虹プロ パート2 9。 Nizi Project

虹プロ・ユナは性格が問題?歌やダンスの評価が厳しい?スター性は抜群!

虹プロ パート2 9

虹プロパート2、9話ネタバレ 2020年6月19日に放送された虹プロパート2の9話までの順位やキューブ獲得数について紹介したいと思います。 前回の8話では、ミッション3となるパフォーマンスが終了しました。 3チームに分かれてそれぞれ最高のパフォーマンスを披露してくれた結果、TWICEのFeel Specialを披露してくれた鈴野未光ちゃん、勝村摩耶ちゃん、井上あかりちゃん、アン・ユナちゃんの「Team IRIS」が1位を獲得しました。 そして、今回放送の9話では、待望のファイナル決戦がスタートしました。 そして、審査員としてJYPのパク・ジニョン氏に加え、2PMのウヨン、TWICEのモモ、そしてMCにはTWICEのサナが登場しました。 チームミッションの1回目の対決は、チームのカラーを一番うまく表現した良い評価を受けることになるとパク・ジニョン氏は話しました。 さらに、2回目の対決は、パク・ジニョン氏の自作曲で、デビュー曲になると発表されました。 そして、1回目の対決がはじまりました。 新井彩花、池松里梨愛、井上あかり、花橋梨央、山口真子、アン・ユナのマコチームは「虹の向こうへ」をエネルギッシュなパフォーマンスで披露してくれました。 なんかアヤカちゃんはデビューした頃のレドベルのジョイみたいな雰囲気あるな 私もマコチームはちょっと微妙な子をマコちゃんに頼って引っ張りあげてもらうためのチーム編成にしてる気がしてならない 今日はアカリちゃんにとっても引き付けられたなー — ニャ子 ycredocean パク・ジニョン氏からは、山口真子と花橋梨央に関しては「練習生のレベルではない」と高い評価を受けました。 また、他のメンバーと比べて実力が劣ると評価されていた新井彩花も、レベルアップしたことを評価されました。 大江梨久、小合麻由佳、勝村摩耶、鈴野未光、ヒルマン・ニナ、横井里茉のマヤチームは「Boom Boom Boom」をガールクラッシュなコンセプトで披露してくれました。 もうマヤチームは確定でしょって思っちゃうほどの完成度。 パクジニョン先生はマコちゃんに引っ張らせてマコチームの他のメンバーの最終チェックをしたかったのでは、とも思ってる。 — gagaJ gagagagajapan パク・ジニョン氏からは、チームとして見たときにマコチームよりもマヤチームのほうが上手だったとの評価を受けましたが、それはキューブを多く獲得している人が多いため当然のことだと言われてしまいました。 しかし、 マヤチームで特に上手かったと評価されたのは横井里茉と大江梨久でした。 二人のパフォーマンスには自信と余裕があり、力は抜けつつ大きな動作で迫力があったようです。 勝村摩耶は力が入りすぎている、ヒルマン・ニナと鈴野未光は自信をもってパフォーマンスをするべきだと評価を受け、次のステージでは「真っ白の画用紙の上に書き直してください」とのコメントがでました。 両チームとも、ステージを楽しむべきだとの評価を受けている印象が強かったです。 ファイナルステージ1st対決結果 今回、9話で放送された ファイナルの1st対決の結果は、マヤチームの勝利でした。 動画はこちらでアップされているようでした。 客観的に見ても、評価や実力差はあったので当然の結果だと思いますが、JYParkさんがいろいろ言ってました。 一言でいうと、「まだわからんよ」と。 そして、 「最後のステージでは、僕が指摘したことは全部忘れて、思う存分楽しんでください」とのコメントが出て、メンバーたちの安心したような表情が印象的でした。 総合的に見てやはり判断してくれると思うので、チームでというより結局は個人で頑張るしかないということでしょう。 何を見てくれているかわかりません。 全員デビューできるように応援しましょう。 Sponsored Links 結果に対してのSNSでの反応 ファイナルステージの1st対決では、マヤチームが勝利しましたが、SNSでのファンの反応はどうなのでしょうか? 調査したところ、 マヤチーム勝利に納得しているコメントを多く見ました。 まあマヤチームですよね、餅ゴリはマコチームだったのも納得だけどウヨンとモモちゃんがマヤチーム選ぶのもわかるようんうん — tannooshi マヤチームが勝ったのは納得。 普通に見て、衣装も照明統一感があったから。 実力もプロから見たらそうなのかもしれないけど私にはマコチームが実力が劣っているようには見えなかった。 どっちも充分上手だった。 パク・ジニョン氏もキューブを多く獲得しているメンバーがいるのがマヤチームなので、マコチームに比べて上手なのは当然だと話していました。 しかし、レベルアップしたということを考えると、実力の劣るマコチームのふり幅を評価してマコチームが勝利していても、おかしくなかったというコメントもありました。 虹プロの感想動画も最近よく見るのですが私もマヤチームよりマコチームの方が評価高い気がするよなー。 マコチームの方がまとまってたし良かった。 予告のインパクトは確かにマヤチームだったけど、まとまり、インパクト、個人個人の楽しみ具合はマコチームの方が素敵に見えたなあ…笑顔も素敵。。 しかし、はじめてパフォーマンスを見た2PMウヨンとTWICEモモはマヤチームを推薦しており、パフォーマンスの質だけを見た場合には、マヤチームが勝っていたのでしょう。 今回の対決結果の反応を調査しましたが、全体的には実力のあるマヤチームの勝利に対して納得している反応が目立ちました。

