ランディ サベージ。 ランディ・サベージ

レッスルマニアVIII

ランディ サベージ

レッスルマニアVIII サブタイトル "Friendship Torn Apart! " イベント詳細 シリーズ 主催 開催年月日 1992年4月5日 開催地 , 会場 入場者数 62,167人 PPV年表 レッスルマニアVIII レッスルマニア年表 レッスルマニアVIII レッスルマニアVIII(レッスルマニアエイト、 WrestleMania VIII)は、4月5日にのプロレス団体(当時はWWF)が開催した年間最大の興行およびの名称である。 概要 [ ] レッスルマニアVIIIは、ダブルメインイベントをPPVの目玉に据えてプロモーションが展開された。 まず、ランディ・サベージの妻であるエリザベス(実生活では既に離婚)と、ロイヤルランブルを制してWWF王座を獲得したリック・フレアーの不倫騒動の因縁試合。 そしてホーガンの後継者として後押しされてきたシッドによる、ロイヤルランブルでの裏切り行為をきっかけとしたホーガンによる制裁マッチであった。 ホーガンは、試合前からシッド戦を最後に引退をほのめかしていた為、マスコミからの注目も非常に高い試合となった。 WWF王座戦が組まれた大会としては本大会が初のノンタイトルのメイン戦となった。 なお、この試合は映画界へ転身をはかっていたの一時的な引退試合という位置づけでもあった。 オープニングではが "星条旗" を独唱。 当時のWWFの方針は「流血試合は無し」だったが、サベージとフレアーの試合がフレアーの大流血試合となってしまった。 シェイン・マクマホンがTVデビューをしたPPVでもある。 サベージの試合で舞台裏からセコンドに付くために走ってくるエリザベスを制しようとした役割、そして試合後のサベージを取り押さえ、落ち着かせる役割を果たした。 当初のカードはリージョン・オブ・ドゥーム(ホーク&アニマル)がマネー・インクに挑戦するWWF世界タッグタイトルマッチだったが、ホークの試合停止処分の為、直前にナチュラル・ディザスターズ戦に切り替えられた。 (数カ月後のサマースラムにおいて、当初カードは実現する) 結果 [ ]•

