格安sim 5gb。 【2020年最新】おすすめ格安SIM・格安スマホ比較ランキング!MVNOを選ぶポイントは?

格安SIMの月5GB~7GBプランを比較|おすすめのMVNOはどれ?

格安sim 5gb

1GBでできること サイト閲覧 1GBでスマホ版のYahoo! トップページが約3,200回開くことができます。 Yahoo! トップページは、データ量が多めのページなので、テキスト中心のサイトであればもっと多くのページ数を見ることができるでしょう。 逆に、画像が多めのサイトを開く場合はこれよりも少なくなります。 メール テキストのみであれば通信にほとんどデータ容量を使いません。 300文字以内のテキストメールであれば、月に約66,700回は送信あるいは受信ができます。 テキストメールだけで1GBに到達するのはスパム業者かストーカー以外難しいでしょう。 メールに画像を付けた場合は、画像の容量によって変動しますが、約1,000回の送信で1GBに到達します。 LINE LINEも画像を大量に送受信したり、長時間の通話をしたりしなければ、基本的にデータ容量を気にしなくてもよいです。 ただし、ビデオ通話は多く容量を使うので注意です。 具体的には、テキストのみであれば50万回の送信あるいは受信ができます。 スタンプのみを送り続けた場合は20万回くらいです。 したがって、トークのみで1GBを超えるのはかなり難しいでしょう。 おそらくブロックされてしまいます。 ただし、画像を送受信すると、画像のデータ容量だけ送受信できる回数が減ってしまいます。 3MBの画像の場合は340回くらいで1GBに達します。 LINEの無料通話の場合は、55時間30分で1GBに到達します。 1時間当たり18MBです。 毎日2時間通話すると、月末には1GBを超えてしまうので注意してください。 ビデオ通話の場合は、3時間15分で1GBに到達します。 長時間のビデオ通話はWi-Fiにつなげてするようにしましょう。 YouTube YouTubeに使うデータ容量は、動画の画質に左右されます。 144pの低画質であれば、約500分、360pの標準画質であれば約250分、720pのHD画質であれば約100分、1080pのフルHDであれば約50分で1GBに到達します。 高画質の動画を見たい方はWi-Fiにつないでいるときにみるか、Wi-Fiにつないでいるときにダウンロードしておくとよいでしょう。 Twitter Twitterはタイムラインに動画や画像がどれだけあるかによって閲覧に必要なデータ容量が変わります。 他の人のツイートを見ずに、ただテキストをつぶやき続けるだけなら、数万回はつぶやくことができます。 画像を含む場合は1000回くらいです。 他の人のツイートを見るときは、必要なデータ容量はどれだけの画像や動画を含むかで変わってきますし、動画の秒数によっても変わってきます。 動画を大量に再生するとかでなければ大した使用量ではないので、10分くらい使ってみてデータの使用量がどれくらいか確かめてみるとよいと思います。 また、データ使用量を抑えるために設定から動画の自動再生をオフにしておきましょう。 また、アプリではなくブラウザからにアクセスすれば、「Twitter Lite」という通信容量を減らしたTwitterを利用できます。 データセーブをオンにすると、画像や動画を自動的に表示されないようにでき、通信容量を削減できます。 いちいちブラウザを開くのが面倒な人はホーム画面に追加しましょう。 Googleマップ Googleマップは地域によって必要なデータ量が変わります。 建物密集地だとデータ使用量が多く、周りに田んぼしかないとデータ使用量が少なくなります。 目安は徒歩での経路案内として利用すると、だいたい800kmくらい、カーナビの代わりにするとだいたい1万kmくらいです。 ただし、ズームイン・ズームアウトをすると、そのたびに地図を読み込むので利用できる距離が少なくなります。 建物が密集している東京では、東京都を表示している状態から6回ズームインすると約3MB必要になります。 徒歩の場合は1MBで800m、カーナビの場合は1MBで10kmくらいのデータ容量です。 各サービスで1GBでどれくらい使えるのかまとめましたが、いかがでしたでしょうか。 LINEとちょっとした調べもの程度を利用するくらいでしたら1GBでも十分に使えますが、動画を見たい場合はどれだけ見るのか考えて、多めのデータ容量を契約しましょう。

