オリコン 年間 ランキング 2019。 ビルボードジャパン 年間ランキング2019発表~【Hot 100】は日米初の2年連続米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は嵐『5×20 All the BEST!! 1999

ハウスクリーニングのランキング2020年版 オリコン顧客満足度|調査企業16社の比較・クチコミ・評判

オリコン 年間 ランキング 2019

概要 [ ] に 日本レコードセールス大賞(にほんレコードセールスたいしょう)としてスタートし、の第37回から現在の名称に改称した。 前年12月から当年11月までの調査協力店の集計による売上を基に、受賞者が決定される。 部門 [ ] 部門が設けられたのは第17回(1984年)からであり、それまではシングル部門大賞(シングルセールス1位アーティスト)は「セールス大賞」 、アルバム(LP)部門大賞(アルバムセールス1位アーティスト)は「LP大賞」と呼ばれていた。 アーティストトータルセールス• アーティスト別の年間の合計売上金額により決定される。 本賞の部門としては第19回(1986年)に新設された。 但し、それ以前もオリコンからアーティストトータルセールスのランキング自体は発表されていた。 シングルセールス• アルバムセールス• 洋楽アルバムセールス• インディーズシングルセールス• インディーズアルバムセールス• 新人シングルセールス• 新人アルバムセールス• 音楽DVDセールス• 音楽Blu-ray Discセールス• 作詞家部門• 作曲家部門• 編曲家部門 など。 シングル・アルバムセールスに関しては、作品別売上枚数、作品別売上金額、アーティスト別売上金額がそれぞれ発表される。 歴代年間トータルセールス1位アーティスト [ ]• 1974年:• 1975年:井上陽水(2度目)• 1976年:• 1977年:• 1978年:ピンク・レディー(2度目)• 1979年:• 1980年:• 1981年:• 1982年:• 1983年:• 1984年:• 1985年:中森明菜(2度目)• 1986年:中森明菜(3度目)• 1987年:中森明菜(4度目)• 1988年:• 1989年:(2度目)• 1990年:• 1991年:• 1992年:• 1993年:• 1994年:• 1995年:TRF(2度目)• 1996年:• 1997年:• 1998年:B'z(2度目)• 1999年:• 2000年:• 2001年:浜崎あゆみ(2度目)• 2002年:宇多田ヒカル(2度目)• 2003年:浜崎あゆみ(3度目)• 2004年:宇多田ヒカル(3度目)• 2005年:• 2006年:• 2007年:倖田來未(2度目)• 2008年:• 2009年:• 2010年:嵐(2度目)• 2011年:• 2012年:AKB48(2度目)• 2013年:嵐(3度目)• 2014年:嵐(4度目)• 2015年:嵐(5度目)• 2016年:嵐(6度目)• 2017年:嵐(7度目)• 2018年:安室奈美恵(2度目)• 2019年:嵐(8度目) 集計対象の変遷• ?〜1977年:シングル、LP、カセット、カートリッジ• 1978年〜1985年:シングル、LP、カセット• 1986年〜1989年:シングル、LP、カセット、CD• 1990年〜1995年:シングル、カセット、CD• 1996年〜2003年:シングル、アルバム• 2004年〜2012年:シングル、アルバム、ミュージックDVD• 2013年〜2018年:シングル、アルバム、ミュージックDVD・Blu-ray• 2019年〜:シングル、アルバム、ミュージックDVD・Blu-ray、デジタルシングル(単曲)、デジタルアルバム、ストリーミング 脚注 [ ]• 「セールス大賞」は第3回(1970年)で新設され、第1回(1968年)〜第2回(1969年)までは「ゴールデン賞」が最高位の賞であった。 『コンフィデンス年鑑 1977年版』、31頁。 『コンフィデンス年鑑 1978年版』、28頁。 『コンフィデンス年鑑 1979年版』、30頁。 『オリコン年鑑 1980年版』、30頁。 『オリコン年鑑 1981年版』、31頁。 『オリコン年鑑 1982年版』、30頁。 『オリコン年鑑 1983年版』、27頁。 『オリコン年鑑 1984年版』、28頁。 『オリコン年鑑 1985年版』、28頁。 『オリコン年鑑 1986年版』、345頁。 『オリコン年鑑 1987年版』、379頁。 『オリコン年鑑 1988年版』、資17頁。 『オリコン年鑑 1989年版別冊 オリコン・チャート・データ'88』、28頁。 『オリコン年鑑 1990年版別冊 オリコン・チャート・データ'89』、46頁。 『オリコン年鑑 1991年版別冊 オリコン・チャート・データ'90』、41頁。 『オリコン年鑑 1992年版別冊 オリコン・チャート・データ'91』、19頁。 『オリコン年鑑 1993年版別冊 オリコン・チャート・データ'92』、21頁。 『オリコン年鑑 1994年版別冊 オリコン・チャート・データ'93』、29頁。 『オリコン年鑑 1995年版別冊 オリコン・チャート・データ'94』、30頁。 『オリコン年鑑 1996年版別冊 オリコン・チャート・データ'95』、30頁。 『オリコン年鑑 1997年版別冊 オリコン・チャート・データ'96』、29頁。 『オリコン年鑑 1998年版別冊 オリコン・チャート・データ'97』、23頁。 com、2002年12月29日。 『オリコン年鑑 1999年版別冊 オリコン・チャート・データ'98』、23頁。 『オリコン年鑑 2000年版別冊 オリコン・チャート・データ'99』、25頁。 『オリコン年鑑 2001年版別冊 オリコン・チャート・データ2000』、26頁。 COM、2001年12月14日。 『オリコン年鑑 2002年版 データ本』、25頁。 『オリコン年鑑 2003年版 データ本』、62頁。 『オリコン年鑑 2004年版 データ本』、60頁。 、スポニチアネックス、2003年12月15日。 『オリコン年鑑 2005年版 データ本』、76頁。 、オリコン、2006年12月21日14時00分。 『オリコン年鑑 2006年版』、77頁。 、オリコン、2005年12月19日。 『オリコン年鑑 2007年版』、76頁。 、オリコン、2006年12月21日。 『オリコン年鑑 2008年版』、76頁。 、オリコン、2007年12月18日。 『オリコン年鑑 2009年版』、100頁。 、オリコン、2008年12月11日。 、オリコン、2009年12月18日。 、オリコン、2010年12月20日。 、オリコン、2011年12月19日。 、オリコン、2012年12月20日。 、オリコン、2013年。 、オリコン、2014年12月20日。 、オリコン、2015年12月23日。 、オリコン、2016年12月24日。 、 オリコン、2017年12月23日。 、 オリコン、2018年12月20日。 、オリコン、2019年12月23日。 2001年版までのオリコン年鑑の「アーティストセールス比較」には「CD」と記載されている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