次の

【虹プロ】全メンバーの動画や順位・評価まとめ【パート2韓国合宿】

虹プロ パート2 9

Contents• Parkは、ファイナスステージが始まるまでは、誰をデビューメンバー に選ぶか、まったく決めていなかったと発言しています。 つまり、ファイナルステージ の2回戦までしっかり見てから判断しようと考えていたわけです。 結果、9名がデビューとなり、3名が落選ということになりました。 その理由ですが、スッキリで加藤MCが以下のような質問をしています。 「9人にしたタイミング、9人にした理由、教えていただけますか?」 1時間8分50秒〜の辺りです。 これに対し、J. Parkは、 以下のように答えています。 「NiziUが9人、 理由はとくにありませんでした。 彼女たちがアマチュアではなく、 プロだと思って、 誰が目立つかをみました」 加藤MCがさらに、 「プロとして目につくって大事ですか?」 と尋ねると、 J. Parkは、 「もう1つ重要なことは、 プロとして活躍するためには、 やはりパフォーマンスにおいて 起伏があってはならないと思いました。 いつでも一定レベルの パフォーマンスを披露できること。 これはやはり重要な ポイントとなっていました」 さらに、J. Parkは、 「もちろんどれだけうまくできるのか、 それもとても重要なんですけど、 しくじってはならないんですね、プロは。 どのような舞台でも上手にできること、 それも重要なんですけど、 どの舞台でもしくじることがない、 ということ。 これも重要なポイントでした」 なるほど、 といった意見ですよね。 たまに神レベルのパフォーマンスを 披露できるタイプより、 普段から失敗が少なく、 安定して歌い踊れることが、 アイドルの資質として重要だ、 と考えているわけですね。 ということは、選ばれた9人は、 常に一定レベルのパフォーマンスを披露し、 リリア、アカリ、ユナの3人は、 その点で少し足りなかった、 ということになるのでしょう。 我々素人の目には、 微妙な差に見えることでも、 プロの目にとまれば、 細かい点で差がついていたんでしょうね。 かといって、 アイドルになる道が 閉ざされたわけではありません。 別のオーディションを 受ける道もありますし、 もしかしたら場合によっては、 虹プロを見ていた 別の音楽プロデューサーから、 3人にお声がかかったりする 可能性だってあります。 6月26日現在は、 まだ3人の今後の活動について、 明確な情報はでていませんが、 おそらく3人とも、 アイドルとしてデビューするため、 今後も努力を重ねていくと思われます。 虹プロの合宿で、 歌やダンスを徹底的に 磨いてきたのですから、 それを生かしたいと思うのは 自然ですからね。 1万人以上の応募者の中から、 最終12人に選ばれたのですから、 リリア、アカリ、ユナの3人には、 誇りをもって次のステージに 進んで欲しいですね。

次の

虹プロジェクトパート2動画はHuluで全話無料視聴できる?待望のシーズン2解禁!