次の

格安SIMランキング2020年1月 音声通話SIMでデータ容量5GBのおすすめMVNO

格安sim 5gb

おすすめの格安SIM・格安スマホのデータ通信プラン・料金のまとめ一覧比較表 格安SIMには、どの会社にも下記のような「データ専用SIM」と「音声通話SIM」の2つが存在します。 電話ができない分月々の携帯料金がとても安くなるのが特徴で、電話ができる音声通話SIMと比べて平均して1. 000円前後月額料金が安くなります。 モバイル — 1. しかし、 通信速度の速さやオプション内容など格安SIM・格安スマホ会社ごとに違ってきますので、一概にただ安ければお得!という訳ではありません。 次の項ではデータ通信のみで契約するならオススメの格安SIM・格安スマホ会社をご紹介していきます。 データ通信プランを比較した時におすすめの格安SIM・格安スマホはUQモバイル データ通信のみの利用で、格安SIM・格安スマホに乗り換えるならUQモバイルがおすすめです。 UQモバイルはCMや広告でも良く見かける有名な格安SIM会社です。 格安スマホを検討したことある方なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 UQモバイルは通信速度の速さに定評があり、格安スマホのデメリットである通信速度の不安定さ・遅さに悩まされる事がない格安スマホ会社です。 おすすめのプランは「データ無制限プラン」月額2. 138円です。 その名の通りデータが無制限に楽しめますので、スマホで動画や音楽やゲームを楽しみたい方も安心して使用することが出来ます。 更に 現在、通話SIMのお申し込みの方限定で最大6. 000円のキャッシュバックキャンペーンをおこなっていますので、お得に安く安定した通信速度で格安スマホを楽しみたい方は是非UQモバイルを検討してみてくださいね。 \最大10,000円キャッシュバック/ UQモバイルの評判・口コミ 続いて実際にUQモバイルを利用しているユーザーの口コミをご紹介させて頂きます。 回線の速さや安定さを重要視する方は是非UQモバイルを検討してみてください。 \最大10,000円キャッシュバック/ UQモバイルの評判・口コミを知りたいという方は、こちらを読んでみてください! おすすめの格安SIM・格安スマホの音声通話プラン・料金のまとめ一覧比較表 続いてデータ通信に加えて電話番号があり通話を楽しむこともできる音声通話プランの500MB、1GB、5GB、10GB、使い放題の料金を各社比較して表でまとめましたのでご覧下さい。 格安SIM会社名 500MB 1GB 5GB 10GB 使い放題 UQモバイル — — 1. モバイル — — 1. 880円 IIJmio — 1. そのため、 通話量の多い方ですと格安SIM・格安スマホに乗り換えたことによってかえって大手キャリアの携帯料金より月々の携帯料金が上がってしまうなんてこともありますので、注意が必要です。 次の項では、 通話料金を気にしなくても良い格安SIM・格安スマホ会社の中で数少ない「通話し放題プラン」のようなプランを用意しているオススメの格安SIM・格安スマホ会社をご紹介させて頂きます。 音声通話プランを比較した時におすすめの格安SIM・格安スマホはY! モバイル 音声通話プランで格安スマホ・格安SIMを検討されている方にはY! mobileがおすすめです。 モバイルはイーモバイルという携帯会社とWILLCOMとという携帯会社が合併してできた会社で、格安SIM会社では珍しい自社で回線をもつ通信会社です。 モバイルの 音声通話プランは3つのプランから選べるシンプルな料金形態で、その3つのプラン全てに10分以内の国内通話無料のオプションがついています。 他社のスマホや固定電話に対しても10分以内なら通話無料の為、今までの大手キャリアの時と同じように安心して通話を楽しみたい方にはY! モバイルがおすすめです。 10分以上時間を気にせずにもっと通話がしたい方には、 「スーパーだれとでも定額」というプランがおすすめです。 「スーパーだれとでも定額」は、いわゆる大手キャリアでいうところの「通話し放題プラン」です。 あなたが契約したY! その名の通り他社のスマホや固定電話だれと通話しても通話料金は無料です。 更に携帯会社が合併してできたという背景がある為、通信速度の速さにも定評がありますよ。 また 2回線目以降は1回線につき500円割引や家族割制度もありますので家族で乗り換えて更にお得に使用してみてくださいね。 \PayPay6,000円分プレゼント/ Y! モバイルの評判・口コミ それでは実際にY! モバイルを利用している方の口コミや評判をご覧ください。 ワイモバイルはソフトバンクの子会社でUQモバイルはauの子会社なので他の格安SIMと違って回線借りてるわけじゃないので同じ速度出るって店員さんが言ってました。 