自分を責める 心理。 自分を責める心理の目的をカウンセラーが解説

どうして自分を責めちゃうんだろう?その奥には意外な「怒り」が

自分を責める 心理

「自分責め」の構造 「ああ〜、またやっちゃった」 「自分、何やってんだ、バカバカバカッ」 「やっぱりダメだ、全然足りない、まだまだ未熟」 「自分なんてどうせこの程度じゃん。 調子にのるなよ」 「こんな自分じゃダメだ!」 「自分なんて大っ嫌い!もう消えた方がいい」 とかとか・・・・ 自分を責めるの、クセになっていませんか? 今日はそんな方達へのメッセージです。 何かあるとやっぱり自分を責めてる。 不思議と他人に対しては、 そんなに責めたり怒ったりすることはないんだけど。 とにかく自分。 いけないのは自分。 悪いのは自分。 足りないのは自分。 なんでこんなに自分責めちゃうんだろうね。 もちろん個別の事情はいろいろあるので 原因はぜったいにこれ一つ!と言い切れるものではないのですが 自分を責めるのがクセになっている人は 一つ、考えてみた方がいい大きなポイントがあるので 今日はこれをお伝えしたいと思います。 そういう人の心では何が起こっているんでしょうか。 自分を責める人は、 本当は他人に対して怒ってる。 なのです。 それでありながら 他人に対してぜったい怒っちゃいけないと思ってる。 なのです。 つまりですね。 自分を責める人の心の中では ぜったいに 外に怒りを向けないように設定 されているというわけです。 本当は他人に対して怒っているのに その怒りの気持ちを封印する。 そして、本当は外に向けたかったはずの怒りの矢印を クルッと逆にひっくり返して 自分に向ける。 自分に向けて怒りを逆流 させるわけです。 それが「 自分責め」です。 だからあなたは、自分に向けて ひどいことを言って、責めて、怒って・・・てやってる。 だけど、なんでそんなことしてるんだろう? 「逆流」の始まりは小さいころの自分 実は、そこに「過去」がからんでいます。 はい、毎度おなじみ。 「またそこか。 やっぱりそこか。 」のお話。 実はあなたの中にはたくさんたくさん 怒りがあります。 それはもう、昨日、今日だけのことではなくて。 昔むかし、大昔から。 大昔の怒りとは? それは誰に対する怒り? はい、 親 です。 うへ〜。 なんかすごくヤでしょ。 ザワザワするでしょ。 そんなの、ない!!考えたくない! って逃げたくなってませんか? だとしたら、悪いけどやっぱり図星かも。 親です。 ちっちゃい子どものころ、おそらくあなたは親に 「なんで!」「いやだ!」「やめて!」 「なんだよもう!!」「いいかげんにしろよ!」 なーんていう 腹立つ気持ち、怒りたい気持ちを持ったことがあります。 そりゃね、親も完璧ではないですし 親子といえどもお互い性質の違う人間ですから そりゃあそういうこともあります。 子どもだって、嬉しいこともあれば腹立つこともありますよね。 だから、そういう気持ちを持つことは ほんとは悪いわけではないのだけど でも、子どもの立場は弱いので。 世話をしてもらう必要があるし。 怒らせたらこわいし。 そしてなにより、愛してもらいたいし。 子どもにはそういう弱みがあるんですよ。 だから親に対して そんな怒りの気持ちを自分がぶつけたら 親に嫌われてしまう! 親を怒らせてしまう! 親を傷つけてしまう! って、子どもの無意識は思うんです。 だから、親にはぜったいに怒っちゃいけない。 親に怒りを向けてはいけない。 怒る気持ちなんか感じちゃいけない。 そうやって親に対して向けたかったはずの怒りを ビターーッと封印します。 そして、親に対してそんな怒りの気持ちを持ってしまった 自分が いけないんだ。 悪いんだ。 足りないんだ。 こうやって、自分の方へ逆流させて 自分が悪いことにするのです。 そうするとね。 安全なんですよ。 親に嫌われなくてすむし。 怒らせなくてすむし。 傷つけなくてすむし。 子どもはけなげですね。 