ノルウェイ 式 hiit。 「ノルウェイ式HIIT」で体が細胞レベルで若返ることがわかったぞー

健康と思考力維持のためには運動を! 私が習慣にしている運動

ノルウェイ 式 hiit

式HIIT 皆さんこんにちは! タイトルを見て何かの組織名かと思い 来られた方もいるのでは無いでしょうか... でも、この 式HIITは組織名でも 勉強法でも、瞑想方法でも無いんです 結論から言わせていただきますと これは 最強の『ダイエット方法』です ただし今回の方法、割とキツイです だけど、どんなダイエット方法よりも何倍も 効果があります。 さらに、ダイエットだけで無く若返り効果や 体の機能のパワーアップ、研究によると 細胞レベルでパワーアップしてしまう というとんでもない方法なんですよね... もちろん、地面に座って柔軟体操でも 構いませんからね! どんな方法を使っても良い ので しっかりと伸ばしましょう。 このバービーをアレンジして、腕立て伏せなど の回数を増やして見たり。 途中で回転を入れて 見たりして ハードにすることも可能なので 余裕のある方は是非やって見てください! 息が上がるぐらいがちょうどいいです もしマンションなどでやる方は周りに迷惑が かからないよう ヨガマット やグローブ は必須 です! DaiGoさんも使っています。 この段階では 少しづつペースダウンして 体を少しずつ休ましていきます! やはりいきなり休むのも体に大きな負荷を かけてしまうので、少しずつペースダウンする 事がとても大事です。 深呼吸をして見たり、瞑想を少しやって見たり 心身ともに休めましょう! 瞑想をやるなら、呼吸に意識を向けて 空気が鼻に入って、肺が膨らむのを感じ 口から空気が出て行くところにも意識を持って いきます。 そうする事で、体が落ち着きます。 DaiGoさんは毎度、式hiitをやる間に 瞑想を行なっているそうです。 さてまた第1ステップに戻りますよ! 準備はできてますか?! というような感じで進行するのですが 一見ハードに見えますが、思っているよりも きつく無いですですが、やはりそこは個人差が ありますので、無理にする事は絶対に控えて くださいね! できそうに無い方は、メニューのレベルを 下げて見たりセット数や分数を少なめにとって みるのも良いかもしれません! 最後に このような流れが 式HIIT となって います 少し大変そうに見えますが、効果が目に 見えるので 楽しくなってくると思います。 そしてそれを1年も続けるとどうなるか..? ワクワクしますね 笑 細胞が活性化してますよ! 最初は少しずつでもいいのでぜひやって見ては いかがでしょうか? それではみなさんの健康をお祈りしています。 関連動画 「[ soriblog]は、 を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された宣伝プログラムである、 アソシエイト・プログラムの参加者です。 」 SoriBlog.

次の

【ノルウェー式HIIT】シミを消したい人の運動法

ノルウェイ 式 hiit

1週間で体脂肪が2倍減【スリープロウ】とは 「 スリープロウ」とはエクササイズの種類ではなくて、食事法の一つです。 どのような方法かと言いますと、 エクササイズの後に炭水化物を摂らない! というものです。 本来であれば、 エクササイズの後は栄養補給のために糖質をとるのが普通ですが、逆に炭水化物を断つことで体脂肪が急速に燃焼するという変化が起きるという事なんですよね。 INSEPによる「スリープロウ」の実験内容は? まず対象者はサイクリスト(自転車に乗る人)が集められています。 21人の男性サイクリストで年齢は18〜40歳• 少なくとも週に12時間のトレーニングを3年以上は続けている• 最大酸素摂取量の中央値は64. 3 W 最後の2つの数値ではピンとこないかもですが、 週6で2時間のトレーニングで年齢も比較的若い人が参加しているので、アスリートと呼んでいいと思います。 午後5時のトレーニング以降は糖質をカット この21人を2つのグループに分けて実験を行いました。 スリープロウ:午後5時にHIITを実施、その後は糖質を摂らない。 コントロール:午後5時にHIITを実施、好きなタイミングで糖質を摂る。 このスケジュールを毎日くり返しました。 1日の糖質摂取量は体重1kgあたり6gと 決まっているので、1回の量は多く摂っている と思われますね。 実験期間は1週間で、最後に5〜20kmのサイクリングでタイムトライアルをしたら、結果は上に書いたとおり。 とはいえ、たった1週間の実験で、しかもアスリートクラスの人たちを集めた実験でこれだけ差が出たのはなかなか興味深くないですか? 「スリープロウ」で細胞が活性化 「スリープロウ」の効果として挙げられるのがミトコンドリアの活性化です。 【ミトコンドリア】は細胞内のエネルギー生産工場の役割を果たしていて、メンタルの安定に大きく関与しています。 ここで、糖質を一時的にカットされると• ミトコンドリアがエネルギーの材料不足にあわてる• ミトコンドリアが「もっと頑張らないとヤバい!」ってなる• ミトコンドリアの性能が上がる という筋肉でいうところの「超回復」みたいな機能が働きだすんですね。 糖質の枯渇状態が続くことでミトコンドリアにストレスを与え、活性化を促すということです。

