呪術 廻 戦 108。 呪術廻戦108話 陀艮の領域展開!絶望の劣勢からの助っ人登場!

最新ネタバレ『呪術廻戦』108

呪術 廻 戦 108

呪術廻戦108話のネタバレ 陀艮の領域展開 陀艮は領域展開蕩蘊平線を発動。 真希と七海は魚の式神に襲われるが、当たるまで気づくことができなかった。 これが領域の必中効果。 直毘人は秘伝落花の情という御三家に伝わる対領域の術で式神を防いでいた。 落花の情は簡易領域のように自ら領域を展開する技ではなく、必中の術式が発動し触れた瞬間にカウンターで呪力を解放し身を守る技である。 小手調べが済んだ陀艮は、直毘人に7:七海に3の力配分でいくことを決め、死累累湧軍という術式を解放していく。 真希の反撃開始 七海は真希に「触れられたと感じたら片っ端から叩き落として下さい」と伝えるが、その瞬間七海は式神に食われまくってしまう。 落花の情で式神を防ぐ直毘人も「マズい」と感じていた。 陀艮が出す式神の勢いが一向に衰えることがなかったからだ。 式神で視界が防がれているところに陀艮に殴り飛ばされてしまう。 陀艮いわく海は万物の生命の源であり、死累累湧軍は際限なく湧き出る式神とのこと。 陀艮がもっとも弱いと認識している真希にはあまり式神を使わず、直接蹴り飛ばしていく。 「弱ぇって言うならよぉ一撃で殺せやタコ助」と返す真希だったが、伏黒と合流して強力な呪具を受け取らずに来てしまったことを内心後悔していた。 そこに伏黒が嵌合暗翳庭の領域展開で割り込み、真希に特級呪具遊雲を渡す。 ここから真希の反撃が始まっていく!? 呪術廻戦108話の感想 領域展開を使った戦いがちゃんと描かれるのは今回が始めてですが、やっぱりめちゃめちゃ強いですね。 こんなことやられてしまうと領域展開を使えないと詰んでしまうというのも納得です。 真希が遊雲を手にしてかなり自信ありげな顔をしていましたが、遊雲を手にしたことでこの状況を打破できる算段があるのでしょうか??確か遊雲の能力は明らかになっていなかったので、おそらく遊雲の能力にこの状況を突破できる秘密が隠されているのでしょう。 どんな能力なのか気になるところです。

次の

呪術廻戦108話 陀艮の領域展開!絶望の劣勢からの助っ人登場!

呪術 廻 戦 108

領域展開でビーチに飛ばされたナオビト。 七海ら3人とも飛ばされている。 マキと七海に、突然斬撃が当たる。 マキ「式神!これが領域の必中。 当たるまで存在しなかったのか」 どうやら、ピラニアのような魚が突然発生し、噛み付く攻撃を受けている。 ナオビトは、そのピラニアを叩き斬っているため、攻撃を食らっていない。 ナオビト「秘伝 落花の情」 落下の情とは、御三家に伝わる対領域の術 簡易領域のように自らは領域を展開せず、必中の術式が発動し触れた瞬間にカウンターで呪力を解放して身を守るものらしい。 呪霊が、再び式神を使う。 こんどはピラニアどころではなく、海王類のように大きな魚の群。 七海はマキに、次の瞬間には私たちの肉をえぐってくるから、「考えずに触れられた瞬間にはたき落せ」と指示。 ほとんど呪力のないマキにはそれしかない、とのこと。 といいつつも、七海はなんども攻撃を食らってしまう。 ナオビトは、うまいこと攻撃を避けれているようだが、式神の群で視界が限られており、呪霊からの近距離攻撃を受けてしまう。 呪霊曰く、海は万物の生命の源だから、際限なく湧き出る式神らしい。 さらに、「マキが一番弱い」と見抜き、彼女との間合いを詰めて蹴りを入れる。 しかし、立ち上がるマキ。 怒っている様子。 マキ「しくった。 先に恵と合流しとくべきだった。 いやそもそも持ち出し許可なんて待たずに・・・」 次の瞬間、呪霊が新たな領域展開をくりだしてくる。 そのとき、恵から武器が届く。 にやりと笑うマキ。 「特急呪具 游雲!!」 さんせつこんのような武器を手に取ったところで、今週終わり。

次の

呪術廻戦108話 陀艮の領域展開!絶望の劣勢からの助っ人登場!

