千と千尋 よきかな。 千と千尋の神隠しの川の神の団子やよきかなのセリフの意味は?考察してみた!

千と千尋の神隠しラストは時間がどれくらい経っていた?車の変化から時間の流れを考察! | マジマジ情報局

千と千尋 よきかな

ジブリ作品らしく、作品にはメッセージがあふれていて、異世界で働くことを通じて成長する千尋の姿が印象的です。 「千と千尋の神隠し」は神話や宗教、民俗的なテイストも濃く、子どもから大人まで、多角的に楽しめる、見応えのあるジブリの名作ですね。 クイズはABCD各5問、合計20問出題されます。 出題は、映画の時系列に沿っています。 父:門みたいだねぇ。 母:あなた、もどりましょう、あなた。 千尋ぉ、もう! 父:なんだ、( )かぁ。 けっこう新しい建物だよ。 答え:モルタル製 解説:モルタルは、セメントに砂を混ぜて、水で練った材料です。 コストが高く亀裂が入りやすいため、日本でモルタル製の壁は珍しいです。 問題2: 父:やっぱり間違いないな。 テーマパークの残骸だよぉ、これ。 90年頃に、あっちこっちでたくさん計画されてさぁ、( )みんな潰れちゃったんだ。 これもそのひとつだよ、きっと。 答え:バブルがはじけて 解説:バブルの恩恵を受けたテーマパークは、バブル崩壊後、どんどん閉園していきました。 問題3: 母:千尋、すっごくおいしいよ! 千尋:いらない!ねぇ、帰ろ。 お店の人に怒られるよぉ。 父:大丈夫、お父さんがついてるんだから。 カードも財布も持ってるし。 母:千尋も食べな。 骨まで柔らかいよ。 父:( )。 母:ありがと。 答え:からし 解説:本当に柔らかそうなお肉!ジブリの食事シーンを見るとよだれがでますね。 問題4: ハク:怖がるな。 私はそなたの味方だ。 千尋:いやっ、いやっ、いやっ! ハク:口を開けて、これを早く。 ( )を食べないと、そなたは消えてしまう。 答え:この世界のもの 解説:日本神話を伝える「古事記」に、黄泉戸喫(よもつへぐい)というものがあります。 黄泉戸喫は、あの世のものを食べると、この世に戻れないというものです。 あちらの世界の住人になるためには、あちらのものを食べ、そしてこちらの世界には戻らないという契りとなるのでしょうか・・ 問題5: ハク:中に釜爺という人がいるから、釜爺に会うんだ。 千尋:釜爺? ハク:その人に、ここで働きたいって頼むんだ。 断られても、粘るんだよ。 ここでは仕事を持たない者は、( )にされてしまう。 答え:湯婆婆に動物 解説:千尋の両親のように豚にされてしまう・・・ 問題6: リン:うぅぁ、人間がいんじゃん、やばいよ、さっき上で大騒ぎしてたんだよ! 釜爺:わしの、( )だ。 答え:孫 解説:釜爺のやさしい「嘘」ですね! リンはその後「あんた、釜爺にお礼言ったの、世話になったんだろ?」と言っていることからも、察してはいたんでしょうね。 問題7: 湯婆婆:馬鹿なおしゃべりはやめとくれ。 そんなひょろひょろに何ができるのさ。 ここはね、人間の来るところじゃないんだ。 ( )が疲れを癒しにくるお湯屋なんだよぉ。 答え:八百万の神様たち 解説:日本の神さまの数は八百万(やおよろず)です。 具体的に800万人いるわけではなく、八百万は数えきれないぐらいいっぱいという意味です。 問題8: ハク:お食べ、ご飯を食べてなかったろ。 千:食べたくない・・・ ハク:千尋の元気が出るように( )をかけて作ったんだ。 お食べ。 答え:まじない 解説:千:・・・ん、ん、うわぁあん! ハク:つらかったろう。 さ、お食べ。 問題9: リン:一回薬湯入れなきゃダメだ、千、番台行ってフダもらってきな。 千尋:フダ?・・・うわっ! リン:薬湯のフダだよ! 千尋:はーい。 ・・・リンさん、( )ってなに? 答え:番台 解説:銭湯が少なくなってきた今、番台を知らなくてもおかしくありませんね。 