フットボールアンテナ。 サッカーまとめサイト|FOOTBALL TOPIC(フットボールトピック)

サカサカ10【サッカーまとめ速報】

フットボールアンテナ

サッカーまとめサイト• フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. ドメサカブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットカルチョ on 2020. NO FOOTY NO LIFE on 2020. Samurai GOAL on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. ドメサカブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. フットカルチョ on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットボール速報 on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. ドメサカブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. サッカーミックスジュース on 2020. フットカルチョ on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. フットボール速報 on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020.

次の

<フットボールチャンネル>鹿島、次節にも優勝決まる

フットボールアンテナ

09 ID:OVsTDhyl9. net 降り注いでくる拍手を聞きながら、ファジアーノ岡山の北川真也代表取締役社長は「鳥肌が立ちました」と明かした。 試合後に特別に設けられたオンライン会見の、冒頭におけるひとコマだった。 「試合前のウォーミングアップが始まるときに拍手が起きて、選手たちは私以上に感情をかみしめたと思っています。 普段はどれだけありがたい環境で試合ができているのか、を実感しました」 拍手を送ったのはスタンドから見守るファジアーノのファン・サポーターだった。 ホームのシティライトスタジアムでギラヴァンツ北九州に0-2で屈した10日の明治安田生命J2リーグ第4節。 土日に先駆けて行われた唯一の試合は、先月27日から無観客試合改めリモートマッチで再開したJリーグが、ファン・サポーターの入場解禁へ初めて移行した一戦として大きな注目を集めた。 北川社長が続ける。 「開催にあたって多くの方々に力をいただきました。 岡山市の保健所の方もスタジアムや練習場に来ていただき、送っていただいたいろいろなアドバイスのもとで試合運営ができたことを、この場を借りて感謝を申し上げます。 いまのところ大きなトラブルはなかった、と聞いています。 まずは(有観客試合を)スタートすることができて、そして無事に終われたことに少しホッとしています」 Jリーグは政府が5月下旬に定めた「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に沿って、新型コロナウイルスによる長期中断からリモートマッチでのJ1・J2の再開およびJ3の開幕へ、そして強い入場制限が課された10日からの「超厳戒態勢時」へ段階を踏んで状況を移行させてきた。 観客数の目安は5000人か、あるいはスタジアム収容人員の50%のうち、人数が少ない方を上限して選択する。 シティライトスタジアムの入場可能数は1万5479人。 ゆえに前者が上限となるなかで、ファジアーノは3500人から最大4000人を迎え入れる準備を進めてきた。 中断前のACLプレーオフ、ルヴァン杯と合わせると公式戦5連敗。 ザーゴ監督を迎えて新たなスタイルを構築しているが、生みの苦しみに直面している。 前節の川崎F戦同様、立ち上がりの失点でペースが崩れた。 前半7分の先制点の場面は、裏に抜け出した相手FWをオフサイドだと思いこんだ判断ミス。 