僕 は 助演 で 監督 で カメラマン。 115万キロのフィルム/Official髭男dismの歌詞

【Official髭男dism/115万キロのフィルム】の歌詞の意味を徹底解釈

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

ロックバンド「Official髭男dism」の楽曲「115万キロのフィルム」が、浜辺美波(19)らが主演する映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(監督三木孝浩、8月14日公開)の主題歌に決まった。 新曲ではなく、2018年発売のアルバム収録曲。 発売から2年以上たって異例の起用となった。 18年4月11日にメジャーデビューシングル「ノーダウト」と同日発売されたインディーズアルバム「エスカパレード」の1曲目。 恋人と過ごす日々を映画に見立てながら、愛する思いをつづった曲だ。 ファンの根強い支持を受けるラブソングで、発売から2年たった今年4月にサブスクリプション(定額聴き放題)で1億回再生を突破。 ビルボード・ジャパンの今年上半期チャートで12位に入るなど、現在もヒットを続けている。 結婚式ソングとしても人気だ。 主題歌への起用は、三木監督が熱望した。 映画は浜辺、北村匠海(22)、福本莉子(19)、赤楚衛二(26)の主演4人が演じる高校生の片思いを描く恋愛物語。 三木監督は、「4人の日々の心の揺らめきを切り取っていく映画のテーマに、これほど合致する曲はない」と力説した。 髭男の4人は主題歌としての依頼に驚いたものの「この主人公たちの日々、ご覧になる皆さんの日々に、もしこの歌が寄り添えたなら、バンドとしてとても幸せ」と喜んで引き受けた。 試写で映像とともに曲を聴いた浜辺も「この映画のために作られたのではと思ってしまうぐらいピッタリ」と喜んでいる。

次の

115万キロのフィルム

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

映画「燕 Yan」の場面(C)2019「燕 Yan」製作委員会 映画は日本と台湾南部の都市、高雄を舞台に進む。 日本人と台湾人の両親を持ち、日台で離ればなれに成長した兄弟が複雑な感情を抱えながらも再会。 自分は何者であるか、というアイデンティティーを見つめる物語だ。 主人公・早川燕(つばめ)を演じる水間ロンは、実生活でも中国残留孤児だった父のもと中国・大連で生まれ、大阪で育った。 監督や脚本家らとシナリオ準備のための台湾取材に同行し、「俳優と監督の関係というよりも映画作りのパートナーだった」と今村監督。 母親役の一青窈も日台出身の両親を持ち、幼少期を台湾で過ごした経験がある。 「日本語を話して」と親にねだるせりふや、級友のカラフルな弁当とは違い「家から持参した茶色っぽい弁当を隠しながら食べる」という場面も、さまざまな背景を持つ出演者の実体験を参考にして物語に盛り込んだという。 今村圭佑監督 日本と台湾の間にある言葉や文化の違いだけでなく、台湾語や中国語を話す人や、日本統治時代を経験して日本語を話す高齢者ら、台湾社会の中でも言葉などの違いがある。 映画ではそれらも丁寧に表現した。 「僕も故郷の富山から東京に出てきた人間。 アイデンティティーについて考えることは僕にとっても身近な問題だった」と今村監督は語る。 俳優にレンズを向け、彼らの動きを追うカメラマンは「撮影現場で一番熱量のあるところにいる」という。 撮影と監督を兼ねた今回の映画では「熱量が上がり過ぎないように抑えつつ、高いテンションを保つ。 そのバランスが難しかった」とも語る。 外から差し込む光と影の濃さは今村監督ならではの表現だが、それに安住せず「いろいろな手法を使って独自の表現をしていきたい」と話す。 (関原のり子).