番台(ばんだい)は、銭湯で男湯と女湯の間にある料金を受け取ったり、見張りをしたりする高台のことです。 問題10: 千尋:うわ、すごい色・・・ リン:こいつにはさ、( )が入ってんだ。 こんだけ濁ってりゃ、こすらなくても同じだな。 答え:ミミズの干物 解説:ミミズは、東洋医学などで、病気の治療に使われていました。 ルンブロキナーゼ(通称 ミミズ酵素)は、健康食品にも使われています。 問題11: 川の主の顔が現れてひとこと「( )」 答え:よきかな 解説:クサレガミではなく、名のある川の主でした。 汚れた川がきれいになって、よきかな・・ 問題12: 千尋:ハクね、ハクでしょう?ケガしてるの?あの( )の鳥は行ってしまったよ。 もう大丈夫だよ。 わっ!・・・湯婆婆のとこへ行くんだ。 どうしよう、ハクが死んじゃう! 答え:紙 解説:陰陽師は、式神(しきがみ)や式鬼(しき)と呼ばれる、人の形をした紙を操ります。 問題13: 銭婆:そいつは妹の手先のどろぼう竜だよ。 私のところから大事な( )を盗みだした。 千尋:ハクがそんなことしっこない!優しい人だもん! 銭婆:竜はみんな優しいよぉ、優しくて愚かだ。 魔法の力を手に入れようとして、妹の弟子になるなんてね。 答え:はんこ 解説:このはんこは「魔女の契約印」です。 魔女の契約印が具体的にどのようなものかは劇中では触れられていませんが、絵コンテの資料によると、労働者を奴隷として使えるようになるそうです。 問題14: リン:電車の切符じゃん。 どこで手に入れたの、こんなの。 釜爺:四十年前の使い残りだ。 いいか、電車で( )の沼の底という駅だ。 答え:六つ目 解説:電車に乗ったときに流れる音楽のタイトルは「六番目の駅」です(久石譲作曲)。 問題15: リン:セーン!おまえのことどんくさいって言ったけど、( )!・・・カオナシぃ!千に何かしたら、許さないからな! 答え:取り消すぞ 解説:このリンのセリフは、2019年「金曜ロードSHOW! 」で放映時、視聴者が選ぶ名セリフNo. 1に輝きました! 問題16: ハク:きれぎれにしか思い出せません。 闇の中で千尋が何度も私を呼びました。 その声を頼りにもがいて、気が付いたらここに寝ていました。 釜爺:そうか、千尋か。 あの子は千尋というのかぁ。 いいなぁ、( )だなぁ 答え:愛の力 解説:しみじみ・・ 問題17: 銭婆:あたしたち二人で一人前なのに気が合わなくてねぇ。 ほらぁ、あの人( )じゃないじゃない?魔女の双子なんてやっかいの元ね。 答え:ハイカラ 解説:ハイカラは、もともと文明開化の時代に、いち早く西洋の先端文化を取り入れた人を指して使われた言葉で、今では流行に敏感でしゃれている人のことを指します。 問題18: 千尋:ハクと私、ずっと前に会ったことがあるみたいなんです。 銭婆:じゃ話は早いよ。 一度あったことは忘れないものさ、( )。 答え:思い出せないだけで 解説:千尋はハクの背中に乗ると、小さいころ川に落ちて、ハクが浅瀬に運んでくれたことを思い出しました。 問題19: ハク:千尋、ありがとう。 私の本当の名は( )だ。 答え:ニギハヤミコハクヌシ 解説:日本の神は八百万、川の神様もたくさんいます。 ハクはコハク川の水神だったんですね。 問題20: ハク:私はこの先には行けない。 千尋はもと来た道をたどればいいんだ。 でも決して( )、トンネルを出るまではね。 千尋: ハクは?ハクはどうするの? ハク: 私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ。 千尋:またどこかで会える? ハク:うん、きっと。 千尋:きっとよ。 ハク:きっと。 答え:振り向いちゃいけないよ 解説:神話には「見るなの禁止」「見るなのタブー」と呼ばれるものがあります。 見てはいけないといわれたのに見てしまったら、何か災いが起こるというものです.

