ココナッツ オイル うがい。 <医学博士が最新美容を解説>ココナッツオイルでクチュクチュ…オイルプリングのウソ :歯科医 飯田裕 [マイベストプロ茨城]

うがいにオリーブオイルを活用

ココナッツ オイル うがい

オイルプリングとは 今ではセレブやモデルさんなんかも取り入れている美容方法が「オイルプリング」。 実は、オイルプリングとはインドの自然療法で、アーユルヴェーダという健康法の一つなんです。 インドではゴマ油で行うのが主流のようですが、ヴァージンココナッツオイルでうがいをすることで、とんでもない効果があるというのです。 その細菌達は、歯周病や虫歯等の原因となるものです。 もう少し突っ込んで言いますと、誤嚥性肺炎・敗血症・細菌性心内膜炎・心筋炎・動脈硬化・・・・等にも関わっているんですね。 甘く見ているとヤバイんです。 オイルプリングでは、そんな細菌達を吸着し吐き出すことができるといいます。 更に、口臭にも効果的です。 口臭の原因は増殖した細菌です。 細菌を吐き出す事で口臭も防いでくれます。 毎日オイルプリングをすることで歯が白くなっていくと言います。 ある女性の話によると、コーヒーを飲む時にココナッツオイルを入れて飲んでいたら、カップに付いていた茶渋が綺麗になったなんて話もあります。 本当かどうか、これならすぐに試せそうですね。 ほうれい線だけでなく、顔全体が引き締められ小顔効果も期待できると言われています。 更に、オイルプリングをすることで血行が良くなり肌のツヤやハリを良くします。 ポイントは、うがいをする時に歯の表や裏を舌を沿わせて、くるくる回すと効果的なようです。 顎が鍛えられている事が、すぐに分かると思います。 慢性疲労• 糖尿病• アレルギー• クローン病• 月経前症候群• にきび• 皮膚炎• 関節炎• 気管支炎• 副鼻腔炎高血圧• 不眠症• 片頭痛• 消化性潰瘍• 大腸炎• 風邪予防 オイルでうがいをするだけで、こんなにも効果が期待できるなんて 想像もしていませんでした。 では実際どうやってすればいいのでしょう? スポンサーリンク オイルプリングの正しいやり方 私たちが普段行っているうがいとは、少し違っています。 正しい方法を知って効果的にうがいをしましょう。 始める前に水を飲む これは、唾液をよく出すために行います。 唾液がでないと、お口の中の水分量が足りなくて、うまくうがいができません。 ココナッツオイルを口に含む 大さじ1杯のオイルを口に含みます。 初めは、トロッとしたオイルの食感があります。 ですが、次第にサラサラになってうがいしやすくなります。 最初、抵抗がある方は量を少し減らしてください。 お口の中でオイルを巡らせる お口の中でゆっくりとオイルを動かして全体になじませてゆきます。 歯と歯の間に入れたりして舌を動かしていきます。 簡単に言うとマウスウォッシュのようにすればいいのです。 理想は約15~20分間行います。 ですが、これが結構辛いんです。 苦しくなったら一旦吐き出して、再度やり直してください。 この間、テレビを見たり本を読んだりリラックスして行います。 オイルは飲み込まないように注意しましょう。 飲んだところで死にはしませんが、なんせ細菌がわんさかいますので。 オイルを吐き出す うがいが済んだらオイルを捨ててください。 ですが、排水口に捨てると詰まりの原因にもなりますので、できるだけゴミ箱等に捨ててください。 お口をすすぎましょう。 塩水ですすぐとスッキリしますよ。 毒素も綺麗に排出されます。 以上、やり方はいたって簡単です。 最初は20分もクチュクチュするのは意外と大変。 なれるまで時間がかかります。 ですが、真面目に行うことで表情筋のトレーニングになることは実感できると思いますので、小顔になりたい人には頑張って続けることをオススメ致します。 オイルプリングの後に歯磨きをすると更に効果が期待できます! オイルプリングの効果的なタイミング オイルプリングを効果的に行うには、起床後すぐ、就寝前、食事前になります。 特に朝おきてすぐ行うのが最も効果的と言われています。 朝起きてすぐ行うことはそんな細菌達を排出するチャンスなんですよ。 是非、習慣づけたいですね。 実際にオイルプリングを試してみた 最初はオイルを口に入れることを躊躇しますが、ココナッツオイルは以外にサラッとしていて香りもいいので思っていた程の違和感はありませんでした。 ですが、やはり20分間は結構長い。 けれども、この先に小顔効果やホワイトニング効果が期待できると考えれば、できない努力じゃないと思います。 うがい後、オイルを吐き出すとお口がサッパリします。 そして、顔の筋肉が疲れていることが実感できます。 デトックスやその他の効果はまだ実感できていませんが、小顔の効果はありそうです。 気になるココナッツオイルの効果、効能は で詳しく解説しています。 けいこさん。 はじめまして!トレンド情報ステーション管理人のマニーと申します。 けいこさんがおっしゃるように、確かにうがいの前に水を飲むことは細菌がうじょうじょしているという事で疑問点ではありますよね。 オイルプリングの前に水を飲む理由は、あくまでも唾液を出しやすくする為なんです。 ですが、お年を召した方などや元々唾液が少ない方もいるようなので、オイルプリングをする前には軽く水を飲んだほうが良いと言うのが一般的な考えなんです。 オイルプリングをする上で、特に問題がないようなら必ず飲む必要はありません。 個人的な意見ですが水を口に含みクチュクチュうがいをした水を飲むことは問題ですが、少し飲むくらいは全く問題ないと思いますし、私はいつも一口水を飲んでいますよ。 けいこさんの参考になれば幸いです。 貴重なご意見ありがとうございました。 またトレンド情報ステーションに遊びにきてくだいね。

