ドリエル 効き目。 【市販睡眠改善薬】リポスミンとドリエルの成分・効果は同じ?病院の睡眠薬との違いも解説

【知らないと危険!】パンセダンの副作用と効果について徹底解説!

ドリエル 効き目

1.ドリエルの特徴 まずはドリエルというお薬の特徴を簡単に紹介します。 ドリエル(一般名:ジフェンヒドラミン)は「抗ヒスタミン薬」という種類のお薬になります。 ヒスタミンは神経伝達物質(神経間で情報を伝える役割を持つ物質)の1つで、脳を覚醒させる作用があります。 抗ヒスタミン薬はヒスタミンのはたらきをブロックします。 すると、脳の覚醒が弱まるため眠くなる、というのがドリエルの機序になります。 薬物動態(体内でのお薬の動き)としては、服用してから2~4時間後に血中濃度が最大となり、以後5~8時間で血中濃度が半分に下がります。 服用してから効果を感じ始めるまでには個人差もありますが1時間前後である事が多く、作用の持続時間も同じく個人差がありますが、6時間前後になります。 服用してからすぐ眠くなるものではありませんので、寝つきの改善に利用したい場合は、就寝時間の1時間ほど前に服用する必要があります。 ドリエルのメリットは何といっても入手の手軽さです。 医師の診察を受けなくても手軽にドラッグストアで購入できるのは大きなメリットでしょう。 通常、医師の診察の上で処方される睡眠薬は「不眠症」などの病名がつかないと処方される事はありませんが、ドリエルのような睡眠改善薬は病名がなくても自由に入手する事ができます。 そのため「旅行中の時差ボケで眠れない」「明日会議があってその緊張で眠れない」といった一時的な不眠に用いる際には良い適応となります。 ドリエルのデメリットとしてはいくつかあるのですが、• すぐに耐性が出来てしまう• 薬価が高い• 医師の診察を受けていないため、本当に自分に合っている睡眠薬なのか分からない といった点が挙げられます。 まず一番のデメリットとしてドリエルのような抗ヒスタミン薬の眠気というのはすぐに耐性ができる事が知られています。 耐性というのは「慣れ」です。 服用を続けていると次第に身体がお薬に慣れてしまい、効きにくくなってくるという事です。 おおよそ1週間も連用すれば耐性が出来てしまい、ほとんど効果がなくなると言われています。 つまり1日2日使うくらいであればいいけども、1週間以上継続して使うのであれば不向きなお薬だという事です。 また薬価の高さもデメリットです。 ドリエルは1回分で約300円ほどします。 対して睡眠薬は1回分で10円から高くても100円前後であり、更に保険が効きますからその3割が支払う額になります(負担割合は患者さんによって異なります)。 おおよそ10倍ほどの差がありますのでこれは大きなデメリットとなります。 2.ドリエルの強さは? ドリエルの購入を検討している方が気になっている事の1つに、 「このお薬でちゃんと眠れるのだろうか?」 「強すぎて翌朝起きれなくなったりしないだろうか?」 といった眠らせる作用の強さが挙げられるのではないでしょうか。 はたしてドリエルの強さはどのくらいなのでしょうか? お薬の効きは個人差が大きいため一概には言えませんが、一般的にドリエルは服用初日はまずまずの効果が得られます。 病院で処方される代表的な睡眠薬に「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」がありますが、これらと同等の効果が期待できると考えてよいでしょう。 ただしドリエルをはじめとした抗ヒスタミン薬の眠気は、急速に耐性が形成されます。 服用して4日経つと、何も服用していないのと同じレベルにまで慣れが生じてしまうという報告もあります。 そこまではいかないにしても、効果を得られるのは1週間以内だと考えて置いた方が良いでしょう。 またその間も日を追うごとに確実に効果は減弱していきます。 ちなみに抗ヒスタミン薬というのは、アレルギーを抑える作用もあるため、アレルギー性のかゆみや花粉症などにも用いられてます。 花粉症のお薬は飲むと眠くなりやすいものですが、服用を続けていると段々眠気を感じなくなってきます。 これは眠気に対して耐性が生じているからなのです。 ドリエルの眠気もこれと全く同じです。 服用を続けると、段々と慣れが生じてきます。 3.ドリエルの作用時間は? 睡眠薬を使う時、• 服用してからどのくらいで効いてくるのか• 服用してからどのくらい効果が続くのか も皆さん気になるところだと思います。 ドリエルは医療用医薬品ではないため、薬物動態(身体の中でお薬がどのように動くか)の詳しい調査はあまり行われていません。 しかしドリエルの主成分であるジフェンヒドラミンは、「レスタミン」「ベナ」という医療用医薬品にも配合されている成分であり、こちらで薬物動態について調べられています。 ジフェンヒドラミンは、服用してから2~4時間後に血中濃度が最大となり、以後5~8時間で血中濃度が半分に下がると報告されています。 実際の感覚としては、服用してから1時間前後で効果が出現し始め、約6時間前後効果は続きます。 なお効果には個人差がありますので、これらの数値はあくまでも目安と考えて下さい。 