次の

【訃報】ランディ・サベージさん、交通事故で死去 | 新日本プロレスリング

ランディ サベージ

本当に残念なニュース。 2 star in WWF behind Hulk Hogan of the late 80s, passed away earlier today in an auto accident. Lanny Poffo, his brother, told TMZ. com that Randy suffered a heart attack behind the wheel at about 10 a. this morning and lost control of his 2009 Jeep Wrangler, which went across a concrete median, was not hit by oncoming taffic, but collided with a tree. Savage passed away from his injuries. His wife, Lynn, was in the car with him but is reported to have suffered minor injuries and was treated at a local hospital. ランディ・サベージが亡くなりました。 ランディ・サページことランディ・ポッフォは今日、交通事故で亡くなりました。 80年代後半はハルク・ホーガンに継ぐNO. 2スター、80年代~90年代中頃は最高のレスリングスターでありました。 ラニーポッフォ 彼の兄弟 はランディが今朝の午前10時頃、運転中に心臓発作を受けたとTMZ. comに告げた。 2009年製Jeepラングラーのコントロールを失いました。 詳細はメディアに伝わっていませんが、ラングラーは対向車と接触していません、しかし木と衝突してしまいました。 サベージは彼の負傷で亡くなりました。 彼の妻 リン は、彼と共に車にいましたが、軽傷を受けたと報告されて、その土地の病院へ向かいました。 日本語訳は私がやったのでボロボロです。 申し訳ない。 運転中に心臓発作を起こし事故となったようです。 同乗していた奥さんが軽症だったことを考えると、心臓発作が死因かもしれません…。 によると58歳。 試合はほとんどしていませんが、正式な引退は表明していなかったようです。 ランディ・サベージvs天龍源一郎は、私の生涯ベストバウト WWFではハルク・ホーガンの後を継いだスーパースター。 日本では、なんと言っても1990年に行われた「レスリングサミット」での天龍源一郎戦が記憶に残る。 このブログで前に書いたことがあると思いますが、私は「天龍vsランディ・サページ」を今のところの生涯ベストバウトとしてしています。 力道山vsシャープ兄弟で始まったプロレスを日本・プロレスの本道とするならば、天龍vsサベージはプロレスの理想の形。 当時、WWFを支持する日本のファンは一部のマニアだけでした。 三銃士・天龍同盟・UWF…日本のプロレスこそ最強で最先端、誰もがそう信じて疑わなかった時代。 レベルの違いを見せてくれ、と叫んだ。 しかしサベージとマネージャーのシェリーマーテルは、完全アウェーの地で会場の空気をコントロール、観客のフラストレーションを溜めまくったうえで最後はボコボコにされるのである。 この試合だけでプロレス史に残るような名シーンが幾つも生まれた。 徳光和夫さんの横で激怒していたサラリーマンは今何をやっているのだろう。 4つのコーナーを順に昇るサベージの姿も美しかった…でも試合中は憎たらしいだけ、気づいたのはだいぶあとでした。 それだけ興奮していた。 まったくスタイルが違うのにあそこまでの名勝負となったのが素晴らしい。 プロとしての最高の技量があれば、5万ものを観衆を、あそこまで興奮させることがプロレスはできるんだと、教えてもらった試合です。 基本的にプロレスというものは「天龍vsサベージを目指すべきもの」ぐらいに私は思ってます。 完全懲悪という部分を除いても、個性の強いレスラーが対峙し、観客の感情を手のひらに乗せて興奮・感動させる。 それが理想と思います。 レッスルマニア7のアルティメット・ウォリアー戦も素晴らしかったなぁ(試合後にエリザベスが助けに来る)。 SWSの後楽園ホール大会(!)で天龍とタッグを組んだ試合も最高でした。 改めて、心よりご冥福をお祈りします。 CATEGORY• ( 336 )• ( 218 )• ( 182 )• ( 67 )• ( 87 )• ( 193 )• ( 135 )• ( 1 )• ( 21 )• ( 26 )• ( 27 )• ( 156 )• ( 23 )• ( 6 )• ( 122 )• ( 273 )• ( 25 )• ( 114 )• ( 99 )• ( 12 )• ( 37 )• ( 63 )• ( 3 )• ( 235 )• ( 8 )• ( 9 )• ( 16 )• ( 6 )• ( 116 )• ( 19 )• ( 45 )• ( 24 )• ( 8 )• ( 282 )• ( 87 )• ( 1575 )• ( 242 )• ( 12 )• ( 80 )• ( 3 ).

