茨城 新聞。 《新型コロナ》新生活様式 介護現場「無理ある」(茨城新聞クロスアイ)

[B!] 茨城新聞ホームページ

茨城 新聞

休業要請に応じないとして、茨城県が新型コロナウイルス特別措置法に基づき店名を公表した古河市内のパチンコ店の男性店長 39 が30日、茨城新聞の取材に応じた。 男性は「家賃や支払い、従業員の生活がかかっている」と現状を訴えたほか、「なぜパチンコ店だけ、県境だけなのか」と公表の在り方に疑問を投げ掛けた。 県は県境に限定していた休業要請を全県に広げ、要請に応じない店舗を5月1日にも公表する方針で、県内では新たに休業に踏み切る店舗も出てきた。 取材に対し店長は「近隣住民の不安は分かっている。 申し訳ないと思う。 できるなら休業したい」と語った。 その上で「家賃や清掃、景品、機器修理などの支払いが常にある。 数日休めば営業の再開は厳しい」と苦しい事情を明かした。 従業員に関し「生活や雇用環境を守らなければならない」と強調。 県が示した最大30万円の協力金は「従業員2人分の給料にしかならない」と説明した。 他店の休業については「それぞれの事情がある。 うちは閉められない」と理解を求めた。 店長は、栃木県や埼玉県と隣接し日頃から県外客が一定数いることに触れ「なぜ県境だけ先に公表なのか。 営業している店もあるのに、県内で唯一営業中と見られている」と話した。 県が「休業指示」に切り替えた場合の営業継続は不透明という。 「店と客、従業員の安全を守るだけ。 感染を防ぐためできる限りのことを尽くす」と話した。 一方、県内では30日、県の要請を受けて新たに休業する店舗が出始めた。 水戸市内でパチンコ店を運営する会社の社員男性は、「社員の給料を支払えるか分からない厳しい状況の中で決断した」と窮状を訴えた。 この社員は、政府系金融機関による無利子無担保融資の対象外となったパチンコなどの業種に関し、経済産業省が見直し方針を示したことに言及。 「実際に借りられるか分からないが、借りられれば先が見通せる」と語った。 県遊技業協同組合は、経産省の方針を加盟社に情報提供したほか、県が古河市内の1店の名前を公表したのを受け、休業要請を28日付で再度通知した。 同組合は「営業中の店についても、引き続き休業を要請していく」としている。 茨城新聞社.

次の

《新型コロナ》新生活様式 介護現場「無理ある」(茨城新聞クロスアイ)

茨城 新聞

茨城新聞本社が入る茨城県開発公社ビル(水戸市笠原町) 株式会社茨城新聞社 The Ibaraki Shimbun Company 本社所在地 〒310-8686 笠原町978-25 茨城県開発公社ビル 設立 (6年)1月 事業内容 新聞及びその他の出版物の制作・販売 代表者 沼田 安広(代表取締役社長) 資本金 5,000万円 発行済株式総数 4,110万株 売上高 36億9200万円(2019年3月実績) 純利益 8,200万円 2018年3月期) 純資産 連結:2億8,258万7千円 単独:7,510万3千円 (2008年3月31日現在) 総資産 18億0700万円 従業員数 199人 (2019年6月31日現在) 決算期 主要株主 (株)岡部工務店 7. 茨城県全域に配達されている。 概説 [ ] 茨城県内向けであるものの、国際・全国ニュースも積極的に掲載する(web版でも配信ニュースを掲載)。 朝刊のみで、配布地域は茨城県全域。 県南地域の東京通勤圏内ではとの競争が特に激しい一方、部数は微増している。 茨城新聞を専門に取り扱っている新聞販売店は少なく、ほとんどは他の新聞も配達する販売店が取り扱っている。 第1社会面に4コマ漫画「」(・作)をカラー掲載している。 沿革 [ ]• (24年) - 茨城県会議員により創刊。 当初は「 いはらき」という題号であった。 創刊当時の本社はに置かれた。 (24年) - 社長就任。 (29年) - 貳百圓を「いはらき新聞社長飯村丈三郎名」で送る。 (7年) - 水戸ので本社屋、輪転機を消失。 (8年) - 新社屋落成。 (大正14年) - 夕刊発行(その後、再び朝刊のみに)。 (17年) - 新聞社の統廃合令により県内の各地方紙(常総新聞・常南日報・関東毎日新聞)を経営統合し「 茨城新聞」と題号を変更。 (昭和20年) - 水戸大空襲で新聞社の建物が全焼。 (昭和22年) - 題号を「いはらき」に戻す。 (昭和25年) - 社員3人を赤色追放()該当者として解職。 (昭和60年) - の開催をきっかけに超高速カラーオフセット輪転機を採用。 (3年)1月1日 - 「いはらき」から再び「茨城新聞」に題号を変更。 (平成10年) - 茨城プレスセンターで茨城新聞の委託印刷を始める。 (平成21年)12月 - 栃木県のとの間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結。 (平成22年) - との業務提携により茨城西工場()に於いての受託印刷に移行。 (平成23年) - ()で読売新聞茨城西工場が被災。 と付朝刊の印刷をに委託し発行。 (平成23年) - 株式会社茨城プレスセンターと合併。 (平成25年) - 本社屋を水戸市北見町から水戸市笠原町の茨城県開発公社ビルに移転。 (平成26年) - 大幅な債務超過のため会社分割方式で経営再建を図る事を発表。 (平成28年) - 「茨城新聞」の題字を変更。 支社・支局 [ ] 本社 [ ]• 支社・総局・支局 [ ] 支社• 東京()• 大阪()• 日立()• 水戸(水戸市)• 土浦・つくば()• 筑西()• 鹿嶋() 支局• 常陸太田()• 常陸大宮・大子()• ひたちなか()• 笠間()• 常総()• 取手・竜ヶ崎()• 石岡()• 古河()• 下妻()• 鉾田()• 行方() 編集センター [ ]• 水戸市 印刷所 [ ]• - 「」が運営する茨城西工場に印刷委託している。 までは茨城新聞社完全出資による子会社「茨城プレスセンター」(水戸市)で印刷を行い、読売東京本社の茨城県向け紙面の印刷も受託していたが、茨城プレスセンターとの契約関係が同10月に終了(これにより、茨城プレスセンターは茨城新聞に吸収合併される)したため、今度は逆に、アサガミと読売東京本社が新たに建設した工場に茨城新聞が委託先を変更し今日にいたる。 番組表 [ ] テレビ欄には在京キー局、の他、・・・の番組表も収録されている。 ラジオ欄には、・・も掲載されている。 最終面 [ ] フルサイズ• ハーフサイズ• 極小サイズ• NHKEテレサブ• (ローカル放送番組のみ掲載) 中面 [ ] ラジオ• テレビ• プライム• WOWOWライブ• WOWOWシネマ• 備考 [ ]• ・のであるを発行している。 脚注 [ ] [].