後半ロスタイムの追加点も、自陣でのボールロストが起点となってしまった。 ザーゴ監督は「不注意による失点で追いかける展開となり、自分たちで負担を増やしてしまった」と、ミスからの失点を厳しく追及した。 内容が絶望的なわけではない。 シュート数は18本と相手の倍以上だった。 MFファン・アラーノが「やっていることは間違っていない」と話すように、選手らは日々の取材で一定の手応えを口にしている。 後半30分にカウンターからGKと1対1のチャンスを作ったDF永戸は「ニアじゃなくてファーに打つ判断ができれば、こぼれ球を味方が拾えたかもしれない。 確実に仕留めるところが足りない」と、フィニッシュの精度を課題に挙げた。 思えば今季5試合でオウンゴールによる1点しか奪えていない。 狙った形からの1発が生まれれば、流れは変わるはずだ。 指揮官は「先制点を決められたら状況は変わると思う。 迷いなく今やっていることを続けたい」とブレない姿勢を示した。 net 兵庫県サッカー協会は12日までに2020~21年度の役員人事を行い、新会長にJ1神戸副会長の三木谷研一氏(58)を選出した。 同氏は、楽天の会長兼社長でJ1神戸の会長でもある三木谷浩史氏(55)の兄。 前会長の中桐俊男氏(67)は退任した。 研一氏は東京大農学部から東京大大学院に進み、住友化学に入社。 スウェーデンの王立研究所勤務などを経て神戸学院大の客員教授を歴任した。 県サッカー協会では18年度から副会長。 神戸・三宮にある外国人スポーツクラブ「神戸レガッタ&アスレチック倶楽部」の理事長なども務めている。 前任の中桐氏は18年度に副会長兼専務理事から昇格。 明石市に兵庫県フットボールセンター明石グラウンドを開設するなど環境整備に尽力した。 yimg. 24 ID:DhqvqRjB9. net 7月1日の『東スポWeb』が、テレビ朝日系のサッカー番組『やべっちF. ~日本サッカー応援宣言~』(日曜23時55分~)が、8月終了で調整が進められていると報じ、サッカーファンをはじめ、関係各所に大きな波紋を広げている。 同番組は2002年4月、日韓ワールドカップ開催年に放送を開始。 番組スタート時から18年にわたって、ナインティナインの矢部浩之(48)がMCを務めてきた。 「東スポがスクープとして報じた段階では、真偽が定かではありませんでしたが、同日午後には日刊スポーツをはじめとする複数のスポーツ紙も報じました。 』終了のニュースに、京都サンガF. 所属の李忠成選手もツイッターで「え? やだやだ。 サッカー選手をスターに押し上げてくれる番組。 絶対に終わって欲しくない。。 」と投稿。 清水エスパルスに所属する元北朝鮮代表の鄭大世選手も7月1日にツイッターで「Jリーグ、サッカーファンにとっても決して無くしてはならない天然記念物並の番組です。 子供達の夢もここから生まれます」というコメントとともに、番組の存続を呼びかけた。 』に生出演。 番組の終盤、名物コーナーの「はーい!やべっち」にはブラジルから元日本代表の三都主アレサンドロ氏がビデオ出演。 「矢部さん、『やべっちF. 』、これからも日本のサッカーを盛り上げてください。 遠いブラジルから応援しています!」とエールを送られると、矢部は「ありがとうございます! おじいちゃんになるまで盛り上げたいと思います」と笑顔で応じた。 民放キー局スポーツ局ディレクターは話す。 「先日の放送の矢部さんの発言はかなり意味深でしたよね。 実は、『やべっちF. 』は終わらないそうですよ。 いや、正確には一度終わるのですが、少し形を変えてDAZN内で、新たな番組が始まることになるという話なんですよ」 つづく 2020. 56 ID:OVsTDhyl9. net 新型コロナウイルスの感染拡大からサッカーJリーグが再開する直前、サッカー界にとってショッキングなニュースが流れていた。 放送 18 年目を迎えていたテレビ朝日系「やべっち F. ~日本サッカー応援宣言~」が8月いっぱいでピリオドを打つ、というのだ。 日本サッカーを支えてきたサッカー番組にいったい何が起きたのか、その舞台裏を探った。 