ボラ へ 韓国。 青土社

SISTAR

ボラ へ 韓国

ヒョリン• ダソム SISTAR 各種表記 : 씨스타 発音: シスタ 読み: シスター 表記: SISTAR SISTAR(シスター、: 씨스타)は、の女性4人組音楽グループ。 にシングルアルバム「Push Push」でデビュー。 Sistarというグループ名はSister(姉妹)とStar(星)の合成語で、「姉妹のような身近なイメージを持ちながら、音楽界の大きな星になる」という意味が込められている。 多くの楽曲のプロデュースを「」が務め、とを融合させたポップ曲が特徴的。 ビジュアル面では、露出の多い衣装やセクシーな振り付けが多い。 2017年5月23日に電撃的な解散発表をし 、6月4日の『人気歌謡』の舞台を最後に解散した。 来歴 [ ] デビュー以前 2010年3月にメンバーのイメージ写真が公開され、4月にはヒョリンがの「Hurt」を歌う動画が公開され、話題となった。 5月にはの携帯電話CMにと共に出演するメンバーを選ぶネット投票が行われ、最多得票数を得たヒョリンが「チャン・グンソクの彼女」に選ばれ、デュエット曲「Magic Drag」を発表した。 2010年 6月3日にシングル「Push Push」を発売して公式デビュー。 ・デジタル総合チャートで9位、チャートでは2位を占めた。 「Push Push」の「猫ダンス」と呼ばれる振り付けは色々なパロディが流行し、さらにデビュー1週間にしてCMに起用された。 このような活躍の中、メンバーのヒョリンが体調を崩すこともあった。 8月27日には2ndシングル「虚飾ガール」を発売すると、各種音源チャートで上位にランクインし、ガオン・デジタル総合チャートで4位を記録した。 また日本での公演や、タイで広報大使を引き受けて、アジア進出の可能性を見せた。 この曲の活動中、ステージ上でボラが雨に滑って転倒し、指を骨折した。 11月25日に発売予定だった3rdシングル「あなたなんて」は、北朝鮮のにより延期になり、12月3日に発売された。 「あなたなんて」はあらゆる音源チャートで1位を獲得し、ガオン・デジタル総合チャートでは2位を記録した。 Sistarはこの曲でデビュー6ヶ月にして初めてKBS「」で1位を獲得したが、歌詞の内容や振り付けが放送にふさわしくないとして一部修正を受けた。 また同時期にと共同でCMソング「Super Girl」を発売した。 12月9日には「」にて新人賞を受賞。 2011年 5月3日、ボラとヒョリンによるユニット「Sistar19」(シスターナインティーン)でシングル「Ma Boy」を発売。 ガオンチャートで2位、ミュージックバンクでも2位を獲得。 Sistar19の活動が終わる頃、ヒョリンはKBS「不朽の名曲2」に出演し、優れた歌唱力を披露して2度の優勝を獲得した。 8月9日、初の正規アルバム『So Cool』を発売。 タイトル曲「So Cool」は各種音源チャートで1位を獲得し、デビュー以来初めてガオンチャートで1位を獲得した。 またデビュー後初めてSBS 「人気歌謡」にて1位を獲得した。 9月に放送されたMBC「アイドルスター陸上選手権大会」にて、ボラが100m走、100mハードル走、400mリレーで優勝したのを初めとして、メンバーそれぞれが好成績を残して注目を集め、「陸上ドル」という呼び名がつけられた。 2012年 1月11日、「大阪」にてデジタル音源賞を受賞。 4月12日、ミニアルバム『ALONE』を発売。 タイトル曲「私ひとり(Alone)」はエレクトロニカから離れナチュラルな音を取り入れた楽曲で、これまでの明るく元気なイメージとは異なる大人っぽいセクシーなコンセプトに挑戦し、ミュージックビデオの撮影はで行われた。 アルバム発売日にはミニコンサートが行われ、この様子はなどを通じて世界に向けて生中継された。 「私ひとり(Alone)」は各種音源チャートや音楽番組で1位を獲得し 、アメリカのの「K-POP HOT 100」チャートで4週連続1位の新記録を達成するなど 、大きな成功を収めた。 6月28日、サマースペシャルアルバム『Loving U』を発売。 