環境 問題 ポスター。 環境問題・ゴミ問題が動物への影響がひどい!原因を知り対策を!

環境標語の書き方・作り方〜コンクール&コンテストで入選しよう!

環境 問題 ポスター

新着情報 2019年9月30日 【応募者注意!!】インターネット申請が停止中ですので、応募される方はEメール等でご連絡ください。 2019年9月20日 【応募者注意!】システムメンテナンスのためインターネット申請を9月30日13時から停止します。 2019年7月1日 おおさか環境デジタルポスターコンテストの募集を開始しました。 たくさんのご応募をいただき、本当にありがとうございました。 応募いただきました149点の作品から、入賞作品20点および団体賞5団体を決定し、表彰式を開催しました。 表彰式 日時:令和2年2月17日(月曜日)11時30分から12時まで 場所:大阪府咲洲庁舎50階 迎賓応接室(大阪市住之江区南港北) 入賞 最優秀賞 「最後の晩餐」 「いきものたちを苦しめないで!」 作者 出原 桜子さん 作者 横山 真貴子さん 砂浜に打ち上げられたクジラの亡骸から大量のプラスチックごみが発見されたというニュースを元に、遠くからでも伝わりやすいようシンプルなクジラのイラストに深刻なコピーを使ったポスターを制作致しました。 「お腹が痛いよ!」「苦しいよ!」魚たちの苦しみの声が聞こえます。 プラスチックごみでお腹がパンパンになった魚がレントゲン撮影を受けたら・・・を想像して描きました。 いきものたちの命を大切にすることは地球環境を守っていくことに繋がると思います。 」 「散らかしたら 片付けーや!」 「命が終わる可能性」 作者 金 咲希さん 作者 辻󠄀本 千裕さん 作者 徳永 悠希さん 今のSNSの時代に見せかけだけの「いいね」で注目を集めるのではなく、エコな視点で行動し、発信することで本物の「いいね」を地球からもらいましょう!という想いを特にこれからの未来を担う若い方に共感してもらいやすい様にデザインしました。 人間が出してしまったごみによって汚染された海は人間がきれいにしないといけません。 小さい頃、親に「散らかしたら片づけなさい!」といわれたことを思い出して、その言葉をそのまま絵にしてみました。 クジラがプラスチックごみを大量に飲み込み息を引き取ったという環境問題があることを知り、誰かのポイ捨てなどから大きな環境問題にならないように制作しました。 サイネージ部門 「いつか必ずもどってくる」 「プラスチックごみが どんぶらこ どんぶらこ」 「食べたない 捨てるな」 作者 青木 穂乃香さん 作者 石塚 城さん 作者 岡田 伊織さん プラスチックごみとして海に流れたごみはやがて魚たちにとりこまれ、そしてその魚を知らないうちにたべてしまうかもしれない…。 それを防ぐためにごみを減らす、リサイクルをしようという呼びかけのサイネージです。 「プラスチックごみ問題のために私たちにできること」というテーマを誰もが意識する問題にしたいと考え、誰もが知る桃太郎を取り上げました。 「食べたない 捨てるな」というこのマグロの気持ちをインパクト強めのイラストで表現しました。 しかしこの気持ちは私たちにも該当するものです。 もしかすると私たちはプラスチックを食べた魚を知らず知らず食べて体内にプラスチックを取り入れているかも知れません。 もちろん私たちもプラスチックを食べたくありません。 その為にはごみを決まった場所に捨てることが大切です。 ですので、海洋プラスチック問題に興味を持ってもらえるようなデザインにしました。 「地球の危機」 「視線」 「プラスチックの食物連鎖」 作者 川崎 めぐみさん 作者 田中 優衣さん 作者 中村 勇人さん ペットボトルなどのプラスチックごみが海に流れ、魚への影響はもちろん、地球全体に影響がある事、たった1個のごみでも溜まればすごい数になるんだという事も見て分かる様、地球をモチーフにしました。 海の底にたまっているプラスチックごみ汚染の原因ともいえるヒトがそれを目のあたりにし、海の生き物たちへの罪悪感を感じている。 プラスチックを捨てると結局、自分に返ってくると言うプラスチックの食物連鎖を表現。 少しでも捨てる事を減らせればと考えました。 「わいらの住処」 「プラスチックラゲ」 「現実が見えますか?」 作者 橋爪 隆志さん 作者 水野 蓮さん 作者 横井 美香さん 環境問題のプラスチックごみをビニール袋のモンスターとして描き、海を汚しながら魚を追い詰めているように表現。 それにより住処を奪われている魚の姿を様々な種類の魚と一匹一匹の表情を変えて魚たちが今厳しい環境にあるというメッセージを込めました。 海に漂うビニール袋がクラゲのように見えたので、皮肉を交えて描きました。 「いねぇじゃん」というセリフから、気づかない脅威を表現しました。 