虹プロ パート2 9

Nizi Project(虹プロジェクト・虹プロ)パート2「3チームバトルミッション」のチーム順位・個人順位結果は?• Nizi Project(虹プロジェクト・虹プロ)パート2「3チームバトルミッション」のキューブ獲得者は?• Nizi Project(虹プロジェクト・虹プロ)パート2「3チームバトルミッション」で最下位になったメンバーや脱落者はいる? Contents• モモカちゃんが最下位脱落。。 涙止まらない無理。。 モモカちゃん、将来がすごく楽しみ。 勝負の世界でもありますが、スタッフやプロデューサーの指針などももしかしたらあったのかもしれません。 まだまだこれから!夢をあきらめずにチャレンジしていってほしいですね! Nizi Project(虹プロジェクト・虹プロ)パート2「3チームバトルミッション」のグループ順位 続いて今回の対決の3チームの順位です! 順位 グループ名・メンバー 曲目 順位決定理由 1位 IRIS マヤ・ミイヒ・ユナ・アカリ TWICE 「Feel Special」 パフォーマンスだけではなく、感動までも与えてくれた 2位 we bling リマ・リオ・リリア・ニナ ITZY 「ICY」 不明 3位 2K5 マコ・リク・アヤカ・マユカ・モモカ 2PM 「Heartbeat」 不明 あなたの予想は当たっていましたか? チーム順位1位、2位が発表され、 自分のチームが3位に呼ばれると分かっていて きっととても悔しいだろうに 笑顔で順位発表を聞いて 真っ先にありがとうございますと 頭を下げたマコちゃん… 決して他の子がダメって訳じゃなくて マコちゃんの強さが 改めてここで見えた気がした。 実力の割にね。 マコ(山口真子)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・4個 パート2・3個• リオ(花橋梨緒)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・3個 パート2・3個• マユカ(小合麻由佳)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・3個 パート2・2個• アカリ(井上あかり)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・3個 パート2・2個• マヤ(勝村摩耶)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・4個 パート2・3個• リマ(横井里茉)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・4個 パート2・3個• ユナ(アンユナ)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・4個 パート2・1個• ニナ(ヒルマンニナ)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・3個 パート2・3個• リリア(池松里梨愛)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・3個 パート2・1個• リク(大江梨久) 合計:パート1・4個 パート2・2個• ミイヒ(鈴野未光)(3チームバトルミッションでキューブ獲得) 合計:パート1・4個 パート2・3個• アヤカ(新井彩花) 合計:パート1・3個 パート2・2個• モモカ(平井桃伽) 合計:パート1・3個 パート2・0個 このような結果となりました! このキューブを引っ提げて、ファイナルステージへと挑むことになります! ではその前に、今回のチームごとの総評をまとめていきます。 スランプを遂に脱したと言っても良いでしょう! しかし、反対にミイヒが初めて残念というコメントを…。 その理由を自分なりに考えたミイヒは…。 「最初のころはただステージに立つことがすごく楽しかった。 しかし色々考えてしまうようになり、心から楽しめなかった。 一人で泣いて、また元気になって、ということもたまにある」 今度はミイヒがスランプを脱しないとですね! マヤは肩や腰などの関節の使い方が変わり、美しいという評価。 ミイヒ、マユカ、マヤ、ニナ、リク、リマチーム?• マコ、リオ、アカリ、ユナ、リリア、アヤカチーム? — cho mememe00111 6月26日デビューメンバー発表!!!

次の