次の

レッスルマニアVIII

ランディ サベージ

ランディ・サベージ プロフィール リングネーム ランディ・サベージ ランディ・ポッフォ ザ・スパイダー ジ・エクスキューショナー 本名 ランドル・マリオ・ポッフォ ニックネーム マッチョマン マッチョ・キング ミスター・マッドネス 身長 186cm 体重 111kg 誕生日 1952-11-15 死亡日 2011-05-20 (58歳没) 出身地 スポーツ歴 トレーナー デビュー 引退 テンプレートを表示 "マッチョマン" ランディ・サベージ( "Macho Man" Randy Savage、本名: Randall Mario Poffo、 - )は、の。 出身の。 キャリア全盛時は、当時の居住地である出身と紹介されていた。 、、などのローカル・テリトリーを経て、やで活躍した。 父の、弟のもプロレスラーである。 来歴 [編集 ] 初期 [編集 ] になる以前は野球選手で、前半まで、、のでキャッチャーとしてプレイしていた。 11月、野球のオフシーズンにプロレスラーとしてデビューを果たす。 その後、肩の故障で野球を引退してプロレスに専念。 の ザ・スパイダーや本名の ランディ・ポッフォの名義でや、などの傘下テリトリーを転戦してキャリアを積む。 海外修行時代の日本の若手レスラーとも試合を行っており、フロリダではにミツオ・ヨシダこと 、ミッドアトランティックではにドクター・フジナミことと対戦。 父も主戦場としていた地区ではのUSヘビー級王座に挑戦した。 下期より ランディ・サベージのを用い 、からはアンジェロが設立したの独立団体ICW()に弟のと共に参画。 、、、らとタイトルを争った。 しかし、経営の悪化によりICWは解散。 からは同じくケンタッキーをサーキット・エリアとしていた、(後の創設者)が主宰するの(後の)に転出した。 CWAではと南部ヘビー級王座を巡って対戦を繰り広げ、ともインターナショナル・ヘビー級王座を賭けた抗争を展開。 タッグ戦線でもラニーと組んでとのとの抗争で活躍した。 12月30日には、後にとなる ミス・エリザベスこと エリザベス・ヒューレット ()と結婚した。 WWF時代 [編集 ] 試合中のランディ・サベージ(右) 6月8日、ジェリー・ローラーとのに敗れてCWAを去り、妻のエリザベスをマネージャーにに登場。 若手時代にデトロイトで邂逅したを模した "Oooh Yeah!! " を決め台詞にの主力として頭角を現し、翌2月8日にはから(以下IC王座)を奪取した。 3月29日にで開催されたでは、と歴史に残るIC王座戦を展開。 この試合でIC王座から転落するとに転向して、エリザベスとの二人三脚で人気をさらに高める。 3月27日にで開催されたのWWF世界王者決定トーナメントでは、俳優活動も始めたを抑えメインイベントに抜擢された。 ホーガンとエリザベスのサポートもあり、決勝でを破りを獲得、名実共にWWFのトップスターまで登りつめた。 にとの「 メガ・パワーズ( The Mega Powers)」を結成。 しかしながら、エリザベスを巡る三角関係のでコンビは解散し、ホーガンとの抗争に発展していく。 4月2日のでホーガンに敗れ、WWE世界王座とエリザベスを同時に失う。 その後はエリザベスに代わる新しい女性マネージャーとしてを帯同し、再びヒールに戻ってホーガンとの抗争を継続させる。 キングを名乗っていたを破ったことでリングネームもマッチョマンから「 マッチョ・キング」に変更し、からはやとの抗争に入った。 3月24日のでは、ウォリアーとの敗者引退マッチにて30分以上の死闘を繰り広げるも敗退。 試合後、敗北をマネージャーのシェリーに責められ攻撃される。 そのとき客席からエリザベスが救出に駆けつけ、2人は復縁することになる。 その後は再びベビーフェイスとなり、リングネームをマッチョマンに戻すと、同年8月26日にで行われたにてエリザベスと結婚式を挙げた(実際には2人は1984年に結婚しているが、ストーリー上では恋人同士の関係ということになっていた)。 以降は2人へのにを送りつけたとの抗争を経て、4月5日にで開催されたではを破り再びWWF世界ヘビー級王座を奪取、9月1日にフレアーに奪回されるまで約半年間保持した。 しかし、私生活において同年9月18日にエリザベスと離婚すると、彼女はテレビから姿を消し、サベージもからはが主体となり試合数は減少する。 にホーガンがに移籍すると、同年10月に後を追うようにWCWに転出した。 WCW時代 [編集 ] 1994年に契約金600万ドル(約7億5千万円)でWCWに移籍すると、11月26日と1月22日にそれぞれフレアーを破りを獲得。 フレアーとホーガンに次ぐWWEとWCWの両メジャーにて世界王者になったレスラーの1人となった。 にホーガンが、と共に を結成すると、後にサベージもメンバーとなり、nWo内でエリザベスと復縁(実生活上の復縁ではない)、と抗争を繰り広げた。 4月19日には当時のWCWのトップスター、からWCW世界ヘビー級王座を奪取するが、翌日にホーガンに敗れ1日で王座から転落した。 nWoとホーガンに不満を持ったサベージは、ナッシュが新しく結成したnWoウルフパックに加わるが、怪我のためほとんど試合に出場することはなくテレビから姿を消した。 にニュールックで復帰すると、新しいガールフレンドの ゴージャス・ジョージ ()をマネージャーに迎え、、、らと「 チーム・マッドネス( Team Madness)」なるユニットを結成。 7月11日にナッシュを破って4度目のWCW世界ヘビー級王座戴冠を果たし 、8月にはの問題児とのシングルマッチを制すなど、健在ぶりをアピールした。 