親に嫌われない、親を怒らせない、親を傷つけないためなら 親の機嫌をよくさせるためなら いくらでも 自分を嫌いになり、自分を責め、自分を傷つける。 自分が「悪い側」になることを厭いません。 自分が悪い側になって 「悪かった、ごめんなさい」という態度をしておけば とりあえず親の機嫌は保たれるということが 経験則で身についているのです。 そうやっておいた方が 安全に生きられるというメリットがあります。 そういうわけで、実は 怒りを逆流させて自分を責めることには 多大な メリットがある ということなのです。 だからなかなかやめられないのです。 いっぺんちゃんと怒ってみよう 自分を責めているうちは あたりまえですが 自己肯定感はいつまでも低いままです。 自己肯定感が低い人は多くの場合 こうした「 怒りの逆流」の構造を持っています。 この構造を見抜かずに、単純に 「自分を責めないようにしよう」 「自分を肯定しよう」 なんて努力をしても、だいたい無理なのです。 ですから、自分責めがやめられない人は、まず 自分を責めることで「都合のいいこと」は何? という、「メリット面」について考えてみるといいでしょう。 それから根本的な対策としては、 過去の自分に戻って、 あの時の自分が本当は親に対して怒りたかった気持ちを あらためて今、感じて、あえて怒ってみることです。 いっぺんちゃんと怒れ! ってことです。 だって怒ってたんでしょ? 怒っていいから。 ちっちゃいその子にとっては それがせいいっぱいの正義であり本心。 そんなちっちゃい子の素直な気持ちぐらい 認めてあげても大丈夫だから。 そこ、あいまいにしてるから、 いつまでも自分責めが止まらないのだから。 「なんでこうなのよ!」 「これがやだったんだよ!」 「こういうことしないでよ!」 そういう、 やだったこと。 さらに 「ほんとはこうしたかったのに!」 「ほんとはこうしてほしかったのに!」 ほんとは ほしかったこと。 この両方を、声に出して、態度に表してみることです。 いい子だったね。 えらかったね。 リアルな親のことは放置しておきましょう。 これはあなたの心の中にいまだにいる 「あの時の親」と「あの時の自分」とのことだからです。 いまさら年老いたリアルな親にそんなものをぶつける必要なく あなた一人で 「あの時」の感情を清算していくことが可能です。 そうやって自分の心の中で清算できたなら それまで親に対して感じていたモヤモヤや重さは 以前よりずいぶん減っていることにも気づくでしょう。 カウンセリングやセラピーでは プライバシーの守られる安全な場所で カウンセラーという同伴者とともに こうやって「あの時の自分」と出会っていきます。 自分で試したい方は、自分の部屋で一人になって チャレンジしてみてもいいでしょう。 これ、やってみるとね。 自分の中に失われていた「力」がよみがえってくるのを感じると思います。 「ああ、自分にもこんなパワーがあった!」ってね。 怒りは、エネルギーであり、パワーです。 もともとは、自分を尊重し、自分を守るパワーであるものです。 このエネルギーを封印したら 見かけ優しくて従順なだけで 自分がわからず、自分の尊厳を守れず、 どんどん他人に侵食されるばかりの腰砕けになってしまいます。 これが「自己肯定感が低い」っていうやつですね。 昔、本当は怒っていたことを ちゃんと怒ることができるようになった時。 そして 今、日々生じる怒りも ちゃんと怒りとして認識して 認めることができるようになった時。 自分を責めることも だんだんと減っていくでしょうし 自分が自分として立つことのできる「芯」のようなものが 育っていくでしょう。 人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト 一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事 東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