人間の生み出した便利な使い捨ての様々なものは、他の動物に苦しみを与えるものとなっています。 この現実を見つめ、また自分にできることを見つめることが重要だというメッセージを込めました。 大阪産(もん)賞 ビジョン部門 「そのごみ一つで生物の命を奪う」 作者 石田 大樹さん 人が捨てたプラスチックを海の生物が間違って食べ、命を落としてしまうという表現を描きました。 海は主に暗くし、ごみで傷ついたタコがペットボトルを食べようとしているところを描写しました。 サイネージ部門 「海はごみ箱じゃありません!」 「私たちができること」 「海や生き物を苦しめないでください」 作者 尾崎 花音さん 作者 平井 木乃美さん 作者 柳川 敬吾さん ウミガメがクラゲと間違えてビニール袋を食べてしまうことが多いので、ごみを捨てないで欲しいという気持ちを込めました。 不法投棄・ポイ捨て等の人のマナーを改善することで、町および地球の環境をより良いものになればいいと思い、描きました。 海にプラスチックを捨てるという行為は生き物も海も苦しむ悪い行為です。 悪いと聞いて思いつく色は黒だったので背景は黒にしました。 「私たちはプラスチックを食べている」 作者 吉村 大輝さん プラスチック問題について調べた結果、海に捨てられたプラスチックごみを魚が食べる事でその魚を食べる私たちの体内にもプラスチックごみが入ってしまう。 という事がわかったのでそれを表現しました。 団体賞 学校法人電子開発学園九州 KCS福岡情報専門学校 学校法人塚本学院 大阪芸術大学 学校法人大阪経理経済学園 大阪情報コンピュータ専門学校 大阪芸術大学附属 大阪美術専門学校 三重県立名張青峰高等学校 内容 趣旨 「プラスチックごみ問題のために私たちができること」をテーマとして、公共施設や民間施設の大型ビジョンやサイネージ等で活用するデジタルポスターデザインを募集し、大阪府域で広く展開することで環境に対する意識の啓発を行います。 【参考】 募集期間 2019年7月1日(月曜日)から2019年9月30日(月曜日)まで 募集部門・作品規格 次の規格で、ビジョン部門もしくはサイネージ部門の作品を作成してください。 データフォーマット:JPEG、JPG、PNGもしくはGIFのいずれか• 解像度:72dpi以上• 応募資格・条件• 特に制限はありません。 どなたでも応募することができます。 応募は無料ですが、作品の制作費および通信費・送料など、応募にかかる一切の費用は応募者の負担となります。 おひとり様何作品でも応募いただけますが、1作品ごとに応募(申込書の提出もしくはインターネット申込み)してください。 ただし、1人で複数の賞を受賞することはできません。 学校・団体等で、複数作品を一括で応募したい場合には、事務局にご相談ください。 応募の前に必ず募集要項に記載の注意事項をご確認ください。 インターネット申請(手続・催し総合案内(ピピっとネット)) 郵送による応募 応募作品データと応募申込書(当コンテストの作品募集サイトよりダウンロードの上印刷してください。 )を次の宛先まで 9 月 30 日(月曜日)必着にてお送りください。 なお、応募作品データは記録メディア( CD-R、 DVD-R、 USBメモリ等)に保存し同封してください。 (記録メディアの返却はいたしません。 ご了承の上送付願います。 ) 送付先 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)22階 大阪府 環境農林水産部 エネルギー政策課 「おおさか環境デジタルポスターコンテスト」作品募集係 応募に関するお問い合わせ 応募に関するお問い合わせは、全てメールにて受け付けさせていただきます。 なお、回答につきましては、数日以内に当コンテストサイトに掲載し、受付メールへの返信により回答の掲載をお知らせします。 (質問送付先メールアドレス) (メールの件名) 「おおさか環境デジタルポスターコンテスト」募集に関する質問について 審査日程 1次審査を経て、最終審査は2019年12月中を予定しております。 審査委員 豊かな環境づくり大阪府民会議運営委員・会員、弁理士等で構成します。 審査結果 入賞者には、個別にご連絡いたします。 (2020年1月中) 事務局から連絡が無い場合は、選外となりますのでご了承ください。 なお、審査結果は大阪府ホームページに掲載します。 キャラクターボールペン [提供] あべのキューズモール 通帳型スケジュール帳 [提供] 大阪信用金庫 ペン付きメモ帳 [提供] 南海電気鉄道株式会社 オリジナルエコバッグ [提供] 日本チェーンストア協会 関西支部 受賞作品を大阪府内の大型ビジョンやデジタルサイネージで放映したり、パネル展示を行う予定です。 昨年度の受賞作品等は次の場所で放映・展示します。 過去の受賞作品 このページの作成所属.

