トーラム 装備 強化。 装備強化関連

装備S精錬のやり方

トーラム 装備 強化

魔職の強化については別ページにて掲載します。 TEC極で作成する場合から想定して、潜在力38~66あたりで可能な強化を目安として掲載します。 また、武器の強化については、成功率が基礎潜在力に依存する強化の場合、基礎潜在力が38以上の武器のみを想定してページを作成します。 同項目について 同項目で同じ潜在力消費の物については入れ替えても全く同じ手順で強化が可能です。 マイナス効果をいじる場合は重複の起こり方が変わらないようにいじらないと成功率が下がる可能性が高いです。 一般的な手順 おおざっぱに言えば次のような手順となります。 ) 重複ペナルティー無しの強化 この場合は確実にこの手順が成功率が最も高くなります。 という手順になります。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 基礎潜在力22以下の武器では確定強化は出来ません。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 そのため、 マイナスプロパティを付与する工程については、TEC極で行うのが必須となります。 LUK極の装備強化への効能 ステータスの『LUK』は、 装備強化を失敗した際のプロパティ消滅・低下率を軽減する効果があります。 しかし、一番最後の工程でマイナスプロパを同時着けすることが必須な強化についてはLUK極で行えませんので注意して下さい。

次の

【トーラムオンライン】【装備】 体装備一覧(1)

トーラム 装備 強化

お好きなところからどうぞ• 【スミススキルについて】 出典: まずスミススキルの基礎的なところをご説明しましょう。 スミスには、依存ステータスと呼ばれる、潜在値を向上させる方法が存在します。 潜在値という数値を消費すると作った武器や装備い能力を付与する事も出来るため、これを使いより強い武器などを作って行く訳なのです。 この潜在値を消費する事で能力を付与することを『強化』と言うのです。 精錬とたびたび勘違いされるのですが、強化=精錬ではないので覚えておくようにしましょう。 そして精錬にしても強化にしても、ステータスはTEC極がオススメとなります。 また、練成ではLUKでも補正がかかるので有用ですが、TECを優先した方が良いのではないでしょうか。 また、STRも多少は影響してくるでしょう。 両手剣は 『STR』10につき1増加• 自動弓は 『DEX』10につき1増加• 杖は 『INT』10につき1増加• 手甲は 『AGI』10につき1増加 です。 潜在力は、依存ステータス値10に対して1増加します。 片手剣は 『STR』と 『DEX』20につき1増加• 弓は 『STR』と 『DEX』20につき1増加• 魔導具は 『INT』と 『AGI』20につき1増加 片手剣・弓は 『STR』と 『DEX』両方に依存しており、魔導具は 『INT』と 『AGI』両方に依存しているのです。 一定確率で最大2スロットが付与される事がある• 一定確率で能力の基礎値が減少または増加• 鍛冶熟練レベルが難易度を超えていない場合は製作できない• 鍛冶熟練レベルはDECXとTEXによって難易度に補正が入る 補正値はDEX6につき1、TEC2につき1。 熟練度は製作に失敗した場合でも上がるため、難易度をこえているものの中でレベルが高く作り易いものを作るのがオススメでしょう。 以上を踏まえて、がっつりと生産したい!という方は製作スミスとはまた別に自分でTEC極のスミスを持つと良いかもしれません。 ちなみに、TEC極振りは精錬と強化専用のスミスですが、アルケミを兼任することもできるのです。 アルケミはTEC極でないとろくに成功しないんです。 TECスミスのステータス振りは全て個性ステータスTECへ。 素材加工Lv1• 装備練成系のスキルをすべてLv10• 装備製作Lv5• 装備強化系スキルをすべてLv10 アルケミスキルは素材描こうLv1以外のスキルすべてLv10で大丈夫でしょう。 DEXスミスのステータス振りは全てDEXへ。 素材加工Lv1• 装備精錬Lv5• 装備製作系スキルをすべてLv10• 金敷系スキルをすべてLv10 金敷系のスキルは熟練度の上限をあげる作用があるのです。 熟練度自体が向上するわけではないので注意したほうが良いでしょう。 金敷系スキルをあげなくても鍛冶熟練度Lv50までは上がるのですが、それ以上の熟練度にしようと思うと金敷系スキルが必要になるのです。 その他はSTR INT VIT AGI スミスでしょう。 モデルはINTスミスなので、各自置き換えてみてくださいね。 【ステータス振り】 出典: ステ振りはTEC2にして残りをINTに回します。 振り方で言えば、TECに1だけ振って他をINTにすべて振るという感じでしょう。 <各種スミスの武器について>• TEC 非戦闘・もしくは杖• STR 両手剣• INT 杖または魔導具• VIT 壁• AGI 拳• DEX 両手剣または弓 完全に戦闘をしないというのも難しいので、多少なりとも戦えるように意識しながら武器を決めてください。 スミスの熟練度について スミスの熟練度は、『現在の鍛冶熟練Lv』と『アイテムレベルの数字』に依存してポイントが入る仕様のようです。 また、スミススキルの『初心者の金敷』などを習得していない場合には鍛冶熟練Lvは50までしか上がりませんので、それ以上上げたい場合には必ず習得しておくようにしましょう。 難易度 スミスのレシピには『難易度』が設定されており、プレイヤー側の『難易度補正』という数値がこの難易度をこえていないとそのレシピを作ることができないのです。 装備のプロパによってDEXを補正することも可能ですので、• 【まとめ】 出典: スミスのスキルやステータス振りについてでしたがいかがでしょうか? がっつりやろうと思うと専用キャラクターが必要であったり、スキルやステータスの振り方にも気を配らなくてはいけなくなりますが、良い武器や装備を手に入れるためという事で頑張っていきましょう。 トーラムオンラインではこうしたステ振りやスキル、お気に入りのカスタマイズが魅力や楽しみの一つです。 しかし、いろいろやろうと思うと結局は雫玉が必要なんです。 課金したくないけど は結構多いのではないかと思います。 私もそのうちの一人なのです。 そんな私も をだまされたと思ってやってみたら めっちゃ楽にゲットできちゃったのです。 それからはお金を一切かけずにトーラムオンラインでをやっていますよ。 本当に自分好みの武器や装備のカスタマイズを思い通りにできるようになっちゃいました。 お金をかけずに自分好みのカスタマイズや武器をゲットしたい方はこちらを参考にしてみてくださいね。