4.ドリエルと他の睡眠改善薬の比較 医師の診察を必要とせず、薬局やドラッグストアで買えるような睡眠薬は「睡眠改善薬」と呼ばれます。 病院で処方されるお薬は「医療用医薬品」と呼ばれ、薬局やドラッグストアで誰でも自由に購入する事が出来るお薬は「一般用医薬品」あるいは「OTC医薬品」と呼ばれますが、睡眠薬は医療用医薬品であり、睡眠改善薬は一般用医薬品であるという違いがあります。 ドリエルは睡眠改善薬であり一般用医薬品ですが、薬局やドラッグストアに行くとドリエル以外にもいくつかの睡眠改善薬があります。 薬局で様々なお薬を目にすると、「一体どれが一番効くのだろう??」と悩んでしまうものですが、これらの睡眠改善薬とドリエルはどのような違いがあるのでしょうか。 まず、現在薬局・ドラッグストアで販売されている睡眠改善薬は大きく3種類に分けられます。 ジフェンヒドラミンを含むもの• 漢方薬を含むもの• ブロムワレリル尿素を含むもの の3つです。 ほとんどの睡眠改善薬は、「ジフェンヒドラミン」を含むもので、ドリエルもそうです。 ジフェンヒドラミンの量もどれも同じで50mgが含まれています。 ドリエルと同様にジフェンヒドラミン50mgが含まれている睡眠改善薬には、• ナイトール(発売会社:グラクソスミスクライン)• ネオディ(発売会社:大正製薬)• マイレスト(発売会社:サトウ製薬)• グ・スリーP(発売会社:第一三共ヘルスケア)• プロリズム(発売会社:カイゲン)• カローミン(発売会社:大昭製薬)• おやすみーな(発売会社:浅田飴)• ドリーネン(発売会社:東宝製薬)• アンミナイト(発売会社:ゼリア新薬工業) などがあります。 このように、ほとんどの睡眠薬はジフェンヒドラミンが主成分となっており、含有量もどれも50mgと同じです。 多少の添加物の差はあるものの、ざっくりと言ってしまえばこれらの睡眠改善薬はどれを用いても効果に大した差はないという事です。 漢方薬を含んでいる睡眠改善薬もいくつかあり、• ホスロールS(発売会社:救心製薬)• アロパノール(発売会社:全薬工業) などがあります。 これらは、漢方薬の中で鎮静作用・抗不安作用がある生薬を用いています。 漢方薬は強制的に脳を鎮静させるお薬ではないため、心を穏やかにする事で眠りを導くような効き方をするお薬になります。 効果は個人差がありますが一般的に効きは穏やかで、ジフェンヒドラミンよりも弱い事が多いと考えられます。 最後のブロムワレリル尿素を含むものには、• ウット が挙げられます。 ブロムワレリル尿素は1900年代に開発された非常に古いお薬であり、非バルビツール酸系という種類に属します。 確かに眠らせる作用はあるのですが、危険性が高いお薬でありあまり用いるべきお薬ではありません。 実際にアメリカではブロムワレリル尿素は医薬品として使う事を禁止されているほどです。 ウットに含まれるブロムワレリル尿素は少量にはなっていますが、それでも使用はお勧めできません。 ブロムワレリル尿素は耐性・依存性もあり、大量に服薬することで中毒となったり命に関わる副作用が生じる可能性のある物質です。 精神への影響や脳の萎縮といった副作用も指摘されています。 これらのデメリットを考えると、あまりお勧めはできません。 5.ドリエルと睡眠薬の比較 病院で医師の診察を受けて処方される眠りのお薬は「睡眠薬」と呼ばれ、ドリエルのような薬局で自由に購入できる睡眠改善薬とは区別されます。 では睡眠薬と睡眠改善薬はどのように違うのでしょうか。 まずは作用機序が異なります。 前述したように、睡眠改善薬は基本的には抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンが主成分になっています。 これはヒスタミンという脳を覚醒させる物質のはたらきをブロックする事で、脳の覚醒レベルを落とすというお薬になります。 対して、代表的な睡眠薬には、• ベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系• メラトニン受容体作動薬• オレキシン受容体拮抗薬 などがあります。 これらの睡眠薬とドリエルのような睡眠改善薬を比較してみましょう。 GABA-A受容体は脳のはたらきを抑制させる方向にはたらく受容体であり、刺激されると気分がリラックスしたり(抗不安作用)、眠くなったり(催眠作用)、筋肉がほぐれたり(筋弛緩作用)、神経の興奮が和らいでけいれんが抑えられたり(抗けいれん作用)します。 メラトニン受容体作動薬は、メラトニン受容体を刺激することで眠気を引き起こすお薬です。 暗くなると脳の松果体という部位からメラトニンが分泌されるのですが、メラトニンはメラトニン受容体にくっつくことで眠気を感じさせるはたらきがあります。 この作用を利用してメラトニン受容体をお薬で刺激するのがメラトニン受容体作動薬です。 オレキシン受容体拮抗薬は、脳を覚醒させる物質であるオレキシンのはたらきをブロックするお薬です。 オレキシンがブロックされると脳は覚醒を維持できなくなるため眠くなります。 このように作用機序が異なります。 