「おじいちゃんになるまで盛り上げたいと思います……ハート」 打ち切り報道後、最初のオンエアとなった5日、MCの矢部浩之は番組の締めくくりに笑顔でコメントした。 現在までのところ、テレビ朝日側からの「番組終了」の正式発表はない。 しかし、舞台裏を取材し、事実が次々に明らかになるにつれて、矢部のコメントはむなしく響く。 Jリーグが再開したこのタイミングで「やべっち F. 」の放送終了が表面化すること自体、「一体なぜ? 」という疑問が湧く。 しかしこの話は突然決まったものではなかったようだ。 TV 局スタッフはこう証言する。 「一番の理由は、矢部さんの番組に対するモチベーションが薄くなってきたことです。 家族との時間を重視するようになった昨今、深夜の生放送番組は敬遠しがちになりました。 「番組の予算は、放送時間などを考えると1回 300 万円台と思います。 このランクの制作費ならば、スポンサーさんが番組を続けたいという意向が大前提ですが、我々の段階で何ともでなる金額です。 しかし当のMCさんに熱意がないとなると、話は違ってきます」 小学4年からサッカーを始めた矢部は「 C大阪の前身 ヤンマーサッカー部の選手になる」という夢を本気で追い求めていた。 番組は 日韓W杯が開催された2002 年4月に始まった。 以降、薄氷の戦いが毎回続く W 杯アジア最終予選にも必ず現場に足を運び、春の J クラブキャンプの時に選手スタッフが自らカメラを回して取材をする「デジっち」など、ユニークな企画を連発。 特に「デジっち」は 2013 年に J リーグ公認企画にもなった。 Jリーグ関係者が明かす。 「深夜生放送の番組でしたが、J1全試合のビデオを流してくれました。 サッカーをする子供たちが、毎週しっかりこの番組を録画をして楽しんでいると聞いていました。 日本サッカー界に大きく貢献していただいたのは言うまでもありません」 テレビ朝日どころか、日本サッカー界を背負って立つ看板番組にもなった。 この番組をきっかけに矢部本人の知名度もアップ。 スポーツ紙デスクが明かす。 「独身時代はお笑いタレントを集めた『矢部会』を編成して、メンバーには南海キャンディーズの山里亮太や渡部建らがいたんですが、結婚後は夜遊びの噂はピタリと止まりました。 』にも出演させるほど、子煩悩なパパなんです。 10 ID:cRd5ze4I9. net レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英には、約30クラブが獲得に興味を持っているとされている。 その中には、レアル・ソシエダやミランのようにすでに具体的な動きをしているクラブもある。 かつて元日本代表FWの城彰二がプレーしたバジャドリーも、そのひとつのようだ。 スペイン・メディア『Todofichajes』が伝えたところによると、バジャドリーは、オーナーを務める元ブラジル代表FWのロナウドを通じて、獲得の打診をしているという。 ロナウドは現役時代にプレーしたマドリーと良好な関係を築いており、昨夏にも、GKアンドリー・ルニン、カスティージャ(Bチーム)所属のDFハビ・サンチェスとMFホルヘ・デ・フルートスの3人をレンタルで借り受けている。 ただ、マドリーは久保をマジョルカよりワンランク上のチームにレンタルしたい意向を持っている。 user. webaccel. yimg. jpg フランクフルトのMF鎌田大地は、今夏退団の可能性もあるようだ。 ドイツ紙『ビルト』が伝えている。 鎌田は今シーズン、アディ・ヒュッター監督の下で攻撃の中心選手としてスタメンに定着。 公式戦47試合に出場し、10ゴール9アシストと見事な成績を残した。 2021年までとなっている契約に関しても、フランクフルトのフレディ・ボビッチ執行役員は延長交渉に自信を示していたが、ここに来て潮目が変わってきている。 『ビルト』の有料記事によると、鎌田の代理人であるロベルト佃氏がフランクフルトの延長オファーに納得しておらず、他の選択肢も検討したいとのこと。 クラブ側は選手が契約最終年に入ってしまうため、このまま話がまとまらなければ今夏の売却も検討し始めたようだ。 以前までは、もう1人の代理人であるトーマス・クロート氏は延長オファーに前向きだったが、ロベルト佃氏が納得していないために、交渉が進んでいない模様。 