ハウスクリーニングのランキング2020年版 オリコン顧客満足度|調査企業16社の比較・クチコミ・評判

オリコン 年間 ランキング 2019

0万枚を記録し1位を獲得した。 また、2位にも期間内売上130. 9万枚で「ジワるDAYS」がランクインし、これで2010年の「Beginner」以来、10年連続の年間シングル1位を獲得。 年間シングル1位、2位独占も、同じく2010年以来の10年連続となっている。 また、自身が歴代1位記録を持つ「年間シングル1位連続獲得年数」、「年間シングル1位、2位独占連続獲得年数」を今年度も更新。 なお、上記2作品がミリオンを突破したことで、昨年歴代単独1位となった「年間シングルミリオンセールス連続達成年数」も9年連続に自己更新した。 1位〜25位 2019年間シングルCDランキング 01位 AKB48「サステナブル」 02位 AKB48「ジワるDAYS」 03位 乃木坂46「Sing Out! 0万枚を記録し1位を獲得した。 また、2位にも期間内売上130. 9万枚で「ジワるDAYS」がランクインし、これで2010年の「Beginner」以来、10年連続の年間シングル1位を獲得。 年間シングル1位、2位独占も、同じく2010年以来の10年連続となっている。 また、自身が歴代1位記録を持つ「年間シングル1位連続獲得年数」、「年間シングル1位、2位独占連続獲得年数」を今年度も更新。 なお、上記2作品がミリオンを突破したことで、昨年歴代単独1位となった「年間シングルミリオンセールス連続達成年数」も9年連続に自己更新した。 1位〜25位 2019年間シングルCDランキング 01位 AKB48「サステナブル」 02位 AKB48「ジワるDAYS」 03位 乃木坂46「Sing Out!

次の

ビルボードジャパン 年間ランキング2019発表~【Hot 100】は日米初の2年連続米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は嵐『5×20 All the BEST!! 1999

オリコン 年間 ランキング 2019

下記各ランキングは、「オリコン年間ランキング 2019」より抜粋。 Say! Say! - Hey! Say! Say! JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE Hey! Say! Say! JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE Hey! Say! Children Tour 2018-19 重力と呼吸 Mr. - Hey! Say! Say! JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE Hey! Say! Children Tour 2018-19 重力と呼吸 Mr. Children 101. (キャリア・グループからのソロまたはプロジェクト・デビュー、キャリア・アーティストを主体としたグループ、等は除く。 1円で算出。 より引用。 オリコンランキング集計方法について。 昨今、複数の大物アーティストが、各サブスクリプションサービスへの音楽配信を解禁。 元号が「令和」になって初となった当ランキングでもまた大きな結果を残したことになりましたが、果たして 来年・2020年(令和2年)は、一体どのようなご活躍を見せられるのでしょうか。 引き続き熱い注目が集まるところです。 カテゴリー• 最近の投稿• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月8日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年6月1日• 2020年5月31日• 2020年5月30日 アーカイブ•

次の