耐性というのは「お薬を服用し続ける事で慣れが生じてしまうこと」で、耐性が強いお薬ほどすぐに効かなくなってしまいます。 この中で耐性が最も強いのがドリエルをはじめとした抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬は数日~1週間ほどで耐性が出来てしまうといわれています。 アルコールは大量に飲み続けていると段々同じ量では酔えなくなってしまいますよね。 でも節度を持った飲酒であれば問題となるほどの耐性が形成される事はありません。 それと同じで、適正な期間・適正な量の服用にとどめていればベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系は耐性を起こすリスクは高くはありません。 メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬は基本的には耐性は生じないと考えられています。 この中で一番強いのはベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。 その次がオレキシン受容体拮抗薬で、メラトニン受容体作動薬はかなり弱い効きになります。 抗ヒスタミン薬はというと、服用した初日はベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と同程度の強さがありますが、すぐに耐性が生じて効かなくなってきます。 一週間も服用を続けているとメラトニン受容体作動薬よりも効きは弱くなり、ほとんど効きがなくなるといわれています。 6.ドリエルが向いている人は? 以上からドリエルが向いている人はどのような人でしょうか。 まずはドリエルの特徴をおさらいしてみましょう。 病院を受診しなくても薬局で手軽に購入できる• すぐに効かなくなってしまう• 薬価が高い という特徴がありました。 ここから、ドリエルの使用が適しているのは、• 原因が明確である一時的な不眠 であるといえます。 何らかの理由によって数日のみ眠れないという場合、その数日を乗り切るためだけに使用するのには向いているでしょう。 「旅行の時差ボケで眠れなくなった」 「明日緊張する事があって眠れない」 といった原因が明確で、明らかに一時的に眠れないだけの時にはドリエルは向いています。 反対に、耐性がすぐに生じ、また経済的負担も大きい事から、• 眠れない状態が1週間以上続きそうな時 には向いていません。 このような時には病院を受診し、医師に今の症状を伝えて睡眠薬等を検討してもらう必要があるでしょう。 ちなみに不眠(眠れない)には入眠障害(寝付けない)と中途覚醒(夜中に何度も起きてしまう)がありますが、ドリエルはどちらに向いているでしょうか。 これは両者に使えますが、ドリエルの特性を理解して不眠のタイプによって服用時間を変える事が効果的です。 ドリエルは服用して約1時間ほどで眠くなるため、入眠障害の場合は寝る直前に服用してしまうと、それからしばらくは寝付けません。 入眠障害の方がドリエルを使う場合は、眠る30~60分前に服用すると良い効果が得られるでしょう。 一方で中途覚醒の方がドリエルを使う場合には、眠る直前の副作用で問題ありません。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

睡眠改善効果ドリエルはレスタミンと同じ成分で副作用に注目

ドリエル 効き目

【もくじ】• パンセダンと睡眠薬は全く別のもの? パンセダンは佐藤製薬から販売されている植物性の鎮静剤です。 指定第2類医薬品に分類されており、薬局やドラッグストアで市販されています。 パンセダンは イライラや緊張などで高ぶった神経を緩和してくれる働きがあります。 眠る前に神経が高ぶっていると寝つきが悪くなり、ようやく寝付けたとしても睡眠が浅くなり、途中で目を覚ますことが多くなります。 寝る前はリラックス状態に 睡眠前はリラックスして、副交感神経が優位な状態がベストです。 (脳が興奮している場合は、交感神経が優位な状態。 )脳がリラックス状態で眠りにつくと、自然に寝付くことができ睡眠も深くなります。 睡眠が深くなると眠っている間に日中のダメージが修復されて、効果的に疲労回復が行われます。 パンセダンは脳の緊張を和らげてくれるので、眠りにつきやすくなる効果が期待できます。 この効果は公式には記載されていませんが、パッケージに描かれている月のイラストからも想像できるように、 不眠に一定の効果があるようです。 医療用の睡眠薬とドリエル、パンセダンの違いは? 医師の処方が必要な睡眠薬も脳の興奮を抑え、リラックス状態を作ることで眠気を誘発します。 パンセダンと一般的な睡眠薬の違いを表にしてまとめてみました。 パンセダン 医師の処方が必要な睡眠薬 (BZD・非BZD系) マイスリー・レンドルミン等 効果 ・イライラ感や緊張感、興奮感の鎮静 ・上記にともなう頭重、疲労倦怠感の緩和 抑制系の脳内神経物質GABAの作用を強めて眠気を誘発する 成分 ・パッシフローラエキス ・セイヨウヤドリギエキス ・カギカズラエキス ・ホップ乾燥エキス 薬によって異なる 形状 錠剤 主に錠剤 耐性 形成されにくい 形成される 依存性 形成されにくい あり パンセダンは 鎮静作用に効果の高い植物性の成分なので、習慣性などの副作用が少ないことが特徴です。 