次の

何この歯の白さ?!ココナッツオイルの使い方、うがいはスゴいよ!

ココナッツ オイル うがい

オイルプリングとは 植物性のオイルでオーラルケアをすることを「オイルプリング」といいます。 オイルを口に含んでうがいをするのですが、口の中をオイルで掃除する、といった感じでしょうか。 日本では、海外セレブが行っている美容方法として多数のメディアで取り上げられました。 オイルプリングは、元々は インドの古来から伝わる美容・健康方法のアーユルヴェーダで行われていた、「ガンドゥーシャ」というものを参考にした方法。 オイルプリングの効果 オイルプリングが注目されたのは、期待できる効果が豊富にあるからだと思います。 主に紹介されている期待できる効果は以下の通りです。 歯周病、歯肉炎、虫歯治療など歯の疾患予防• 歯のホワイトニング• 顔の筋肉を動かして、ほうれい線やしわを予防• 脳の活性化• のどや口内の乾燥を予防• 抜け毛、白髪の予防• 免疫力を上げてを予防 特に 歯に関するトラブルを予防する、と言われています。 歯周病や歯肉炎などは、口の中の菌が原因となることが多いため、オイルプリングで口内の菌を除去して防ぐ、という理論になるのでしょう。 医学的根拠では、虫歯菌が口内に存在しているメカニズムから、オイルプリングによる虫歯菌除去の効果を否定しています。 歯科医師の方によると、虫歯菌は歯の表面に付着しているものではなく、細菌同士で集まった水垢(みずあか)のような状態になって存在しているそうです。 その状態は、バスタブに付く水垢に例えられるほど落ちにくいもの。 結果、うがいだけで取り除くのは難しいそうなのです。 歯医者に行かずにオイルプリングだけで虫歯が治る、という効果は期待できないのかもしれませんが、オイルプリングによって、歯についた汚れが落ちやすくなるので、まだできていない虫歯や歯肉炎の予防にはなるのではないか、と思います。 歯のホワイトニングに関しても同じ意見が多く、既に歯が黄ばんでしまっている人の場合は、専門医によるホワイトニング施術を受けたほうが良いとのことです。 オイルプリングによる歯への効果に関しては、過信してはいけないということですね。 参考: オイルプリングの好転反応 オイルプリングを始めて、しばらく経つと体の不調を感じることがあります。 これが好転反応です。 好転反応は、体が良い方向へ向かう途中に一時的に起こるもの。 オイルプリング以外でも様々なダイエット・美容方法で見られる現象の一つと言われています。 オイルプリングの好転反応として、よく挙げられているのは、以下の症状です。 吐き気• 眠気やだるさ• 肌荒れ• 歯の詰め物がゆるくなる• 口内炎 このような症状は、元々体の中で不調気味だった部分で起こることが多いそう。 症状が治まる期間は人それぞれですが、 好転反応が起こっているのかも、と自覚して少しの間だけ様子見をする必要があります。 歯の詰め物がゆるくなる、という症状はオイルプリングによって歯茎がキュッと引き締まることが関係しているようです。 実際、オイルプリングを続けた方で、歯医者さんに「歯茎が引き締まってきた」とほめられたという話もあります。 好転反応が起こる期間は人それぞれで、いつまで続くかハッキリ明確な期間は不明です。 もし、あなたがオイルプリングを始めて、好転反応の症状を強烈に感じて我慢できないほどつらい、いつまでも良くならないという場合は、オイルが体に合わない可能性があるので、すぐに中止しましょう。 特に、うつっぽい気分が続くというときは無理に続けないようにしてください。 オイルプリングのやり方と歯磨き オイルプリングを行うのは 朝の起床後がベストだと言われています。 