アンバサ 飲み物。 一世風靡!ナツカシモノ【アンバサ】

『アンバサ?』by きなさん : 壽屋 (寿屋 ことぶきや)

アンバサ 飲み物

はじめまして、このたびいいモノ調査隊に加わりましたペパーミントといいます! ミュージシャン活動をしております。 自分自身がピンときたものを、女性ならではの目線も含めて、オールジャンルで紹介してまいります。 幻のジュース「アンバサ」って知ってる? 日々コンビニや自販機で手軽に買える清涼飲料水。 毎月新製品が出ては、ヒット商品となり定着するものもあれば、いつのまにか姿を見かけなくなるものも…。 このたびご紹介いたしますのは、そんな清涼飲料水戦国時代の波に飲まれた幻のジュースです。 みなさま、このジュース知ってますでしょうか? 日本コカ・コーラ社から発売されております、その名も「アンバサ」!! 懐かしい! と思った方も多いのではないでしょうか。 知らない! という方は、おそらくなかなか若い方かと。 Ambasa(アンバサ)は日本コカ・コーラより発売されている乳性炭酸飲料。 全国発売は1982年で、当時人気を誇ったカルピスソーダやスコールの競合品として生み出されたそうです。 1991年にはヒットし、出足は順調だったもののカルピスの牙城を崩すまでには至らず、ポストミックスで細々と売られる状態が長い間続いたとのこと。 自動販売機ではなかなか売られていないんです… 昔はよく見かけたのですが、いつのまにか姿を見なくなった幻のアンバサ。 ご存じのみなさんも「そういえば最近見ないな」と思ったのではないでしょうか? 近所のコカ・コーラ社の自動販売機にアンバサがあるのか見てまいりました。 やっぱりないですね …ないなぁ …うーん、どこにもな〜い!! そうなんです、いつのまにかこのジュースが売られているところ、まったく見かけなくなっちゃいましたよね。 少なくとも私の住んでる東京地区では本当に見かけません。 どこへいったのよアンバサ。 しかし! ネットなら買えました! …見つけてしまいました。 インターネット上では箱買いできたのです。 飲めるよアンバサ! やったー! さっそくポチッと買ってみました。 届きました。 「サワーホワイト」味との文字 注いでみます 少し泡立ちも見られますね さっそく飲んでみました。 …なるほど! カルピス的な乳酸系のサイダーのようですね。 うん、おいしい!!! かなり甘い!!! けどもさわやか!! シュワっとした炭酸もきつすぎず、ほどよい甘みに子供から大人まで愛される味かなぁという印象ですね。 ただ、いまや乳酸菌の炭酸、といえばやっぱりカルピスソーダですよね。 国民的ドリンク、カルピスソーダとアンバサの違いはどこにあるのか? 筆者もその違いが気になってしまい、アンバサとカルピスソーダを比較してみることにしました! さっそくコップに注いでみます。 まずは見た目から。 左がアンバサ、右がカルピスソーダです どうでしょう、大きな違いはほとんどない印象です。 ややアンバサが青っぽく濁っていて、カルピスのほうが白い気がします。 そして次は味の違い。 どちらも何度も飲んでは、しっかり吟味してみました。 いわゆる「乳酸菌飲料」っぽさはアンバサのほうがある印象でした。 飲んだ後の口の中に残る味がそれを主張しております。 また、カルピスソーダはアンバサよりもさらに甘い気がしました。 飲んだ瞬間、甘さがグンっときて、そのあとに乳酸菌っぽさを感じる印象です。 それぞれ成分にはどんな違いがあるのでしょうか。 パッケージ裏の原材料名を見てみたいと思います。 左:アンバサ アンバサ 原材料名:糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、脱脂粉乳、香料、酸味料 栄養成分表示(100ml当たり) エネルギー 52kcal たんぱく質 0g 脂質 0g 炭水化物 13g ナトリウム 3〜7mg カルピスソーダ 原材料名:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、香料、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム、スクラロース) 栄養成分表示(100ml当たり) エネルギー 35kcal たんぱく質 0. 2g 脂質 0g 炭水化物 8. 6g ナトリウム 14mg カルピスソーダのほうは現代らしく甘味料が入っています。 飲んだ瞬間に甘さがグンときたのはこれかもしれないですね。 筆者の好みは圧倒的にアンバサです! いい意味で濁ったような乳酸菌っぽい味が好きです。 夏の暑い日のプールの帰りとかに飲んだら最高だろうな〜なんて思いました。