不眠だけでなく、緊張緩和やあがり症で悩んでいる人にも人気の薬です。 ただし、植物性なので効果が穏やかで、物足りないと感じる人も多いようです。 いま主流のベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳の働きを強制的にシャットダウンして、眠気を誘発するものです。 パンセダンと違い効果が強いので翌日まで眠気を持ち越したり、吐き気や頭痛、ふらつきなどの副作用が発生しやすいのが特徴です。 効果が強いのは? 先ずは手軽に買えるパンセダンを試してみて、一定の効果が期待できない場合、睡眠薬を検討する方が身体の負担が少なくなるでしょう。 最近ではベンゾジアゼピン系と違い、自然に近い生理的な睡眠を促してくれる「メラトニン受容体作動薬」や「オレキシン受動態拮抗薬」もあります。 自然に近い眠りを誘発してくれるので、睡眠の質が落ちないことが特徴です。 睡眠効果の強さは パンセダン< メラトニン受容体作動薬・オレキシン受動態拮抗薬 <ベンゾジアゼピン系の睡眠薬となります。 効果が強いほど副作用など、身体への負担も多くなります。 パンセダンとは? パンセダンは1箱あたり24錠入り、1日に2回、2錠ずつの服用となります。 ストレスによるイライラや緊張を緩和してくれるので、日中も服用する催眠鎮静薬です。 1日に2回の服用で6日分です。 メーカー希望小売価格は952円(税抜き)ですが、実際はドラッグストアやネットショップで700円前後で購入することができます。 1日あたり2回の服用で116円になります。 パンセダンの効能・効果はイライラ感・緊張感・興奮感の鎮静、これらにともなう頭重・疲労倦怠感の緩和です。 パンセダンの成分・分量 2錠中 パッシフローラエキス 80mg セイヨウヤドリギエキス 20mg カギカズラエキス 45mg ホップ乾燥エキス 18mg 添加物として、リン酸水素Ca・CMC・乳糖・セルロース・ステアリン酸Mg・ヒプロメロース・酸化チタン・マクロゴール・銅クロロフィリンNaを含有します。 パンセダンの成分 パンセダンに配合されている 4種類全ての生薬に「鎮静作用」が含まれています。 イライラして落ち着かない夜、不安やストレスで眠れないときに、4種類のハーブが不眠対策にアプローチしてくれます。 詳細を見ていきましょう。 パッシフローラエキスの働きは? トケイソウ科チャボトケイソウの葉や茎から抽出した成分から作られています。 脳の神経を鎮める作用があり、寝つきをよくしたり緊張や不安を緩和してくれます。 副作用に眠気やめまい、ふらつき、倦怠感などがあります。 セイヨウヤドリギエキスの働きは? ヤドギリ科セイヨウヤドリギの葉や枝から抽出した成分から作られています。 鎮静作用があり、ヨーロッパでは注射で投与される処方薬です。 保湿成分として化粧品に含まれていることもあります。 カギカズラエキスの働きは? アカネ科カギカズラ属の植物から抽出した成分から作られています。 鎮静作用があります。 ホップ乾燥エキスの働きは? アサ科の多年草つる性植物ホップから抽出した成分から作られています。 穏やかに神経に作用し、 緊張や不安感を緩和してくれる鎮静作用があります。 古くからヨーロッパやアメリカ、インドなどの広い地域でリラックス効果のあるハーブとして用いられてきました。 パンセダンの副作用は? パンセダンは鎮静作用に効果の高い生薬からできている、植物性の鎮静薬です。 植物性なので効果が穏やかで、習慣性などの副作用が少ないことが特徴です。 副作用は皮膚の発疹や赤み、吐き気や嘔吐、食欲不振があります。 5~6回服用しても症状が良くならない場合は、服用を中止してください。 医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。 ~6回服用しても症状が良くならない場合は、服用を中止してください。 医師や薬剤師、登録販売者に相談してください。 パンセダンとドリエルはどう違うの? パンセダンは植物性の鎮痛剤ですが、気分を落ち着けてリラックス状態にしてくれるので、 睡眠導入剤の代わりとして服用する人も多い薬です。 他にも薬局で購入できる睡眠改善薬はドリエルが有名ですよね。 どの薬局に行っても100%の割合で売っている人気の睡眠改善薬です。 パンセダンで寝つきが良くならない、効果が弱い場合はドリエルを試してみると良いかもしれません。 ドリエルは抗ヒスタミン薬の副作用である「眠気」を利用した睡眠薬なので、パンセダンと眠りを導くアプローチがが全く違います。 安心!ハーブ由来の睡眠サプリ パンセダンは植物由来で副作用が少ないとはいえ、指定第2類医薬品なので身体への影響が心配です。 そこで、 植物由来の睡眠サプリを試してみてはどうでしょうか?睡眠サプリは食品なので薬のような副作用はありません。 睡眠サプリにはたくさんの種類があり、パンセダンの成分である メディカルハーブが配合されている睡眠サプリもあります。 