起床後の口内にはたくさんの細菌が発生しています。 細菌や汚れを除去するために、オイルプリングで口内をクレンジングするということです。 インドのアーユルヴェーダでは、朝の起床時には体内の毒素や老廃物が口内に移動する、と考えられているそう。 しかし、初めての方はまず自分がやりやすい時間帯に行ってみて、オイルプリングを実際に体験してみることが大切だと思います。 ステップ1. 水を飲んで唾液の分泌をスムーズにする 唾液は口の中の細菌を除去するサポート役。 起床後は口の中が乾燥していることが多いので、水を飲んで唾液を出しやすくしましょう。 しかし、起床後の口の中は菌だらけなので、 水を飲む前に軽くうがいをしてください。 ステップ2. オイルを口に含む ココナッツオイルを大さじ1、または小さじ2~3取り出して口に含みましょう。 ココナッツオイルは固形でも口の中の温度ですぐになめらかに溶けます。 初心者の方は、少ない量から始めてみてください。 ステップ3. オイルでマウスウォッシュ! オイルを口の中でくちゅくちゅと動かします。 口の周りの筋肉を動かすようにする、舌で歯茎をなぞるようにすると、ほうれい線予防に効果的です。 合計15分~20分間行いますが、それは最終目標。 慣れない間は5分程度と少ない時間でもOKだそうです。 注意することは、 オイルを飲み込まないこと。 オイルには口の中の細菌が付着しているからです。 また、口を動かして苦しくない量のオイルで行いましょう。 ステップ4. オイルを吐き出す オイルプリングが終わったら、口の中のオイルを紙かビニール袋に吐き出して捨てます。 排水溝に捨てると詰まりの原因になる可能性があるので注意! 水で軽くうがいをしたら完了です。 一日に最低一回は行いましょう。 歯磨きはいつやる? 歯磨きは オイルプリング後に行いましょう。 オイルによって歯の汚れが浮き出て落ちやすくなっているため、歯磨きで汚れをしっかり落とせます。 オイルプリングをやったから、歯磨きは適当でOKというわけではありません。 いつも通り丁寧に行いましょう。 オイルの種類 ごま油 ごま油を使ったオイルプリングは、インド方式です。 ごま油は普段私たちが調理に使っている茶色のごま油の他に、白いごま油があります。 オイルプリングに使用するのは、白いごま油です。 さらに、オイルプリングを行うために加熱処理をする必要があります。 加熱処理をすることで、ごま油に含まれる抗酸化物質(アンチエイジングに効果的と言われている物質ですね)の一つ、セサモリンがセサモールという物質に変化・増量すると言われているのです。 成分だけではなく、加熱することでオイルがサラッとなめらかになるので、使いやすさもアップします。 ごま油の加熱処理のやり方 ごま油を鍋に入れて、温度計を確認してかき混ぜながら温めてください。 温度が100度になったら火を止めて、冷ましたらボトルに詰め替えて使います。 熱々のまま使用するのはNG!火傷に注意して作業してくださいね。 オリーブオイル オリーブオイルでオイルプリングをする場合は、ごま油のように加熱処理をする必要がありません。 また、年中液体のまま保存できるので、口に含みやすく、比較的使いやすいオイルだと思います。 オリーブオイルにはピュアオリーブオイルとヴァージンオイルの2種類がありますが、使用するのはヴァージンオイルの方です。 精製されていないため、オリーブオイル本来の成分がそのまま残っています。 他のオイルに比べてトロッとしているので、喉の乾燥にも効果的のようです。 乾燥する時期に使用してみるといいかもしれません。 