に入るとホーガンやフレアーなど他の大御所レスラー達と共に「 ミリオネアーズ・クラブ( The Millionaire's Club)」のメンバーとなるも、nWoほどのブレイクには至らず、契約の満了に伴いWCWを離脱した。 WCW以降 [編集 ] しばらくフェードアウトした後の12月5日、のに登場。 6月にはDVD『Macho Madness:The Randy Savage Ultimate Collection』がWWEからリリースされている。 死去 [編集 ] 朝、のハイウェイで自動車を運転中、心臓発作を起こしてコントロールを失い木に衝突、ラルゴ・メディカル・センターに運ばれたものの容体が悪化し死亡が確認された。 58歳没。 没後の、に迎えられた(インダクターはホーガン)。 日本でのファイト [編集 ]• WWF入りする以前は日本マットと提携関係のない独立団体を主戦場としていたため、WWF時代のライバル、ホーガンやと比べ来日は遅い。 1990年のWWF・・の3団体合同で開催されたにおける『』で初来日。 サベージはと対戦。 典型的なアメリカン・プロレスのショーマン派レスラー(と思われていた)のサベージと、無骨なタイプの天龍の試合はミスマッチかと思われたが、試合巧者であるサベージ、アメリカ遠征時代にアメリカン・プロレスに触れていた天龍という、互いの秘めた持ち味が存分に引き出された好勝負となり、サベージの日本での評価を大きく高めた試合であった。 天龍とは、彼がのちに移籍したとWWFが提携していたため、SWSマットでも対戦している。 また、同マット上でタッグも結成した。 WCWに移籍後は、WCWと提携関係にあったの大会に数回来日している。 得意技 [編集 ] トップロープからの。 フォームの美しさ・破壊力ともに優れ、では5メートルものケージの上から放つこともあった。 後にギミックと共にが継承し、またサベージの死後、が技のみ継承した。 ロープを使っての 相手の首や髪を掴みながら走り、自らは場外へジャンプし相手の喉をトップロープに押しつけダメージを与える。 合わせた両握り拳を相手に叩きつける技。 試合では非常に多用され、通常のトップロープから放つもの以外にも、ランニング式や場外の相手にトップロープから投下する場合もある。 しかし着地の際の衝撃が原因で後年は膝を悪化させた。 いわゆる。 走りこんで相手の首に腕を巻きつけ、自らも背中から倒れ込みながら、相手の後頭部をマットに叩きつける。 背後から相手の背中・腰に膝を打ち当てる。 相手はその勢いで顔面からターンバックルに激突するか、場外に転落するまでが流れである。 見た目の派手さからショーマンレスラーと思われがちだが本来は試合巧者であり、リングを隅々まで使うそのファイトスタイルは、や等にも大きな影響を与えている。 獲得タイトル [編集 ]• : 2回• : 1回• 優勝 : 1987年• : 2015年• : 4回• NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座 : 1回• AWA南部ヘビー級王座 : 2回• CWAインターナショナル・ヘビー級王座 : 1回• USWA統一世界ヘビー級王座 : 1回• WWC北米ヘビー級王座 : 1回 インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング• ICW世界ヘビー級王座 : 3回• AGPWインターナショナル・ヘビー級王座 : 2回 エピソード [編集 ]• 妻であったエリザベスはサベージと別れた後、と交際していたが、5月1日、ルガーの自宅で死去しているところを発見された。 死因は鎮痛剤とアルコールの過剰摂取。 ホーガンとは何度となく試合をしてきたが、カウントアウトや反則裁定以外では勝利したことがない。 視聴者数は全米で1440万人を記録。 公開の映画『』に " Bone Saw McGraw" として出演し、スパイダーマンことと劇中でプロレスの試合をした。 そのスパイダーマンとの試合の前にはと対戦しを放った。 なお、サベージはルーキー時代にザ・スパイダーというとして闘っていた時期がある。 晩年はプロレスはセミリタイア状態となり、としても活動していた。 ハイスクール卒業後の1971年、傘下のルーキー級のチームで、のちに日本のなどでプレーすることになるとチームメートだった。 脚注 [編集 ] []• Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2018年10月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Kayfabe Memories. com. 2015年4月30日閲覧。 Memphis Wrestling History. 2010年10月4日閲覧。 Cleveland. com. 2015年8月17日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2019年1月19日閲覧。 Online World of Wrestling. 2019年1月19日閲覧。 UPI. com. 2011年5月20日閲覧。 WWE. com. 2011年5月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年5月21日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2014年7月27日閲覧。 Online World of Wrestling. 2011年5月21日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の