天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル。 楽天ブックス: 天空の城ラピュタ

search.applylikeapro.com

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

監督:• 形式: 色, ドルビー, 吹き替え, 字幕付き, ワイドスクリーン• 言語: 日本語, 英語• 字幕: 日本語, 英語• リージョンコード: リージョン2 このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。 詳細についてはこちらをご覧ください• 画面サイズ: 1. 78:1• ディスク枚数: 2• 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社• 時間: 124 分• カスタマーレビュー:• ASIN: B00K72NG0M• JAN: 4959241753083• Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 271位• 『天空の城ラピュタ』 空に浮かぶ伝説の島、ラピュタを発見したものの、人々に信じてもらえないまま亡くなった父を持つ、見習い機械工のパズー。 彼はある日、空から落ちてきた少女シータと出会う。 彼女は胸に青く光る石のペンダントを身につけていた。 ところが、二人はラピュタを捜索している国防軍に捕まってしまい、シータを残してパズーだけが釈放されることに。 彼は、同じく飛行石を手に入れようとしていた空中海賊ドーラ一味の協力を得て、シータを国防軍の手から救い出す。 そして、とうとう伝説の島ラピュタと遭遇することになるが……。 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 『風の谷のナウシカ』に続き、スタジオジブリが手掛けた冒険ファンタジーアニメのデジタルリマスター版。 空中の浮島・ラピュタ帝国に秘められた財宝の謎をめぐり繰り広げられる、少年・パズーと少女・シータの波乱万丈の冒険を描く。 特典映像も収録。 ジブリ作品の中では特に男性層に幅広く支持される作品で、核兵器を模した超兵器を有するラピュタを巡って繰り広げられる少年少女の冒険活劇。 宮崎駿の出世作「未来少年コナン」と近いテイストで、父の夢を追い掛ける少年を主人公に、秘密を知る謎の少女、政府特命部隊と軍部、武装盗賊団らが絡みながら息も着かせぬスピーディな展開が痛快だ。 特に空中海賊ドーラ一家がイタリアン・マフィア的なファミリーかつ女性トップなのが宮崎流で愉しい。 裏切りの多い世の中で信頼の置ける家族主義の強味を活かした彼等の結束力、ゲリラ的な臨機応変さや意思決定の速さ、空を駆け回る機動性はまさに少年の憧れの象徴だ。 殊に経験豊富な老女家長ドーラの強かさと優しさは、男も惚れる新鮮なリーダー像を提起したのが画期的だ。 また、朝陽に輝く炭鉱街の断崖絶壁や雲上に姿を現したラピュタの美術意匠は息を飲むほど美しい。 更に軍事基地やラピュタでのシータ救出劇での躍動的なアニメーションには自分も幼き子供達も一緒に胸踊らせたものだ。 さてストーリーにおける本作のポイントは二つ。 一つは父の遺した見果てぬ夢を追い続ける人生の醍醐味とラピュタの封印された核兵器やロボ兵士と言う超兵器への人類としての処し方だ。 共通する「科学」に対して、前者はその好奇心や憧憬が発展の力となり、後者は制御不能な巨大で畏れる力となる。 その対比が絶妙で、科学の平和利用と政治利用の分水嶺こそ、大人が責任をもって見極めねばならない事が、本作の最大メッセージだと思う。 核拡散防止条約すら形骸化する現代世界が本作から学ぶべきは、「人類はゼウスの雷、インドラの矢を御せるほど賢くない」だろう。 登場人物ではムスカの野望は直線的過ぎ、モウロ将軍は浅はか過ぎるが子供も観るアニメは判りやすい方がよい。 寧ろ自分は偉容を誇ったティディス要塞や巨艦ゴリアテが散々に破壊されるシーンにショックを受けた口だ。 絶対的権威の象徴が脆くも崩壊する瞬間を目の当たりにする兵士達の絶望感を想像するのが一番痛切だった。 政府や権力の中枢が腐敗し易いのは世の常だが、多くの兵士達に罪はない。 その「ゴミのような」扱いこそ、私が怒りを感じる本作のクライマックスだ。 本作は単純な冒険活劇の様でいて、実はとても示唆に富む傑作だ。 父を越える事と弱者を助ける事から始まる物語は清々しく、いつ観ても胸踊る。 本Blu-ray画質は文句無し、子供達も成長によって関心する箇所が変わる筈なので、購入して家族で長く何度も味わうのがお薦めです。 宮崎駿と久石譲のタッグはやはり凄い! 久しぶりに、改めてみた観た。 「シータ」の、女の子らしからぬ勇敢さ、死も恐れない意思の強さ。 「ラナ」じゃん。 「パズー」の、一心不乱にヒロインを守る姿勢、大胆すぎる行動力。 「コナン」じゃん。 「ムスカ」の、最初は紳士的、後に女の子でも平気で殺そうとする非道ぶり。 「レプカ」じゃん。 「ドーラ」の、最初は敵、後によき理解者で、信頼できる協力者。 「モンスリー」じゃん。 「ドーラ一家」、ヒロインに好意を抱く、お茶目な小悪党。 「バラクーダ乗組員」じゃん。 「ラピュタ」、眠れる古代の遺物にして超兵器。 「ギガント」じゃん。 「未来少年コナン」の大ファンとしては、怒りを覚えるほど、非常に不愉快。 宮崎駿が制作したものではあるが、原作はアメリカ人。 1978年、「未来少年コナン」 1985年、「スタジオジブリ」設立 1986年、「天空の城ラピュタ」 「スタジオジブリ」設立一発目に、パクリ作品 宮崎駿作品ではあるが で、ヒットを狙ったのか? 本人曰く、「昔のような作品を観たいなら、昔のやつを観てればいい。 同じものを作って何の意味がある?」 「未来少年コナン」の大ファンとしては、怒りを覚えるほど、非常に不愉快。