ココナッツオイル 現在アメリカや日本でオイルプリングというと、ココナッツオイルを使用する方法がメジャーになっています。 それはココナッツオイルに含まれる栄養成分が豊富なことと、口にしやすい風味の良さが理由だと思います。 ココナッツオイルには、ラウリン酸という脂肪の成分が豊富に含まれているのですが、このラウリン酸には強い抗菌作用があると言われています。 そのため、ココナッツオイルを口に含んでうがいをすると、口の中の細菌を除去する効果が他のオイルに比べてアップすると考えられる、ということです。 ひまし油 ひまし油とは、トウゴマの種から抽出されたオイルで、英語ではキャスターオイルと呼ばれています。 日本では、マッサージオイルとして使われることが多いそうで、一般的にはあまり知られていないオイルかもしれません。 効果は、腰痛、便秘、肌トラブルの改善、歯肉炎など、様々な効果が挙げられています。 実際、ひまし油でオイルプリングを行っている方もいるようですが、他のオイルと比較するとひまし油によるオイルプリングは一般的ではない様子。 情報が少ないため、初心者の方は、まずは他のオイルでトライした方がいいかもしれません。 使ったオイルは、エキストラヴァージンココナッツオイル。 朝、起床後に水でうがいをしたあと、ココナッツオイル小さじ2を使用。 口の中でオイルをくちゅくちゅしながら、ニュースをチェックしたり、朝の掃除、お弁当の準備をしていました。 5日間しか行っていないので、大きな効果はまだ感じていません。 ですが、オイルプリングを行うようになってから、 口臭が少なくなったように感じます。 ココナッツオイルは、オイルプリングに使われるオイルの中でも特に抗菌作用が高い、と言われているからでしょうか。 続けることでほうれい線予防になりそうです。 使用感は、ココナッツのさわやかな風味で口にしやすく、うがい後もスッキリと感じました。 今の季節はココナッツオイルは固形なので、比較的扱いにくいかな?と思ったのですが、口に入れて数秒で溶けるので楽チン。 オリーブオイルでも一度行ってみたのですが、個人的にそのまま口にするにはクセがあるかな、と思いました。 今のところ好転反応は出ていません。 ひとつ、困ったなと思ったのは、オイルプリング中のくしゃみ。 オイルプリング初日に、うがい中にくしゃみを出してしまって、口の中のオイルがそのまま飛び出てしまうというトラブルが起こってしまいました・・・。 滅多に起こることではないと思いますが、万が一くしゃみが出そうになったらお気をつけください。 これからもしばらく、ココナッツオイルでオイルプリングを続けたいと思います。 まとめ 今回は、オイルプリングの効果からやり方まで解説いたしましたが、いかがでしたか? オイルプリングは無添加でできるマウスウォッシュなので、オーガニック美容にこだわる方にはピッタリのオーラルケアだと思います。 虫歯など、歯のトラブルに対する効果をはじめ、オイルプリングの効果は現時点では賛否両論があります。 しかし、今後オイルプリングの研究が進むことでいくつかの効果が実証されるかもしれません。 民間療法の一つと考えると良いでしょう。 使うオイルは、ココナッツオイル・ごま油・オリーブオイルと色々な種類がありますが、まずは口にしやすいココナッツオイルで始めるのがオススメです。 私自身はまだ好転反応を感じていませんが、もしあなたが好転反応を感じて辛い、我慢できないと思ったら使用を控えてくださいね。 お手軽美容・健康法のオイルプリング、まずは一週間と短い期間だけでもお試しください! オイルプリングに興味がある人は、 世界中のセレブも愛用しているホワイトニング化粧品がおすすめです。