次の

環境標語の書き方・作り方〜コンクール&コンテストで入選しよう!

環境 問題 ポスター

仕事の合間に、息抜きとしてタバコを吸う人は少なくありません。 しかし、タバコがある限り問題として取り上げ続けられるのが「ポイ捨て」の問題です。 タバコのポイ捨てはどのような環境へ影響を与えているのでしょうか。 タバコによる環境問題・環境汚染をご紹介します。 世界中で捨てられるタバコの吸い殻 世界中でどれだけタバコの吸い殻が発生しているかご存知でしょうか。 イギリスの健康推進団体であるASH Action on Smoking and Health の調査によると、 世界中で毎年、約6兆個のタバコの吸い殻が発生し、そのうち4兆5000億がポイ捨てされているそうです。 タバコは一つ一つが小さいため、もしかしたら「この程度は何の問題にもならない」と思って、ポイ捨てをしてしまうかもしれません。 しかし、世界中でこれだけタバコのポイ捨てがあると思うと、そうは言っていられないのです。 タバコを吸う一人一人が、責任を持って吸い殻を処理する必要があるでしょう。 実際に、タバコはとんでもない環境汚染の原因を作っているのです。 タバコの海洋汚染はプラスチック並み 多くの環境問題の中でも、プラスチックごみの問題が話題になっています。 エレン・マッカーサー財団の調べによると、2050年には海の魚の量より、プラスチックごみの量が多くなる、と言われるほど深刻な問題です。 プラスチックのする動きや、などが、プラスチック問題の代表例とも言えるでしょう。 そのプラスチック問題に、タバコのポイ捨ても大きく関わっています。 なぜなら、タバコのフィルターはプラスチックの粒子で作られているからです。 ポイ捨てされたタバコは、雨が降ると下水溝に流れ、河川を辿って海へと移動します。 そこで、マイクロプラスチックとして猛威を振るうのです。 タバコによる環境汚染 ポイ捨てされたタバコの中には、ニコチンの他にも、ヒ素や鉛、銅、クロム、カドミウムなどが含まれます。 これらの成分は、タバコの栽培に使われる殺虫剤・除草剤の成分や、タバコをくるむ紙を漂白するときに使われる薬剤が残ったと考えられています。 中でもヒ素は猛毒の物質です。 これらの有害物質が、分解されにくいタバコのフィルターに乗って、自然界に拡散してしまいます。 タバコによって、有害物質が自然界を汚染し、魚を始めとする動植物の体内に入り込み、食物連鎖に影響を与えるのです。 そうなれば、人間にもタバコの害が戻ってくることは安易に想像ができます。 健康に悪い、と言われるタバコですが、吸わなければ関係ないとは言えません。 また、誰にも迷惑をかけずにタバコを楽しんでいる、と思ったらそうではないのかもしれないのです。 タバコを考え直してみよう 最近では、愛煙家たちにとっては生きにくい世の中になってきた、と聞こえてきます。 タバコの増税や喫煙スペースの縮小など、確かに愛煙家にとって肩身が狭くなる一方かもしれません。 しかし、タバコは人の健康を損なう恐れがある、だけではありません。 世界中の環境、生態系に関わってくる問題かもしれないのです。 もし、禁煙を検討しているのであれば、この機会にやめてしまうのも良いかもしれません。 環境汚染を止めるのは、貴方の決断一つかもしれません。