次の

装備精錬手順

トーラム 装備 強化

お好きなところからどうぞ• 【スミススキルについて】 出典: まずスミススキルの基礎的なところをご説明しましょう。 スミスには、依存ステータスと呼ばれる、潜在値を向上させる方法が存在します。 潜在値という数値を消費すると作った武器や装備い能力を付与する事も出来るため、これを使いより強い武器などを作って行く訳なのです。 この潜在値を消費する事で能力を付与することを『強化』と言うのです。 精錬とたびたび勘違いされるのですが、強化=精錬ではないので覚えておくようにしましょう。 そして精錬にしても強化にしても、ステータスはTEC極がオススメとなります。 また、練成ではLUKでも補正がかかるので有用ですが、TECを優先した方が良いのではないでしょうか。 また、STRも多少は影響してくるでしょう。 両手剣は 『STR』10につき1増加• 自動弓は 『DEX』10につき1増加• 杖は 『INT』10につき1増加• 手甲は 『AGI』10につき1増加 です。 潜在力は、依存ステータス値10に対して1増加します。 片手剣は 『STR』と 『DEX』20につき1増加• 弓は 『STR』と 『DEX』20につき1増加• 魔導具は 『INT』と 『AGI』20につき1増加 片手剣・弓は 『STR』と 『DEX』両方に依存しており、魔導具は 『INT』と 『AGI』両方に依存しているのです。 一定確率で最大2スロットが付与される事がある• 一定確率で能力の基礎値が減少または増加• 鍛冶熟練レベルが難易度を超えていない場合は製作できない• 鍛冶熟練レベルはDECXとTEXによって難易度に補正が入る 補正値はDEX6につき1、TEC2につき1。 熟練度は製作に失敗した場合でも上がるため、難易度をこえているものの中でレベルが高く作り易いものを作るのがオススメでしょう。 以上を踏まえて、がっつりと生産したい!という方は製作スミスとはまた別に自分でTEC極のスミスを持つと良いかもしれません。 ちなみに、TEC極振りは精錬と強化専用のスミスですが、アルケミを兼任することもできるのです。 アルケミはTEC極でないとろくに成功しないんです。 TECスミスのステータス振りは全て個性ステータスTECへ。 素材加工Lv1• 装備練成系のスキルをすべてLv10• 装備製作Lv5• 装備強化系スキルをすべてLv10 アルケミスキルは素材描こうLv1以外のスキルすべてLv10で大丈夫でしょう。 DEXスミスのステータス振りは全てDEXへ。 素材加工Lv1• 装備精錬Lv5• 装備製作系スキルをすべてLv10• 金敷系スキルをすべてLv10 金敷系のスキルは熟練度の上限をあげる作用があるのです。 熟練度自体が向上するわけではないので注意したほうが良いでしょう。 金敷系スキルをあげなくても鍛冶熟練度Lv50までは上がるのですが、それ以上の熟練度にしようと思うと金敷系スキルが必要になるのです。 その他はSTR INT VIT AGI スミスでしょう。 モデルはINTスミスなので、各自置き換えてみてくださいね。 【ステータス振り】 出典: ステ振りはTEC2にして残りをINTに回します。 振り方で言えば、TECに1だけ振って他をINTにすべて振るという感じでしょう。 <各種スミスの武器について>• TEC 非戦闘・もしくは杖• STR 両手剣• INT 杖または魔導具• VIT 壁• AGI 拳• DEX 両手剣または弓 完全に戦闘をしないというのも難しいので、多少なりとも戦えるように意識しながら武器を決めてください。 スミスの熟練度について スミスの熟練度は、『現在の鍛冶熟練Lv』と『アイテムレベルの数字』に依存してポイントが入る仕様のようです。 また、スミススキルの『初心者の金敷』などを習得していない場合には鍛冶熟練Lvは50までしか上がりませんので、それ以上上げたい場合には必ず習得しておくようにしましょう。 難易度 スミスのレシピには『難易度』が設定されており、プレイヤー側の『難易度補正』という数値がこの難易度をこえていないとそのレシピを作ることができないのです。 装備のプロパによってDEXを補正することも可能ですので、• 【まとめ】 出典: スミスのスキルやステータス振りについてでしたがいかがでしょうか? がっつりやろうと思うと専用キャラクターが必要であったり、スキルやステータスの振り方にも気を配らなくてはいけなくなりますが、良い武器や装備を手に入れるためという事で頑張っていきましょう。 トーラムオンラインではこうしたステ振りやスキル、お気に入りのカスタマイズが魅力や楽しみの一つです。 しかし、いろいろやろうと思うと結局は雫玉が必要なんです。 課金したくないけど は結構多いのではないかと思います。 私もそのうちの一人なのです。 そんな私も をだまされたと思ってやってみたら めっちゃ楽にゲットできちゃったのです。 それからはお金を一切かけずにトーラムオンラインでをやっていますよ。 本当に自分好みの武器や装備のカスタマイズを思い通りにできるようになっちゃいました。 お金をかけずに自分好みのカスタマイズや武器をゲットしたい方はこちらを参考にしてみてくださいね。

次の