ワイモバイルに変えて10日ですがとりあえずLINEモバイルよりだいぶ早いです。 — まつけん matooooken ああ、、ワイモバイルが早い。。 今までどんだけ遅かったのよ。。 (しみじみ2回目 — いくえ ikueruca 自前の携帯を今後会社用携帯として使うのでYmobileに変えることに。 そしてそれを御年72歳の社長から教えてもらうという衝撃。 更に 基本料金プラン全てに10分以内通話し放題がついた料金形態は格安SIMに慣れていないユーザーから解りやすいと支持されています。 \PayPay6,000円分プレゼント/ Y! モバイルの評判・口コミを知りたいという方は、こちらを読んでみてください! 総合的にみてどこがいい?おすすめの格安SIM・格安スマホをランキング形式で比較 ここまでデータ通信のみプラン・音声通話プランそれぞれのオススメの格安SIM会社をご紹介していきました。 続いて、総合的にみて今一番オススメしたい格安SIM会社をご紹介したいと思います! 1位:UQモバイル【最もおすすめ】 総合的に見て、1番おすすめしたい格安SIM・格安スマホ会社は「UQモバイル」です! UQモバイルは、 格安SIMお客様満足度第一位・格安SIM総合満足度第一位を受賞する等、満足度の高い格安SIM会社として知られていますが、2019年10月から新料金プランになり契約期間の縛りがなくなりましたので更にユーザーにとってお得になりました。 データ容量に応じて金額が変わる解りやすい3つのプランがあり、音声通話プランは1. また、 他の格安SIM・スマホ会社では有料オプションである「デザリング機能」や「5分定額通話」が基本料金の中に含まれていますので基本料金が安い他社プランより結果的にお得に利用することが出来ます。 更に格安SIM会社では 数少ない実店舗のある会社ですのでお店に持っていけば、すぐにサポートを受けることができます。 電話でのサポートのみでは不安な格安SIM初心者の方も安心です。 2位:Y! モバイル 2番目におすすめしたい格安SIM会社はY! モバイルです。 モバイルは、 通信速度が速く通話無料のプランなど他の格安SIMにはないメリットが沢山あるのですが、UQモバイルと比べると料金が決して安いとは言えないので第二位です。 料金も回線速度も重視したい方は、UQモバイルで契約した方が良いでしょう。 しかし、 解りやすい料金プランや全国各地に実店舗があることから格安SIM初心者の方でも安心して大手キャリアと相違なく使用できるところがY! モバイルの最大の強みでしょう。 基本料金は安いとは言えませんが、 通話料がコミコミになっている為良く通話する方にもおすすめです。 更に、Yahooプレミアムの月額料が無料で利用できますので、ヤフーショッピングなどYahooの運営するコンテンツを頻繁に利用する方はお得でしょう。 良くも悪くも大手キャリアと格安SIMの中間に位置する格安SIM会社といったところでしょうか。 3位:BIGLOBEモバイル【動画・音楽聴き放題】 BIGLOBEモバイルでは 容量に応じて様々なプランが用意されていますので、あなたにピッタリの無駄のないプランを見つけることが出来ます。 BIGLOBEモバイルは、エンタメフリーオプションがありますので、YouTube等の動画や音楽を制限なく楽しみたいユーザーにおすすめです。 更にBIGLOBE会員の方には、 毎月月額料金から200円引きされますので現在BIGLOBE会員の方は検討されてみては如何でしょうか。 個人的に おすすめな点は格安SIM・格安スマホ会社の中では珍しい月々の支払方法がクレジットカードのみでなく口座振替にも対応している所です。 クレジットカードをお持ちでないユーザーも安心して申し込むことが出来ますよ。 そのため、選ぶ前に以下のことを決めておき、契約手順をスムーズにさせましょう。 もしも格安SIM・格安スマホで音声通話機能を利用するのであれば、基本的に 音声通話ができるSIMカードを選択&購入しなければなりません。 この音声機能付きSIMカードを購入することによって、 電話番号が使えるようになります。 しかし、 LINEやカカオ及びスカイプを中心に利用しているのであれば、わざわざ電話番号機能を付ける必要はないでしょう。 LINE等は、通信のためのデータ容量さえあればいいからです。 また、音声通話SIMカードは通常のSIMカードよりも少し月額料金が高くなる点も合わせて考えておきましょう。 データ容量をどれくらいにするか ネット通信に利用するデータ容量もしっかりと選んでおきましょう。 月々のデータ容量が多いほどネット利用の幅は広がります。 以下を参考にして、あなたが日ごろどのようにしてスマホを使っているかで選んでください。 