パンデミック と は。 パンデミック

新型コロナの犠牲者数を図解し、過去のパンデミックと比較してみたら、逆境の歴史が垣間見れた|FINDERS

パンデミック と は

高木 邦子 新型コロナ感染症の対策で世界銀行のパンデミック債の保険枠が発動される。 だが多数の死者を出している欧米の国々は「不適格」。 資金の行く先は不透明だ。 世界銀行は、2017年に発行したパンデミック債による資金提供の検討に入った。 世界160カ国以上で約52万人の感染者、2万人超の死者を出している新型コロナウイルス感染症(20年3月27日時点)。 世界保健機関(WHO)は3月11日にパンデミック(世界的大流行)を宣言。 起点となる19年12月31日から12週間が経過したとして、世銀は保険枠の発動に動き出した。 だが、初期対応による感染拡大の抑止というパンデミック債の本来の目的からすると遅きに失したという印象は否めない。 また、8000人超の死者を出し、最も深刻な状況にあるイタリアなどの欧米諸国は「適格国」ではなく、どこに資金が提供されるかは不透明な状況だ。 大災害債の仕組みを活用 世銀のパンデミック債は、パンデミック発生時に、途上国に感染症リスク対策の資金を提供することを目的にしている。 途上国の社会課題の解決に貢献する新しいタイプのESG債として市場の注目を集めた。 このパンデミック債は、異常気象や大地震などの大災害が生じた際に、保険会社などが大損害を被らないようにリスク分散を目的に発行する大災害債(CAT債)の仕組みを活用している。 世銀が発行体となり、普通社債よりも高い利回りを設定する代わりに、ひとたびパンデミックが発生した場合には元本の一部もしくは全額が保険金支払い(途上国への支援金)に充てられる。 投資家にとっては、ハイリスク・ハイリターンの金融商品という側面と、ESG債への投資という社会貢献の側面がある。 [クリックすると拡大した画像が開きます] 17年に世銀は、パンデミック発生時に途上国を支援する資金として4億2500万ドルを市場から調達した。 このうち3億2000万ドルがパンデミック債、残りの1億500万ドルが保険デリバティブ商品による調達だ。 市場の関心は高く、パンデミック債については調達目標額の2倍を超える応募があった。 パンデミック債の募集に当たっては、リスクに応じて2つの募集枠(トランシェ)を設定した。 トランシェAは、相対的にリスクが低く、利回り(クーポン)がロンドン銀行間取引金利+6. 5%、発行額は2億2500万ドル。 全体の7割強を欧州、3割弱を米国の投資家が購入した。 特にCAT債を専門とする投資家による購入が目立った。 一方、トランシェBはリスクが相対的に高く、利回りが同+11. 1%、発行額は9500万ドル。 全体の8割以上を欧州の投資家、中でも年金基金が4割強を購入した。 今回、トランシェBについては元本がすべて保険金支払いに使われ、20年7月の満期時には全額償還されない見込みだ。 すでに市場価格は額面の1割程度まで下がっている。 一方、トランシェAはコロナウイルス事由による支払いが元本の16. 67%までに制限されているため、全体の8割程度が償還されそうだ。 現在の市場価格は額面の8~9割で推移している。 バックナンバー• 記事カテゴリ•