2019-20シーズンの活躍もあり、鎌田を狙うクラブも多くあるだけに、今夏の動向に注目が集まるところだ。 net (CNN) ロシアで16歳のサッカー選手が練習中に雷に打たれて重いやけどを負い、病院に運ばれた。 所属チームは選手が稲妻に直撃される瞬間の映像を公開した。 雷に直撃されたのは、ロシアのサッカークラブ、ズナーミャ・トルーダに所属するゴールキーパーのイワン・ザクボロフスキー選手(16)。 今月4日の練習中、ゴールに向けてボールを蹴ろうとしたところで落雷に遭った。 同チーム総監督のイゴール・マヨロフ氏は、「空は晴れていて、雲はかかっていたが雨も風もなかった。 雷雨が発生していれば、練習はしていなかった」と話す。 ザクボロフスキー選手は重度のやけどを負って病院に運ばれ、医療措置による昏睡状態に置かれている。 同チームのツイッターでは、ザクボロフスキー選手の容体は安定していて、生命が脅かされる状態ではないとした。 「誰もが素早く行動した。 救急車は8分で到着した」「選手は呼吸停止状態だったと思われるが、恐らく応急措置を受けたおかげで助かった」とマヨロフ氏は述べ、心電図検査の結果、心臓は正常だったと説明している。 今後も引き続き、脳を休ませて酸素で満たすために昏睡状態に置かれる予定だが、ザクボロフスキー選手の「回復力は確か」だとマヨロフ氏は強調している。 17 ID:LuWJnDdK9. net プレミアリーグ第36節、9位アーセナルと首位リバプールの試合が現地時間15日に行われた。 アウェイのリバプールが1-2の敗戦を喫した。 リバプールに所属する日本代表MF南野拓実は61分に途中出場を果たした。 【動画】クロップ監督が確信の笑み!?南野拓実、リバプール戦の衝撃ボレーをもう一度! 20分にサディオ・マネのゴールで先制したリバプールだったが、32分と44分に自分たちのミスから失点。 結局、逆転することはできず、リバプールは敗戦を喫した。 南野は投入直後の63分、マネの縦パスを受けペナルティエリア左に侵入。 ダビド・ルイスにマークされながらも、前を向いて左足のシュート。 これは惜しくもゴール右に外れたが、投入直後から積極的にゴールを狙った。 米メディア『ESPN』はユルゲン・クロップ監督に7(最高10)と高評価。 「勝ち点を得るのに十分ではなかったとしても、南野を投入するという彼の選択はチームのプレーを活性化させた」と南野についても触れている。 同メディアは南野に対してチーム2位タイの「7」をつけ、「とても生き生きしていた。 リバプールの攻撃陣にエネルギーを注入した」と評価している。 英メディア『スカイスポーツ』は及第点の「6(最高10)」をつけた。 地元紙「リバプールエコー」は「7」をつけ、「投入直後、少し横にシュートを引っ張った。 リバプールの攻撃陣にエネルギーを与えた」としている。 リバプールは残り2試合。 次節はチェルシーと対戦する。

次の

ヤフオク!

フットボールアンテナ

09 ID:OVsTDhyl9. net 降り注いでくる拍手を聞きながら、ファジアーノ岡山の北川真也代表取締役社長は「鳥肌が立ちました」と明かした。 試合後に特別に設けられたオンライン会見の、冒頭におけるひとコマだった。 「試合前のウォーミングアップが始まるときに拍手が起きて、選手たちは私以上に感情をかみしめたと思っています。 普段はどれだけありがたい環境で試合ができているのか、を実感しました」 拍手を送ったのはスタンドから見守るファジアーノのファン・サポーターだった。 ホームのシティライトスタジアムでギラヴァンツ北九州に0-2で屈した10日の明治安田生命J2リーグ第4節。 土日に先駆けて行われた唯一の試合は、先月27日から無観客試合改めリモートマッチで再開したJリーグが、ファン・サポーターの入場解禁へ初めて移行した一戦として大きな注目を集めた。 北川社長が続ける。 「開催にあたって多くの方々に力をいただきました。 岡山市の保健所の方もスタジアムや練習場に来ていただき、送っていただいたいろいろなアドバイスのもとで試合運営ができたことを、この場を借りて感謝を申し上げます。 