鬼滅の刃182話。 鬼滅の刃182話で縞の羽織の柱は甘露寺?死んだと言った無惨の真意とは?

鬼滅の刃182話最新話のネタバレと感想|愈史郎の策略がハマり取り乱す無惨!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

鬼滅の刃182話

鬼滅の刃183話で無限城編が完結! 早速、鬼滅の刃183話をみていきましょう! 激おこの無惨は、どのように愈史郎と戦っていくのでしょうか! そして柱達は無惨のところに集まることができるのでしょうか。 >> >> 鬼滅の刃183話:人頼みの甘露寺 城の中のレイアウトが次々に変わる。 その移動圧は想像以上にすごいらしく、甘露寺が移動圧に対して必死に耐える。 それでも何とか無惨に攻撃し、愈史郎たちのヘルプをしようと試みる。 しかし当の無惨は、鳴女に対する怒りが静まらない様子。 もう、白目をむいちゃっています。。 そんな無惨の姿を見て甘露寺は思わず 「こわぁぁぁーーー!」と心の中で叫ぶ。 そして 「早く悲鳴嶼来ないかなー」と、人頼みです。 そりゃ、悲鳴嶼は強いけどね。 でも一応甘露寺も柱。。 そして柱が死んだふりをするのは愈史郎の作戦だった様子。 無惨を油断させておいて、一気に無惨を叩こうという作戦。 しかし炭治郎と義勇が思ったより危なかったために、伊黒と甘露寺は思わず飛び出してしまったようだ。 鬼滅の刃183話:動く無限城に苦戦する甘露寺と炭治郎 どうやら、のようです。 愈史郎の作戦は、 愈史郎が鳴女の視覚を乗っ取り、脳内に侵入して無惨の支配を外すこと。 そして無惨に対しては、柱達が全員死んだと思わせた上で集結させ、一気に叩く作戦だったようだ。 甘露寺と伊黒が出てきた時点で、愈史郎の作戦の一部は計画が狂っている。 そのため、どうにかして姿がバレている柱達で無惨を攻撃してイライラさせ、愈史郎が有利になるようにする必要がある。 ・・・しかし、甘露寺は次々に動く城についていくので精一杯の様子。。 一方の炭治郎も、次々に動く城に手こずっている。 ただでさえ左目だけで移動しなければならない現状では無理もない。 しかし無惨や他の柱と分断されたら愈史郎の作戦は失敗するので、必死に食らいつく。 鬼滅の刃183話:鳴女を殺す無惨 一方の愈史郎は、鳴女から無惨の支配を外すために必死。 しかし無惨は遠くから鳴女の支配を奪われマイト強い力で絡めとり、愈史郎の細胞まで吸収し始める。 遠隔でも無惨のパワーすごい。。 そんな中、義勇と伊黒が無惨に攻撃を仕掛ける! 無惨は鳴女の支配を取り戻そうとしながら、義勇と伊黒の柱2人を相手にする状況に。 義勇と伊黒の攻撃で無惨の鳴女への意識が薄れ、愈史郎の支配が押し戻す。 この状況があまりにも不利だと思ったのか、無惨は鳴女を殺しにかかる。 空中で「グッ」と手のひらを握ると、鳴女の頭が「グシャッ」と崩れた。 ・・・いや、あまりにもブラック上司すぎませんか。。 >> 鳴女が死んでしまうと、城が崩壊する。 しかし城の中にいた状態で崩壊してしまうと、無惨以外が死んでしまう。 どうにかして鬼殺隊の隊員達を無限城の外に出さないといけない状況。 鬼滅の刃183話:城が崩壊し地上戦へ!無限城編の完結 城の軋み方が変わり、このままでは城が崩壊することに気づく伊黒。 建物全体が上昇している。 そして甘露寺の元に、無惨の攻撃が迫る! そのピンチを見て炭治郎がとっさに刀を無惨に投げた。 するとその刀は無惨の頭に突き刺さり、かろうじて甘露寺は助かった。 そしてついに城の上昇は地上まで達し、戦いの舞台が地上戦に移った! ーーー次回184話に続く.