次の

自分を責める。そんなあなたへ

自分を責める 心理

自分に自信がない人は、非常に自分を責める傾向にあります。 自信がなさすぎて、自分がしていることには問題があるのではないか、自分がしていることはだいたいにおいて間違えているのではないか、とすぐに疑問をもってしまうことも多いです。 周囲がそんなことはないと言っても、考え方の問題なのであまり聞き入れません。 ちょっと自信がないといった問題ではなく、心底自信を持っていません。 そのため、他人が普通にできることが上手くできなかったり、恐々してしまうのでスムーズではないなど、動きもぎこちなくなります。 それでできなければ、再び自分を責めてしまい自信をなくすといった悪循環になってしまいがちです。 不安に感じる心理 少し良くないことが起きると、全て自分のせいではないかと思い込んでしまうのも、自分を責める人によく見られる心理的な特徴です。 自分とは全然関係のない問題でも、自分が何かをしたから悪いことが起きたのではないかと、病的な心配をしてしまいます。 それが自分に関係ないことを確かめないと、なかなか落ち着けません。 全く無関係な問題でも全て自分と結びつけて考えてしまうので、周囲は誤解を解くのが大変です。 「数日前自分が優しくしなかったから病気になったのではないか」とか「自分がもっと親身に相談に乗ってあげなかったから、彼氏と別れてしまったのではないか」などあり得ないことを自分起点で考えてしまう傾向が強すぎます。 周囲に違うと言って欲しい 自分を責めるほど、自分は大して悪くないことを知りましょう。 責められるようなことをしない限り、誰も責めることはありません。 誰も存在を否定をしていませんし。 自己嫌悪に陥ると、全て自分が悪いと責めてしまうようになり、それは自分の心を蝕むばかりではなく、周囲も巻き込んで周囲の心も削ってしまいます。 自分を責めるばかりでは自分が全ての責任を負う存在になってしまうので、本当の物事の問題点や原因、修正点や結果が間違えた認識で捉えられるようになってしまい、根本的な解決ができなくなってしまいます。 正直に言えば、その責める心理は邪魔なものであり、多くのできごとの正しい解決ができなる結果を産みます。 責める心理は自信を喪失させる 自分を責める癖のある人は、仕事においてもすぐ自分を責めがちです。 ミスがあったのではないか、業務連携がきちんとできなかったのは自分の責任ではないかと、もんもんと悩んでしまいます。 そうならないためにも、自分がきちんとできているかを周囲に確認することがオススメです。 自分の仕事ぶりに問題はないのか、きちんとしなければならないことはできているのか、率直に周囲に聞いてみましょう。 そして、問題があれば周囲に注意してもらうようにお願いしてみましょう。 そうすれば、何がダメで何がダメでないか明確になります。 もし、全く誰もダメ出ししなければ、あなたに問題はありません。 そのように毎日繰り返していけば、自分には責めるような問題はないのではないかと気づく日がやってきます。 責めることも、自己否定することも、自己嫌悪に陥ることも全て克服できるようになっていきます。 自分の責任部分をやりきる 自分に自信がなくすぐに責めてしまう人は、まず多くのことを一度に考えることをやめてみてください。 自分のやらなければいけない仕事の範囲のことだけに集中してみましょう。 そして、その責任範囲を完璧に、完全にミスのないように仕上げてみてください。 毎日そのように集中することを心がけてみましょう。 そうすれば、自分の仕事のことだけを考えられるように癖づきます。 癖づけば、業務範囲の仕事をきちんとこなしている自分に気づくでしょう。 他に気を回さずおけば、他のことで自分を責めることがなくなってきます。 自分もきちんと仕事がこなせていることを知れば、責めることもなくなり、自己否定もしなくなるはずです。 自己否定する前に責める必要があるか考える 自分を責める人は、なかなかそのサイクルから抜け出すのが難しいです。 しかし、あまりに自己嫌悪が激しい場合、彼氏にも心配されたり、最悪面倒な女と思われてしまいます。 そうならないためにも、自分一人のときに様々な種類の妄想を働かせてみましょう。 あなたがネガティブであれば、彼氏もネガティブになってしまいます。 あえて自分に「自分を責める必要はない」と暗示をかけるようにし、ポジティブな思考に変換します。 自己否定をする人がポジティブに頭を切り替えるのは難しいことですが、これも練習です。 練習をすることで、だんだん身についていきます。 頑張って頭を切り替えることで、徐々に自己嫌悪であったり自分を責める心理が薄れていき、克服できるようになります。 ポジティブ思考になるための訓練の仕方をみて、心がけてみてください。 自分を責めない人が考えていることは? 責めるのではなく自分を褒める.