タイトル曲「Loving U」は夏のバカンスをイメージした可愛らしく爽やかな楽曲で、ミュージックビデオは全編ロケで撮影された。 『Loving U』でも成功を収めると、9月15日にのにて初の単独コンサートを開催した。 2013年 1月31日、SISTAR19によるミニアルバム『있다 없으니까(いたのにいなくなったから)』を発表。 タイトル曲「いたのにいなくなったから」は別れのむなしさと痛みを表現したヒップホップ曲。 2017年 6月、ソユとダソムはSTARSHIPエンターテインメントと再契約を締結。 ボラはHOOKエンターテインメントと専属契約を締結。 11月、ヒョリンは所属事務所Bridgeを設立。 メンバー [ ] 芸名 本名 誕生日 身長 血液型 ポジション 仮名 ハングル ローマ字 仮名 ハングル ローマ字 ヒョリン 효린 Hyolyn キム・ヒョジョン 김효정 Kim Hyojung 1990-12-11 (29歳) 164cm B型 リーダー メインボーカル ボラ 보라 Bora ユン・ボラ 윤보라 Yoon Bora 1989-12-30 (30歳) 164cm O型 メインラッパー メインダンサー ソユ 소유 Soyon カン・ジヒョン 강지현 Kang Jihyun 0 1992-02-12 (28歳) 168cm O型 リードボーカル ダソム 다솜 Dasom キム・ダソム 김다솜 Kim Dasom 1993-05-06 (27歳) 167cm A型 サブボーカル 音楽作品• 2010年:「Magic Drag」 - Feat. ヒョリン• 2011年:KBS 2TV 「영광의 재인 栄光のジェイン 」OST - 「내겐 너니까 私にはあなただから 」• 2011年:「MaBoy2」 - Electroboyz Feat. HyoLyn of Sistar• 2011年:「기가 차」 - K. will Feat. 2012年:「사랑을보다 2 愛を見る 2 」OST - 「널 사랑하겠어 君を愛しちゃう 」• 2013年:「날개뼈 Hot Wings 」 - Dynamic Duo Feat. HyoLyn of Sistar• 2013年:SBS 「주군의 태양 主君の太陽 」OST - 「미치게 만들어 狂わせる 」• 2014年:アニメーション映画 「アナと雪の女王」主題曲 - 「Let It Go」• 2014年:SBS 「별에서 온 그대 星から来たあなた 」OST - 「안녕 Good bye 」• 2014年:「견딜만해 Without You 」 - Mad Clownとのデュエット• 2014年:MCモンのアルバム「MISS ME OR DISS ME」の「고장난 선풍기」にフィーチャリング参加• 2014年:「지워 Erase 」 - STARSHIPの歌手ジュヨンとのコラボレーション• 2015年:MBC 「맨도롱 또똣 メンドロントトッ 」OST - 「더 가까이 もっと近く 」• 2015年:「DARK PANDA」 - ヒョリン x Block Bジコ x Paloalto• 2015年:「TWD THE WALL DESTROYER 」 - ヒョリン x kebee Eluphant• 2015年:アニメーション映画 「リトルプリンス 星の王子さまと私」主題曲 - 「Turnaround」• 2015年:「LOVE LINE」 - ヒョリン x ジュヨン x Bumkey• 2016年:KBS 2TV 「함부로 애틋하게 むやみに切なく 」OST - 「보고싶어 会いたい 」• 2016年:「그리워」 - ヤン・ダイルとのコラボレーション• 2017年:KBS 2TV 「」OST - 「서로의 눈물이 되어 互いの涙になって 」• 2017年:「Blue Moon」 - CHANGMOとのコラボレーション ドラマ• KBS 「」 2012年 - ナナ役 音楽作品• 2010年:MBC 「글로리아 グロリア 」OST - 「괜찮아요 大丈夫 」 - Woo J2 & ソユ• 2010年:MBC 「장난스런 키스 イタズラなKiss 」OST - 「사랑한다 말할까 愛してるって言おうかな 」• 2012年:「Officially missing