いまのところ大きなトラブルはなかった、と聞いています。 まずは(有観客試合を)スタートすることができて、そして無事に終われたことに少しホッとしています」 Jリーグは政府が5月下旬に定めた「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に沿って、新型コロナウイルスによる長期中断からリモートマッチでのJ1・J2の再開およびJ3の開幕へ、そして強い入場制限が課された10日からの「超厳戒態勢時」へ段階を踏んで状況を移行させてきた。 観客数の目安は5000人か、あるいはスタジアム収容人員の50%のうち、人数が少ない方を上限して選択する。 シティライトスタジアムの入場可能数は1万5479人。 ゆえに前者が上限となるなかで、ファジアーノは3500人から最大4000人を迎え入れる準備を進めてきた。 中断前のACLプレーオフ、ルヴァン杯と合わせると公式戦5連敗。 ザーゴ監督を迎えて新たなスタイルを構築しているが、生みの苦しみに直面している。 前節の川崎F戦同様、立ち上がりの失点でペースが崩れた。 前半7分の先制点の場面は、裏に抜け出した相手FWをオフサイドだと思いこんだ判断ミス。 後半ロスタイムの追加点も、自陣でのボールロストが起点となってしまった。 ザーゴ監督は「不注意による失点で追いかける展開となり、自分たちで負担を増やしてしまった」と、ミスからの失点を厳しく追及した。 内容が絶望的なわけではない。 シュート数は18本と相手の倍以上だった。 MFファン・アラーノが「やっていることは間違っていない」と話すように、選手らは日々の取材で一定の手応えを口にしている。 後半30分にカウンターからGKと1対1のチャンスを作ったDF永戸は「ニアじゃなくてファーに打つ判断ができれば、こぼれ球を味方が拾えたかもしれない。 確実に仕留めるところが足りない」と、フィニッシュの精度を課題に挙げた。 思えば今季5試合でオウンゴールによる1点しか奪えていない。 狙った形からの1発が生まれれば、流れは変わるはずだ。 指揮官は「先制点を決められたら状況は変わると思う。 迷いなく今やっていることを続けたい」とブレない姿勢を示した。 net 兵庫県サッカー協会は12日までに2020~21年度の役員人事を行い、新会長にJ1神戸副会長の三木谷研一氏(58)を選出した。 同氏は、楽天の会長兼社長でJ1神戸の会長でもある三木谷浩史氏(55)の兄。 前会長の中桐俊男氏(67)は退任した。 研一氏は東京大農学部から東京大大学院に進み、住友化学に入社。 スウェーデンの王立研究所勤務などを経て神戸学院大の客員教授を歴任した。 県サッカー協会では18年度から副会長。 神戸・三宮にある外国人スポーツクラブ「神戸レガッタ&アスレチック倶楽部」の理事長なども務めている。 前任の中桐氏は18年度に副会長兼専務理事から昇格。 明石市に兵庫県フットボールセンター明石グラウンドを開設するなど環境整備に尽力した。 yimg. 24 ID:DhqvqRjB9. net 7月1日の『東スポWeb』が、テレビ朝日系のサッカー番組『やべっちF. ~日本サッカー応援宣言~』(日曜23時55分~)が、8月終了で調整が進められていると報じ、サッカーファンをはじめ、関係各所に大きな波紋を広げている。 同番組は2002年4月、日韓ワールドカップ開催年に放送を開始。 番組スタート時から18年にわたって、ナインティナインの矢部浩之(48)がMCを務めてきた。 「東スポがスクープとして報じた段階では、真偽が定かではありませんでしたが、同日午後には日刊スポーツをはじめとする複数のスポーツ紙も報じました。 』終了のニュースに、京都サンガF. 所属の李忠成選手もツイッターで「え? やだやだ。 サッカー選手をスターに押し上げてくれる番組。 絶対に終わって欲しくない。。 」と投稿。 清水エスパルスに所属する元北朝鮮代表の鄭大世選手も7月1日にツイッターで「Jリーグ、サッカーファンにとっても決して無くしてはならない天然記念物並の番組です。 子供達の夢もここから生まれます」というコメントとともに、番組の存続を呼びかけた。 』に生出演。 番組の終盤、名物コーナーの「はーい!