足 が つる カリウム。 透析中に足がつるのはなぜ?予防法とは?

足がつるのを予防するならバナナを食べるべし

足 が つる カリウム

足がつる、いわゆる「こむら返り」の経験は誰にでもあると思います。 運動時だけでなく、就寝中に突然、足がつった驚きと痛みで目が覚めることもありますが、おさまるのをひたすら待つくらいしか出来ないのが辛いですよね。 一般的に、急に体を動かしときに起こりやすい症状ですが、栄養不足や水分不足、冷え、熱中症、急激な寒暖差が原因で起きることがあります。 たまに発生するくらいならそこまで気になりませんが、足を酷使させたわけでもないのに、生活に支障をきたすほど頻繁に起きる場合、筋肉疲労以外にどんな原因が考えられるのでしょうか。 なぜ足がつるのか? 足がつるのは筋肉痙攣の一種です。 筋肉やその周りの筋や腱が許容範囲より伸びてしまうことで起きると考えられています。 筋肉疲労以外で足がつる原因として多いのが、たくさん汗をかいて、多くのミネラルが体外に流れてしまっている場合です。 実は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、筋肉の動きと深く関係しています。 体内のミネラルが不足すると、神経から筋肉の伸縮を命令する信号が乱れて制御がうまくできなくなります。 そのため足の筋肉は硬直しやすくなり、痙攣を起こしやすくなるのです。 私たちが1日に必要とするミネラルはどれも少量ですが、運動、食生活の偏り、発汗、脱水症状などちょっとしたことでも、ミネラルバランスには乱れが生じます。 足を酷使させたわけでもないのに頻繁につる場合、ミネラルバランスの乱れが関係している可能性があるので、食生活の見直しや水分補給でバランスを整えてあげることも効果的な予防法の一つです。 足がつるのを予防する、ミネラル豊富なおすすめ食材 栄養面からのミネラルバランスの乱れには、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどの過不足が考えられます。 どれも筋肉の収縮や神経の伝達機能に関連する大切な栄養素なので、日頃から意識して乳製品や野菜類、豆類、魚介類を摂るなどで、栄養バランスのいい食事で補うことが大切です。 カルシウムは、牛乳やチーズなどの乳製品、小魚や干しエビ、牡蠣などの魚介類に豊富に含まれています。 マグネシウムは、大豆や納豆などの豆類、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれます。 一般的に、カルシウムとマグネシウムの摂取量の目安は2:1のバランスが良いとされていますので、バランスを意識して偏らないようにしましょう。 カリウムもミネラルの一種で、神経や筋肉の伝導に関与しています。 野菜類や豆類、果物に多く含まれますが、水溶性のためや加熱や調理法によって含有量が減少しやすい特徴があります。 運動時のカリウム補給にはバナナやトマト・ミカンが食べやすいのでおすすめです。 スポーツドリンクでも手軽に摂れますが、糖分も多く含まれるため、糖質の代謝に必要なビタミンB1と一緒に摂るようにするのがいいでしょう。 体の水分量調節の働きをするナトリウムは、筋肉などの情報伝達にも関わっており、身体をキビキビと動かすのに欠かせない栄養素です。 塩分とは違いますが食品に置き換えるとほぼ同義となり、他のミネラルと違って、不足よりも摂り過ぎが懸念される栄養素です。 なので「塩分カット」の表記があるものを選んで、摂りすぎないことを意識した方がいいでしょう。 汗をかきやすいのは何も運動中や活動している時だけではありません。 睡眠中にもコップ1~2杯程度の汗をかくためミネラルは流出します。 就寝中に突然、足がつってしまう場合、水分不足により体内のミネラルバランスが乱れが影響している可能性もあります。 また、気温が高くなる夏は汗をかきやすく脱水症状を起こしやすいので注意しましょう。 ミネラルバランスを整えて効果的な予防を 足を酷使したり筋肉疲労以外でも頻繁に足がつる場合、食生活の見直しやこまめな水分補給により体内のミネラルバランスが整うことで、症状の改善が期待できる場合があります。 さらに、足を冷やさないように温めたり、運動後のストレッチやマッサージも合わせて行えば、予防により効果的です。 一過性のものであれば必要以上に不安になることはありませんが、「足がつる」のは糖尿病や脳梗塞など思いもよらない病気を知らせるシグナルとして起こる場合もあるので、気になる場合は、医療機関へ受診もおすすめします。