次の

漫画『鬼滅の刃』183話のネタバレと182話おさらい・184話の考察|イツキのアンテナ

鬼滅の刃182話

鬼滅の刃【第182話】のネタバレ 無惨攻略法を探せ! 炭治郎は今まで感じた事がない程冷たい気持ちになっていた。 腹の底まで厭悪が渦を巻いたのは初めての事だった。 無惨は 首を切っても倒せない。 なんとしても 太陽の下の下へ引きずり出さなくてはならない。 皆の到着を待ちながら無惨攻略の糸口を探る。 少しでも有益な無惨の情報を引き出しそれを皆に伝える。 それまで生き残る。 それからが本当の戦いであると炭治郎は覚悟を決める。 ヒォヒュンッ 無惨が二人に仕掛ける。 腕は刃物のような切れ味で伸縮する。 飛んでもないスピードだがなんとか避ける炭治郎と義勇。 「よし!避けた!」と油断した炭治郎に無惨の右腕が襲う。 攻撃を受けた右目からは凄い出血で地面に倒れる。 倒れた炭治郎に追撃を与えようとした無惨であったがここは間一髪義勇が炭治郎を抱えて攻撃をかわしたのだ。 切り込まなくていい!無惨の力は上弦の比ではない!と炭治郎に伝える義勇であったがすぐに次のピンチが訪れる。 逃げた先には遮蔽物も扉もなにもない。 攻撃を防げそうな物がなにもないのだ。 衝撃の一言を言い放つ無惨 焦る義勇に無惨は問う。 「時間稼ぎ…夜明けまでか?この光届かぬ城の中 柱三人でそれは可能なのか?」 !? 炭治郎と義勇は困惑している。 さらに無惨は続ける。 「縞の羽織の柱と女の柱はすでに私の部下が殺したようだぞ?」 鳴女と闘っていた伊黒と甘露寺は血を流して倒れている。 義勇によって抱えられていた炭治郎であったが足手纏いになるまいと義勇から距離を取った。 無惨は攻撃の手を緩める事はない。 次から次へと迫りくる攻撃に二人は防戦一方。 匂いを嗅ぐことに集中していた炭治郎はいつの間にか周りが見えなくなっていた。 ゴツッ 周りが見えていなかった為に気が付くと壁際へ追い込まれており、もう逃げ場がなくなった。 義勇「炭治郎-っ!」 無情にも叫ぶ義勇を尻目に無惨の攻撃が炭治郎の目の前まで迫ってきている。 絶体絶命の炭治郎にまさかの救世主が・・・ (ああっ!ダメだ!!)避けることのできない状況に炭治郎は覚悟を決める。 ????「やめなさいよーっ!!」 何者かが無惨の死角から攻撃し、間一髪の所で炭治郎は助かった。 声の主は死んだかと思われていた 甘露寺 だった。 生きている事に炭治郎も驚きを隠せない。 「恋の呼吸陸ノ型 猫足恋風」が無惨に炸裂した。 手ごたえを感じた甘露寺であったが無惨は全くの無傷だ。 またしても炭治郎の前に何者かが現れた。 なんと今度は 伊黒 が現れたのだ。 伊黒「足手纏いの厄介者 お前はもう引っ込んでいろ」 甘露寺と同様に死んだと思っていた伊黒の登場に思わず炭治郎は涙を流す。 予想外の展開に取り乱した無惨 死んだはずの柱二人の登場に驚いているのは 炭治郎だけではない。 無惨「なにをしている鳴女!!!」 普段は冷静沈着な無惨が取り乱して声を荒げた。 鳴女を通じて状況を判断していた無惨であったがなんと偽りの情景を見せられていたのだ。 全ては 愈史郎 の策略だった。 死んだと思われていた愈史郎であったが彼も伊黒と甘露寺同様に死んではいなかった。 そして無惨に偽りの情景を見させるべく暗躍していたのだ。 愈史郎「無惨お前はこの世で一番罪を犯した。 俺から珠世様を奪ったことを後悔して跪け!!」 泣きながら叫ぶ愈史郎の感情に共鳴するかの様に城が音を立てて揺れ始める。 愈史郎「今からお前を地上へ叩き出してやる!!」 ジャンプネタバレ記事はこちら! —• 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 鬼滅の刃を1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

【鬼滅の刃】182話ネタバレ確定感想&考察、対鬼舞辻戦開幕![→183話]

鬼滅の刃182話

スポンサードリンク 愈史郎の作戦 次々と建物の構造が変化していきます。 その凄まじい移動圧に、 甘露寺は潰されそうになっていました。 それでも攻撃しなければ、と目の前にいる無惨を見ます。 すると そのあまりの怖さに、激しく動揺してしまいました。 元々愈史郎の作戦では、鳴女の視覚を乗っ取り、それから脳内に侵入して 無惨の支配を外し、頭も乗っ取るつもりでした。 それと同時に 無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせ、その裏で味方を集結させ総戦力で一気に叩く予定だったのです。 しかし予想以上に炭治郎たちがピンチでした。 そのため この作戦の途中で、甘露寺が飛び出してしまったのです。 せめて自分たちは無惨を攻撃してイライラさせ、 少しでも愈史郎が有利になるように頑張らねば。 そう思いつつ、次々と変化していく城に翻弄される甘露寺なのでした。 スポンサードリンク 地上へ 吹き飛ばされた炭治郎は、そこに転がった隊員たちの亡骸を見ました。 無念だったろう、と胸を痛ませます。 そこへ 大きく軋む音が響きました。 城が崩壊する音です。 外に出られないと、無惨以外全員死んでしまいます。 すぐに建物が上昇していきました。 その時、 甘露寺に無惨の攻撃が迫っていました。 炭治郎が先程見つけた、亡くなった隊士の折れた刀を投げつけます。 その刀は無惨の頭に深く突き刺さりましたが、 あまり効果はなさそうでした。 そしてより大きな音を立て、 炭治郎たちは地上へ放り出されたのです。 やはり視界を奪うだけでなく、 頭そのものを支配しようとしていました。 愈史郎の能力がなかなかチート級の凄まじさです。 そして今、 無惨との死闘が繰り広げられています。 そんな中でも甘露寺はいつも通りのテンションなので、 甘露寺のコマはどこかほっとしました。 愈史郎に対する心の声が素直すぎて笑えましたね。 無惨との戦いは、怒りや悲しみに満ちたものでしょう。 そこにおける甘露寺の存在がありがたいです。 そしてついに、 炭治郎たちは地上へ放り出されました。 他のみんなは無事なのでしょうか!? 次回から、 地上での戦いとなりそうです。 日が昇るまで持ち堪えるか。 それとも全滅か。 最終決戦の行方に注目です! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の