ギター 安い。 DTMerからミュージシャンまで!安いエレキギターの正しい使い方

横浜のギター教室でおすすめは?安い教室や個人レッスン出来る教室は?

ギター 安い

こんなお話です!• 高いギターと安いギターの定義 高いとか安いとか、そもそも相対的なものなので、絶対的な高さ、安さってのはないような気もしますが、 例えば、 1万円のギターは安いです。 50万円のギターは高いです。 このへんは異論がないと思うのですが、 じゃあ10万円のギターってのは高いのか安いのか…… これは人により、考え方によりですね。 それに加えて出来るだけ [これくらいの価格からこうなります] みたいなのも挿入していこうかと思っている! ざっくり違い さてさて、では早速ですが、高いギターと安いギターの違いをざっくりと項目を挙げていきます。 音が良い• 弾きやすい• かっこいい う〜んざっくりww でもまぁこんなもんなのよ! 詳しくお話しますね。 ボディ材の差 エレキギターであってもボディの木の材質によってかなり音が変わります。 この木のクオリティが上がれば上がるほど値段が上がります。 上の画像は、40万円クラスのギター 左 と10万円クラスのギター 右 ですが、 左は音がいいとされるけど希少な材なので、これを使ってるギターは必然的に値段がドーンと上がります。 3万円以下のギターとかはもうこの木の部分にはほとんどこだわってられないので、 全然大したことない木が使われているはずです。 また、サウンドハウスのブランドでプレイテックってのがあって、そこのギターはもうヤバいっす。 びっくりしました。 個人的には ダンボールって呼んでるんですけどw おが屑でも固めたのかな…… ピックアップ つまりはマイクですね。 弦の振動を電気信号に変えるための重要パーツ。 この部分でまた音が変わります。 ただ、10万円以上ともなるとそんなにピックアップの金額差はなくなってきます。 いろんな種類はあれど、金額は大体同じ。 ピックアップ単品で2万円くらいで打ち止めです。 15,000円のEpiphoneと 50,000円のEpiphoneだったらピックアップの差が一番大きいのかも知れない…… その他,人の手と耳による絶妙な調整 あとはこれですよね、オートメーション化ではなく職人がどれだけ手を加えているか。 詳しくは次の項目で書きますが、 絶妙な音の違いを聴き分けてしっかり調整しているかどうかで最終的な仕上がりが劇的に変わります。 まぁ……いまはとりあえず次へいきましょう。 まとめ:高いギターは音がいい そんなわけで、まずはこの項目を締めます。 高いギターは音がいいです。 15,000円のEpiphoneと 50,000円のEpiphoneは全然違います。 しかしどちらも 200,000円のGibsonトラディショナルが出てきてしまったらもうEpiphoneならどれも一緒って思ってしまうし、 GRGM21 TRG421EX 400,000円を超える Gibsonヒスコレクラスのギターを弾いてしまうと200,000円のギターなんて買えなくなってしまいます。 わたしの経験談 また最も分かりやすいのは現在のフェンダージャパンのラインナップかもしれない。 TXのついているモデルはテキサススペシャル、ピックアップが上質になっているのと、ボディ材がUSAに近づいています。 となると、どうしたって機械でバシバシ作るだけでは最高のクオリティを出し続けることは不可能です。 そこで、熟練の職人たちの出番です。 この人たちの 賃金、それが一番ギターの値段に影響します。 人が握りやすいように絶妙にネックシェイプを調整し、 フレットを打って端を削り、ナットを調整して…… そんな細かい作業のひとつひとつが弾きやすいギターへの道になります。 高額なギターともなると、職人さんが時間を気にせずとことんギターと向き合って、これで良しと納得いってから出荷されます。 安いやつはライン工場でバーンって作ってジャーンて完成してサーっと出荷です。 フレットは飛び出してて痛いし、ペグが緩かったり堅すぎたり、よく見たらちょっと歪んだままだったり…… 3万円くらいまでのギターはそんなでしょうね。 その点!高いギターは格段に弾きやすいんです! 1万円のギターと5万円のギターの違いは素人でもわかってしまいます。 音の違いもわかるけれど、持ったときのしっくり来る感も違います。 そして、10万円のギターと30万円のギターもまたかなり変わってきます! いやこれはブランド次第だけれど、 たとえば 2万円のIbanez Gio と 4万円のIbanez standard では全然違うし、 4万円のIbanez standard と 20万円のIbanez Prestige でも全然違う。 5万円のEpiphoneと比べると 8万円のPRS SE Student Edition はなかなか弾きやすいけれど、 40万円のSuhrの前ではどちらも赤子のようなものですw かっこいい! いきなりアホっぽい答えですが、実際そうです。 手間のかかる塗装をするとその分高くなるし、トップの杢目を選んでとなると、材料代が跳ね上がります。 現にSuhrのクラシックシリーズとスタンダードシリーズなんてほぼトップ面の見た目しか変わらないのにそれで値段が10万くらい違いますから…… それでもわたし、高い方 上の写真のやつ 欲しいなと狙ってますから! また、シェイプが特殊だったりするとそれ加工技術も必要だし、ちょっと高くなる傾向にあるようです。 かっこいいならしょうがないか…… 値段に影響する他の要素 あとはこまごまとしているのでさらっと。 まずは 関税ですね。 海外からの輸入品となるとどうしてもかかってしまうわけです。 また、ちょっとした 機能やスイッチが増えると少しですが金額があがります。 D-TUNEがついてるとか、フロイドローズが載ってるとか、サスティナーがついてるとか……サスティナーだと3万円くらい上がるか。 あとこれは残念なお知らせですが、 左利き用は高いです。 また、少なからず ブランド代みたいのがあって、個人的にはESPとかちょっと高すぎる気がしてます。 初心者さんにとって大事なのは… そんなわけで、高い楽器の方が優れた楽器だということは解ってもらえたかな? ってそんなんは言われる前からわかってますよねww それでも少しでもいいギターで始めたい。 だって、あまりわからないじゃない。 しかも弾けないしwww じゃあ安いのでいいのかって話ではなくて、 音の良さはどうでもいいけど、弾きやすいやつであるべき です。 上達の妨げになるような粗悪な作りであると、長く練習するのも辛いし。 最初の1本はギターが弾けるようになるってところまで一緒に歩む大事なパートナーです。 弾けるようになったら音の違いも機能の違いもわかってくるから、そのときに好みの音が出るギターを選べばいいんです! つまり初心者さんには5〜10万くらいがおすすめ ってことでまとめると、5〜10万円くらいのがおすすめです。 最低でも3万円くらいから! 3万円の場合はYAMAHAのPACIFICAがめちゃめちゃいいのでおすすめです! しかし今更ですが、初心者さんに本当に選んで欲しいのは 見た目で気に入ったやつですからね。