古くからヨーロッパで使用されている睡眠効果の高いパッションフラワーやバレリアン、カモミールやセントジョーンズワートなど。 植物の力を借りて、自然と眠りにつけるようにサポートしてくれます。 自然な眠りをサポートする睡眠サプリ 薬は脳の働きを強制的にシャットダウンして眠らせようとします。 パソコンの強制終了のようなものですね。 ですので脳波が自然と眠っている場合と異なり、リラックスして眠れていないので睡眠の質が悪くなります。 睡眠サプリは薬とは異なり、私達が本来持っている自然な睡眠のリズムに沿う働きをしてくれます。 自然な眠りは睡眠が深くなり、睡眠の質が高いので、眠っている間に疲労回復することができます。 ですので、朝の寝起きもすっきりしたものになります。 ハーブ由来の睡眠サプリ以外にも、目的別に合わせた睡眠サプリを下記にご紹介しているので参考にしてみてくださいね。 なるべく薬に頼らず、自分の力だけで眠れる体質に改善していきましょう。

次の

ドリエルの効果時間と副作用や致死量!酒や効かない時の注意点も

ドリエル 効き目

市販の、眠剤、ドリエルはどんな感じですか? 私は今、レンドルミンをもう長く服用しています。 レンドルミンは、私は後にも残らず効き目も良いみたいで、不満はないのですが、唯一不満は一度にたくさん処方してもらえないことです。 時々、足りなくなってきたら不安を覚えます。 そのとき、連休だったり、土日だったり、悪天候でクリニックに行けなかったりを考えたらますます不安感で耐えられません・・・ なので、もし、ドリエルが、レンドルミンに似ているなら、買おうかな・・・と思ったりしています。 以前、名前はわからないのですが、錠剤で、赤い梱包?の睡眠薬を、親から一個もらったのですが、(親から、医者が少し強い効き目の睡眠薬と言っていたとききました)それを飲んだら、5分ほどで目が回りそうな感じで眠りの穴に落ちるみたいになってすごく恐かったです。 だから私にはレンドルミンぐらいがあっているとおもうんです。 (親は、レンドルミンでも眠れなかったので、その赤いカバーの薬をもらったようです) ドリエルはどんなもんでしょうか? 長々となってすみません。 人それぞれ違うとは思いますが、飲んだ事のある方、効き目など教えて下さい。 ドリエルもレンドルミンも両方飲んだことあります。 (今は、ベンザリン、サイレース、マイスリー、デパス、メイラックスと、5種類も飲んでいますが(笑)) 個人的体験ですが、ドリエルはお勧めできません。 いわゆる抗ヒスタミン薬なので、風邪薬や花粉症用の薬の服用の際の催眠作用を利用しているだけです。 ですので、私の場合、ドリエル服用時、体のだるさはすぐに襲ってきたのですが、頭の方が覚醒しっぱなしで、結局入眠に到ることができませんでした。 また、副作用が結構多いです。 私の場合は、寝起き時に喉の渇きがひどくなったり、下痢気味になったりしました。 さらに、12錠で1800円、保険も効かないので、お金がもの凄いかかります。 ちなみに、レンドルミンは、最初に心療内科に通ったときに処方された薬で、最初はよく効いていましたが、あっという間に耐性が出来て、他の薬に変えてもらいました。 レンドルミンは一度に2週間分しか処方してはいけないルールがあるようです。 1か月分処方可能な睡眠導入剤もありますので、その旨、医師に相談してはいかがでしょうか。 ありがとうございます。 私は、メンタル系の薬は、デパスとレンドルミンを服用しています。 ドリエルは風邪薬と同じ作用なんですね・・私自身、風邪薬では眠くなったことは一切ありませんでしたので、効かない気がします 苦笑 風邪薬では、胃腸障害が出たりすることがあるので、回答者様と同じタイプかもしれないです・・しかも、そんなに高いとは!これじゃ、お試しで買うのももったいない気が・・・。 >レンドルミンは一度に2週間分しか処方してはいけないルール そうなんです、先生に言われました。 実は私の場合は通っているクリニックが遠いこともあって、掟破りのその倍出してくださっています。 先生もこれが精一杯なんだよ・・と。 なのでこれ以上無理も言えなくて・・・。 精神科に通院している者ですが、医師の処方した薬以外に薬を飲む行為は医師の治療方針を認めていないのと同じだと思います。 なぜレンドルミンや他の睡眠導入剤がMAX2週間しか処方を国から許されていないか理解されていますか? それだけきつい、大量に摂取をすると良くないからです。 今の先生はメンタル系の先生ですか?内科などの他科の先生ですか? メンタル系の単科の病院であればほとんど最低土曜日は診療してると思います。 ドリエルの注意書きに慢性の不眠症の場合は医師にご相談下さいとなっているので利き目はあまりないのでは? 私の場合皮膚科で蕁麻疹の薬(ヒルナミン)を処方された時に「睡眠導入剤との同時服用は危険」との沙汰でいったん睡眠導入剤を切った事があります。 厳しい言い方ですが薬局で安易に薬を買うよりも医師に出してもらった方がいいと思います。 別に安易に買おうとしている訳ではありません。 安易安直ならとっくに買っています。 