データ容量数(目安) そのデータ容量数での使用スタイル ~3GB• あまりネットを使わない• 動画も見ない• ほぼ電話するだけ 3~6GB• ネットはそこそこ使う• たまに動画視聴する• テレビ電話もたまにする• 容量軽いゲームをしている 6GB~大容量• かなりネットを使う(SNS)• 動画視聴もするし有料動画サイトと契約中またはその予定• ゲームをする• スマホ大好き スマホをよく利用する方ほど、 データ容量数を大きくしておくのがおすすめです。 データ容量がなくなってしまうと翌月1日になるまで低速通信となり、通信速度が遅くなってしまいます。 スマホをセットで購入するか・今のスマホのままにするか 格安SIM・格安スマホでは、 新しいスマホを購入して利用もできますし、 今利用しているスマホをそのまま利用することの可能です。 今のスマホを利用すれば、月々の支払い料金を抑えることができます。 しかし、 現在利用しているスマホ会社にSIMロック解除をしてもらわなければなりません。 SIMロック解除とは、格安SIMカードで今のスマホが利用できるようにすることであり、たいてい現在利用しているスマホ会社に 3,000円ほどの事務手数料を支払う必要があります。 店舗に行かなければいけないため、時間もお金もかかります。 そんな面倒な点を考えると、格安SIMにするのと同時に 新規一転し新しいスマホをセットで購入するのがおすすめです。 格安スマホ会社によっては、SIMカードとスマホをセット購入することでキャンペーンが受けられることがあります。 格安SIM・格安スマホを選ぶ際に比較すべきポイント 格安SIM・格安スマホは様々な種類があるため、どのように選べばいいのか分からないという方が多いですよね。 それに失敗だけはしたくないものです。 これから格安SIM・格安スマホを選ぶ方は、 これからご紹介するポイントを比較してください。 あなたにピッタリの格安SIM・格安スマホが分かります。 通信速度が速いかどうか 格安SIM・格安スマホとはいっても、 各会社によって利用できるネットの通信速度は異なります。 とても速い速度をしている格安SIMもあれば、ストレスを感じてしまう方もいるくらい遅く感じる格安SIMもあるんです。 もしも、ストレスなくスマホやネットを利用したいのであれば、 上り速度の単位が「Mbps」であるものを選んでください。 それ以下になりますと、ネット利用する方であればストレスを感じる遅さです。 ユーザー満足度が高いかどうか 次に注目してほしいのは、すでに 利用している方たちのユーザー満足度が高いかどうかです。 その格安SIM・格安スマホに満足しているのであれば、もちろん評価が高くなりますよね。 格安SIM・格安スマホのユーザー満足度ランキングがありますので、そちらをチェックしてみましょう。 使い勝手やスマホの通信速度など、多くの方が感じた結果が出ています。 また、 ユーザー満足度1位を獲得したことのある格安SIM・格安スマホを利用するのがベストですね! キャンペーンがお得かどうか 格安SIM・格安スマホ各社ではそれぞれお得なキャンペーンを行っています。 購入した金額の一部がキャッシュバックされるものやオプション利用一部が無料になるキャンペーンなど、様々なものがあります。 あなたにとってお得に感じるキャンペーンを行っている格安SIM・格安スマホを選ぶのもいいでしょう。 しかし、各格安スマホ会社のキャンペーンのほとんどは 期間限定です。 そのため、気になるキャンペーンがあれば早めに申し込むことをおすすめします。 選びからを考えた上で一番おすすめはやはりUQモバイル これまでにお伝えしたポイントから考えて多くの方に共通して使い勝手が良いのは、 です。 UQモバイルは格安スマホの中では、 通信速度が安定しています。 さらに以下のランキングで ユーザー満足度1位を獲得しているんです。 総合満足度1位• データ通信速度1位• データ通信品質・安定性1位 総合満足度1位を獲得できるほどユーザーは文句なしということです。 また、 UQモバイルでは常にお得なキャンペーンを行なっています。 例えば…SIMカードとスマホ端末購入キャッシュバックなどです。 基本料金が安いだけではなく、通信環境も問題なし、さらにキャンペーンも充実しています。 また、この安さに加え 家族割や学割も適用できますから、 月々料金はもっと安くなるんです。 利用者のことをよく考えているからこそ安さ&通信安定を実現できるからこそ、 やはりUQモバイルがおすすめです。 目的別におすすめの格安SIM・格安スマホを比較 最後に今までご紹介してきた格安SIM会社も含め、目的別におすすめの格安SIM・格安スマホ会社をご紹介していきます。 データ通信速度が圧倒的!定番のUQモバイル データ通信速度を重視したい方にはUQモバイルがおすすめです! UQモバイルは 格安SIMアワードの通信速度部門や満足度調査で三冠を取るなど通信速度に定評のある格安SIM会社です。 