ユニセフ 寄付。 国境なき医師団に寄付した感想

【ユニセフへの悪評は本当なの?】日本ユニセフ協会の評判が悪いのはなぜ?

ユニセフ 寄付

海外途上国への物資支援 「古い衣服を処分したい」「子ども服を捨てずに寄付したい」 「子どもが成長し、子ども服・ベビー服を使わなくなった・・・」 「着てない衣服が余っているので、再利用できるならして欲しい」・・・ 未使用でなくて中古の服で結構です。 不用な衣類は市のごみ収集や粗大ごみとして処分されることが多いと思います。 「もったいない」捨てるのを少し待って下さい。 処分せずにぜひ、海外支援の物資として再利用させて下さい。 私たちは皆様のご自宅で、まだ使える不用品や支援物資を宅配集荷させて頂き、多くのパートナー(団体・企業・施設)に支えられ、世界各地へ大人服・子ども服などの物資を送らせて頂いております。 日本の衣類は、世界中で喜ばれ、多くの方々に使用して頂いています。 衣類の再利用活動を通じ、途上国支援に役立てております。 日本では何気なくごみとして扱われてしまう古い衣類でも、世界には望んでいる人々がたくさんおられます。 中古衣類の再利用にご協力下さい。 このページは「東京都向け」ページですが、沖縄県や離島も含む全国どこでも同様にご利用頂けます。 国内外で活動する団体への寄付・支援 子ども服やベビー服などの身の回りの物資を、海外リユースや物資支援に再利用させて頂いておりますが、主に電化製品や金属製品などのうち、リユースできない物は再資源化致しております。 活動により生じる収益により、 皆様の不用品・物資を1箱集荷させて頂くごとに、下記の6つの社会支援団体(NGOや基金)に募金で支援を行います。 下記は、物資ではなく寄付金での支援先です。 皆様が捨て方に困る物、子ども服や洋服など捨てるに捨て難い衣服、集荷させて頂く物資を徹底的にリサイクルさせて頂き、命や未来を守る社会活動を支援する事が私たちの使命と考えております。 大袈裟ではなく、ほんのわずかな不用品・物資で救われる命があります。 関東地方に位置する広域地方公共団体(都道府県)の一つである。 東京特別区、多摩地域、島嶼部(大島・三宅・八丈・小笠原)を管轄する。 都庁所在地は新宿区。 沖ノ鳥島・南鳥島を含む小笠原諸島を含むため、日本最南端および最東端に位置する都道府県でもある。 東京都に住所を持つ人を「東京都民」あるいは略して「都民」と言う。 metro. tokyo.