先生にもこれ以上相談しにくく、非常に悩んでいるのでこちらでお聞きしてみたのです。 他の方へのお礼欄を読んで頂けたなら、もし、あなたにもメンタル系の病的な症状で本当に辛く苦しく恐怖を感じた体験があるなら、少しは私の悩みもご理解戴けるかも知れませんね。 max2週間についても他の方へのお礼欄に記しています。 私が現在お薬をもらっている科についてもそちらを参照して下さい。 ご心配していただいているのでしたらそのお気持ちは有難いことです。 しかし、直接回答ではない意見を書きたいならそれなりの裏付けと説得力も必要です。 質問文だけ読んで・・ではなく、既に書かれた回答や、それに対するこちらのお礼の中の文面を読んでからにすべきでは? あなたの意見は意見として読ませて頂きました。 再度書きます。 あなたはとても不安な状態なのですね・・。 ですけれど、精神の病を本当の意味でもっていないかぎりは、強いお薬に移行するのは考えてくださいね。 中には、癌など患ってねにくい場合や、鬱、総合失調症のように、本当に薬がないといけない場合があります。 私も不安症だったのです。 一時期は「神経症」と診断されました。 いわゆるノイローゼですね。 そして今のあなたと同じように内科で処方してもらったのです。 私のいうことが今のあなたに響くかわかりませんが、「頼れる」人間がいるだけで確実にあなたは変わります。 理想論などでは、ないです。 あなたがいつでも「眠る」ことを許し、耐えてくれる人がいれば、まだるっこしい薬学など、無用になります。 今は、パニックでしょう。 そして辛いでしょう。 でも、私の言ったことを心の片隅に覚えてください。 薬は依存すると本当はあぶないのです。 私は身をもって体験しました。 今日も実はちょっと寝れてません。 でも、明日はまた、お天道様が出ます。 私は死ぬわけでもなんでもありません。 同じ悩みを持つ者として、あなたの心に訴えたい。 再度のアドバイスありがとうございます。 回答者様もきっとここには書けない、見えない辛いことがおありだったと思います。 おっしゃるとおりです。 今の私には、心底から「頼れる人」、いつ何時も「頼れる人」がありません。 ここ4~5年で、人を信じられなくなること、人に恐怖を感じることをたくさん経験しました。 本当にたくさんです。 自殺も考えました。 でも死ぬ事より生きる事を選びました。 ただ、その頃から、それまではお守り代わりだった精神安定剤と眠剤が、命綱に変わってしまいました。 私自身、ここ数年の服用回数の増加から、薬に依存している状態だという自覚があります。 眠れないこと自体が不安というのではなく、強い不安やパニック発作からの回避のために薬で眠りたいという感じです。 (薬を飲んでも実際には入眠できない場合もありますが、ひどい覚醒状態やパニックや不安恐怖感はおさまるので助かるからです) 頼れる人、心の底から欲しいですよ、ずっと欲しいと思っています。 でもいくら欲しくても、こればかりは自分の努力や頑張りで何とかなるものでも無いことは経験上わかっています。 運命?宿命?縁というか・・ 再度のアドバイスと、回答者様の心からのご意見を、私の為に時間を割いて書いていただいた事、本当に有難うございました。 参考にしていただきたいのですが・・ 質問者さんは女性ですか? もうお子さんを生んでればいいんですけれど 妊娠するとお薬はやめろと言われますよ。 ご家族が飲んでいるので、あなたも飲んでいるのでしょうか? 私も家族に睡眠薬を貰っている人がいて 自分も始めました。 今は飲んでいません。 薬をやめて、すぐ眠れなくなったので流産したからです。 私は何か不安があると眠れませんが、飲まないようになってからはなるべく早く起きて、夜はハーブティを飲んだりしています。 場合によっては三日三晩眠れませんでしたが 「眠れなくていい」と思うようにしてからだいぶ眠れるようになりました。 それでも1年かかりましたけれど・・・ 見当違いの回答ですが参考にしてください。 ありがとうございます。 >質問者さんは女性ですか? 女性です。 子供は産んでいません。 詳しい事は書けないのですがこの先も産む事はありません。 女性としては悲しいですが・・。 >ご家族が飲んでいるので、あなたも飲んでいるのでしょうか? 違います。 飲みだしたきっかけは、内科の持病でかかっている主治医先生に、以前、不安感や眠れないことを訴えたとき、軽いのを出しておくから、と言われて処方されたのがきっかけです。 「眠れないこと」そのものよりも、不安を断ち切るために眠りたいんです。 少しパニック症候群もあります。 あとは強迫神経症、不安神経症みたいな症状や、たくさんの恐怖症です。 精神科などにはまだ行くほどでもないと内科の先生にも、別の科の先生にも言われていますので、行っていません。 不安のない安定した状態の時期は、「眠れなくてもいい」という心構えでいられるのですが、精神が不安定時は覚醒しすぎて、パニックになるので入眠したいんです。 あとは、遠出の時の乗り物が恐いのでそのときにも飲みます。 お薬に頼りたくない、飲まないでいよう、という思いから、我慢をした時期、漢方を試したり、精神鍛錬のため、ヨガや太極拳などを試した時期もありましたが、そのころはがんばりすぎて、そのうち外出も恐くなり引きこもり状態になったり、眠れないことからパニックを引き起こしたりでした。 