次の

「千と千尋の神隠し」あのセリフを英語で勉強しよう【ジブリ映画】

千と千尋 よきかな

冒頭と結びに登場する彼女ですが、千尋に対してやたらと冷たい態度を取っているように思えます。 対照的に、千尋が迷い込む世界で支配者として君臨している湯婆婆(CV:夏木マリ)は、息子の坊(CV:神木隆之介)に対し過保護であり、かなり甘やかしている様子。 しかし、甘やかされてばかりで何もできなかったはずの坊はネズミに変えられ、家を飛び出し旅をすることで、最終的に千尋の味方をします。 2本足で屹立し、湯婆婆から自立したような状態になるのです。 そしてその描写があった直後、千尋は最後の試練を乗り越え、冷たい態度を取っていた母親のもとに帰ることができたのでした。 子育てにおいて、子どもを立派に自立させることはひとつのゴール。 一見淡白そうな千尋の母親でしたが、やはり最後には帰るべき場所として設定されており、千尋がそれを見失うことはありません。 2人の親の対立構造は、甘やかしてばかりが親の在り方ではないというメッセージになっているようにも感じられます。 宮崎駿監督いわく「カオナシなんて周りにいっぱいいますよ。 中略)ああいう誰かとくっつきたいけど自分がないっていう人、どこにでもいると思いますけどね」とのこと。 彼はカオナシという名前の通り、「個性を持たない」存在として表現されているようです。 実際、カオナシは千尋に自分のことを尋ねられたとき、かなり困ったような表情をしていました。 「自分がない」、「自分の居場所がない」からこそ他者の欲望を煽って自身に取り込み、パーソナリティを得ようとしたのでしょう。 カオナシはしばしば千尋にお金を渡そうとしますが、彼女は断り続けました。 この行為からカオナシは「欲望の象徴」なのではないか、という考え方もあります。 そして、一連の掛け合いや砂金がやがて泥へと変わってしまったことを考えると、この作品には「お金では買えないものがある」というテーマも存在するのかもしれません。 海原電鉄の黒い乗客 3週連続冬もジブリ! 来週は世界が絶賛、日本映画市場圧倒的なNo. 乗客が黒い影で表現されている理由は、作者が宮崎駿であることに注目すれば紐解けそうです。 宮崎駿は宮沢賢治の影響を強く受けていることで有名です。 海原電鉄は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が背景にあると思われます。 死者をあの世へ送るための銀河鉄道に着想を得ているのだとすれば、『千と千尋の神隠し』で舞台となっている八百万の神がいる世界は「あの世」に重ねられているのかもしれません。 海原電鉄の乗客が亡くなった人々として黒い影になっているのも頷けるのではないでしょうか。 その説を支持した場合、『千と千尋の神隠し』という物語は"千尋が味わった一時の臨死体験"とも言えそうですね。 千尋さんは書き間違えただけなのか、わざと間違えたのか…気になるところですぅーー😳 — スタンリー@金曜ロードSHOW! それはなぜなのか。 物語の中で明示されてはいませんが、実は彼女が生還できたのにはきちんと理由があります。 千尋は湯婆婆との契約の際、「萩野千尋」の「萩」の字を「获」と書き間違えていました。 そのおかげで契約は成立しておらず、千尋は現実世界に帰ってくることができたのです。 後にハクからも「湯婆婆に本当の名前を教えてはいけない」と言われた通り、本当の名前でなければあの世界に縛られることはなかったのです。 しかし、ハクは湯婆婆との契約をしっかりとしてしまったせいで、現実世界に帰ってくることはありませんでした。 普通の人より少し遠くを見ていたり、人の内側を見ているような瞳になるように描かれているそうです。 同じような場面は、世界中の逸話にしばしば登場します。 「見るなのタブー」とも言われるこのような描写は、日本の神話やギリシャ神話、旧約聖書にもあり、身近な話としては『鶴の恩返し』などが挙げられます。 物語の結びに古来から用いられてきたそんなお約束を踏まえた上で、千尋に「振り向かないで前を見て進め」とエールが送られているのでしょう。 「行き」のトンネルと「帰り」のトンネルが違うのはなぜ? 