you, too」 - グループとのコラボレーション• 2013年:「굿바이 Good Bye 」 - とのデュエット• 2013年:「착해 빠졌어 Stupid in Love 」 - Mad Clownとのデュエット• 2013年:MBC 「기황후 奇皇后 」OST - 「한번만 一度だけ 」• 2014年:アニメーション映画「雪の女王:トロールの魔法の鏡」エンドOST - 「Diamond」• 2015年:Eluphantのアルバム「Man On The Moon」の「심심할때만 退屈なときにだけ 」にフィーチャリング参加• 2016年:MBC 「운빨로맨스 運勢ロマンス 」OST - 「내게 말해줘 私に言ってください 」 - ソユ• 2016年:KBS 2TV 「」OST - 「잠은 다 잤나봐요 もう眠れない 」 - ソユ、ユ・スンウ• 2016年:Inkigayo Music Crush Part. 2016年:tvN 「도깨비 鬼 」OST - 「I Miss You」• 2017年:「 雨が降る 」 - のとのコラボレーション ミュージックビデオ• 2014年: 「오늘부터 1일 今日から1日 」 音楽作品• 2014年:KBS 「사랑은 노래를 타고 愛は歌に乗って 」OST - 「Ya Ya Ya」• 2015年:KBS 2TV 「별난 며느리 変わった嫁 」 OST - 「넌 내꺼야 あなたは私のものよ 」• 2017年:「그대와 나, 설레임 あなたと私、ときめき 」 - ミュージシャンの40とのデュエット ミュージックビデオ• 2012年: 「Rock Ur Body」• 2012年: 「Please don't... 2013年: 「Love Blossom」• 2014年:SISTARソユ&チョン・ギゴ 「썸 some 」 ドラマ• KBS 2TV 「패밀리 ファミリー 」 2012年 - ウ・ダユン役• KBS 「사랑은 노래를 타고 愛は歌に乗って 」 2013年 - 2014年 - コン・ドゥリム役• KBS 2TV 「별난 며느리 変わった嫁 」 2015年 - オ・イニョン役• SBS 「언니는 살아있다 姉は生きている 」 2017年 - ヤン・ダルヒ役 映画• 「フランス映画のように」 2016年• 「奇怪的同居 奇妙な同居 」 2016年 - ハン・クネ役 ディスコグラフィ [ ] シングル• LONELY 2017年5月31日 - タイトル曲:LONELY シングルアルバム• Push Push 2010年6月3日 - タイトル曲:Push Push 푸시푸시• 가식걸(Shady Girl) 2010年9月1日 - タイトル曲:가식걸(虚飾ガール)• 니까짓게(How Dare You) 2010年12月3日 - タイトル曲:니까짓게(あなたなんて)• One More Day 2016年11月22日 - タイトル曲:One More Day ミニアルバム• ALONE 2012年4月17日 - タイトル曲:나혼자 Alone• SHAKE IT 2015年6月22日 - タイトル曲 : SHAKE IT• 沒我愛 몰아애 Insane Love 2016年6月21日 - タイトル曲:I Like That フルアルバム• So Cool 2011年8月10日 - タイトル曲:So Cool 쏘쿨• Give It To Me 2013年6月11日 - タイトル曲:Give It To Me スペシャルアルバム• Loving U 2012年6月28日 - タイトル曲:Loving U 러빙유• Ma Boy 2011年5月3日• いたのに、いなくなったから(Gone Not Around Any Longer) 2013年1月31日 ソロ [ ] HYOLYN ヒョリン• It's me 2016年11月8日 - タイトル曲:Paradise 受賞歴 [ ]• 2010年 第24回 - 新人賞• 2012年 第26回 ゴールデンディスク賞in大阪 - デジタル音源賞• 2013年 第22回 - 本賞、デジタル音源賞• 2013年 第25回 韓国プロデューサー大賞 出演者部門受賞• 2013年 