ややこしい 類語。 「ややこしい」とは?意味や使い方!例文や解釈

「ややこしい!」の英語!話が複雑だと感じたときのフレーズ6選!

ややこしい 類語

「且つ」の意味や読み方は? 「且つ」は2つの物事をつなぐ接続詞 「且つ」は「かつ」と読みます。 「且つ」は、2つの物事や行為が並行して行われている様子を表す際に使用する接続詞であり、これは漢文訓読に由来しています。 漢文訓読とは、漢文に記号を付けて日本語として読むこと。 「且つ」でつないだ前後の事柄が、どちらも成り立ち同時に成立することを意味します。 「且つ」には「更に」という意味もある 「且つ」にはもう一つ、ある事柄にもう一つの事柄をプラスする「更に」や「その上」といった意味もあります。 ある事柄に加え、「且つ」でつないだもう一つの事柄を、平行させるのではなく付け加える場合に用います。 「且つ」の使い方と例文 「且つ」は文章において使用する言葉 「且つ」は、日常会話で使用すると堅苦しくなってしまうためあまり使われませんが、書類やレポートなどの文章上や、ビジネスシーンにおいて使用することが多い言葉です。 フォーマルな場のスピーチや挨拶においても使われます。 「且つ」の句読点「、」の位置は文脈で決める 「且つ」を使用し2つの物事を並べた場合、基本的には「且つ」の前後に読点「、」はつけなくても問題はありません。 ただし、文章が長い場合やひらがなが続いて読みにくいといった場合には、読点「、」を付けた方が良い場合もあります。 その場合の「、」の位置は、「良く飲み、且つ良く食べる」というように、「且つ」の前に付けましょう。 3つ以上の物事を並べる場合にも読点「、」があると読みやすくなります。 前後の文脈を見て、読みにくいようなら読点「、」を付けましょう。 相反する物事を同時に成立させる「且つ」 相反する事柄であっても、「且つ」でつなぐことによってどちらもが成立し同時に行われている様子を表します。 単純に接続するだけではなく、2つの要素を満たすという意味になります。 「よく遊び且つよく学ぶ」と用いた場合、「遊び」と「学び」とが相反する内容ではありますが、「且つ」で繋ぐことで、どちらもが同じように行われていることを表現します。 強調する場合は「尚且つ」と用いる 「且つ」を「更に」や「その上」という別の事柄を付け加える意味で用いるとき、「尚且つ」とすることでその内容をより強調することができます。 例えば、「彼は仕事ができて且つ人格者である」としても文章としては問題ありませんが、より強調するならば「尚且つ」にしてみましょう。 「彼は仕事ができて尚且つ人格者である」とした場合、「尚且つ」の後ろにある「人格者である」という部分がより強調され、「仕事ができて、更に人格者である」という意味合いになります。 「且つ」の類語は? 「且つ」の類語は「併せて」 「且つ」の類語に「併せて」があります。 「併せて」は「同時に」という意味であり、ある事柄に加えて同時に何かを行うことを表すときに使用します。 「且つ」が「A且つB」と前後をつないで一つの文章とする使い方に対し、「併せて」は、「A併せてB」という使用方法ではなく、独立した別の文章として表記します。 例文:「書類を提出ください。 併せて身分証明書も提出してください」 「または」「及び」も「且つ」の類語 「または」は、前後のどちらかを選択する場面で使う言葉。 英語で表すと「or」のニュアンスになります。 「且つ」が2つの物事を並行させるのに対し、「または」は前後の2つのうちのどちらかひとつ、という意味になります。 「及び」は、いくつかの事柄を接続する言葉です。 「A及びB」では、前後のAとBを並行に並べるため、「AとB」と言い換えることもできます。 「且つ」と意味は同じですが、「且つ」が形容詞や動詞を接続するときに用いるのに対し、「及び」は名詞と名詞を並べて表す際に用いるのが、大きな違いです。 まとめ 「且つ」には2つの物事をつなぐ役割があり、相反する事柄でも「且つ」でつないだ前後が同時に成立することを表現します。 その事柄を強調したい場合には「尚且つ」を用いましょう。 日常会話ではあまり使用しませんが、書類やレポートなど文章で用いることも多い言葉のため、その意味の違いを確認して、使い分けましょう。

次の

「ややこしい!」の英語!話が複雑だと感じたときのフレーズ6選!