次の

《新型コロナ》新生活様式 介護現場「無理ある」(茨城新聞クロスアイ)

茨城 新聞

茨城新聞本社が入る茨城県開発公社ビル(水戸市笠原町) 株式会社茨城新聞社 The Ibaraki Shimbun Company 本社所在地 〒310-8686 笠原町978-25 茨城県開発公社ビル 設立 (6年)1月 事業内容 新聞及びその他の出版物の制作・販売 代表者 沼田 安広(代表取締役社長) 資本金 5,000万円 発行済株式総数 4,110万株 売上高 36億9200万円(2019年3月実績) 純利益 8,200万円 2018年3月期) 純資産 連結:2億8,258万7千円 単独:7,510万3千円 (2008年3月31日現在) 総資産 18億0700万円 従業員数 199人 (2019年6月31日現在) 決算期 主要株主 (株)岡部工務店 7. 茨城県全域に配達されている。 概説 [ ] 茨城県内向けであるものの、国際・全国ニュースも積極的に掲載する(web版でも配信ニュースを掲載)。 朝刊のみで、配布地域は茨城県全域。 県南地域の東京通勤圏内ではとの競争が特に激しい一方、部数は微増している。 茨城新聞を専門に取り扱っている新聞販売店は少なく、ほとんどは他の新聞も配達する販売店が取り扱っている。 第1社会面に4コマ漫画「」(・作)をカラー掲載している。 沿革 [ ]• (24年) - 茨城県会議員により創刊。 当初は「 いはらき」という題号であった。 創刊当時の本社はに置かれた。 (24年) - 社長就任。 (29年) - 貳百圓を「いはらき新聞社長飯村丈三郎名」で送る。 (7年) - 水戸ので本社屋、輪転機を消失。 (8年) - 新社屋落成。 (大正14年) - 夕刊発行(その後、再び朝刊のみに)。 (17年) - 新聞社の統廃合令により県内の各地方紙(常総新聞・常南日報・関東毎日新聞)を経営統合し「 茨城新聞」と題号を変更。 (昭和20年) - 水戸大空襲で新聞社の建物が全焼。 (昭和22年) - 題号を「いはらき」に戻す。 (昭和25年) - 社員3人を赤色追放()該当者として解職。 (昭和60年) - の開催をきっかけに超高速カラーオフセット輪転機を採用。 (3年)1月1日 - 「いはらき」から再び「茨城新聞」に題号を変更。 (平成10年) - 茨城プレスセンターで茨城新聞の委託印刷を始める。 (平成21年)12月 - 栃木県のとの間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結。 (平成22年) - との業務提携により茨城西工場()に於いての受託印刷に移行。 (平成23年) - ()で読売新聞茨城西工場が被災。 と付朝刊の印刷をに委託し発行。 (平成23年) - 株式会社茨城プレスセンターと合併。 (平成25年) - 本社屋を水戸市北見町から水戸市笠原町の茨城県開発公社ビルに移転。 (平成26年) - 大幅な債務超過のため会社分割方式で経営再建を図る事を発表。 (平成28年) - 「茨城新聞」の題字を変更。 支社・支局 [ ] 本社 [ ]• 支社・総局・支局 [ ] 支社• 東京()• 大阪()• 日立()• 水戸(水戸市)• 土浦・つくば()• 筑西()• 鹿嶋() 支局• 常陸太田()• 常陸大宮・大子()• ひたちなか()• 笠間()• 常総()• 取手・竜ヶ崎()• 石岡()• 古河()• 下妻()• 鉾田()• 行方() 編集センター [ ]• 水戸市 印刷所 [ ]• - 「」が運営する茨城西工場に印刷委託している。 までは茨城新聞社完全出資による子会社「茨城プレスセンター」(水戸市)で印刷を行い、読売東京本社の茨城県向け紙面の印刷も受託していたが、茨城プレスセンターとの契約関係が同10月に終了(これにより、茨城プレスセンターは茨城新聞に吸収合併される)したため、今度は逆に、アサガミと読売東京本社が新たに建設した工場に茨城新聞が委託先を変更し今日にいたる。 番組表 [ ] テレビ欄には在京キー局、の他、・・・の番組表も収録されている。 ラジオ欄には、・・も掲載されている。 最終面 [ ] フルサイズ• ハーフサイズ• 極小サイズ• NHKEテレサブ• (ローカル放送番組のみ掲載) 中面 [ ] ラジオ• テレビ• プライム• WOWOWライブ• WOWOWシネマ• 備考 [ ]• ・のであるを発行している。 脚注 [ ] [].

次の