やべっち」にはブラジルから元日本代表の三都主アレサンドロ氏がビデオ出演。 「矢部さん、『やべっちF. 』、これからも日本のサッカーを盛り上げてください。 遠いブラジルから応援しています!」とエールを送られると、矢部は「ありがとうございます! おじいちゃんになるまで盛り上げたいと思います」と笑顔で応じた。 民放キー局スポーツ局ディレクターは話す。 「先日の放送の矢部さんの発言はかなり意味深でしたよね。 実は、『やべっちF. 』は終わらないそうですよ。 いや、正確には一度終わるのですが、少し形を変えてDAZN内で、新たな番組が始まることになるという話なんですよ」 つづく 2020. 56 ID:OVsTDhyl9. net 新型コロナウイルスの感染拡大からサッカーJリーグが再開する直前、サッカー界にとってショッキングなニュースが流れていた。 放送 18 年目を迎えていたテレビ朝日系「やべっち F. ~日本サッカー応援宣言~」が8月いっぱいでピリオドを打つ、というのだ。 日本サッカーを支えてきたサッカー番組にいったい何が起きたのか、その舞台裏を探った。 「おじいちゃんになるまで盛り上げたいと思います……ハート」 打ち切り報道後、最初のオンエアとなった5日、MCの矢部浩之は番組の締めくくりに笑顔でコメントした。 現在までのところ、テレビ朝日側からの「番組終了」の正式発表はない。 しかし、舞台裏を取材し、事実が次々に明らかになるにつれて、矢部のコメントはむなしく響く。 Jリーグが再開したこのタイミングで「やべっち F. 」の放送終了が表面化すること自体、「一体なぜ? 」という疑問が湧く。 しかしこの話は突然決まったものではなかったようだ。 TV 局スタッフはこう証言する。 「一番の理由は、矢部さんの番組に対するモチベーションが薄くなってきたことです。 家族との時間を重視するようになった昨今、深夜の生放送番組は敬遠しがちになりました。 「番組の予算は、放送時間などを考えると1回 300 万円台と思います。 このランクの制作費ならば、スポンサーさんが番組を続けたいという意向が大前提ですが、我々の段階で何ともでなる金額です。 しかし当のMCさんに熱意がないとなると、話は違ってきます」 小学4年からサッカーを始めた矢部は「 C大阪の前身 ヤンマーサッカー部の選手になる」という夢を本気で追い求めていた。 番組は 日韓W杯が開催された2002 年4月に始まった。 以降、薄氷の戦いが毎回続く W 杯アジア最終予選にも必ず現場に足を運び、春の J クラブキャンプの時に選手スタッフが自らカメラを回して取材をする「デジっち」など、ユニークな企画を連発。 特に「デジっち」は 2013 年に J リーグ公認企画にもなった。 Jリーグ関係者が明かす。 「深夜生放送の番組でしたが、J1全試合のビデオを流してくれました。 サッカーをする子供たちが、毎週しっかりこの番組を録画をして楽しんでいると聞いていました。 日本サッカー界に大きく貢献していただいたのは言うまでもありません」 テレビ朝日どころか、日本サッカー界を背負って立つ看板番組にもなった。 この番組をきっかけに矢部本人の知名度もアップ。 スポーツ紙デスクが明かす。 「独身時代はお笑いタレントを集めた『矢部会』を編成して、メンバーには南海キャンディーズの山里亮太や渡部建らがいたんですが、結婚後は夜遊びの噂はピタリと止まりました。 』にも出演させるほど、子煩悩なパパなんです。 10 ID:cRd5ze4I9. net レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英には、約30クラブが獲得に興味を持っているとされている。 その中には、レアル・ソシエダやミランのようにすでに具体的な動きをしているクラブもある。 かつて元日本代表FWの城彰二がプレーしたバジャドリーも、そのひとつのようだ。 スペイン・メディア『Todofichajes』が伝えたところによると、バジャドリーは、オーナーを務める元ブラジル代表FWのロナウドを通じて、獲得の打診をしているという。 