呪術 廻 戦 108

味方 呪術師 のキャラ一覧 呪術高専1年のキャラ キャラ名 人物紹介 板杖悠仁 いたどりゆうじ 呪術廻戦の主人公。 先輩を呪霊から救うため、呪いの王「両面宿儺」の指を食べて呪力を得た。 優しい性格で、仲間を思う心を持つ好青年。 伏黒恵 ふしぐろめぐみ 呪術界では天才と称されている主人公と同じ高校一年生。 影を使って犬や蛙などの式神を召喚する術師。 悪人が嫌いな一面を持つ、正義感が強いキャラ。 釘崎野薔薇 くぎさきのばら 田舎が嫌で東京の主人公と同じ呪術高専に入学。 トンカチと藁人形を使い、呪いの様な術式で相手を倒す。 自分が自分らしくあるために行動を取れるカッコいいキャラ。 呪術高専2年のキャラ キャラ名 人物紹介 禪院真希 ぜんいんまき エリート呪術家「禪院家」の出身。 呪力を持っておらず落ちこぼれ扱いされていたが、自分を見下す「禪院家」を見返すために呪術高に入学。 人間離れした身体能力で、呪具を使って戦う。 後輩 特に釘崎野薔薇 から慕われる頼れるキャラ。 狗巻棘 いぬまきとげ 言葉に呪力を込めて放つ呪術師。 言葉を放った際に呪力が込められてしまうため、生活においては、おにぎりの具材でしか話さない。 ちなみに「しゃけ」は肯定、「おかか」は否定であるのは確認出来る。 パンダ 夜蛾正道が作った突然変異呪骸。 生き物ではないが、考え方や発言の内容は、人間味のある根明キャラ。 戦闘は、見た目にハマった近接での戦いを好む。 乙骨憂太 おつこつゆうた 呪術界に4人しか存在しない特級術師。 0巻では、自身に大きな呪いが宿っており、呪いを解くために健闘した。 現在は海外に行っており、何をしているかは明かされていない。 先生,その他呪術師のキャラ キャラ名 人物紹介 ごじょうさとる 呪術廻戦における最強のキャラ。 呪術界に4人しか存在しない特級術師であり、その力は計り知れない。 権力に溺れた呪術界上層部を嫌っており、主人公達を育てて呪術界の変革を狙っている。 七海健人 ななみけんと 脱サラ呪術師。 「呪術師はクソ」と判断し一度企業に勤めたが「労働もクソ」であったため、適性のある呪術師になった。 面倒見が地味に良く、主人公を指導した教師キャラ。 ちなみに主人公から、ナナミンと呼ばれている。 東堂葵 とうどうあおい 呪術高専京都校の3年生。 術式を使わなくともパワーだけで一級呪霊を倒す実力を持つ男。 認めた人にはとことん尽くすが、認めてない人に対しての態度は非常に悪い。 尻と慎重のデカい女性がタイプ。 敵 呪霊,呪詛師 のキャラ一覧 キャラ名 人物紹介 げとうすぐる 過去に大きな心の傷を負い 9巻参照 、非術師の抹消を試みる呪詛師。 元特級呪術師で、五条悟の親友でもあった。 両面宿儺 りょうめんすくな 千年以上前の時代に、呪術師が総力を挙げて挑んでも勝てなかった呪霊「呪いの王」。 死んでもなお、20本の手の指が強力な呪いとなって各地に点在している。 見た目は、指を飲み込んで受肉した板杖悠仁に似た顔になっている。 真人 まひと 人が人を憎み恐れたことで生まれた呪霊。 成長スピードの速さから、呪術師に危険な存在と認識されている。 振れた物の魂の形を変える事が出来るため、改造人間を作ることが出来る。 漏瑚 じょうご 大地の天災を恐れたことで生まれた呪霊。 感情が高ぶると、頭と耳から火山のように炎をだす。 花御 はなみ 森を恐れたことで生まれた呪霊。 特殊な気配を持っており、精霊に近い呪霊として作中で紹介された。 植物に潜り込むことが可能で、気配を消すのが得意。 呪術廻戦の関連記事.

次の