次の

search.applylikeapro.com

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

老若男女が愛するアニメ作品といえば「天空の城ラピュタ」だ。 アニメスタジオのジブリの代表する作品であり、いまもなお、テレビで放送され、多くの人たちを楽しませている。 ・公式に発表されている秘密 「天空の城ラピュタ」には、ほとんど知られていない設定が無数に存在する。 今回は、公式に発表されているものの、ほとんどの人たちが知らない「天空の城ラピュタ」の秘密を8つ後紹介したいと思う。 ・ほとんどの人が知らない「天空の城ラピュタ」の秘密8選 1. ゲド戦記と関わりのあるミノノハシという動物の存在 ラピュタに生息する尻尾が大きなネズミ系の生物は「ミノノハシ」といい、映画「ゲド戦記」の原案となった「シュナの旅」にも登場する。 設定としては17世紀に絶滅しており、生息しているのはラピュタと「シュナの旅」の世界のみとなる。 ちなみに、ラピュタと「風の谷のナウシカ」に登場するキツネリスとは別物。 シータはパズーと出会ったばかりの頃、ろくにコミュニケーションをとる前から恋心を芽生えさせている。 屋根からパズーが落下し、その上にシータが落ちて重なった場面が、シータがパズーを好きになった瞬間である 公式本に記載あり。 飛行石は間接的に酸素も作れる ラピュタは巨大な飛行石によって浮遊しており、その力によって樹木が成長し、酸素を発生させてラピュタ全体を包み込んでいるため、宇宙空間へと飛んだとしても窒息することはない。 よって、ラストにラピュタが浮上したあとも、キツネリスやミノノハシは生存している。 宮崎監督は音楽は無くてもよいと思っていた 当初、宮崎駿監督は「今回の映画には音楽はいらないんじゃないか」と考えていた。 しかし音楽をつけたことにより、最終的に魅力ある作品に仕上がった。 ちなみに、「ピコ~ン」等のシンプルな効果音で表現していたロボットの音は、音楽があったことで間を持たせることに成功し、功を奏した ロボットの音を現代的な機械音にしたくなかったため。 通常のジブリ作品より色数が極端に多い 「風の谷のナウシカ」が250~260色しか色を使わなかったのに対し、「天空の城ラピュタ」では300色以上もの色を使用している。 原色を多用する計画だったため、そもそも従来の作品よりも色数が減ると考えていただけに、予想外の色数となった。 ラピュタ人がラピュタに戻らなかった理由 ラピュタ人はラピュタで贅の限りを尽くし、巨万の富を築いていたが、正体不明の疫病が蔓延し、地上へと降りた。 その後、病が消えたものの、ラピュタ人がラピュタに戻らなかった。 それはなぜか? 地上の大自然が「億万の宝物にも勝るもの」だったからだといわれている。 ロボットは人間の心を読み取る ラピュタ内にあるロボットは、顔面にあるふたつの光によって、人間と意思の疎通をすることができる。 ロボットの胸部にあるエンブレムによって、戦闘、看護、庭園管理など、役割分担されている。 また、半有機体なので完全にロボットというわけではない。 そのことからも、ラピュタはバベルの塔が原案のひとつになっていることがわかる。 ・まだまだたくさんの秘密が存在する いろいろと謎と秘密が多い作品「天空の城ラピュタ」。 もっと詳しく知りたい人はブルーレイの高精細な映像で作品を何度も観ると、今までわからなかった何かが見えてくるかもしれない。 また、公式本「天空の城ラピュタ ロマンアルバム」にも興味深い内容が書かれている。