次の

人類を脅かす感染症のパンデミック(世界的大流行)|これからの衛生管理

パンデミック と は

ゲームデザイン:マット・リーコック• プレイ人数:2~4人用• 対象年齢:8歳以上• プレイ時間:約45分• 内容物:ゲームボード、役割カード 7枚、プレイヤーコマ 7個、調査基地 6個、木製マーカー 6個、病原体コマ 96個、プレイヤーカード 59枚、感染カード 48枚他• ご注意:前バージョンのおよびとは、各カード背面が異なるため互換性はありません。 あらかじめご了承ください。 製造元:Z-MAN Games• 日本語版販売:ホビージャパン• 発売:好評発売中(2013年7月)• 価格:4,000円+税 これはパンデミック(感染爆発)に敢然と挑む 君たちエキスパート・チームのゲームである! パンデミックとは、伝染病や感染症が世界中に流行することを表す用語。 このゲームは、世界中に拡大しようとする感染症の根絶を目的とし、プレイヤー同士が協力し合って、4種類の病原体すべてのワクチンを発見するという、多人数協力型ゲームだ。 プレイヤーはそれぞれ、別々の特殊技能を持ったエキスパートである「科学者」「研究員」「衛生兵」「通信司令員」「作戦エキスパート」に加え「危機管理官」「検疫官」からいずれかの役割を担い、ウイルスの拡散を防止する戦いに身を投じ、4種類のワクチンの研究、開発おこなって撲滅を目指す。 プレイヤーである君たちにできることは、世界の各都市を移動し、研究施設を作り、そこで治療をし、情報交換をしながら治療薬を発見すること。 しかし毎ターン世界のどこかで感染症が発症し、ちょっと手を抜くとたちまち病原体は広がり、各地でアウトブレイク(拡散)が発生し、ゲームオーバーとなってしまう。 病原体が勝つか、それとも人類(プレイヤーのチーム)が勝つか? この新バージョンではアートワークが一新。 マーカー類は木製になり、病原体コマはブラ製キューブになり置き・積みやすく仕様変更。 そして「 危機管理官」と「 検疫官」の2種類の役割が追加になりました。 前バージョン同様、初級・中級・上級の3つの難易度が設定できるため、初級・中級で何回か経験したあと上級にと、順番にチャレンジすることができます。 勝つためにはプレイヤー間の協力体制が不可欠。 病原体が世界中に拡散していく恐怖に対する、切迫感、無力感、絶望感を味わえる名作です。 都市のいくつかが隔離、封鎖されたという状況設定でスタートするシナリオです。 「パンデミック:新たなる試練」拡張セット パンデミック:迫りくる危機 日本語版 人類に迫りくる3つの危機が待ち受ける! この拡張セット「迫りくる危機」では、人類を絶体絶命の危機に陥れる選択式のチャレンジルールが3つ追加されます。 1つ目は病原体の1つが猛毒性の病原体に変異する「 猛毒株」、2つ目は第5の病原体が発見される「 変異種発見」、3つ目はプレイヤーの1人が人類の敵となって世界各地に新種の病原体をばら撒く「 バイオ・テロリスト」。 他にも 5人プレイ用ルール、 最高難易度ルール、 追加の7つの役割と 8枚のイベントカード、病原体コマを収納できる ペトリ皿などが入った、パンデミックをとことん楽しめる拡張セットです。 話題沸騰「パンデミック」の拡張セットがリニューアル• この拡張セットは前パーションにてリリースされていた『パンデミック:絶体絶命』(絶版)を、新たな基本セットである『パンデミック:新たなる試練』の仕様に合わせてリニューアルしたものです。 ルールは従来の『パンデミック:絶体絶命』と同じですが、アートワークが一新、マーカー類も新しい形のものになります。 この商品は拡張セットのため、単独ではプレイできません。 「パンデミック:新たなる試練」と合わせてプレイしてください。 製造元:Z-MAN Games• 日本語版販売:ホビージャパン• 発売:好評発売中 2014年8月• 価格:3,600円+税 「パンデミック:新たなる試練」拡張セット パンデミック:科学の砦 日本語版 研究所の扉の向こう側で、科学者たちも人類の命運をかけて時間と戦っていた! この第2拡張セットでは、「パンデミック:新たなる試練」に新たに3つの遊び方を追加します。 1つ目は、病原体サンプルを採集し、研究所内での治療薬開発に挑む「研究所チャレンジ」。 2つ目はCDC(アメリカ疾病管理予防センター)の助けを借りながら1人で病原体の脅威に挑む「ソロプレイルール」。 そして3つ目は2人1組の研究チームを編成し、ライバルの研究チームと名誉を競う「チーム戦」。 さらに、4つの新たな役割、3つの新たなイベント、追加の「猛毒株」の効果、「変異種」チャレンジの新シナリオが追加されます。 この商品は拡張セットのため、単独ではプレイできません。 『 パンデミック:新たなる試練』と合わせてプレイしてください。 拡張セット『 パンデミック:迫りくる危機』を合わせてプレイすると、より楽しめます。 ご注意:前バージョンのおよびとは、各カード背面が異なるため互換性はありません。 あらかじめご了承ください。 製造元:Z-MAN Games• 日本語版販売:ホビージャパン• 発売:好評発売中 2015年2月• 価格:4,000円+税 「パンデミック:新たなる試練」拡張セット パンデミック:緊急事態宣言 日本語版 君たちは人類の存亡をかけ再び時間との戦いに臨まなければならない この第3拡張セットは、5つの新たな役割と7つのイベントを加え、『パンデミック:新たなる試練』に、さらに以下の4種類の新たな遊び方を追加します。 検疫:病原体の成長を遅らせることで、ゲームの難易度を調節。 遠隔地チャレンジ:動物から人間へと感染する病原体の拡大を阻止せよ!• 緊急事態イベントチャレンジ:予期せぬ出来事が発生する中で、治療薬を開発しなければならない!• スーパーバグ・チャレンジ:薬剤耐性を持つ病原体に対し、ワクチンを開発して根絶せよ!• この商品は拡張セットのため、単独ではプレイできません。 『パンデミック:新たなる試練』と合わせてプレイしてください。 『パンデミック:新たなる試練』と合わせてとプレイする場合に『パンデミック:迫りくる危機』『パンデミック:科学の砦』はなくても遊べますが、合わせてプレイするとより楽しめます。 ご注意:前バージョンのおよびとは、各カード背面が異なるため互換性はありません。 あらかじめご了承ください。 製造元:Z-MAN Games• 日本語版販売:ホビージャパン• 発売:好評発売中(2015年9月)• 価格:4,000円+税• ゲームデザイン: マット・リーコック & トム・レーマン• プレイ人数:2~4人用• 対象年齢:13歳以上• プレイ時間:約45分• 内容物:新たな役割カードとプレイヤーコマ、イベントカード、検疫マーカー、遠隔地ボード、透明ディスク、遠隔地ダイス、緊急事態イベントカード、ワクチン工場、ワクチン投与コマ、スーパーバグ感染カード、スーパーバグボーナスカード 他 正誤表 緊急事態イベント 『感染地域の拡大』 誤)病原体コマが置かれている都市それぞれに、置かれている色以外の病原体コマ(紫色のコマを除く)を1個ずつ追加で置く 正)紫以外の、都市と異なる色の病原体コマが置かれている都市に、その異なる色ごとに追加の病原体コマを1個置く。 Z-Man Games www. zmangames. ,Ltd All Rights Reserved. 一切の無断転載を禁止します。