次の

【うつ病の人へ】自分をそんなに責めるのは病気がさせていると認識を持ってほしい

自分を責める 心理

相談者名 ちゃき 初めまして。 27歳の女です。 私は子供の頃から自分に自信がなく、思っている事も言えず、小中高はそういう性格が原因でずっとイジメの標的にされ高校は1年生で辞めてしまいました。 勉強も得意ではなく先生に当てられたり、テストになると頭が真っ白になり、それが大人になった今でも出てしまいたくさん失敗します。 それプラス、人とも上手に付き合えないので自信がなくなり「私なんて迷惑をかける存在だ」と自分で思いアルバイトはいつも2週間ほどで辞めてしまいます。 集団の場所となると本当に怖くなるのです。 でも夢だけはいつもあり中学生までは女優さんになりたくてオーディションへ行ったり劇団に入ったりしましたがそこでもやはりダメで1年ほどで辞めてしまいました。 高校生からは看護師になりたくてそういう高校に入ったのに結局みんなの輪に入れず辞めてしまいました。 挑戦することはできるのですが、いつも集団になると急に怖くなり続けられません。 最近はこんな自分が恥ずかしく親友だった子にも会いたくなく、自分から離れてしまいました。 今は何がしたいのかわからないし、何をしても楽しくありません。 両親は私が小学3年生の時に離婚しましたが、それまで喧嘩ばかりで父はすぐ暴力をふるい、母も私に八つ当たりしたり私が少しでも思っている事を言うと怒るので、この経験も少しは原因があるのかなとは考えています。 今年28歳を迎えるのに仕事もしてない、彼氏もいない、お金もない自分に母も兄弟も呆れています。 こんな自分を変えていきたいので啓発本などを読んでいますが解決策がわからずメールさせていただきました。 私が今から自分を少しずつでも変えるためにできることはありますか? よろしくお願いいたします。 カウンセラー ちゃきさん 池尾昌紀と申します。 ご相談ありがとうございます。 何かを続けることができないという悩み。 こうした時に、一番の苦しみというのは、「何かを続けられないこと」「何もできないこと」を苦しんでいるのではなく、「そんな自分はダメな奴だ」と自己攻撃してしまっていることが、苦しみの元であったりします。 こうした時は、「甘い」「努力が足らない」「忍耐がない」などと周囲から言われて、それが苦しみになることも多いように思います。 もちろん、それは苦しみに違いないのですが、一番の苦しみは、「自分が自分に対して」、この言葉、「甘い」「努力が足らない」「忍耐がない」などを言い続けていることなのです。 そんな自分はダメだ、という思いは、こんな言葉を自分に浴びせ続けることで、責め続けます。 もし、一人暮らしで、誰からも何も言われない状況だったと仮定してみましょう。 そうしたら、周囲から言われない分、楽に感じますが、それで、苦しみはなくなりません。 むしろ、一人でいる時の方が、こうした心の声が大きくなっていったりすることもあります。 実は、一番、自分を責めているのは、自分なんですね。 このことに気づくことができるだけで、少し心が楽になることもあります。 自分を責めることを止めることに集中してみよう、とポイントを絞ることができます。 もしそうであれば、取り組むべき一番最初のアプローチは、「何かをやるためにどうしたらいいか」という視点ではなくて、「自己攻撃をいかに止めるか」という視点で整理する、ということになります。 自分を責めるのを止める。 これは、口では言うのは簡単ですが、とても難しいことですよね。 それをやるには、まず、時間がかかることを知っておかねばなりません。 苦しいから、一秒でも早くここから抜け出したい。 誰もがそう感じるので、あせりますし、苦しみを続けたい人はいませんから、当然、そう思います。 でも、逆に、これだけ長い間苦しんできた蓄積だから、すぐになくすのは難しいな、少しずつ積み重ねていこう、と考えることもできます。 ある程度の時間はかかる、そう思うことで、楽になることもあります。 次に、自分を責めることを止めるために、「今の状況や心理をきちんと知る」ことをやっていきます。 いろいろな視点で整理することができるのですが、今回はそのいくつかを紹介させていただきたいと思います。 ひとつは「自分の心を守るため」という視点です。 私たちは、誰もが大きさは様々ですが、継続できない悩みというものも持っていることがあります。 ところが、それが積み重なってくると、「きっと今回もだめだろう」というあきらめの気持ちが先行してしまい、この「あきらめ」が一番の壁になってくることもあります。 