次の

115万キロのフィルムの歌詞

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

東京シャードのとある公園のベンチ。 そこには1組の男女が座っている。 2人は成子坂製作所の隊長と成子坂所属のアクトレスである四谷ゆみ、2人は恋人同士であり周囲もそれを認めているような間柄であった。 公園で談笑を交わしている中、隊長は突然切り出す。 「ゆみ、少しだけ僕の話を聞いてくれないかい?僕はある映画を撮りたいと思うんだ」 「隊長がそんな事を言い出すなんて意外ね。 どんな映画を撮るつもりなのよ、シタラが好きそうなSF系かしら?」 「いや、ドキュメンタリーって言えばいいのかな?主演は勿論ゆみで、僕が助演兼監督そしてカメラマン。 僕のこの目で記録したい2人の映画さ」 「なによそれ。 ふふっ……」 柄にも無いキザな事言っちゃってと笑う四谷ゆみ。 「まあそう言わないでくれよ。 今まで撮ったキミとのダイジェストを見せるからさ」 そう言って話し始める隊長、彼は今までの2人の思い出を誦じ始める。 [newpage] ーーー僕たちが恋人になる直前に、些細なきっかけから起こった喧嘩……。 勢い余ってキミに酷い言葉を浴びせてしまい、その瞳を潤ませてしまった僕。 あの時の自分を殴ってやりたいくらい後悔したよ。 それから少しの時がして、2人して「ごめんね」と謝った時は自然と笑みが出たのを覚えてるよ。 そして手を繋いだ時に、キミが見せてくれた笑顔。 僕はその笑顔に凄く胸を打たれたんだ。 何に記録しても薄れてしまう、そのキミの些細な、されど素敵な仕草たち。 それらがこれから来るだろう暗闇をも晴らす灯りになると僕は信じているんだ。 だから、それの一つをサムネイルにして置いてる……今の所はね。 [newpage] 「あの時はしょうもないことで目くじら立ててたわね、私たち。 それで、監督さん?その映画の今後の撮影はどういう方針で行くのかしらね? まさかここで終わりなんて事はないでしょ?」 そう言って続きを所望する、愛しの君。 その希望にお応えして、今後の方針を綴るとしよう。 ーーーこれから先……多分10年後くらいかな?僕たちの映画にキャストが増えてるんだ、勿論子役のね。 正直今の月給ではどうしようもないから、キミを失望させちゃう様な無様な姿をいっぱい見せてしまうだろうけどそこは勘弁して欲しいな。 僕たちの名字が一つになる日も、それから始まる只々平坦で変わらない日々たち。 でもそれは決して退屈なんかじゃない、光に溢れたものなんだ。 僕はその大事な事を忘れない様に胸に刻んで生きたい。 そう信じている。 [newpage] そう言った後、意を決した様に口を開く隊長。 「だからゆみ、聞き飽きたかもしれないけど聞いて欲しい。 僕と結婚してくれないか!」 「……いちいち言い方が回りくどいのよ、馬鹿。 わたしも、あなたのことが大好きよ。 」 言葉と心を交わす2人。 その顔は輝かしいものであった……。 いつか、2人を引き裂こうとするモノがあったとしても、彼らはこの時の話を思い出すだろう。 誰だって……いや他ならぬ彼らが不幸なままの終わりなんて迎えたくないはずだから。 『人生の終わりというものは突然やってくる。 だからせめて風を感じながら生きていたいものだ。 だって風は色々なものを運んで来てくれるからーーー。 』 [newpage] 〜After Some Years〜 「そういえばあなた、あの時は随分ませた事言ってたわね。 キミの一生を撮らせてくれーみたいにね」 「ゆみ!それはこの娘の前で言わないって話だろう!」 「パパ、おしゃしんとるの?」 「ああ……いやそういうことじゃなk 「あたしもママとパパとおしゃしんとりたーい!」 ……弱ったな。 」 「じゃあ、お写真撮ろっか?ねえ、あなた?」 「どうしたんだよ。 ゆみ」 「わたし、幸せよ」 「ああ……僕もだよ」.

次の