第5回• 2014年 第23回 ソウル歌謡大賞 - 本賞• 2014年 第3回 ガオンチャートK-POPアワード - 今年の歌手賞音源部門2月(SISTAR19『Gone Not Around Any Longer』)• 2014年 第3回 ガオンチャートK-POPアワード - 今年の歌手賞音源部門6月『Give it to Me』• 2014年 第3回 ガオンチャートK-POPアワード - 今年の歌手賞音源部門9月(Mad ClownXソユ『Stupid in Love』)• 2014年 ベスト女性グループ賞、ソユXチョンギコ、2014MAMAベストコラボレーション賞• 2014年 SBS歌謡大祭典 - TOP10賞• 2014年 SBS歌謡大祭典 - 音源賞 - ソユ X チョンギゴ「SOME」• 2014年 MBC芸能大賞 - 歌手部門・特別賞• 2015年 第29回 ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門本賞• 2015年 第29回 ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門本賞 ソユ X チョンギゴ• 2015年 第29回 ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門トレンドオブザイヤー ソユ X チョンギゴ• 2015年 第24回 ソウル歌謡大賞 - 本賞• 2015年 第24回 ソウル歌謡大賞 - デジタル音源賞 ソユ X チョンギゴ• 2015年 第4回 - 今年の歌手賞音源部門9月『I Swear』• 2015年 第4回 ガオンチャートK-POPアワード - 今年の歌手賞音源部門2月 ソユ X チョンギゴ『Some』• 2015年 第4回 ガオンチャートK-POPアワード - 音源ロングラン賞 ソユ X チョンギゴ• 2015年 第12回 - 最優秀ポップ曲賞 ソユ X チョンギゴ• 2015年 第12回 韓国大衆音楽賞 - 今年の曲 ソユ X チョンギゴ• 2015年 第10回 Asia Model Awards 2015 - アジアスター賞• 2015年 第7回 Melon Music Awards - TOP10• 2015年 Forbes Korea Power Celebrity 40 - 第10位• 2016年 第25回 ソウル歌謡大賞 - 本賞• 2016年 第30回 ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門本賞• 2016年 Forbes Korea Power Celebrity 40 - 第28位• 2017年 第30回 ゴールデンディスク賞 - 女性グループパフォーマンス賞• 2017年 第6回 ガオンチャートK-POPアワード - 今年の歌手賞音源部門6月『I Like That』 出典・脚注 [ ] []• Kstyle 2017年5月23日付記事 STARSHIP公式• innolife 2012年9月22日• 中央日報2010年12月10日• kstyle 2012年1月17日• kstyle 2012年1月13日• kstyle 2012年4月9日• Kstyle 2012年4月16日• Kstyle 2012年5月6日• Kstyle 2012年5月11日• Kstyle 2012年7月5日• 中央日報2012年6月28日• kstyle 2012年9月16日• innolife 2013年2月1日• kstyle 2012年11月21日• kstyle 2012年4月4日• kstyle 2013年1月3日• kstyle 2012年12月9日• kstyle 2013年1月5日• KSTARニュース 6月15日• kstyle 2012年3月24日• 韓国音楽コンテンツ産業協会. 2017年10月22日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 sistarsistar -•

次の

ボラの刺身の味や臭い!寄生虫の危険、食べ方(薬味・レシピ)、まずいは嘘?