次の

就寝中に足がつる!ふくろはぎに何が!?足りない栄養は?管理栄養士が考えた|管理栄養士しばづけの徒然なるままに

足 が つる カリウム

人生において「 足のつり」を体験したことがないと言う人は、ほとんどいないでしょう。 長時間に渡って痛みを感じることは少ないとは言え、できれば足のつりなんて経験したいとは思わないはずです。 そんな足のつりを、透析治療において経験する頻度が高いとしたらどう思いますか?命に関わる可能性は極めて少ないとは言え、不快な症状が頻繁に起こるとしたら、その予防策を前もって理解して実践したくなるでしょう。 そのためにも、なぜ 透析治療中に足がつりやすいのかを理解する必要があります。 そこで、透析中に足がつる原因と、でき得る予防策について解説します。 これから透析治療を開始する予定の人や、既に透析により足のつりを経験している人は是非とも参考にしてください。 コンテンツ• 「足がつる」とは、どういうこと? 人工透析による足のつりについて説明する前に、そもそも「足がつる」とはどういった事態なのかについて簡単に説明しておきます。 足のつりは別名「 こむら返り」とも呼ばれており、ふくらはぎに激しい痛みが発生します。 医学的に言うと「有痛性筋痙攣」や「腓腹筋痙攣」、「筋クランプ」と言う症状であり、スポーツの最中や寝ているときに症状が発生するケースが多く見られます。 こむら返りは、 攣縮(れんしゅく、痙攣性の収縮)を示す有痛性の症状です。 足がつると筋は固く収縮しており、局所の筋が硬く膨隆しています。 激しい運動の後や睡眠中に多く見られる症状であり、特に睡眠中は目が覚めてしまうほどの激痛を伴うことが多いです。 完全に目が覚めなくても足がつったときに十分な対処ができないため、寝不足や起床時の筋肉痛といった悪影響を及ぼすことが多いです。 透析中に足がつる原因 透析中に足がつることはよく見られる症状ではあるのですが、 詳細な原因については未だ解明しているわけではありません。 しかし、主に以下の要因が透析中の足のつりの原因であると考えられています。 血圧の低下 透析により足がつる原因として第一に考えられるのは「 血圧の低下」です。 人工透析では尿により排出できなくなった身体の余分な水分を人工的に取り除きます。 標準的な透析は1回あたり4時間で完了しますので、言い換えればわずか4時間の間に大量の水分を取り除くことになります。 循環する血液量が減少することにより血圧が低下し、筋肉への血流も悪化します。 透析中に足がつる原因として、この血液量の減少が筋肉の痙攣を誘発しているものと考えられています。 血圧が大きく変動していない場合でも、累計の除水量が増加するにつれて血流量が減少することが原因として考えられます。 ドライウェイトの設定が間違っている 第二に考えられる原因は、ドライウェイトの設定が間違っていることです。 ドライウェイトとは透析において除水量の基準となる重さであり、透析時の体重との乖離によって除水量も変動します。 ドライウェイトには適正な設定体重が存在します。 仮にその設定重量が適正なドライウェイトよりも低い重量であった場合、透析による除水量も多くなります。 除水量が適正でないドライウェイトを放置していれば、血流量が急激に低下して足のつりを起こしやすくなってしまいます。 透析間に体重が大きく増加している ドライウェイトが適正な数値に近いとしても、透析と透析の間に体重が急激に増加してしまえば足のつりを起こしやすくなります。 前述の通り透析時の除水量の基準はドライウェイトであり、仮にこの数値を固定する場合は透析開始時の体重の大小によって除水量も変動します。 透析を完了してから次の透析のタイミングまでに体重が急激に増加した場合、同じドライウェイトでは除水量が増加した体重の分だけ多くなります。 血流量が急激に減少して低血圧を起こしたり、場合によっては脱水症状を引き起こす可能性も考えられます。 