次の

ギターを習いたい!ギターレッスン・ギター講座が安いギター教室・音楽教室比較

ギター 安い

宅配大手の3社(日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便)では、いずれもギターを送ることが可能です! 発送の手続きについても、基本的には通常の宅配便と同様に依頼することになります。 日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の運賃(基本運賃)を比較すると、 170サイズ(縦・横・高さの3辺の合計が170センチ以下)では日本郵便の 「ゆうパック」が最も安く、東京23区から都外(国内)に送る場合は2,370円〜となります。 一方、170サイズ超では、ヤマト運輸の 「ヤマト便」が最も安く、東京23区から都外(国内)に送る場合は2,388円〜となります。 ギターと言っても、小ぶりなものから大きなものまでありますが、160サイズ以下に収まるものは少ないでしょう。 そのため、まずはギターの大きさが170サイズに収まるか、それ以上かを確認し、安く利用できる業者を選ぶとよいでしょう。 また、各社とも以下に書いた割引もあるので、それも加味し、個々人の条件に照らし最安となるプランを見つけてみましょう! 日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の料金等の比較(令和元年5月現在) 日本郵便 「ゆうパック」 ヤマト運輸 「ヤマト便」 佐川急便 「飛脚ラージサイズ宅配便」 運賃 (東京23区から都外(国内)に送る場合) 170サイズ: 2,370円〜 (注1) 160サイズ超〜200サイズまで: 2,388円〜 (注2) 170サイズ: 2,376円〜 180サイズ: 2,646円〜 重量制限 25キロまで 30キロまで 50キロまで 割引(例)• ゆうパックスマホ割(180円引き)• 持込割引(120円引き)• 持込割引(120円引き)• 持込割引(100円引き)• ギターの弦をゆるめるか外す。 損傷防止のため、ギターとギターケースとの隙間を新聞紙などで埋める。 特に、ペグとネックはきちんと保護しましょう! 新聞紙からの色移りが心配な方は、他の紙や別の緩衝材を使った方が良いです!• ギターケース全体をプチプチで覆いテープで固定し、完了。 以上の梱包で送れると思いますが、万一ダメな場合は段ボールに梱包しましょう。 その場合は、段ボールとギターケースとの隙間を新聞紙や余ったプチプチなどで埋めるようにしましょう。 ちなみに、段ボールはギター用のものがあるので、インターネットで検索してみてください。 <ソフトケースの場合> 用意するもの(例)• プチプチ• はさみ• テープ(セロハンタイプの強力なものがおすすめ)• 新聞紙• 段ボール 手順 以下の1〜4の手順となります(1〜3はハードケースの場合と同じ)。