ロナウドは現役時代にプレーしたマドリーと良好な関係を築いており、昨夏にも、GKアンドリー・ルニン、カスティージャ(Bチーム)所属のDFハビ・サンチェスとMFホルヘ・デ・フルートスの3人をレンタルで借り受けている。 ただ、マドリーは久保をマジョルカよりワンランク上のチームにレンタルしたい意向を持っている。 user. webaccel. yimg. jpg フランクフルトのMF鎌田大地は、今夏退団の可能性もあるようだ。 ドイツ紙『ビルト』が伝えている。 鎌田は今シーズン、アディ・ヒュッター監督の下で攻撃の中心選手としてスタメンに定着。 公式戦47試合に出場し、10ゴール9アシストと見事な成績を残した。 2021年までとなっている契約に関しても、フランクフルトのフレディ・ボビッチ執行役員は延長交渉に自信を示していたが、ここに来て潮目が変わってきている。 『ビルト』の有料記事によると、鎌田の代理人であるロベルト佃氏がフランクフルトの延長オファーに納得しておらず、他の選択肢も検討したいとのこと。 クラブ側は選手が契約最終年に入ってしまうため、このまま話がまとまらなければ今夏の売却も検討し始めたようだ。 以前までは、もう1人の代理人であるトーマス・クロート氏は延長オファーに前向きだったが、ロベルト佃氏が納得していないために、交渉が進んでいない模様。 2019-20シーズンの活躍もあり、鎌田を狙うクラブも多くあるだけに、今夏の動向に注目が集まるところだ。 net (CNN) ロシアで16歳のサッカー選手が練習中に雷に打たれて重いやけどを負い、病院に運ばれた。 所属チームは選手が稲妻に直撃される瞬間の映像を公開した。 雷に直撃されたのは、ロシアのサッカークラブ、ズナーミャ・トルーダに所属するゴールキーパーのイワン・ザクボロフスキー選手(16)。 今月4日の練習中、ゴールに向けてボールを蹴ろうとしたところで落雷に遭った。 同チーム総監督のイゴール・マヨロフ氏は、「空は晴れていて、雲はかかっていたが雨も風もなかった。 雷雨が発生していれば、練習はしていなかった」と話す。 ザクボロフスキー選手は重度のやけどを負って病院に運ばれ、医療措置による昏睡状態に置かれている。 同チームのツイッターでは、ザクボロフスキー選手の容体は安定していて、生命が脅かされる状態ではないとした。 「誰もが素早く行動した。 救急車は8分で到着した」「選手は呼吸停止状態だったと思われるが、恐らく応急措置を受けたおかげで助かった」とマヨロフ氏は述べ、心電図検査の結果、心臓は正常だったと説明している。 今後も引き続き、脳を休ませて酸素で満たすために昏睡状態に置かれる予定だが、ザクボロフスキー選手の「回復力は確か」だとマヨロフ氏は強調している。 17 ID:LuWJnDdK9. net プレミアリーグ第36節、9位アーセナルと首位リバプールの試合が現地時間15日に行われた。 アウェイのリバプールが1-2の敗戦を喫した。 リバプールに所属する日本代表MF南野拓実は61分に途中出場を果たした。 【動画】クロップ監督が確信の笑み!?南野拓実、リバプール戦の衝撃ボレーをもう一度! 20分にサディオ・マネのゴールで先制したリバプールだったが、32分と44分に自分たちのミスから失点。 結局、逆転することはできず、リバプールは敗戦を喫した。 南野は投入直後の63分、マネの縦パスを受けペナルティエリア左に侵入。 ダビド・ルイスにマークされながらも、前を向いて左足のシュート。 これは惜しくもゴール右に外れたが、投入直後から積極的にゴールを狙った。 米メディア『ESPN』はユルゲン・クロップ監督に7(最高10)と高評価。 「勝ち点を得るのに十分ではなかったとしても、南野を投入するという彼の選択はチームのプレーを活性化させた」と南野についても触れている。 同メディアは南野に対してチーム2位タイの「7」をつけ、「とても生き生きしていた。 リバプールの攻撃陣にエネルギーを注入した」と評価している。 英メディア『スカイスポーツ』は及第点の「6(最高10)」をつけた。 地元紙「リバプールエコー」は「7」をつけ、「投入直後、少し横にシュートを引っ張った。 リバプールの攻撃陣にエネルギーを与えた」としている。 リバプールは残り2試合。 次節はチェルシーと対戦する。

次の