今は、我慢せずがんばりすぎず、薬を飲んで少しでも楽に、また、人並みに近い楽しさを感じて生きたいと思っています。 ご心配いただきありがとうございました。 A ベストアンサー 私も不眠症で辛い思いをしました。 ドリエルだけでなく、どんな薬でもアルコールと同時摂取はしてはいけません。 ドリエルは、風邪薬などの眠くなる成分を強くしたもので、睡眠薬ではありません。 なので風邪薬などで眠くならない体質の人は効きません。 ドリエルで寝むれないのでしたら、市販薬では眠れないと思います。 眠れないとのことですが、どの程度なのでしょうか? 眠れないことが日中の生活に支障をきたすのでしたら、医師に相談するのが一番です。 精神科などにいきにくい場合は、内科でも睡眠薬を出してくれるところもあります。 アルコールと一緒に飲むと寝むれるような気がしても、一緒に飲まないでください。 また、副作用で薬の効果が強く出るのでは?とか、効かないから量を増やす。 などの行為は絶対にしてはだめです。 取り返しのつかないことになってからでは遅いのです。 薬はうまく使えばとても便利ですが、使い方を間違えると毒になります。 薬とうまく付き合えるように、がんばってください。 デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうしても増える。 そうなると飲む量も多くなる。 長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。 私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。 あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。 デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので 切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。 精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。 作用時間が12~14時間位です。 等価換算表ではデパス1. デパスに比べると効きがマイルドな感じで 効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。 余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で 確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。 海外ではサプリ並みという事はないと思います。 デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので 結構、効く実感を感じる方が多いようです。 坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。 坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。 健康な人で薬の半減時間が6時間ですから 効いている時間は4~5時位です。 短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。 短時間作用薬は薬の切れるのが早い だから、ずっと効果を維持していく為には 薬を飲む回数がどうして... Q うつ病で精神科に掛かっています。 2週間毎に通っていましたが、調子が悪くなり昨年12月の受診以来2ヶ月近く引きこもり病院へ行けなくなってしまいました。 当然、薬がなくなり不安時などにも困るのですが、病院は遠くなかなか出掛けられそうにありません。 処方は坑ウツ剤がリフレックス、入眠剤がベンザリン、不安時の頓服にリボトリール、イライラ時の頓服にワイパックスでした。 次回の予約は今月末に入れているのですが、行けるか解らないし、その前に薬だけでも貰いに行きたいとは思っても自信がありません。 取り敢えず今困っているのは、眠れないこと(日中も横になったきりなので体は休まっていると思いますが、頭が休まらないのが辛いです)、不安時やイライラ時に対処ができないことです。 近所までやっと買い物に出掛けても、出先で吐き気が出てしまうことがあります。 また最近は精神的なものらしく胃や腸に空気が溜まってしまい、その不快感や痛みから、身体的にも精神的にも不調が出て辛いです。 病院へ行くよう頑張りたいと思いますが、それまでの間の対処法が欲しいのです。 市販で手に入るものでリボトリールやワイパックスのような効能の得られる薬はないものでしょうか。 もちろん病院の処方薬のように強いものはないと思いますが、少しでも楽になれればと思います。 どなたかご存知の方がいらしたら、教えていただけませんでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。 