通信速度が速いとうたっている格安SIM会社であっても回線が混雑するお昼時や夜22時以降の時間は、どうしてもロードに時間がかかったり、通信がサクサク進まないことがあります。 しかしUQモバイルは違います! UQモバイルはauのサブブランドとして他の格安SIM会社より優先して回線が割り当てられるため、大手キャリアと相違のない回線速度を実現させているのです。 大手キャリアの頃と同レベルの回線速度でスマホを楽しみたい方は是非UQモバイルを検討してみてください。 \最大10,000円キャッシュバック/ SNSをたくさん使いたい人はLINEモバイル SNSを楽しみたい方にはLINEモバイルがおすすめです。 LINEモバイルはその名の通り、通話無料アプリLINEを運営する会社の格安SIMです。 LINEモバイルの特徴としては以下のSNSアプリの通信量がカウントフリーになる点です。 LINE• Instagram• Twitter• フェイスブック SNSを頻繁に使うユーザーは、これらがカウントフリーになることで大幅の通信量の節約になりますので、データ容量の少ないプランに乗り換えることが可能です。 通信制限が万が一かかってしまった場合にも、 上記4つのアプリは制限がかかりませんので安心してSNSを楽しむことができますよ。 BIGLOBEモバイルではエンタメフリーオプションという基本料金に、プラス月額480円で加入できるサービスがあります。 このサービスは対象エンタメサービスの通信量がかからずフリーになるというサービスです。 対象エンタメサービスはコチラ。 YouTube• Google Play Music• Apple Music• AbemaTV• Spotify• AWA• radiko. Amazon Music• U-NEXT• YouTube Kids 通信量を気にせず、音楽や動画を楽しみたい方は是非BIGLOBEモバイルを検討してみてくださいね。 通話をたくさんしたい人はY! モバイル 通話をとにかく楽しみたい方にはY! モバイルがおすすめです。 格安SIM・格安スマホ会社のほとんどが 通話無料プランがなかったり、あったとしても専用アプリからの通話が必須となってしまいます。 そんな中Y! モバイルは大手キャリアと変わらない程度に通話が楽しめますよ。 最新のiPhoneを利用したい人はIIJmio 最新のiPhoneを利用したいユーザーには、IIJmioがおすすめです。 IIJmioは、iPhone・android製品をはじめとした400機種以上のスマホ・タブレットに対応している格安SIM・格安スマホ会社です。 最新の機種や最新のOSにも対応しており、 公式HPで対応機種の検証結果が掲載されていますので安心して乗り換えることが出来ます。 あなたのスマホが対応しているかどうかこちらで確認することができますので是非確認してみてくださいね。 更にデザリング機能が無料オプションで使い事もできますので、スマホの電波を使ってゲームやPCを楽しみたい方にもおすすめですよ。 \今だけ初期費用1円/ UQモバイル ・データ増量無料キャンペーン ・UQモバイル下取りキャンペーン ・最大6. 000円キャッシュバックキャンペーン Y! モバイル ・データ増量無料キャンペーン2 ・ワイモバ学割キャンペーン ・60歳以上ずーっと国内通話0円 BIGLOBEモバイル ・音声通話SIM(3GB)3か月間半額 ・エンタメフリーオプション最大6か月無料 ・対象のスマホとセットで最大10. 000円分進呈 楽天モバイル ・家族の回線とまとめてお得になるプラス割キャンペーン ・スーパーカケホだれでも1. 000円相当がお得 mineo ・機種変更または追加購入で2. 000円分ギフト券キャッシュバック ・端末安心保障サービス3か月間無料 IIJmio ・対象端末と音声SIMセットの申し込みでギフト券プレゼント ・初期費用1円 ・SIMカード追加手数料2. 000円が0円 LINEモバイル ・月額料金5か月間半額キャンペーン(音声通話SIMのみ) ・ウェブからのお申し込みでキャッシュバック 格安SIM会社の良し悪しをキャンペーン内容のみで判断することはできませんが、 総合的に見てデータ増量キャンペーン・キャッシュバックキャンペーンを行っているUQモバイルが1番おすすめと言って良いでしょう。 あなたのニーズにあったお得なキャンペーンを見つけてくださいね。 格安SIM・格安スマホのキャンペーンを知りたいという方は、こちらのページを読んでみてください! 最近楽天モバイルから発表された新プランの楽天アンリミットについて知りたいという方は、ぜひこちらのページを読んでみてください! 格安SIMに乗り換える方法をステップごとに解説.