次の

ユニセフ募金の本当のところ|畠山勝太/サルタック|note

ユニセフ 寄付

私は以前「 ユニセフ」に寄付をしていましたが、現在はしていません。 でもこれは「 悪評」を信じたからではなく、ユニセフよりも「 寄付してみたいな」と思える団体を知ったからです。 「 一般的な寄付」では、寄付したあとの事はよく分かりませんよね。 ワールドビジョンの「 チャイルドスポンサーシップ」という寄付では、厳しい環境にいる「 海外の子供1人と自分だけの交流」が続いていきます。 特定の子供と、「 手紙のやり取り」や 「 誕生日カードのやり取り」が始まります。 さらに自己負担ですし、ハードルは高いですが「 現地への訪問」までできます。 たとえ現地に行けなくても、遠い異国に 親戚の子供ができたような感覚があります。 飽きっぽい私でも、「 充実感」をもって続けることができている珍しい寄付です! 興味のある方もない方も、以下の「 セニャンちゃんのストーリー」をぜひご覧ください。 この記事では【 日本ユニセフ協会の悪評は本当なのか?】について検証していきます。 日本ユニセフ協会に対しての「悪評」とは? 日本ユニセフ協会に対する「 悪評」は、その種類も量もかなり多いです。 まずは、どんな「 悪い評判」がたっているのかを見ていきましょう。 「日本ユニセフ協会は勝手にユニセフを名乗っている」 ネット上では「 日本ユニセフ協会」と「 国連ユニセフ」は別もので、「 日本ユニセフ協会は詐欺団体である」という書き込みが多く見られます。 日本ユニセフ協会には「 ユニセフ」という名称がついているが、「国連ユニセフ」の日本事務所ではないという書き込みもあります。 他には、「 東京の一等地に豪華なビルを建てる必要があるのか」といったものもあります。 「募金の約2割は職員の給料になっている?」 ネット上には、集めた募金の約2割を「 ピンハネしている」という書き込みがあります。 そして日本ユニセフ協会が、募金の使い道の詳細を「 報告していない」という書き込みもありました。 他にも「 高級住宅に住んでいる職員もいるけど、いくら給料もらっているの?」という、給料についての書き込みも多数ありました。 「アグネス・チャンは募金で豪邸を建てた?」 「 アグネス・チャン」は豪邸を建てるほどのお金があるのに、「 なぜそれを募金しようと思わないの?」という書き込みがあります。 他にも、アグネス・チャンが募金先にあげている日本ユニセフ協会は、募金の「 約81%しか本部に送っていない」などの書き込みもありました。 ・まず「 日本ユニセフ協会は、勝手にユニセフを名乗っている」という悪評に対しては、 日本ユニセフ協会の「 事務運営費」と「 人件費」の合計は、「 全体の2,5%」(約0,25割) と反論しています。 おそらく募金の「 8割」だけ国連ユニセフ本部に送っているので、残りの「 約2割」を「 職員の給料に充てているんじゃないか」という意見でしょう。 実際には「 約2割」のほとんどが、「 さらなる募金活動」や、「 広報」「 人材育成」にあてられています。 日本では「 広告」や「 広報」に資金をあてることを嫌がる人が多いですよね。 しかし実際には、「 広告」によってより多くの寄付金を集めることができます。 集まったお金を「 全額そのまま」援助する国に送金するよりも、「 広告」や「 広報」にもあてたほうが、レバレッジが効いて結果的に「 寄付金総額」が増えます。 日本人は欧米に比べて、「 投資」に対する教育がかなり少ないことも、大きく影響していると思われます。 しかし本当に大切なことは、「 より多くの寄付金」を困っている人たちへ届けることですよね。 国連本部へ「 寄付金総額の8割しか送っていない」という意見に対しても、少々見方を変える必要があります。 じつは国連ユニセフ本部へ、定められているはずの「 8割以上の寄付金」を 送っていない国も多いのです。 それに比べて、「 日本ユニセフ」は律儀に、当たり前ではありますが、 8割以上の寄付金を送っています。 と反論しています。 「日本ユニセフ協会」のユニセフ本部への「 送金額 」は、世界トップレベルで、募金総額の「 80%以上」です。 さらに寄せられた寄付を、少しでも多く支援活動に生かすために、「 経費削減」に取り組んでいます。 毎年 20%弱を「 広告」や「 広報活動」に充てて、より多くの寄付金を生み出しています。 欧米では当たり前の方法ですが、日本では「 自分の寄付金100%」を支援地域に送ってほしいと考える人が多いです。 先にも書きましたが、「 本当に大切なこと」は、より多くの寄付金を支援地域に送ることですよね。 そして少しでもはやく、「 安心できる生活」を手に入れてもらうことです。 私は現在「 ユニセフ」ではなく、「」に参加しています。 「 悪評」の影響ではなく、こちらの支援に「 充実感」を感じているからです。 興味のある方もない方も、以下の「 セニャンちゃんのストーリー」をぜひご覧ください。 ただどうしても、こういう慈善事業をおこなっている組織というのは、叩かれるのが常です。 ですから「 日本ユニセフ協会」は、より細やかな部分にまで、無駄を無くしていく努力は永遠に必要でしょう。 「 何を信じたらいいのか」、分からなくなる時もあるかと思います。 しかしそうやって悩んでいる間も、厳しい環境の子供たちの苦しい生活はつづいていますし、 明日への命の保証はありません。 「いますぐ行動!」ですね。

次の

Tサイト[Tポイント/Tカード]