ボラ へ 韓国

大学院の課題として始めたこのグループはまもなく、非韓国人による世界初のKポップグループへと発展した。 グループは批判を集め、文化の盗用だと非難され、殺害の脅迫まで受け取った。 しかし3年たった今、グループは今も好調だ。 どうやって? そして、なぜ? グループ結成 韓国で育ったボラ・キムさんは学生時代、Kポップを聞いて過ごした。 Kポップとはポップスとヒップホップ、韓国語と英語が混ざった音楽で、韓国文化で絶対的な存在となり、無数の「アイドル」を生み出した。 しかしキムさんがKポップの本当の意味を考え始めたのは、2014年に渡米しニューヨークの有名なコロンビア大学で修士課程を学び始めてからだった。 「若い頃は、韓国の外の人たちが韓国文化を消費するようになるなんて思ってもいませんでした」とボラさんは話した。 「(米国に着いた時)Kポップはすごく勢い付いていて、私はKポップを違う角度から見るようになりました。 それで考えるようになったんです。 韓国人がやっている場合だけがKポップなのだろうか? Kポップを後押しするにはどうしたらいいだろう? 限界は何だろう?」 Image copyright Immabb Image caption ボラさんはコロンビア大学で学んでいる時に男性グループの結成を決意した 自分の疑問に答えを出す一番の方法は、自分でKポップグループを作ることだと考えた。 韓国人以外だけで構成されたグループだ。 これはその後2年間、コロンビア大学大学院でのボラさんの学位論文になった。 最後に残った問題は、「どう実現しよう?」だった メンバー探し ボラさんの目標は、現実の世界に実在できるKポップグループを作ることだった。 「ニューヨークを象徴するような、韓国人ではないメンバーを見つけたかった」とボラさんは語った。 「なのでまずはオーディションをしました」 最終的に6人が選ばれた。 ゆくゆくはEXP Editionを構成することになるメンバーだ。 「本当に歌唱力がある人もいたし、踊りが上手な人もいた。 でも全員が、とにかく個性が強かった」とボラさんは話した。 最終的に残ったメンバー候補は、クロアチア出身のシーメ・コスタさん、ポルトガル系米国人でロードアイランド州出身のフランキー・ダポンテさん、日本人とドイツ人の両親を持ちテキサス州育ちの光希(コーキ)・トムリンソンさん、共にニューヨーカーのハンター・コールさんとデヴィッド・ウォレスさん、そしてテキサス出身のタリオン・アンダーソンさんだ。 Image copyright Immabb Image caption 初期のメンバー。 (左から)ハンターさん、シーメさん、デヴィッドさん、コーキさん、フランキーさん、タリオンさん 韓国の血を引いている人は誰もいなかった。 そして多くが、それまでほとんどKポップを聞いたことがなかった。 韓国語も話せなかった。 ボラさんは、このグループをEXP Editionと名付けた。 EXPは「experiment(実験)」の略だ。 Kポップを探求 ボラさんが論文を書くためのショーの一環として、グループは2015年の夏にシングルを出す必要があった。 しかしやらなければならないことが山ほどあった。 韓国のアーティストはほとんどが精力的なトレーニングを重ねる。 大手音楽会社がマネジメントを行い、Kポップの世界にデビューする前の若いころからトレーニングする。 その結果、平均的なKポップのスターは非常に洗練されている。 一分のすきもない振り付けで曲を踊り、完璧な韓国語で歌い、頭の先からつま先まで非の打ちどころがない。 EXP EditionがKポップグループになるには、韓国人アーティストのほとんどが数年かけてすることを数カ月でこなす必要があった。 メンバーは、ボラさん自身から韓国語を教えてもらうようになり、歌のレッスンからダンスの練習にまで打ち込んだ。 曲は音楽プロデューサーに書いてもらった。 レコード会社コロムビアで働いていた人物で、ボラさんの友人だ。 ボラさんはその後、歌詞を韓国語に翻訳し、メンバーはそれを暗記する必要があった。 ボラさんが言うところの非常に「DIY(自分でやる)」的なプロセスだ。 公平に言っても……素晴らしい出来ではなかった。 そして大成功というわけでもなかった。 しかしこの時までにメンバーは何カ月もトレーニングを重ねており、すでに1ステージ分の構成を作っていた。 そこでショーに出演することにし、少しずつニューヨークのあちこちでイベントに呼ばれるようになっていった。 Image copyright IMMABB Image caption ハンターさん、フランキーさん、シーメさん、コーキさんは韓国への移住を決意 「Kポップグループとして、次の動きは韓国への移住が理にかなっているように思えました」とボラさんは話した。 「一大決心でした。 特にメンバーにとっては、友達や家族から離れるわけですから」。 バンドのメンバー2人、デヴィッドさんとタリオンさんは韓国へは行かないと決めた。 しかし残りの4人は韓国行きを決意した。 