次の

甘味料を使っていない炭酸飲料まとめ

アンバサ 飲み物

日本コカ・コーラから発売されていた炭酸飲料である「アンバサ」ですが、これをリアルで飲んでたという人は結構なお年なのではないでしょうか。 自分も好きだったので年齢がバレますね、はい。 当時は「コカ・コーラ」や「Hi-C」と一緒によく自動販売機に入っていました。 この頃はまだ「ファンタ」とかのブランドはなかったと思います。 自分の地域はほぼコカコーラ社の製品しかなかった(子供の行ける範囲で)ので、懐かしい炭酸飲料として思い浮かべるのは「アンバサ」なんですよねぇ。 子供の頃の自分はコーラが炭酸キツくて飲めませんでした。 後に炭酸をなくした乳酸飲料「アンバサ・ホワイトウォーター」が人気になって「アンバサ」自体は縮小していきます。 そんな懐かしい飲み物ですが、ちょくちょく復刻して出回ったりしていました。 最近、近所の自販機にコーヒー買いに行ったら、珍しいものが入っていたのです。 「アンバサ・サワーホワイト」・・・のペットボトルバージョン。 もちろん、復刻デザインです。 「アンバサ」の復刻デザインペットボトル アンバサといえば、水色の川の流れをイメージした清らかな感じのデザインですが、ペットボトル版復刻デザインでもそれは同じです。 バンと上部に「復刻デザイン」と描かれており、いい感じ。 では、飲んでみましょう。 味は乳酸の微妙な甘酸っぱさと微炭酸が合わさって、スッキリと飲める昔ながらの味でした。 今となっては刺激が弱いなと感じますが、子供だとこれくらいがちょうどいいと思います。 大人になるとこれが懐かしさに感じ、思い出補正も加わってノスタルジック。 スーパーなんかでは見かけないので、自販機限定商品? でみても、アンバサのブランドは掲載されていません。 意外と地域限定でレアな商品なのかも? 見かけたら、ぜひ飲んでみてください。

次の

昭和懐かしい乳酸菌飲料:コカ・コーラ アンバサ

アンバサ 飲み物

日本コカ・コーラから発売されていた炭酸飲料である「アンバサ」ですが、これをリアルで飲んでたという人は結構なお年なのではないでしょうか。 自分も好きだったので年齢がバレますね、はい。 当時は「コカ・コーラ」や「Hi-C」と一緒によく自動販売機に入っていました。 この頃はまだ「ファンタ」とかのブランドはなかったと思います。 自分の地域はほぼコカコーラ社の製品しかなかった(子供の行ける範囲で)ので、懐かしい炭酸飲料として思い浮かべるのは「アンバサ」なんですよねぇ。 子供の頃の自分はコーラが炭酸キツくて飲めませんでした。 後に炭酸をなくした乳酸飲料「アンバサ・ホワイトウォーター」が人気になって「アンバサ」自体は縮小していきます。 そんな懐かしい飲み物ですが、ちょくちょく復刻して出回ったりしていました。 最近、近所の自販機にコーヒー買いに行ったら、珍しいものが入っていたのです。 「アンバサ・サワーホワイト」・・・のペットボトルバージョン。 もちろん、復刻デザインです。 「アンバサ」の復刻デザインペットボトル アンバサといえば、水色の川の流れをイメージした清らかな感じのデザインですが、ペットボトル版復刻デザインでもそれは同じです。 バンと上部に「復刻デザイン」と描かれており、いい感じ。 では、飲んでみましょう。 味は乳酸の微妙な甘酸っぱさと微炭酸が合わさって、スッキリと飲める昔ながらの味でした。 今となっては刺激が弱いなと感じますが、子供だとこれくらいがちょうどいいと思います。 大人になるとこれが懐かしさに感じ、思い出補正も加わってノスタルジック。 スーパーなんかでは見かけないので、自販機限定商品? でみても、アンバサのブランドは掲載されていません。 意外と地域限定でレアな商品なのかも? 見かけたら、ぜひ飲んでみてください。

次の