カルニチンの不足 透析患者さんの足のつりの原因の一つとして「カルニチン」という栄養が不足していることが考えられます。 カルニチンは筋肉のエネルギー源である脂肪酸を燃焼する際に重要な役割を担っている栄養であり、主に腎臓と肝臓において合成されています。 そんなカルニチンが体内で不足してしまうと、筋細胞におけるエネルギー代謝が障害を受けてしまいます。 結果、エネルギーが十分に作られず、有害な物質が体内に増加してしまいます。 これが、カルニチン不足による足のつりの原因であるとされています。 通常、体内のカルニチンは約25%が体内で合成されていますが、残りの約75%は食物から摂取することになります。 カルニチンは肉類(特に肉の赤身)に多く含まれており、野菜類にはあまり含まれていません。 透析患者さんは肉類の摂取制限を余儀なくなれているため、カルニチンが不足しがちです。 その他の原因 透析中に足がつる原因として、上記で挙げた以外にも以下のような原因が考えられます。 低ナトリウム血症• 低カルシウム血症• 低マグネシウム血症• 透析液のナトリウム濃度の問題• 血清カルシウムの低下• 低カリウム血症 透析中に足がつらないための対処法 透析間の体重増加を避ける 透析日と透析日の間で体重が大きく増加すると透析時の除水量が増加します。 急激な血流量の低下は低血圧を引き起こし、足がつる可能性を高めることになります。 理想としては、透 析間の体重増加をドライウェイトの5%以内に留めてください。 ドライウェイトの設定を見直す 患者さんによっては、ドライウェイトが適正な設定になっていない可能性も考えられます。 低く設定しすぎている場合、それだけ透析中の除水量も増加します。 担当医と相談して、ドライウェイトを現状に見合った数値に見直してください。 L-カルニチンによるカルニチンの補給 体内のカルニチンの不足が、足がつりやすくなる原因の一つであると説明しました。 しかし腎機能が低下し、食事制限により肉類の摂取が不十分になる透析患者さんは、通常の方法ではカルニチンを十分量確保することが極めて難しいと言わざるを得ません。 そこで「L-カルニチン」によって、不足しているカルニチンを補うという方法があります。 漢方薬「芍薬甘草湯」の処方 人工透析による足のつりに対しては「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」が処方されることがあります。 漢方薬の一種であり、筋肉の急激な緊張を緩めて痛みを和らげる効果が期待できます。 また、筋肉の痙攣に伴う腰痛や腹痛などにも効き目があります。 透析前に内服して予防する方法だけでなく、足がつったときの対症療法としても有効であるとされています。 透析以外にも足のつりを起こす病気に注意 今回、透析治療を受けていることで足がつりやすい原因とその対処法について説明しています。 しかし、足がつりやすいのは人工透析だけが原因ではありません。 もし、透析中や透析を受けた日の夜以外にも足がつりやすい場合、何らかの病気を患っている可能性が否定できません。 足がつりやすくなる病気• 脳梗塞• アジソン病• 血管炎• 閉塞性動脈硬化症• 下肢静脈瘤• 肝硬変• 糖尿病• 甲状腺機能低下症• 副甲状腺機能低下症• 関節炎• 脊柱管狭窄症• 椎間板ヘルニア• 筋ジストロフィー症• 熱中症• 脱水症状• 薬(抗がん剤や降圧剤など)の副作用 透析で足がつる人は対処を 透析中に足がつると恥ずかしくて相談せず我慢する人も珍しくありません。 しかし有効な対処法が存在している以上、スタッフに相談して予防と対処に努めることが望まれます。 患者さんによって有効な対処法は異なります。 また、人工透析が原因ではない足のつりである可能性も否定できません。 まずは担当医やスタッフに相談して、少しでも快適な透析の時間を確保してください。