「試してみないと後悔すると気づいたので、僕らは『やってみよう』という感じでした」とハンターさんは話した。 大きな変化 2016年8月、EXP Editionは正式に韓国へ渡った。 「韓国に移ってきた時は本当に大変でした」とボラさんは言う。 「メンバーは韓国語を勉強しつつ、ダンスや歌の先生は全員韓国人。 (中略)練習するために、メンバーは毎朝6時に起きていました。 初期の頃の話をすると、メンバーはいつも涙ぐんでしまいます」 EXP Editionの韓国デビューは2017年の夏。 音楽ビデオを発表し、韓国のバラエティー番組に生出演した時だ。 Image copyright Immabb Image caption ソウルの繁華街でパフォーマンスするメンバー 「韓国の人たちは、メンバーに非常に好奇心をそそられ、歓迎して支持してくれた」とボラさんは話す。 「観客の1人がライブ後に私のところに来て、EXP EditionのおかげでKポップとは何なのかを考え直したと言ってくれました」。 しかし彼らはKポップなのだろうか? EXP Editionはデビュー当初から今日に至るまで、絶え間ない反発にさらされてきた。 多くは、彼らはKポップではないし今後もそうなり得ないというものだ。 殺害の脅迫を受け取ったこともあるし、インターネットには何百という侮辱が書かれ、ユーチューバーから「偽Kポップ」と呼ばれたことすらある。 中には、文化的盗用だと責める人もいた。 無礼にも韓国文化で金儲けをしていると言うのだ。 「(みんな)とても意地悪で、とても憎しみに満ちていました。 私たちがしていることは恥だと言って」とボラさんは振り返った。 メンバーのシーメさんは「この人たちは、私たちがKポップを見下そうとしていると思ったんだと思います。 私はそれがいつも怖かった。 Kポップをばかにしにきたと思われるのが」と説明した。 Image caption EXP Editionはデビュー当初から今日に至るまで、絶え間ない反発にさらされてきた メンバーと話すと、彼らがKポップに抱く新たな情熱は心からの偽りのないものだとはっきり分かる。 そして、彼らが韓国を本当に好きになり始めているというのも。 ボラさんについて話す時、メンバーは最高経営責任者(CEO)を意味する韓国語を使うが、筆者がその意味を尋ねると、困ったメンバーはお互いに聞き合う。 「待って、英語で何て言うんだっけ?」とメンバーの1人が口にする。 最新の音楽ビデオは、デビュー曲と比べるとかなり上達している。 Kポップがゆっくりと、その根本から拡大していることを表しているのかもしれない。 ボラさんは、文化的盗用との非難は全く公平ではないと話す。 というのも、Kポップ自体がかなり多くの影響を受けているためだ。 「Kポップの出どころや伝統的な韓国らしさは、1つだけじゃない。 あらゆるものが混ざったものなんです。 米国や日本からの影響を受けています」とボラさんは説明した。 ニューヨークを拠点に活動するジャーナリストでありKポップ専門家のジェフ・ベンジャミンさんは、KポップをKポップたらしめているものには、韓国らしさ以外の要素があると話す。 「Kポップ音楽そのものは、そこまで音で定義されるものではありません。 基本的に、全ての曲には歌があって、ラップがあって、ダンスのための間があって、さまざまなジャンルを融合しています。 それよりも、集中したトレーニング制度、きらびやかな音楽ビデオ制作、グループがパフォーマンスするバラエティー番組や音楽番組など音楽以外の要素があります」とベンジャミンさんはBBCに説明した。 「EXP EditionはKポップアーティストたちの音や外見、雰囲気を再現できはしますが、『Kポップスター』になるための文字どおり血と汗と涙を再現することはできません。 そして彼らがKポップと呼ばれるために足りないのは、そこだと私は思います」 Image copyright Getty Images Image caption 紛れもなく最も有名なKポップグループ、防弾少年団(BTS)は、音楽だけでなく個性的な見た目の美しさでも知られている 英リヴァプール大学で音楽講師を務めるオム・ヘイギョン博士もこれに同意する。 「EXP EditionをKポップと思うか? 難しい質問です。 彼らが歌って踊るものはKポップのスタイルに沿ったものかもしれませんが、『正真正銘』のKポップを作る韓国音楽業界の外で作られたものですから」 ここ数カ月、EXP Editionは韓国のバラエティー番組や音楽番組に出演している。 今も精力的にトレーニングをこなしており、まだ売れっ子というわけではないが、少ないながらもファンが付き、徐々に増えつつある。 ボラさんにとっては、EXP Editionが何者かという疑いはもはやない。 「私たちはKポップかって? ええそうです」と答える。 「でも同時に、何か違うものでもあります。 メンバーは全員、さまざまな生い立ちを持った人たちですから。 このグループは、それを新たに掛け合わせたものなのです」 (英語記事 ).