次の

天空の城ラピュタ のDVD、Blu

天空 の 城 ラピュタ dvd ラベル

老若男女が愛するアニメ作品といえば「天空の城ラピュタ」だ。 アニメスタジオのジブリの代表する作品であり、いまもなお、テレビで放送され、多くの人たちを楽しませている。 ・公式に発表されている秘密 「天空の城ラピュタ」には、ほとんど知られていない設定が無数に存在する。 今回は、公式に発表されているものの、ほとんどの人たちが知らない「天空の城ラピュタ」の秘密を8つ後紹介したいと思う。 ・ほとんどの人が知らない「天空の城ラピュタ」の秘密8選 1. ゲド戦記と関わりのあるミノノハシという動物の存在 ラピュタに生息する尻尾が大きなネズミ系の生物は「ミノノハシ」といい、映画「ゲド戦記」の原案となった「シュナの旅」にも登場する。 設定としては17世紀に絶滅しており、生息しているのはラピュタと「シュナの旅」の世界のみとなる。 ちなみに、ラピュタと「風の谷のナウシカ」に登場するキツネリスとは別物。 シータはパズーと出会ったばかりの頃、ろくにコミュニケーションをとる前から恋心を芽生えさせている。 屋根からパズーが落下し、その上にシータが落ちて重なった場面が、シータがパズーを好きになった瞬間である 公式本に記載あり。 飛行石は間接的に酸素も作れる ラピュタは巨大な飛行石によって浮遊しており、その力によって樹木が成長し、酸素を発生させてラピュタ全体を包み込んでいるため、宇宙空間へと飛んだとしても窒息することはない。 よって、ラストにラピュタが浮上したあとも、キツネリスやミノノハシは生存している。 宮崎監督は音楽は無くてもよいと思っていた 当初、宮崎駿監督は「今回の映画には音楽はいらないんじゃないか」と考えていた。 しかし音楽をつけたことにより、最終的に魅力ある作品に仕上がった。 ちなみに、「ピコ~ン」等のシンプルな効果音で表現していたロボットの音は、音楽があったことで間を持たせることに成功し、功を奏した ロボットの音を現代的な機械音にしたくなかったため。 通常のジブリ作品より色数が極端に多い 「風の谷のナウシカ」が250~260色しか色を使わなかったのに対し、「天空の城ラピュタ」では300色以上もの色を使用している。 原色を多用する計画だったため、そもそも従来の作品よりも色数が減ると考えていただけに、予想外の色数となった。 ラピュタ人がラピュタに戻らなかった理由 ラピュタ人はラピュタで贅の限りを尽くし、巨万の富を築いていたが、正体不明の疫病が蔓延し、地上へと降りた。 その後、病が消えたものの、ラピュタ人がラピュタに戻らなかった。 それはなぜか? 地上の大自然が「億万の宝物にも勝るもの」だったからだといわれている。 ロボットは人間の心を読み取る ラピュタ内にあるロボットは、顔面にあるふたつの光によって、人間と意思の疎通をすることができる。 ロボットの胸部にあるエンブレムによって、戦闘、看護、庭園管理など、役割分担されている。 また、半有機体なので完全にロボットというわけではない。 そのことからも、ラピュタはバベルの塔が原案のひとつになっていることがわかる。 ・まだまだたくさんの秘密が存在する いろいろと謎と秘密が多い作品「天空の城ラピュタ」。 もっと詳しく知りたい人はブルーレイの高精細な映像で作品を何度も観ると、今までわからなかった何かが見えてくるかもしれない。 また、公式本「天空の城ラピュタ ロマンアルバム」にも興味深い内容が書かれている。

次の