次の

アコギ・アコースティックギター

ギター 安い

こんなお話です!• 安いギターとは まず前提のお話をしましょう。 安いギターとはいくらくらいまでのを指すのか。 高いギターはいくらでもあります。 10万、50万、100万…… 比べたら10万円のギターは安いかもしれない。 けれども今回は 3万円以下くらいのギター を 安いギター と定義つけてお話しようと思います! これを読んでくれてる方の中で、2万円のギターを奮発して買ったという方もいると思います。 お気に入りの愛機を「安いギター」「ダメなギター」と罵って申し訳ないです。 しかし、是非この機会にギターというものは本来どういうものなのか、知ってもらえたら幸いです。 安いギターの注意点、悪いところ それでは早速いってみましょう! フレットの処理が甘い まずフレット。 指板と呼ばれる部分に打ち込んである銀色のバー達です。 どういうことかというと、単純に、合金がネックから飛び出してます。 さらに単純にお話をすると、指が縦横無尽に動き回るこの部分に鋭利な金属が飛び出しています。 結論を言うと、 手を切ります!! わたしは高校生の頃状態の悪い中古ギターをライブで使用した際、 左手が血だらけになりました。 ライブ中はテンション上がってて気づかなかったけれど、ライブが終わって楽屋に戻ってお客さんたちに挨拶に行こうと思ったときに 「ん?なんだこの手に付いた無数の赤い線みたいの……ん?線が広くなる……垂れる……ヒリヒリする……うぉおおおおおおぃ!!!! 」 てな具合になりました。 怖いねぇ。 わたしがこのとき使ったのは安いギターではなく質屋で買った状態の悪い中古ギターなのですが、 つまりは、 正常なコンディションでは決して起こらないはずの流血問題が工場出荷時から起きている可能性があるというのが安いギターの怖さです。 ペグがしょぼい ペグってのは弦を巻くところ。 巻いてチューニングを合わせるのだけれど、安いギターはこれがピタっと止まりません。 つまり、チューニングが安定しないのです。 音程を鳴らす楽器が、中でも和音を鳴らす楽器が、チューニングが合わないなんて…… もうこれ以上言わせないでください。 ちなみに、この部分のネジを締め直すとちょっと改善されます。 これは ドライバーがあればすぐ出来るので、 ぜひやっておいてください! 付属の弦がショボい これもまたしょうがないことですね。 工場出荷状態で、ギターは当然弦を張ってあるわけですが、 安いギターはこの 初期装備弦があまりにショボい。 弾きにくいったらありゃしない! これをもうちょっといい弦にすることによって絶対売れ行きよくなるだろうに…… それすらもされない激安ギターたち……かわいそうorz 激安ギターをお持ちのそこのあなた! 弦張り替えてみませんか? 最初は弦の張替えもよくわからないからそのまんまにしてると思います。 するともしかして、弦錆びてません? 元から悪い弦が更に錆びて……もう本来のギターの音が全然出ません。 楽器屋に行きましょう! 張り替えてくれます。 弦交換代が数百円取られると思う どの種類の弦がいいかわからないと思います、そんなときはこう言いましょう。 「 アーニーボールにしてください。 」 安いしワールドスタンダードだし、割と長持ちします。 太さは店員さんに任せましょう。 大抵の場合ストラトなら09-42、レスポールなら10-46を張ってくれるはずです。 【関連】 ボディが異様に軽い これは別に一概に悪い点ではなく、なんならメリットとも言えるのですが…… やっぱりそれなりの音圧とかを出そうとするとボディ材に密度が必要なんですね。 しかしそうなるとやはりお値段が上がるそうです。 てことで、安いギターはここも徹底して安い。 ボディがめちゃくちゃ軽いんです!! 6〜7年前にPLAYTECHのギター 5,980円 を初めて持ったときにびっくりしました。 なにで出来てるんだよこれ!! そして音を聴いて再度驚きました。 なにで出来てるんだよこれ!!!! そしてこのことは次の項目に直結します。 音の密度、立体感、まるでなしです。 エレキギターは電気で音を出すのでボディ本体の作りなんて関係ないと思われがちですが、 実は素材となってるボディの材質などが大きく影響します。 どれくらい木が共鳴するか、それがいい音を作る大事な要素なのですが、 安いギターにはその辺まったく感じられません。 ただの電気実験みたいな音がします。 うちの可愛いギターたちは木の鳴りがそれぞれ愛おしいのですが、 とっても表面的な音がする安いギターをわたしはよく ダンボールのような音がする と言ってます。 これはもう金額を考えたら仕方のないことです。 3万円以下のギターを1年以上弾いている方、誰か友達に借りるなり楽器屋に行くなりして5万円のギターを弾いてみてください。 そのときに感じる熱い部分、それが 木です。 