次の

韓国人のいないKポップグループ、EXP Editionが議論の的に

ボラ へ 韓国

今回は主に 【ボラカイへの行き方】【両替】【ホテル】について記述していきます。 ボラカイに行くためにはカリボ空港、もしくはカティクラン空港を経由し、更にその後、船でボラカイまで行かなければいけません。 港までの距離はカティクラン空港からのほうが近いのですが、 仁川空港からの飛行機の本数がカリボ空港のほうが多く、時間・値段を考慮した結果、カリボ空港を利用しました。 仁川空港からカリボ空港まで約4時間ほど。 空港を出発してから飲まず食べずの時間が5時間ほど続くので、お菓子や飲み物を飛行機内で買っておくのがお勧めです。 と、いうのもカリボ空港の到着口では売店らしい売店がありませんでした。 あったとしても、ピックアップを頼んでいたので買う時間なかっただろうけど・・ さて、カリボ空港に到着すると出口のところにたくさんのフィリピンの方々が集まっています。 カリボ空港からボラカイへ行きの港まで約2~3時間程、車に乗って移動しなくてはいけないからです。 カリボ空港までのピックアップを予約していない方は、このタイミングで、車を手配してくれる方たちに値段交渉して港まで行かなければいけませんよー! 私は事前に韓国のサイトでピックアップを予約しました。 ピックアップには空港からの出迎えと船の値段が含まれて、確か40ドルほど。 少しお高めでしたが、これにアクティビティをいくつか追加すると、特典(マンゴーなど)がもらえるということで選びました。 ちなみに、バンに乗り込んだあと、約2~3時間程はトイレに行けませんので事前に用は足しておきましょう。 空港内にトイレはなく、出口にポツンと小さなトイレがあります。 トイレの鍵が壊れてたけど・・・ バンには私たちの他に2組の韓国人カップルが乗り込みました。 港に着くまでは自由時間!それぞれ写真を撮ったり、寝たりしました。 港に到着したら船のチケットを購入! 今回私が選んだピックアップの会社は船のチケットも込みでしたので、手続きはすべてガイド(フィリピン人)が行ってくれました。 チケット購入の際に、パスポートの提示が必要になるので、すぐに出せるように準備しておきましょう。 ピックアップを予約してよかった点は、ガイドの方がスーツケースを船に運んでくれることです。 (正しくはガイドの方が現地の人にチップを渡して運んでもらっていました) 写真でみてわかるように、船の乗り場狭く不安定なので、大きいスーツケースをもって渡るのは大変です。 特に素人には。 行きも帰りもスーツケースは運んでくれたのでラクチンでした。 港を出発し、約15~20分ほどでボラカイの港に到着します。 船はジェット機のような大きいものでなく、小~中くらいの大きさでした。 エアコンはなく、ガラスなしの窓があり、自然の風を感じれるつくりでした。 本当に簡易的な感じ。 港についてまず思ったのが水がきれい!好きと売るようなエメラルド色で、シュノーケリングやダイビングしたらきれいに見えそうな透明さ。 はやくあそびた~い! 港に着いた後は、迎えの車にまた乗りこみ、ホテルまで直行。 ホテルに到着する前に、今回私たちが利用したピックアップの会社の前に一瞬止まり、ささやかなプレゼントをもらいました。 この会社を通して予約したアクティビティの金額によって、もらえる特典が変わってきます。 私たちは合計190ドルでしたので ・生マンゴー3つ ・サンドウィッチ ・石鹸 これにプラス、電話機、携帯Wi-Fiを借りることが出来ました。 (携帯Wi-Fiは接続できなかったんですけどね・・・) そして、一休みに、ということでマンゴージュースをもらいました。 約5時間くらい何も飲まず食べずだったのでおいしさが身に沁みた・・・ サンドイッチは手作りでした。 お腹もペコペコだったので、ホテルについてすぐ食! 野菜がフレッシュで美味しかった~ 両替はどこでする? 韓国のネットで調べる限り、 ドルで支払いを求める会社(特にツアーアクティビティ)が多少あるため、一度ドルに替えて、必要な分だけ現地でドルからペソに替えるという両替方法をとる方が多いようです。 