次の

日本はパンデミックをいかに乗り越えたか~100年前のパンデミック・スペイン風邪の教訓(古谷経衡)

パンデミック と は

文:chopsticks 今、多くの人が新型コロナウイルスの脅威に怯えながら暮らしているが、その危険性が一体どれほどのものなのかを、正確に把握しているという人はほとんどいないのではないだろうか。 そんな中、は、新型コロナウイルスを含む過去のパンデミックの死者数を可視化したインフォグラフィックを公開した。 パンデミックの歴史が一目瞭然 このインフォグラフィックでは、これまで人類を襲った20のパンデミックの歴史を概観できる。 球体の大きさで死者数を表しており、上部は時系列で、下部は死者数の多い順に並べてある。 パンデミック死者数の上位は下記のようになった。 1位 ペスト・黒死病(死者数2億人・1347年〜1351年) 2位 天然痘(死者数5600万人・1520年) 3位 スペインかぜ(死者数4000万人〜5000万人・1918年〜1919年) 4位 ペスト・東ローマ帝国での流行(死者数3000万人〜5000万人・541年〜542年) 5位 エイズ(死者数2500万人〜3500万人・1981年〜現在) 6位 ペスト・19世紀の中国とインドで流行(死者数1200万人・1855年) 7位 ペスト・ローマ帝国の疫病(死者数500万人・165年〜180年) 8位 ペスト・17世紀の大疫病(死者数300万人・1600年) 9位 アジアかぜ(死者数110万人・1957年〜1958年) 貿易の拡大によりパンデミックが増加 このインフォグラフィックの通り、人類は太古の昔からパンデミックに悩まされてきた。 その規模が劇的に増加したのは、農耕社会へ移行し、貿易が拡大してからだ。 マラリア、結核、ハンセン病、インフルエンザ、天然痘などが発生。 人類が文明化し都市化が進み、より貿易が加速すると、異なる集団や動物と接触も増加するようになる。 これに伴い、パンデミックが起こるようになった。 一方、近年はパンデミックによる死亡率が徐々に低下している。 医療の改善とパンデミックに対する理解は私たちを命から救っているようだ。 新型コロナウイルスによる死者数は現時点で1万人ほどであり、上記の過去のパンデミック20の内、下から数えて3番目に位置している。 このことに鑑みれば、新型コロナウィルスによるパンデミックは大したことがないように見えるかもしれない。 しかし、新型コロナウィルスによるパンデミックは現在も進行中であるため、今後順位がどんどん上がっていく可能性は否めない。 死者数がこれ以上増えてしまわないよう、一刻も早く収束することを願うばかりだ。

次の