パーツの取り付けが甘い これは先日見せてもらって驚いたのですが、レスポール系のブリッジ 正確にはテールピース 、ボディに埋め込んであるのですが、アレが浮いてきます。 弦の張力で。 どういうことかというと…… コレです。 なんだよこれwwwww とりあえず押し込んでおけばいいのですが……どうせすぐに浮いてきますorz 付属のケースが神風特攻隊 ギターを買うと大体ソフトケースorハードケースが付属します。 ソフトケースってのはソフトなケース。 ハードケースってのはハードなケース。 どちらが丈夫で高価かってのは言わずもがな。 さらに言えば、安いギターについて来るケースはどっちかってのはそれこそ言う必要もないですね。 そんなソフトケースの中でも、1万円くらいのギターについてくるソフトケースは本当にヤバいです。 神風特攻隊の如く軽い。 持って帰るだけの片道切符かよ…… ギターを入れて運ぶために作られてるとは思えない。 もはやビニールのカバーにちょっと取っ手がついたくらいですorz ほとんど家で弾くだけだからスタジオにも学校にも持っていかないとあればこれでも構いません。 が、月に1回でも持ち出すことがあるならば、せめて別売りのケースを購入することをおすすめします! オクターブ調整がされていない ギターのチューニングというのは自分でするものです。 工場出荷状態でチューニングが合ってるなんてわけはありません。 むしろ弦をがっつり張ってる状態で輸送するよりもダルダルにしておく方がよいのです。 ただ、ギターのチューニングってのはそれだけではなくて、 オクターブチューニングというのがあります。 このオクターブチューニングが合ってないと、開放弦でいくら音を合わせても、 弦を押さえてコードを弾いたりフレーズを弾いたりしたときにチューニングが合わなくなります。 そう、オクターブチューニングが合ってないギターは音痴ギターとなり、アンサンブルにおいてとっても 迷惑です。 そんなオクターブ調整が、大体されてませんwww 安いギターを買う人はこんなとこまでこだわらない、むしろ気づかないと思っているのでしょう。 たしかに、気づきません。 でもだからって手を抜いていい部分じゃないと思うんですよね。 楽器なんだから。 ただ、こういうところで手を抜いて頑張ってコストカットしてるってわけだ。 幸いオクターブ調整は後からいくらでも出来るわけだから、まぁ許してあげましょう。 なんなら楽器屋で買うときに 「オクターブ調整をしてもらっていいですか?」 と言ってみてください。 これを拒むようなクソな店員はそこまで多くないです。 いなくはないと予想 ただ、3分で出来るってわけでもないので、 暇そうでも30分、 お店が忙しそうなら 「ちょっとどっかでお茶してるので終わったら電話くださいー」 くらい言ってあげると、丁寧にやってくれると思いますよ! そもそも輸送時の梱包がヤバい これは普段ユーザーとして楽器に接してるとあまり目にすることがないかもしれません。 工場から代理店へ、そして販売店へ、ギターは大体の場合ダンボールに入っています。 そのダンボールの質が、安いギターと高いギターで同じだと思いますか? 内側の緩衝材の詰め具合が同じだと思いますか? もちろん高くても安くても大事に運んでくれてるはずです。 それで実際そんなに不具合も起きてないのだからいいのです。 が…… 壊れやすそうだよねwww 塗装が残念 これは見た目の問題ですね。 ボディの塗りや色味、パーツへの着色、こういうところもそれなりに残念です。 いやもちろん安いギターの全てがというわけではなりません。 奇跡的にうまくいってる個体もあると思います。 が、高いギターほど丁寧にやってる暇はありません。 塗れてなくても、文字が欠けてても、許してにゃん! ナットが外れるwww まぁ、ナットに限らないのですが、 パーツの締め付けとかが甘いことが多いみたいです。 ネジが外れて奥に入っちゃうとか、割とよく見ました。 なので、ネジやナットは増し締めしてみましょう! 特にアウトプットジャック、これ外れちゃうと直すのが簡単そうに見えて意外と大変です。 まとめ 安いギターに未来はないのか 以上、初心者さんがようやく手に入れた愛機の悪口を書き綴ってしまいました。 項目によっては初心者さんが全く気づけない部分、気にしなくてもいいような部分もあります。 自分がオクターブチューニングなんてのを知ったのはギター初めて何年経ってからだろうなんて思ってます。 音の良し悪しなんて5年経っても大して重視してなかったような気がします。 ただ、 いいギターは確実に弾きやすい。 うまく弾けるんです。 そうなるともっと楽しい、もっと周りからも評価される。 またもっと楽しい。 いきなり50万円のギターを買う必要はないけれど、 もうちょっとだけいいギターにすると更に音楽が楽しくなりますよ! 例えばYAMAHAの PACIFICAとかはめちゃめちゃコスパいいです!.

次の