次の

高速通信が1GB/月以下の安い格安SIMを比較

格安sim 5gb

国内スマホ利用者の月平均データ通信量は5. 7GBだそうです。 (2018年9月MM総研社調査データより) 調査会社のデータはたまにのぞいていますが、スマホ利用者のデータ通信量は年々増えてきていますね。 「ビデオレンタル離れ」や「パソコン離れ」もスマホのデータ通信量増加の1つの原因になっているんでしょうか。 というわけで、今回は月平均データ通信量5. 7GBに関連しまして、音声通話SIMでデータ容量5GBの月額料金ランキングをご紹介したいと思います。 ランキングは 各プランの月額料金で決めております。 利用回線 docomo b-mobileは便利な機能やお得なプランを提供せず、オプションも必要最低限に絞っています。 その分月額料金がかなりお安くなっています。 データ容量の料金体系は、事前に容量を決めて契約するのではなくて、その月に使ったデータ容量で月額料金が決まる 従量制です。 従量制とはいいましても、ご自分で データ容量の上限を決められまして、その上限を超えた場合には低速モード(200kbps)になります。 使いすぎて月額料金がとんでもないことに!、というのを防ぐことができるのです。 常に高速通信を使いたい方で、 月ごとのデータ使用量の差が激しく、 お得なプランや便利なオプションはいらないという方でしたらご検討される価値は大いにあります。 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはb-mobileの公式サイトをご覧いただければと思います。 利用回線 au データ容量が5GBピッタリのプランはありませんので、6GBのプランでランクインです。 mineoは大手キャリア3社(docomo、au、Softbank)全ての回線が利用可能なMVNOです。 利用者にとっては選択の幅が広いということは、現在お使いのスマホがそのまま利用可能かどうかに関わることですのでとても重要ですね。 mineoは3社の回線が選べるのですが、月額料金が微妙に異なっているんですよね。 auプランが一番安く、Softbankプランが一番高いです。 データ容量の種類は最小500MBから用意されていまして、データシェア向けのプランも豊富ですし、個人的に好きなMVNOです。 データ容量シェアプラン、バースト機能、通信速度切り替え機能なども完全装備です。 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはmineoの公式サイトをご覧いただければと思います。 利用回線 Softbank LINEモバイルはLINE株式会社が運営するMVNOです。 3大キャリア全ての回線が利用可能です。 ランクインした「コミュニケーションフリープラン」とは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信はデータ容量の対象外になるというありがたいプランです。 特定の通信をデータ容量の対象外にすることを「データフリー」とか「カウントフリー」などと表現しますが、LINEモバイルは「データフリー」が基本的に付いています。 とてもお得ですよ。 詳しくは本サイト「格安SIM道しるべ」内の解説記事、もしくはLINEモバイルの公式サイトをご覧いただければと思います。

次の