うつ病で精神科に掛かっています。 2週間毎に通っていましたが、調子が悪くなり昨年12月の受診以来2ヶ月近く引きこもり病院へ行けなくなってしまいました。 当然、薬がなくなり不安時などにも困るのですが、病院は遠くなかなか出掛けられそうにありません。 処方は坑ウツ剤がリフレックス、入眠剤がベンザリン、不安時の頓服にリボトリール、イライラ時の頓服にワイパックスでした。 次回の予約は今月末に入れているのですが、行けるか解らないし、その前に薬だけでも貰いに行きたいとは思っても自信があ... A ベストアンサー 下の方も書かれていますが一般に内科で処方してもらえます。 また、現在は睡眠障害を中心とした外来が出来つつあり心療内科や精神科などへの受診が億劫になってしまう方に対しての対応が徐々に進んできています。 「睡眠外来」や「不眠外来」などで検索してみると最寄で対応している医療機関を見つけることが出来るかもしれません。 市販薬を利用するのは良いことですがやはり値段も高いし、市販医薬品ですから記載されている用量が万人に適応される場合も少ないですし効くからといって連用も好ましくないですのでsnsitumonさんが考えているように医療機関への受診が一番良い出しょう。 ここまでしかガイドできませんがどうぞご参考までに。 では、お大事に。 biglobe. html Q こんにちは。 私は時々、心配や不安で夜なかなか眠れないときがあります。 不安の原因はわかっていて、考えないようにはしているのですが、 どうしようもなくなります。 日中は大丈夫で、仕事も普通に行っていますが、 夜ベッドに入るとダメです。 眠れないときは、不安がつのってお酒を飲んで泣いたりします。 神経内科で薬をいろいろ処方してもらいましたが、 毎日飲まないとダメとかで仕事中もとろーんと眠たくて、 通院は止めてしまいました。 月に数回のことなので、その時だけ飲む薬を薬局で買おうと行ったら、 薬剤師の人に、抗アレルギー剤の「レスタミン コーワ錠」をすすめられて 飲んでみましたが、イマイチでした。 何かよい市販のお薬はありますか? もちろん、個人差はあると思いますが、 すぐ眠たくなるようなお薬がいいです。 もちろん、多めに飲むということはしたくありませんので、 きちんとした用量、用法で飲むのが前提です。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー もう一つの方にも回答させてもらいましたが、理由が分かっているという 事で不安になり眠れない。 という事は、意識が(もしくは注意が)過去のそ の時点にいってしまい、要は現時点にいなくなってきているという事ですよ ね?(現時点に過去のような出来事は無い訳ですから) で、その為には意識(もしくは注意)を再び現時点に持ってくれば不安感 も無くなるとは思いませんか?(例えば、現時点で映画に集中してみている 時に不安になりますか?もちろん、映画の中などで過去を思い出させるもの が無いとして) では、どのように現時点に戻すのか?すごく単純ですが、寝る前に散歩を して下さい。 その時の注意としては、なるべく外の世界へ注意を向けて周り の景色や建物などを見て、見て、見て、見まくります。 そうする事であなた の意識は現時点へ戻り、不安も無くなります。 途中、疲れてきたりするかも しれませんが、その時点ではまだ止めないで下さい。 そのまま歩き続ける と、気持ちよくなってくるので! そしたら終わりにして下さい。 場合に よっては1時間を越える事もあると思いますが、薬に頼るよりは全然良いと 思います。 是非、2、3回は試してみて下さい。 それでも効かなければごめ んなさい。 どちらにしても、この方法はその場しのぎのようなもので、marinpiyoさん の問題の根本を解決するものではないので、解決については私がお勧めした 本を是非 読んでみて下さい。 もう一つの方にも回答させてもらいましたが、理由が分かっているという 事で不安になり眠れない。 という事は、意識が(もしくは注意が)過去のそ の時点にいってしまい、要は現時点にいなくなってきているという事ですよ ね?(現時点に過去のような出来事は無い訳ですから) で、その為には意識(もしくは注意)を再び現時点に持ってくれば不安感 も無くなるとは思いませんか?(例えば、現時点で映画に集中してみている 時に不安になりますか?もちろん、映画の中などで過去を思い出させ... 医師の処方する抗不安薬・睡眠導入薬(いわゆるマイナートランキライザー、正確には「ベンゾジアゼピン系」)の方が毎日服用されるには安全です。 お薬が強すぎるということですが最近は1.5時間程度で半分の濃度に分解され翌朝までは残らない睡眠導入薬も出てますし、抗不安薬なら質的にも量的にもいくらでも弱く調節可能なはずです。 植物系という意味では、「漢方薬」も医師の処方があれば健康保険を使って安全に手に入れられます。 私は、もう少し医師と相談された方がよいと思います。 Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。

次の