次の

運動不足エンジニアが3ヶ月で健康になれた超簡単な取り組みを解説する

ノルウェイ 式 hiit

HIITとは正式名称 「hi intensity training」と言い、「HIIT」とはその頭文字をとったものです。 日本では 「高強度インターバルトレーニング」と言われることもあります。 インターバルトレーニングとは、強度の強い有酸素運動と、強度の低い有酸素運動を交互に行うことによって、心肺能力の向上を狙うトレーニングです。 HIITとは、その名の通り、このインターバルトレーニングを「より高強度」で行うトレーニングのことを言います。 代表的な高強度インターバルトレーニングの方法としては、 「タバタプロトコル」と言われる、日本の、田畑 泉先生が提唱しているトレーニング方法が世界的にも有名です。 タバタプロトコルは、20秒の全力で行うトレーニングと、10秒の休息を1セットとして、これを8セット連続して行っていくトレーニング方法です。 などが代表的な能力です。 他にも、ボディメイクをターゲットとした場合は ・脂肪燃焼 ・筋肥大 と言った効果が見込めます。 この中でHIITを行うことによって最もその効果を得られるのは 「心肺持久力」です。 通常、心肺持久力とはある程度長い時間行う運動を行わなければなりません。 運動初心者においては 「LSD」と呼ばれる、長い時間ゆっくりと走るトレーニングから初めて行きます。 さらに運動に慣れていない方は「ウォーキング」から始めて行く方もとても多いです。 これらは、一般的に「有酸素運動」と言われるものですが、心肺持久力を向上させたい場合は、この有酸素運動を「軽く息が弾むくらいの運動強度で長い時間実施することがこれまで一般的に勧められてきました。 しかし、HIITは前述した通り「全力で運動する」時間と、「休息」を、交互に行う運動であり、その運動強度は非常に高く、また、「全力で動いている時間」はほとんど無酸素運動に近い非常にハードなトレーニングになります。 HIITは、数々のエピデンスにより、 「短時間のトレーニング」にも関わらず「心肺持久力の向上」が著しく見られたという報告が得られています。 現代社会の日本において、「短時間」で効果を得るということは、非常に意味を持つと思われます。 1時間・2時間と生活の中で時間を作ってトレーニングしてきたものが、その何分の1の時間でトレーニングで同様の心肺持久力の向上を得られるということは、練習時間が限られているアスリートのトレーニングにおいても非常に意義のあるトレーニングと思われます。 HIITの脂肪燃焼効果についての誤解 まず、最も有名なHIITのメニューは、前述したように 20秒間全力でバイクを漕ぎ、次に10秒休息をとったら、再び全力で20秒間バイクを漕ぐというのを8セット繰り返すタバタメソッドでしょう。 この方法はフィットネスクラブで行うHIITとしては、最も取り入れやすい手法であると言えます。 また、スタジオなどでは、この手法をサーキットトレーニングのように実施することもできます。 これは道具が要らず、グランドや体育館などどこでもできるトレーニングとしてとても手軽にできると思います。 この場合、一つの動作に2秒ほどかる前提でいますが、もちろんもっと早くできる方は12回〜15回ほど行っていただいてもOKです。 タバタメソッドは運動の種目に関しては特に限定していませんので、このように 全身の筋肉を使いながら行うのは、運動の全面性から見てもとても有効なトレーニング手法だと思われます。 その為、HIITの実施時間をこの攻防の時間と休息の時間に照らし合わせ、全力で行う時間を15秒、休息を5秒と通常のタバタメソッドより短くし、セット数を9セット、時間にして1ラウンドと同じ合計3分とし、1分の休息を入れて、3ラウンドと同じ3セットを実施させるという 試合と全く同じ運動時間に設定するのです。 HIITの効果は心肺持久力の向上にある点から、スポーツをしているアスリートにとっては、このように自分の行なっている競技に近い形で取り入れることにより、競技に合わせた「試合で使える持久力」を養うことが可能になります。 例えば、グランドや体育館のように動き回れる場所であり、競技的特異性が、瞬発系の動きが多い環境であれば、トレーニング種目は 「プライオメトリックトレーニング 」の種目からチョイスするのもいいでしょう。 この場合、連続して持久的に行なっていくので、ジャンプ強度はデブスジャンプのような高強度のものは取り入れず、低〜中強度の種目で構成したり、使う筋肉を微妙に変えながら実施することが必要だと思われます。 あくまでこのトレーニングの特徴は、 「短い時間で心肺持久力を向上させられる」点にあります。 トレーニングの順番の基本は 「持久系トレーニングは、1日のトレーニングの中でも最後に持ってくる」というのが鉄則になります。 HIITトレーニングは、あくまで持久系トレーニングに属するため、ウェイトトレーニングや、スピードトレーニング、技術トレーニングを行なった後、つまり、 1日のトレーニングの「最後」に実施することが大切です。 HIITを1日のトレーニングの最後に持ってくることは、それまでのトレーニングの疲労も重なっている状態 事前疲労 からHIITを行えるので、はるかに効率的にトレーニングを実施することができます。

次の