ユニセフ 寄付

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」 継続的な支援の停止・解約は、電話・FAX・Eメールでの連絡で受け付けているとのこと。 「ご登録のお名前とご住所(もしくはマンスリーサポーター番号)の情報」を、以下の窓口まで連絡すればよいそうです。 jp (より) また、停止については決済方法ごとに「手続きが間に合う月からの手配」となるそうなので、注意しましょう。 金融機関口座からの引き落とし:振替日の1ヵ月前まで• クレジットカードからの引き落とし:振替日の1〜2ヵ月前(カードの種類によって異なります)まで 国境なき医師団「毎月の寄付」 「毎月の寄付」は「停止のご連絡をいただかない限り、自動継続」ですが、解約・停止はで受け付けているそうです。 解約の手続きが完了したら、「解約通知」を郵送してもらえるとのこと。 WEBフォームでやめる手続きをできて、その履歴が郵送で手元にも残るのは、支援者の視点からは便利かつ安心感がありますね。 ユニセフと同じく、「タイミングによっては、振替日、請求日がご希望通りにならない場合も」あるそうなので、注意しましょう。 解約手続き前に引き落としの手続きが完了していた寄付につきましては、解約することができません。 引き落としの手続き完了から実際の引き落としまでに時間差があるため、解約後も引き落としが続いているように思われる場合がございます。 国境なき医師団からの請求停止につきましては、解約手続き完了の確認書をご確認ください。 (より) ワールド・ビジョン「チャイルド・スポンサーシップ」 には、「支援を続けられなくなった場合はご連絡ください」とのことですが、連絡先が記されていませんでした。 「1番簡単なのは、WEBの問い合わせから連絡すること」と書かれていたブログもありましたので、それにならうとよいかもしれません。 () よくあるご質問には「」に対して・・ 支援期間は自由ですが、支援の成果を実感していただくためにも、1年は継続していただければと願っています。 様々な事情で支援を続けられなくなった場合はご連絡ください。 お手続きをさせていただきます (より) 支援者向けのマイページにも、「支援をやめる」方法は書かれていませんでしたし、支援地域の「チャイルド」と手紙のやり取りをするという支援方法も相まって、「途中でやめにくい」印象を受けました。 これから入会される方は詳しく調べたうえで、一定期間は「続ける」意思をもって申し込みをされるとよいかもしれません。 国連UNHCR協会「毎月倶楽部」 「毎月倶楽部」による寄付は、「ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です」とのこと。 電話とで受け付けているそうです。 0120-540-732(通話料無料)または 03-4366-7373 [平日10時~19時]、 もしくは「毎月寄付の金額・寄付方法の変更・解約」ページより当協会までご連絡ください。 (より) フォームにたどり着くまでは、WEBサイトの寄付ページやGoogle検索などでを調べてもなかなか見つけられなかったのですが、フォームし、はスマホからも入力しやすそうです用意していることは親切な印象を受けました。 あしなが育英会「あしながさん」など WEBサイトからは、解約の窓口や方法が見つかりませんでした。 その他の団体では「よくあるご質問」や「FAQ」といったページに、「寄付は途中でやめられますか?」といった質問の答えとして、停止の手続きなどが記されているものですが、では見つかりませんでした。 支援者とはオフラインのやり取りが主体のためか、オンラインはまだ充実していない印象も受けています。 「ご寄付など支援についてのお問い合わせ」はで受け付けているようです。 問合せ先の電話番号も見つからなかったので、そちらに連絡してみるとよいかもしれません。 セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」 毎月1,500円〜の支援「SCサポート」ですが、寄付の中止は電話やメールで連絡を受け付けているそうです。 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン ドナーサポート係 Tel:03-6859-0068(平日9:30~18:00) Eメール:donation savechildren. jp (より) 「ご希望される1カ月前までに、事務局までご連絡ください。 」とのこと。 書面や電話だけでなく、メールでも退会を受け付けているとのことでした。 まとめ これまで6つのNGO・NPOの事例をもとに、マンスリー・サポーターの解約・中止の方法や窓口をお伝えしました。 調べるなかで気づいた点を記させていただくと・・• ほとんどの団体は、WEBサイトにも「自由にやめられる」ことやその方法・窓口が公開されていましたが、Googleで検索をしたりサイトを深くたどっていかないと見つからないこともあるのが、寄付者の立場からは不便に思えたこともありました。 また電話や郵送・FAXといった方法をとらなくても、Eメールで手続きをできるのは便利ですが、フォームを用意していてさらにスマホでも入力しやすいようにしているのは、寄付者の利便性を考えている印象を受けますね。 マンスリーサポーターによる寄付は、寄付者にとっても少額から続けやすく、また団体にとっても長期的な収入増につながり、素晴らしい仕組みです。 一方、継続的に支援をするつもりでも、「転職をして給料が下がった」や「家族の事情で出費を切り詰めなければいけなくなった」など、どうしても寄付を続けなくなる可能性もありますね。 したがって、「やめる」「解約する」方法がしっかりと明示されていたり、手続きに負荷がかからないような仕組みだと、支援もスタートしやすいはずです。 新たに支援を始めようと検討されている方は、解約や中止の方法も事前に調べておくと安心でしょう。 また今マンスリーサポーターで支援をしている方には、この記事が解約・中止の窓口を見つかるのに役立てば嬉しいです。

次の