ホテルによっては、ペソやドルでデポジットを求めるところもあるので、あらかじめ少しはもって行っとくと安心です^^ さて、両替するときに忘れてはいけないのが 空港税! カリボ空港を利用して国際便に乗る際は、空港税を現金で支払わなければいけません! 私が空港を利用したときは784ペソでした。 空港税は、値上げされる場合もあるので、旅行前に必ず調べておきましょう! 空港税を含め、現地でどれくらい使うのか予算を立てたら、両替所に行きます。 Dモールにもいくつか両替所があったのですが、 【NIKKO MART FOREX】が現地で一番レートがよかったのでここですることにしました。 細い路地にあるので少しわかりずらいのですが、上の看板を目安に訪れてみてください。 ちなみに ドルで両替するときは出来るだけ、100ドル札で両替するのをおすすめします。 お札の種類によってレートが変わってきます。 円の場合は関係ないみたいですけどね。 宿泊地<Henann Palm Beach Resort> 宿泊先は へナンパームビーチリゾートに。 ちょっと奮発して、ヘナングループのどこかに滞在しようと決めていたのですが、運よくパームビーチが割引していたこともあり、即決しました。 プライベートプールはもちろん、プール内のバー、ジムが併設してあります。 私が行ったときはジムは改装中で使えませんでしたが。 ビューがきれいに見える部屋に滞在し、リッチな気分を味わえて大満足。 ホテルのスタッフも丁寧で親切な方が多く、また泊まりたいホテルでした。 詳しく知りたい方は、下記のレビュー記事をどうぞ。 フィリピンの方が迎えに来てくれて、車(といってもジプニーみたいな)に乗り込みました。 私たち以外にも何人か同じ飛行機で帰国する方がいたので、途中、2つほどホテルに立ち寄り、ピックアップを予約した会社の前で一時停止しました。 このとき、借りていたWi-Fi端末機と携帯電話を返却。 Wi-Fiが全く使えなかったことを一言いいたかったんですけど、なんだかんだ時間がなく、タイミングを逃してしまったのが悔やまれます。 まあ、Wi-Fi使えなくてもホテルが近かったので、そんなに困らなかったんですけど。 行きと同じように、船のチケットからスーツケースを船に乗せるところまで、すべてガイドさんたちが手配してくれました。 らくちん。 帰りも同様に2-3時間かけて、港からカリボ空港まで行かないといけません。 カリボ空港の近くに、ほぼ韓国人専用のラウンジみたいなのがあるのですが、そちらで降ろされました。 なんでも、 プチ土産(シナモンジャム)をもらえるということだったので、そこにあるお土産ショップに一度よって受け取ってくれということでした。 お土産ショップの横には食堂がありました。 空港のラウンジには食堂などの施設があまり整っていないそうなので、飛行機に乗る前にこちらで食べている方が結構いました。 もちろん、メニューは韓国料理ばかり。 値段はお高め。 私たちは特にお腹も減っていなかったのでスルーして早めに空港でチェックインしました。 ここで忘れてはいけないのが 空港税! 現金にて 一人784ペソ支払いを求められました。 (何度も言いますが、空港税は値上がりする可能性もあるので、渡航前に調べてくださいね!) 実は、私たちの前にいたカップルが空港税の存在を知らなくてトラブっていました。 相当アングリー。 クレジットカードも受け付けてもらえませんので、必ず用意しておきましょうね~! さて、何もないと言われていた空港のラウンジにも、少なからずカフェや売店がありました。 眠気覚ましのコーヒー1杯のみ購入し、ラウンジで飛行機を待ちました。 空港内ではWi-Fiもスムーズに使えたので、意外と快適に待てました。 最後に コロナウイルスのおかげで海外旅行はおろか外出さえもはばかられますよね。 終息の兆しがなかなか見えず、なかなかもどかしい日々を送っておられるでしょう。 早く世界中が健康になり、またいろいろなところに旅行にいけるようになるといいですね。 それまでは、私も行きたい場所の情報を集めたりして、また旅行に行ける日を心待ちにしています! kiki.

次の