なぜ、あきらめてしまうかというと、これは一種の自己防衛と考えることもできます。 今まで、ずっと苦しかったので、心が、もう、これ以上傷つきたくない、のですね。 すると、心が傷つかない方法を、無意識に探していくことになります。 一番の方法は、「何もやらないこと」なんですね。 ですから、「何もやらないこと」を悩んでいるのですが、心の底では、「何もやらないこと」で「これ以上傷つかないように」心を守っている、と考えることもできると思うのです。 あれだけ傷ついてきたのだから、そんな風に自分の心を守るのも仕方ないかもしれない。 そんな風に、自分に言ってあげる、自分の心を認めてあげることで、自分を責める気持ちが減っていくこともあります。 次に、「何かを続けられない」「何かをやれない」という心理は「自分に厳しい」「完璧主義」だからという見方で整理してみます。 一見すると、「何かを続けられない」「何もやらない」というのは、自分に甘いからだ、努力が足らないからだ、と思います。 そうした一面もあるのかもしれませんが、今は別の視点で見てみましょう。 「自分に厳しすぎる」「完璧にやらないと気が済まない」人は、本当に完璧にやりきることでしか、納得ができません。 すると、100%やりきるか、それができないくらいなら何もやらない、という両極端な行動にでる、と言われます。 99%では納得できないので、だったら、0%でいいや、と思ってしまうのですね。 部屋の掃除を例に出すことが多いのですが、チリ一つ落ちていない部屋か、そうでなければ、やってもやらなくても同じ、と感じて、全く掃除をしなくなってしまう、という感じです。 もし、そうであるならば、「自分に甘い」どころか、逆に「厳し過ぎて、自分を追い込みすぎるから、何もできなくなる」ことになります。 「甘い」「努力が足らない」「忍耐がない」と自分を責め続けた言葉を、ここで一度、「自分に厳し過ぎるのかもしれない」と認識を変えて考えてみましょう。 そう考えた時に、今までの続かなかった仕事だったり、学校のことが、新しい視点で整理できるかもしれません。 あの時、私は、あまりに自分に厳し過ぎて、続けることができなかったとしたら。 実は、その「厳し過ぎる自分」を和らげることが、求められているかもしれないのです。 そして、次に、こんな風に考えてみてください。 できないことというのは、「何か理由」があります。 ご相談で書いてくださっているように、ご両親との関係、学校でのいじめなど、いろいろ整理をしていくことで、その理由は、もっと明確になっていくでしょう。 大切なのは「自分ができないのには理由がある」ということを知ることなのです。 仕方がなかった、やむ得なかった理由があるんだな、と思ってみる。 まずは、今の自分を楽にしてあげないと、進んでいくことができません。 そのために、今までの自分をほめてあげる、認めてあげる、というアプローチをしてみてください。 「何もできていないのに、ほめるなんてとんでもない!」 そう思われるかもしれません。 でも、ちょっと考えてみていただきたいのです。 そんな風に思うのなら、それこそが、まさに「自分に厳しい」証拠だと思いませんか? もし、本当に怠け者で、自分に甘いのだったら、苦しんだりしないはずです。 また、様々な方法を探してチャレンジしてみたり、こうして相談コーナーにご相談をされていないと思うのです。 そして、もうひとつ。 あなたは、実は、「あきらめずにやり続けていること」がひとつあることに気づいていただきたいのです。 それは、「自分を変えたい」という思いを持ち続けていること。 まずは、そこから、自分を認めてあげてください。 自分をほめたり、認めたりするのは、ハードルを高くするとなかなかできません。 自分に厳しい人は、ノーベル平和賞でももらわない限り、自分をほめられないと感じています。 ですので、まず、 「今までよくがんばってきたね」 「自分を変えたいと思い続けてきた私ってえらいな」 みたいなところから始めて見ましょう。 そして、今、自分が自分自身に言える、ポジティブな言葉を考えて、それを毎日、自分に伝え続けてください。 「私には価値がある」 「私は私を許します」 「自分が幸せになることを認めます」 こうしたことをやりながら、後は、「やれない理由」について、さらに整理を進めてみてください。 カウンセリングサービスには、初回無料電話カウンセリングがあります。 よかったら、こうしたことを利用され、整理を進めてみてください。 一人で苦しむ必要はありません。 誰かに助けを求めて、誰かと共に進んでいくことが、「自分を責める」ことを止めていく方法のひとつだと思います。 この記事を書いたカウンセラー.

次の