ややこしい 類語

1 「煩わしい」は、事柄が込み入っていて、解決するのに手間がかかりそうな状態についていう。 [英] 2 「面倒臭い」は、「煩わしい」とほとんど同意で使われ、面倒でいやだと思う気持ち、避けたいと思う気持ちが含まれている。 非常に口語的な語。 3 「ややこしい」は、「煩わしい」と同じく、事柄が込み入っている状態にいうが、手間がかかるのでいやだというより、分かりにくいので敬遠する気持ちの方が強いときにいう。 [英] 4 「うるさい」「やかましい」は、騒音についての意味から転じて、煩わしく、いやだと思う意を表わす。 また、厳しくとがめる意、盛んに言い立てる意を表わす。 「食べ物にうるさい やかましい 人」は、好みが難しく、いろいろ注文をつける人の意。 苛立ち、または不快感を引き起こすさま の意• 小にくらしい• 心気臭い• 派手さまたは明るい色によって注意を引きつけるさま の意• 対処するのが難しい の意• めんどう臭い• 煩しい• 特に詳細についてきちょうめんな の意• 小うるさい 大きくて音楽的でないな音で満ちている、または、大きくて音楽的でないな音に特徴づけられる の意• 喧々たる• 騒然たる• 囂囂たる• 喧喧たる• 囂然たる• 囂々たる• 目立って、そして、攻撃的に大きい; 激しい抗議に与えられる の意• 喧々たる• 騒然たる• 囂囂たる• 騒しい• 喧喧たる• 囂然たる• 囂々たる•

次の

「ややこしい」に関連した英語例文の一覧と使い方

ややこしい 類語

「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」は、どちらも目にしたり使用する頻度が多い言葉です。 どちらも敬語表現であり、目上の方に対して使う言葉です。 では、明確に違いはあるのでしょうか。 「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」の違いは、丁寧さの違いです。 「申し訳ありませんが」をさらに丁寧に言った言葉が、「申し訳ございませんが」です。 どちらの言葉で表現しても間違いではありません。 「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」のどちらを使えば良いのか迷ってしまった時は、より丁寧な言い方である「申し訳ございませんが」を使用すれば問題ないでしょう。 「恐縮ですが」と「申し訳ございませんが」 まず「お忙しい中」ですが、この言葉は相手の立場や状況を配慮して使う言葉です。 相手に仕事などを頼みたい時に使います。 「申し訳ございませんが」と一緒に使われることも多いでしょう。 ・お忙しい中申し訳ございませんが、〇〇をお願いしてもよろしいでしょうか。 ・お忙しい中申し訳ございませんが、添付した資料をご確認ください。 このように、やり取りをしている相手に頼み事などをしたい時に相手に配慮して使います。 「お忙しい中」と類似の言葉で、「お忙しいところ」や「ご多忙のところ」などがあります。 これらはほぼ同じ意味であり、「申し訳ございませんが」と結びつけられるフレーズです。 状況などによって使い分けると良いでしょう。 よろしく 「ご理解」は、相手に自分の状況や立場を察してもらいたい時や、自分の事情を察してもらいたい時に使うフレーズです。 配慮の意味を含んだ「申し訳ございませんが」と「ご理解」は、多くの場面で結びつけて使われます。 ・申し訳ございませんが、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。 ・申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 「ご理解」の表現には、「ご理解くださいますよう」や「ご理解のほど」などがあります。 「ご理解くださいますよう」より「ご理解のほど」の方が物腰が柔らかい言い方です。 「ご理解ください」は、私の事情をわかってくださいという断定的な表現が強いので、やり取りをしている相手によって使い分けていきましょう。 何卒 「何卒」は、「どうぞ」や「どうか」をより丁寧に表現した言い方です。 普段ビジネスの場面では、とりあえず「何卒」を付けておけば問題はないだろうと考えている方も多いでしょう。 「何卒」は、相手に対して謝罪をしたい時や強くお願いをしたい時に使う言葉です。 このため、普段から頻繁に「何卒」を使用するよりかは、特に重要な場面や相手に強く要求をしたい時に使うと良いでしょう。 また、商談などでは使うことが少なく、メールで使います。 ・申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・申し訳ございませんが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 このように、相手に対してより要求が強い言い方になります。 「申し訳ありませんが」は、ビジネスのあらゆる場面で使われる言葉です。 突然の事態であっても、すみませんやごめんなさいが口から飛び出してしまっては、社会人としての品格が疑われてしまいます。 「すみません」は丁寧な言い方ですが、ビジネスの場面ではより丁寧な言い方をしましょう。 きちんとしたお詫びのフレーズを使うことで、相手も自分も社会人としてスムーズなやり取りができます。 TPOに合わせて適切なクッション言葉を使用できるように、多くのフレーズを頭に入れておくと便利です。 特に「申し訳ありませんが」を使う場面は、相手に何か面倒ごとや迷惑をかける時に使う言葉ですから、ごめんなさいやすみませんよりも一層丁寧な言い方ができ、相手に気持ちが伝わるよう日頃から心がけておきましょう。

次の