オレオ レコード。 グラント・グリーン(g)/オレオ|🔴レコード/ジャズ

レコード代わりに「オレオ」で音楽流すミュージックプレーヤー、本日予約開始!

オレオ レコード

現時点でオレオレ認証局を運用していて、当然クライアントにもオレオレルート証明書が入ってる人向けの、とても需要がないこと請け合いの記事です。 なお、EVコード署名証明書の話題ではありませんので念のため。 あれはWHQLが通らない開発元でもMicrosoftに署名してもらいたい時に保証人業者が自分のことを証明してくれてるから信じてね! 、という提出用書類なのでこの話題とは関係ございません。 さて、最近はクラウドだとかで個人で使うにも敷居がどーんと下がってきて需要が下がってきていることとは思いますが、まだまだ現在でも個人や小規模なグループで、自分たちの存在を第三者に証明する必要はないが自分たちがサーバにアクセスする際には経路の暗号化は必要ですから、やっぱりオレオレ認証局と証明書は便利です。 それにタダですからね。 コマンドを打ち込む時間を抜きにすれば。 ところで、最近、Windowsはちょっとしたオレオレドライバも証明書を付けないとロードしてくれなくなっています。 ついにWindows10はカーネルモードドライバに限っては必ずMSの認証が必要になってしまって、あまり大きくない測器屋さんとかの独自ハードを作っておいでのところや、個人で大枚払ってコードサイニング証明書を買ってまで自作ソフトを公開していた方が、さらに新しい証明書を買わないとダメですよー的にごっそり切り捨てられて、一部界隈ではちょっとした話題になっちゃいまいた。 ソフト屋としては自由度が減れば減るほどちょっと寂しいのですが、一方で「なにもしてないのに」ウィルスにかかっちゃう エロおやじうっかりさんどころか、本当にまっとうと思われていたサイトにアクセスしても、広告が乗っ取られていてFLASHとかブラウザの脆弱性のせいでウィルスに冒されたり、サイバー攻撃を受けたら軍事的攻撃とみなす、とか、米中首脳会談の主要議題の一つにまでなってしまうとか、ことほど左様にコンピュータへの攻撃が激しい昨今ですから、笑い事ではありません。 まさに生き馬の目を抜くような、という世界に一般の人までも巻き込まれてしまう情勢です。 そこに「PCってなんスか? 」とか、情報教育を受けたとか聞いていたはずの若者が雪崩れ込んで来て、もはや阿鼻叫喚の地獄絵図です 情報教育ってなんスかね。 年寄りには想像もつかないわ。 Microsoftだって商売ですから、自由にモノづくりができる環境と安心して作業できる環境とでは、もはや後者を優先せざるを得ないでしょうし、この流れはWindowsだけでは済まないだろうなあ、と思います。 話がずれてしまいました。 そんなこたぁオレオレ前提な以上、使う側はわかって使うのでどうでもいいわけで、実際にはWindowsでも起動オプションで署名されていないドライバでもロードできるわけです。 が、ちと、手続きが面倒くさい。 そこでオレオレコード署名証明書の出番となるわけですが、どうせテストだから、仮だから、とか言って適当に作りまくっていると証明書ストアが汚れていくのでなんかイヤ。 しかも、そういう向きにはオレオレルート証明書は使用しているクライアントに当然入っているわけです。 従って、そのオレオレルート証明書を発行した当のオレオレ認証局にオレオレコード署名も発行してもらえばいいわけです。 opensslで構築した認証局側で、オレオレコード証明書を認証してください、とオレオレ認証局に対して申請書を書きます。 その申請書のために、まず秘密鍵を生成します。 まあ、長さは2048でいっときましょう。 今はやりのSHA-256がいいかな、と。 コード証明認証要求が届いたので、今度は認証局側の立場で申請書を認証します。 オレオレコード署名証明書が届いたので、今度は申請者側に戻ってWindowsでも利用できる形式に変換します。 pfx• 実際にWindowsでファイルに署名します。 なお、signtool. exeは各OSのSDKに入っています。 Windows10 は。 説明するのが楽なのでVisual Studio の Community Editionを推薦する人も多いんですが、自分がライセンス的に使えるかどうかだけはどうか意識してください。 さもないと真綿で自分の首を絞めることになります。 MSは確かに昔から開発者に対して親和的だと 個人的には 言って憚りませんが、不正利用が蔓延ってしまったら彼らだって手を引いてしまいます。 121• 138•

次の

レコード代わりに「オレオ」で音楽流すミュージックプレーヤー、本日予約開始!

オレオ レコード

香港と台湾に拠点をもつデザイン会社Dimension Plusが開発した「Oreo Vinyl」は、オレオをレコードにする新アイディア。 表面に加工を施し、専用のミニ・ターンテーブルにセットすれば4種類の音楽が聴けるようになる。 現在購入はできないようだ。 オレオで聴ける音楽と製造工程は? 曲を独自の音楽変換プログラムでレコードの形に変換し、それを基にレーザーカッティングや彫刻でオレオの型を作成。 できあがった型でオレオを焼き上げれば「Oreo Vinyl」の完成だ。 専用のミニ・ターンテーブルにセットしスイッチを押せばジャズ・エレクトロニック・クラシック・チャイニーズ、4種類の音楽が視聴可能に。 もちろんオレオだから、音楽を聴くのに満足した後は美味しくいただくことができる。 ・ ・ ・ 音楽も聴ける上に食べても美味しい「Oreo Vinyl」。 いろんな食べ方があるオレオだけど、音楽も聴けてしまうのは新しすぎるかも? Oreo Vinyl Dimension Plus 再生時間 00:01:10 配信期間 2019年4月15日 月 18:00 〜 未定 タイトル情報 「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。 Viibar inc.

次の

オレオがレコードに変身!?

オレオ レコード

モンデリーズ・ジャパンは9月4日、ビスケットブランドの「オレオ」から、オレオクッキーをのせてアームを合わせると音楽が流れるミュージックプレーヤー「オレオ ミュージックボックス」の販売を開始すると発表した。 同日にAmazon. jpで予約受付を開始、数量限定で販売する。 9月18日に出荷を開始する予定だ。 オレオ ミュージックボックスは、ターンテーブルの上にオレオクッキーをのせてレコードのようにアームをあわせると音楽が流れる製品。 オレオを少しかじってからターンテーブルにのせてアームをセットすると、アームに搭載されているセンサーがオレオの形を検知し、異なる音楽が流れる。 曲は、全5種類とも全てオリジナル。 米国でオレオのキャンペーンに使われた曲が、30秒ずつ収録されている。 また、30秒間の録音機能を備え、自分だけのオリジナルメッセージを収録することができる。 米国では大いに話題を呼び、発売後2週間で完売した。 オレオ ミュージックボックス(本体)、オレオ バニラクリーム2箱、オレオ ゴールデン(バニラクリーム)2箱、オレオ クリスピー(バニラムース)2箱、オレオ クリスピー(チョコブラウニー)2箱がセットになって、税別の価格は3980円。 使用時には、単4電池3本が別途必要になる。 外部サイト.

次の