次の

韓国“醜悪”な放射能五輪ポスター 原田前環境相が激白「『戦略的無視』では伝わらない。外交問題として対処せよ」 (1/2ページ)

環境 問題 ポスター

環境標語の書き方・作り方〜コンクール&コンテストで入選しよう! 環境標語の書き方・作り方教室〜コンクール&コンテストで入選せよ!! 〜 環境標語の書き方・作り方教室とは…… 標語、とりわけ人の心を鷲掴みにする 標語を作るのは難しいものです。 しかし、小学生、中学生、高校生が夏休みの宿題で応募する コンクールや コンテストで入選するレベルの 標語はさほど難しくありません。 環境 標語 コンクール・ コンテストで入選して、内申に 環境 標語 コンクール・ コンテストに入選!! と入選履歴を書いてもらおう!! いろいろな標語のコンクールがあります。 中でも人気なのが、環境系の標語コンクールです。 しかし、この環境系標語コンクール、何となく実感のわかないという児童生徒諸君も多いでしょう。 実感がわかないから標語に具体性が欠け、それらしいことはいっているけど心に響かない、「そうだよね」と同意してもらえない標語が量産されます。 人間は大きなことよりも目先の小さなことにこだわりまます。 天候の影響で葉物野菜の値段が100円上昇したからとワイドショーやニュース番組ではリポーターがヒステリックに金切り声を上げています。 この上昇、未来永劫続くわけではありません。 ほんの数週間の高値です。 葉物野菜の代わりになる野菜はいくらでも売っています。 ほうれん草は冷凍物もあります。 何も大騒ぎすることはないのです。 正論の標語でも、選ぶ人間が評価しなければ意味がありません。 児童生徒は児童生徒らしく、身近なところに目を向けるのが、環境標語入選のコツなのです。 環境標語コンクール入選には才能は必要ありません 標語コンクールとセットで図画ポスターのコンクールがあります。 ところが絵はごまかしがききません。 少しやそっとの練習で上達しません。 絵の下手な人間が夏休みの間、いくら練習してもコンクール入選レベルはおろか、クラス代表のレベルに達することも不可能です。 絵の上手下手は才能です。 ですから、美術の成績が5の児童生徒は積極的に図画ポスターのコンクールに応募をすることをすすめます。 しかし、美術の成績が4以下の児童生徒は図画ポスターコンクールに作品を応募するだけ時間のムダです。 美術の宿題としてコンクールへの図画ポスター応募が義務づけられているのならば仕方ありませんが、美術の苦手な児童生徒が自発的、積極的に応募する必要はありません。 一方、環境標語コンクールは、それっぽい言葉を組み合わせるだけでいっちょ上がりです。 入選・入賞&佳作でいいのならば才能は必要ありません。 ちょいと手間をかければいいだけです。 入選を目指すならば、確率の高い方に応募するのが賢い選択です。 より簡単で、より入選が確実は方に応募するのが利口な児童生徒なのです。 絵が上手ならば環境の図画ポスター部門へ、絵に自信がなければ環境標語部門へ、自分が得意な方をチョイスしてください。 環境標語、本当は難しいが実は楽勝なのです 標語やコピーのように短い文字数に言いたいことを凝縮する表現はこの上なく難しいものです。 たった十数文字、数文字の表現に、血の混ざった胃液を吐くような思いをしながら言葉を凝縮します。 しかし、小さな地方自治体が主催をしている環境標語コンクール応募作品には、そこまでのクオリティーは求められません。 コンクールに応募するのは、勉強途上の児童生徒たちなのです。 