次の

足がつるときはカリウム不足?

足 が つる カリウム

また、ジョギングなどをしているとき、プールや海で泳いでいるときに突然、足がつってしまい危ない目にあったことはないでしょうか。 スポンサードリンク 一般に 足のふくろはぎがつってしまうことを「こむら返り」といいます。 「こむら」とは「ふくろはぎ」と呼んでいます。 この 足がつる痛みは、日本人の約60%が経験していると言われています。 図:www. calcium-ion. com 足がつってしまい、早く激痛を和らげたいと思い、皆さんはどう対処しているのでしょうか。 足がつってしまったときの対処法として、つっている筋肉をゆっくり伸ばすようにします。 図:north-wisdom. com 「ふくろはぎ」がつってしまった場合、足の親指を持って手前にゆっくり引き寄せれば、ふくろはぎが伸びます。 また、 痛みのあるふくろはぎを揉んで、痛みを緩和させていけば、痛みは和らいでいきます。 写真:kirei-torisetsu. com 足の裏を立たせるようにして、屈伸するのも良い手かも知れません。 写真:romuroom. com この足がつることは、たまに起こるようであれば問題ありませんが、頻繁に足がつる場合は、他の病気のサインかも知れませんので、最寄りのお医者さんに観てもらってください。 その中で一番多いのは「ふくろはぎがつる」といった症状ではないでしょうか。 「ふくろはぎがつる」というのは、いわゆる「こむら返り」と呼ばれています。 足がつる原因は、 筋肉を動かすための神経伝達に異常が発生し、「運動神経末端」に不具合が起こることになります。 図:guild-c. jp 足がつったときは、 筋肉の中にある筋肉繊維の一部だけが強く縮んでいる状態になってしまうことです。 複数の筋肉繊維は密接に束になっています。 筋肉繊維の一部だけが縮んでしまい、 筋肉繊維にズレが起こることにより、激痛が走ることになるのです。 睡眠中に突然足がつる こむら返り の症状は、その原因が足に問題があると思ってしまいがちです。 実は違う場合があるのです。 足がつる予防として、 ミネラル不足 カリウム・カルシウム・ナトリウム・マグネシウムなど が原因があります。 ミネラルの要素である 「マグネシウム不足」が原因と考えられます。 マグネシウムの役割は、筋肉繊維を緩めてくれる役割を果たしてくれます。 マグネシウムが不足すると、足がつる他に震えや筋肉のけいれん、抑うつ症、不安感、錯乱などの異常をきたします。 また血管障害動脈硬化で、心筋梗塞や脳卒中、気管支炎になってしまう恐れもあります。 ミネラル要素であるマグネシウムは体内で作ることができないため、食事から摂取することになります。 アルコールを多く摂りすぎると、尿からマグネシウムが出てしまいます。 マグネシウムとカリウムとは密接な関わりがあり、カリウムを多く摂取すると、マグネシウムの必要量も増えてしまいます。 1日の必要量は300mg必要であると言われ、カリウム600mgと2:1のバランスで摂る必要があります。 マグネシウムの働きとして、血管を硬化させるのを防ぐ役割の他に、ガン・老化・糖尿病・網膜症や腎症などの 血管障害を防いでくれる役目を果たしてくれます。 特に、 糖尿病の人はマグネシウムと亜鉛の補給が大切になります。 マグネシウムとカリウムの二つのミネラルが不足すると、「糖尿病の合併症」を引き起こしやすくなると言われています。 高血圧や疲労などにより、血管内部に傷がつくと、その傷を防ぐためにカリウムが集まってきます。 ここで取り込んだカリウムの細胞は死滅し、血管内に沈着します。 それで動脈硬化となっていきます。 これが心筋梗塞や脳卒中へと繋がっていくのです。 そこでマグネシウムがカリウムの血管内の鎮静化を防いでくれます。 また マグネシウムは、カリウムが血管を収縮するさせのを防ぎ、血管を広げる作用があるのです。 スーパーベジタブルは、私たちの食生活で不足しているビタミン・ミネラル不足をはじめ、なくてはならない基礎栄養補助食品です。 図:healthil. jp その他の食品として、 ・ 玄米 マグネシウム120mg、カリウム10mg ・ 白米 マグネシウム22mg、カリウム6mg ・ ワカメ マグネシウム9mg、カリウム100mg ・ ヒジキ マグネシウム567mg、カリウム1400mg などがあります。 ・頻繁に足がつるようであれば、他の病気のサインかも知れない。 ・足がつる原因は、筋肉を動かす神経伝達異常が原因。 ・足がつるのはマグネシウム不足が考えられる。 ・マグネシウムは筋肉繊維を緩めてくれる役割を果たす。 ・マグネシウムは体の骨に50%含まれている。 ・糖尿病の人にはマグネシウムと亜鉛の補給が大切。 ・マグネシウムは玄米、白米、ワカメ、ヒジキに多く含まれている。 スポンサードリンク - , ,.

次の