次の

ココナッツオイルのうがいは虫歯やホワイトニング、口臭に効果あり?

ココナッツ オイル うがい

みなさんは、ヴァージンココナッツオイルで口臭予防やホワイトニングができることを知っていましたか? 海外のセレブやモデルさんたちもこぞって続けているのが、このヴァージンココナッツオイルを使った"オイルプリング"です。 オイルプリングとはオイルでうがいをする健康法のことで、オイルプリングによってさまざまな健康効果が期待されています。 聞きなれない言葉なので、ちょっと難しそう・・・と思ってしまうかもしれませんが、もともとはアーユルヴェーダの1つの健康法だったそうです。 アーユルヴェーダとは、インドの伝統的医学、自然療法、または生命科学などと呼ばれていて、このオイルプリングは芸能人の間でもとっても人気のココナッツオイルの活用法ですが、オイルプリングにはどんな効果があるんでしょうか。 もともと、どんなに健康な人であろうと、人間の口の中には何十億という数の細菌がいます。 人間の口は、身体の健康を反映するとも言われていて、これらの細菌は生きた細菌で、バクテリアやウイルスなどで口内はいっぱい!ということですね。 それらの細菌は、これといって特に人に悪影響を及ぼすわけではありませんが、例えば日頃からファストフードの食事などの高カロリーや糖が多いものばかりを食べていると、この口内の細菌は増殖してしまうんです。 細菌が増殖しすぎると、例えば虫歯、口臭、歯肉炎(歯周病)になりやすくなったり、その他ぜんそくや 糖尿病、偏頭痛、関節炎など、さまざまな病気をも招きかねません。 口の中をココナッツオイルでうがい(オイルプリング)することによって、ヴァージンココナッツオイルが解毒作用を発揮し、口の粘膜から毒素を出す効果があるということです。 ヴァージンココナッツオイルで、口内の細胞を最小限にまで排除し、口臭や歯周病などさまざまな病気を予防することができます。 またオイルプリングをすることで、口の周りの筋肉をかなり使うためほうれい線の予防効果や、血行促進、歯のホワイトニング効果が期待できます。 うがいなら、水でもいいのでは?と思えてしまいますよね。 細胞は、脂肪に近い液体で覆われていて、水でうがいをしただけではそれらの脂肪とは混ざり合うことができないため、 毒素の排出が出来ません。 そのため、水でうがいをしても上記のような効果は得られません。 ヴァージンココナッツオイルでオイルプリング!効果的なやり方 ヴァージンココナッツオイルを使ったオイルプリングの、効果的なやり方を紹介します。 (1)まず、ヴァージンココナッツオイルを大さじ1杯前後、口に含みます。 (2)口の中にゆっくり浸透させます。 (3)マウスウォッシュのように、15分から20分間の間ぐちゅぐちゅとうがいをします。 間違って飲み込まないように注意しましょう。 15分もうがいするのは初めは辛いかもしれないので、慣れるまでは5分とかで途中で出してもいいですが、その時はやり直しましょう。 リラックスしながらやりましょう。 (4)最後は飲み込まずに吐き出します。 排水口ではなく、ゴミ袋などに吐き出すようにしましょう。 排水口に吐き出してしまうと、冬はオイルが固まって、詰まってしまう可能性があります。 (5)ぬるま湯または塩水で、うがいをしたら終わりです。 最後にこれをすることで、口内に残った毒素も綺麗に流せます。 オイルプリングした時のオイルは、絶対に飲み込まないようにしてください。 うがいをすることで老廃物がたくさん含まれているため、せっかく出した老廃物を飲み込んでしまっては、 オイルプリングの意味がありません。 オイルプリングをやったことがない人は、思ったよりも頬の筋肉を使うため、最初はとっても疲れてしまうかもしれません。 しかし、オイルプリングは力いっぱいぐちゅぐちゅとうがいすればいいというものではありません。 あくまでもリラックスして行うことが大前提なので、力いっぱいすすぐ必要はありません。 大切なのは口内のあらゆる箇所、すみずみまでにオイルが行き渡るようにすることであって、そこは間違えないようにしましょう。 イメージとしては、オイルを口の中のいろんな場所に動かすような感じです。 オイルプリングは、いつ行うのがベスト? 一番にお勧めしたいのが、 "朝1番に行うこと"。 朝寝起きの状態は、胃の中が空腹ですし、なんと言っても朝寝起きの時の口内は、便10g分くらいのレベルの細菌がいるため、オイルプリングでデトックスするにはもってこいなんです。 朝って何かと忙しい時間帯ですが、オイルプリングは何かをしながらの"ながら美容"ができるので、オイルプリングをしながら家事をしたり洗濯物をしたりと時間も有効に使えます。

次の