応募作品の数も少なく、全国規模のコンクールで入選するような才能にあふれる児童・生徒も数ほとんどいません。 入選の確率は極めて高くなります。 ねらい目のコンクールになるのです。 こんなおいしいコンクールに応募しない手はありません。 地元自治体や小さな団体が主催をしている環境標語のコンクールがあったら応募しましょう。 そして内申書に「環境標語コンクール入選」と記入してもらいましょう。 進学のときに有利になります。 ほんの少しの労力で入選の可能性たっぷりの地元自治体が主催する環境標語コンクールです。 応募しないのは実にもったいないことなのです。 環境標語コンクール入選の裏技 入選しやすい環境標語を作る裏技があります。 以下の通りにやってみてください。 環境に関連する言葉を書き出します• 標語に使われそうな言葉を思いつく限り書き出します• 選び出した単語を七五調になるよう組み合わせます• それらしい意味になれば完成です 環境標語に限らないのですが、標語コンクールの入選作品を見ていると、その多くが七五調になっています。 標語コンクールへの応募作品は七五調でなくてはならないという決まりはないのですが、標語といえば七五調と、審査員や学校のセンセイに刷り込みがあるのかもしれません。 とりあえず宿題として「提出すればいいや」でしたら、このようにして作った環境標語を提出すれば十分です。 入選を狙うならば、同じような意味を持つ言葉で、語呂の良くなる言葉を見つけるようにします。 言葉は人それぞれの主観があります。 ですから必ずしも入選するとは言い切れません。 しかし自分の頭で下手に考えた標語よりも、このようにして作った標語の方が入選の確率が高くなります。 環境標語コンクールのキーワード&関連語 環境標語に関するキーワード、関連語を書き出してみましたので参考にしてください。 マイバッグ/レジ袋/再利用/分べつ/資源/ポイ捨て/ゴミ/リサイクル• 捨てない/捨てる(た)/減らす/汚す/持参(する)• お買い物/もったいない/地球/未来/小さな目(瞳)/知恵/工夫 これらの言葉を組み合わせて、標語を作り上げます。 お買い物 いつも持参 マイバッグ• ポイ捨てを 見ている子どもの 小さな目(瞳)• そのゴミも 知恵と工夫で 再利用• もったいない 知恵と工夫で リサイクル このようにいくつか標語を作り、一番良さそうなのを選んで提出します。 パクリ・コピペ容疑をかけられないように環境標語を確認しよう!! 標語は十数文字の作品です。 しかも、テーマが決まっている上に、使える言葉も限定されてしまいます。 意識的にパクらなくても、結果的に過去の入選作品の パクリ・ コピペになる可能性は否定できません。 そこでGoogleで自分の作った環境標語が パクリ・ コピペになっていないかどうか確認します。 その方法は、自分の作った標語を半角の「""」ダブル引用符で挟み、検索のボタンを押します。 これでヒットしなければ、オリジナル環境標語のできあがり、先生に提出します。 最近は 著作権フリーの 読書感想文や 作文が 無料で公開されています。 また、よそのサイトからパクるのがはやりのようです。 パクリ・ コピペの容疑をかけられないようにするためにも、確認作業はきちんと行いましょう。 いくら入選レベルの環境標語を書いたところで、 パクリ・ コピペ扱いをされてはコンクールに標語を提出しても意味がありません。 パクリ・ コピペのつもりがないのならば、事前に自分の書いた標語がどこかの誰かの標語とダブリがないか、確認しておきましょう。

次の