ほうれん草 茹で か た。 ほうれん草は炒め物でも茹でないとダメ?面倒だけど茹でる理由があった

ほうれん草の正しい茹で方。シュウ酸は除去したいし、ビタミンは残したい。

ほうれん草 茹で か た

家庭によって違うほうれん草の茹で方 食卓によく上るほうれん草ですが、茹でる時にいつも悩みます。 どうやって茹でるのが一番健康にいいんだろう、と。 私が気になるのは、 シュウ酸(エグ味の元)を除去したいからしっかり茹でたい、でも茹ですぎるとビタミンも溶け出てしまう。 そのバランスの良いところはどこなのか…ということ。 悩みながら、私は いつも鍋にぐつぐつお湯を沸かして、くったりし始めるくらいで火を止めます。 人によってはぐんにゃりするまで茹でる人もいるし、無水鍋で水を入れずに茹でる(蒸す)人もいるし、レンジでやってしまう人もいる。 どうするのがいいのか、改めてきちんと調べてみました。 小学校の家庭科で習った「ほうれん草に含まれる毒!?」シュウ酸 小学校5年生の時、家庭科の授業で衝撃的な事を習いました。 「 ほうれん草にはシュウ酸という 毒が含まれています。 だから必ず茹でてシュウ酸を溶かし出しましょう。 」 当時、実家でたくさんほうれん草を育てていて、毎日のように食べていた私は衝撃を受けました。 ほうれん草に毒が含まれていたなんて!! 「シュウ酸」とは ほうれん草が生煮えだったりすると、 独特のエグ味やニガ味を感じることがありますが、その元となっているのがシュウ酸です。 シュウ酸が毒だと言われた理由は、シュウ酸を摂取すると体内で カルシウムや鉄分と結合して、それらの栄養分も体の外へ排出してしまうから。 つまりシュウ酸を摂ると、 カルシウム不足を招いたり、 結石(尿路結石とか激痛だと言いますよね…)を作り出したり、ということにつながる可能性があるんです。 ただ、日々食べる量では影響はなく、毎日1kg食べ続けたらという程度です。 を見ても、生のほうれん草であってもシュウ酸は0. ただ、味という観点ではやはりエグ味はない方がおいしいので、取り除くに越したことはない。 家庭科の授業では、シュウ酸を「溶かし出しましょう」と習いましたが、それは シュウ酸が「水溶性の物質」だからです。 お湯で下茹ですると、 茹で汁の中にシュウ酸が溶け出すので、ほうれん草から除去できます。 そう考えると、 無水鍋での調理は、水道代もガス代も節約できると評価されますが、ほうれん草のシュウ酸除去という観点では適さないかと思います。 (シュウ酸が溶け出すためのお湯がないから) 手軽にできる レンジ加熱も同じで、ほうれん草がくたっとなるだけで、シュウ酸は残ったままです。 ほうれん草を下茹でする理由が単純に「やわらかくしたいから」なら別ですが、シュウ酸を取り除くため(味をよくするため)なら お湯でぐつぐつ茹でることが必須です。 ほうれん草を茹でる時の「ビタミン」の残し方 ほうれん草の栄養素として目立つのは、ビタミンA、ビタミンC、葉酸、鉄分など。 ただ、 これらも水溶性なので茹でるとシュウ酸と同様、お湯に溶けだしてしまうんです。 なので茹ですぎないことが重要。 ただ 生100gは茹でると70gくらいになるので、 実際の同じ量で比べると残量はもう少し高いはず。 茹で時間に気を付ければ、そんなに栄養素の減少は気にしなくてもよさそうです。 ほうれん草は立てながらお湯でぐつぐつ1分茹でて冷水でしめるるのが正解 シュウ酸(エグ味)を取るためには、 ゆで汁が必要。 栄養素を溶け出し過ぎないようにするためには、 1分程度で茹でる。 茹でた後もそれ以上溶けないように 気を付ける。 あいまいな記憶に頼って、なんとなく不安になりながらほうれん草を茹でていましたが、これからは自信をもって茹でられそうです。 小学校で習った知識って侮れませんね。

次の

ほうれん草を茹ですぎた!栄養が減ってもおいしく食べれるレシピ

ほうれん草 茹で か た

1Lに対し塩小さじ1を入れて沸かし、ほうれん草を根元から入れ、茎だけを30秒ゆでる(やけどに注意)。 全体を湯に沈め、15秒程度で裏返し、さらに15秒たったら引き上げる。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くし、茎が太めのものや葉が硬めのものは少し長めにゆでる。 湯を沸かす時間が短縮できます。 直径26cmの深めのフライパンなら一度で1束(約200g)を茹でられます。 葉先がフライパンから出るなら葉先を曲げて収める。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くする。 さらにビタミンCなどの水溶性の栄養素が逃げにくいのもメリット。 塩をまぶすと水が出てアク抜きになる。 2 電子レンジで加熱し、全体を混ぜる ほうれん草1束(約200g)なら600Wで3分、100gなら2分加熱する。 加熱後すぐに全体をよく混ぜ合わせ、余熱で火の通りを均一にする。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10〜20秒ほど短くする。 混ぜ終えたらボウルから取り出して冷ます。

次の

ほうれん草を茹ですぎた!栄養が減ってもおいしく食べれるレシピ

ほうれん草 茹で か た

レシピ 常夜鍋 材料• ほうれん草:2束• 豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用):500g• 水:6カップ• 酒:1カップ• 塩:小さじ1 【つけだれ】• 醤油:100ml• レモン汁:50ml 【薬味】• ねぎ、にんにく(みじん切り):適量 作り方• 鍋に水を入れて沸騰させる。 ほうれん草は洗って4cmの長さに切り、豚肉とともに皿に盛りつける。 「1」に酒と塩を加え、再び沸騰したら、ほうれん草と豚肉を、食べる分だけ入れる。 煮えたらつけだれにつけ、お好みで薬味を添えていただく。 ポパイサラダ 材料• ほうれん草(生食用):2束• ベーコン:2枚• フランスパン(小さいもの):2個• オリーブオイル:大さじ1• パルメザンチーズ:適量 【ドレッシング】• オリーブオイル:大さじ3• 白ワインビネガー:大さじ3• コショウ:少々• パルメザンチーズ(粉):大さじ1 作り方• ベーコンは1枚を4つに切り、フライパンでカリカリに炒める。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、香りが出たら、くし切りにしたフランスパンを入れ、キツネ色になるまで炒める。 ほうれん草は洗って食べやすい長さに切り、水気をきっておく。 器にほうれん草を盛り、「1」、「2」と、薄く切ったパルメザンチーズを加えて混ぜ、ドレッシングの材料を混ぜてかける。 グリーンチキンカレー 材料(4人分)• 鶏肉:300g• 塩、コショウ:少々• サラダ油:大さじ5• ほうれん草:1束• 水:2カップ 【A】• にんにく:1片• しょうが:2枚• パセリ:1本• とうがらし:2本• たまねぎ:1個 【B】• ターメリック:小さじ1• ローズマリー:少々• コショウ:少々 作り方• 鶏肉は1口大に切り、塩、コショウをふる。 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、キツネ色に焼いて水を加え、弱火で20分煮る。 Aの材料はすべてみじん切りにする。 ほうれん草は茹でた後、みじん切りにする。 鍋に残りのサラダ油を入れ、Aを加えて炒める。 たまねぎに色がついたら、ほうれん草を加えて炒める。 「1」に「3」とBを加え、弱火で10分煮込み塩味をととのえる。

次の