付き) ¥45,980 表示は消費税込価格です。 掲載している車両の価格には以下のオプション金額が含まれています。 展示車に装着されているオプションの変更はできません。 追加のオプション等につきましては別途ご相談・お見積りいたします。 INDY727 type Sのお問い合わせ 主な標準装備• スムースフィニッシュアルミパネル外壁(断熱材に22mm硬質ウレタン使用)• ポップアップFRPルーフ• ポップアップ式クロロプレンゴム生地テント(左右2箇所にジッパー式網戸付)• 後部左右丸型アクリル二重窓(カーテン付)• 出入口ドア丸型アクリル二重窓(ブラインド付)• 出入口フル網戸• シャワーフック(出入口ドア横)• ハイマウントストップランプ• 外部AC電源入力コンセント• 外部AC電源入力専用コード(10m)• クッションフロアー(架装部)• スライド&リクライニング セカンドシート(後向き、2人掛け)• 2点式シートベルト(セカンドシート)• ベッド展開用補助マット• サードシート調 補助マット(3枚)• 上段就寝部パネル(2枚)• 脱着式テーブルセット• ベッド展開用ステンレスポール(3本)• 右上部キャビネット(4枚扉)• 左上部キャビネット(2枚扉)• 運転席&助手席上部キャビネット(1枚扉)• シャワー付ステンレス製シンク• インナー給水ポンプ• 給排水タンク(各1、容量13L)• LED天井照明(常夜灯付)• コンロ用アルミレンジパネル• カセットコンロ• サブバッテリー(80Ah)• サブバッテリー走行充電システム• 12Vメインスイッチ&サブバッテリー電圧計• 集中コントロールスイッチパネル•

次の

キャンピングカー インディアナRV インディ727

インディ 727

軽キャンピングカーのインディ727を知ってもらいたい企画第1弾。 実際にフルフラットにするとどんな感じになるのか、寝床を作るのに30分もかかっていたら、テントと変わらないじゃん、なんて疑問を解消してみようと思います。 走行中の居住性は? 運転手1名。 助手席1名。 あと後部シートにはペット(中型犬くらいまで)が現実的な許容スペース。 子供2名となると小学生くらいが限界といった感じ。 運転中の後部シートは、あまり快適に座れるようになっていません。 天井高が低いため、大人が長時間後部シートに着座するのには難があります。 運転席、助手席は軽トラックがベースなので、乗り降りは楽です。 後部シートは、ベンチシートが基本でシートベルとも2列目。 走行中の3列目は使用不可です。 対面で向かい合わせのシートは可能ですが、走行中はダメでしょうね。 後部シートのシートアレンジ 1.対面シート 中でゆっくり時間を過ごすのにはこのパターンがオススメ。 二人で向かい合わせで座るもよし。 足伸ばしてブログ書いてたり。 天井をあげるとかなり居心地はいいです。 走行中は天井あげたらぶっ壊れます。 テーブルがあると、これぞキャンピングカーって感じがするため、お披露目したいときはこれがオススメww 2.列シート+収納 普段使いはこのパターンが多いです。 とっさに人が乗るときでも、荷物があっても大丈夫。 このシートの後ろは寝板を外せばかなりの荷物が積めます。 ただし入口は狭いので巨大なものは不可。 3.フルフラット準備モード 1の状態から寝板をセットし、テーブルを片付けた状態です。 この状態だと、運転を終えて寝る体制にするまでに、約1分たらずで寝床ができます。 シートアレンジは主にこの3パターン。 普段使いの際は、1から3でニーズに合わせて使い分けることができます。 ただ旅モードとなると実際は、ほぼ3。 後部に乗車することはできませんが、2名での旅なら後部はもう寝るだけってパターンが多いのではないでしょうか。 で絶対に必要なもの このインディ727。 乗用車とは比較にならないくらいフラットですが、各シートのパーツの繋ぎ目は、意外とストレスになるものです。 そのため有るのと無いのとでは、疲労の蓄積具合が変わってきます。 1日、2日程度でしたら問題ありませんが、1ヶ月近く車で生活すると、影響が非常に大きいです。 逆に寝袋はというと、自分の車にはオプションのヴェバストのヒーターがついてるので、チープな寝袋でも十分快適に朝を迎えられます。 深い眠りには、あと耳栓があると、などでアイドリングをしてるトラックが近くにいてもお構いなしです。 キャンピングカーの一つのメリットは、時間を有効に使えるということ。 急な悪天候で、行き先を変更したり、明日目的地で朝を迎えたいなどという時には、本当に便利です。 この夏、長崎を出発した際も、夕方からでて深夜2時に鹿児島到着といった行程もキャンピングカーでは、道の駅さえ把握していれば、なんとでもなります。 深夜2時に「あーくたびれた、寝よう」で5分後にはビール飲んで寝れます。 最高ですね。 車の旅って。 sei1shovel1978.

次の