荻野一家はトンネルをくぐって神々の世界に足を踏み入れましたが、現実世界に帰って来たとき、トンネルは行きとデザインが異なっていました。 これには、「神々の世界には現実世界と別の時間が流れており、現実世界のトンネルが経年劣化した」という解釈もあります。 しかし、冒頭に建築関係の仕事をしている千尋の父が、トンネルは「モルタル製」であることに触れていますから、帰りのトンネルが石造りになっていることを考えるとその線は薄いのではないでしょうか。 最初から、行きのトンネルには神々の世界に導くための魔法がかかっており、もともと例のトンネルは石造りだったと考えた方が良さそうです。 ユニークな名前が並んでいます。 リンさんの横には「コイ」「ふな」「トロ」…魚の姿をしているのでしょうか。。。 そのほかにも「馬」「へそ」など気になる名前がたくさんあります。 — スタンリー@金曜ロードSHOW! とはいえ、作品の中では風俗のモチーフとして湯女が用いられたわけではありません。 宮崎駿は過去にエンタメ雑誌「プレミア」で、「"あれは日本そのものです。 (中略)みんな千尋が暮らす湯屋の従業員部屋のような、ああいうものだったんですよ。 日本は少し前までああいう感じだったんです。 "」と語っており、風俗産業の表出というわけではなく、日本の労働環境のモデル化という面があるようです。 宮崎駿監督は最後のシーンについて次のように語っています。 「この物語は、何か思いのほか切ない話です。 特に終わり方が。 しかしどの情報も、肝心となるエンディングの内容はストーリー中の様々な場面をつぎはぎにくっつけたような印象を受け、支離滅裂です。 謎めいた展開が魅力であり、国内では他に類を見ないほどの人気作品ですから、「そういえばそんなシーンあったかも」と「幻のエンディング」の存在が本当であるかのように噂が広まってしまったのだと思われます。 これに関しては過去にネットメディアがジブリと東宝に取材をしており、言質を得ていますので、やはり「幻のエンディング」は存在しないようです。 最後の豚の集団に両親がいないと気づいた理由 物語の終盤、湯婆婆が千尋に課したテスト。 それは豚の集団から、豚になってしまった父母を当てるという難題でした。 そこで千尋はその場に父母がいない、と確信を持って湯婆婆に伝えたことで、元の世界へと戻ることを許されます。 なぜ千尋は答えを出せたのか?これについては様々な考察がなされていますが、宮崎監督も明言していません。 ただひとつ言えるのは、物語を通して千尋が大きく成長し、ある種の洗脳(魔法)が解けた状態になったということ。 宮崎監督も「なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 それしかないんですよ。 」と答えたそう。 映画の中での経験が、千尋にとって人生を生き抜く確実な力になったのです。 具体的な考察、説明は野暮なのかもしれませんね。 『いつも何度でも』は映画制作前に作られた 主題歌『いつも何度でも』の優しい歌詞は、本作の不思議な世界観と少女の成長物語に寄り添っているように感じられますが、実はこの曲は映画制作前に完成していました。 というのも、前作『もののけ姫』に感銘を受けた木村弓さんが宮崎監督に自らのCDと一緒に手紙を送ったところ、宮崎監督も気に入り、当時企画中だった『煙突描きのリン』が形になったら連絡する、ということで作品概要を木村さんへ伝えます。 そこから着想を得て作られたのが「いつも何度でも」なのです。 しかし、ある理由がありボツになってしまった『煙突描きのリン』。 曲もお蔵入りしかけましたが、当初『千と千尋の神隠し』の主題歌になる予定だった『あの日の川へ』の作詞が難航し、再度監督が『いつも何度でも』を聴き直したところ、歌詞が映画と合致していることに気が付いたそう。 そして主題歌に起用されたという不思議な繋がりのある曲だったのです。 幻の先品「煙突描きのリン」 先述した『煙突描きのリン』は、1998年6月から企画が進められていました。 物語としては、大地震に見舞われた東京を舞台に、銭湯の煙突に絵を描く18歳の学生・リンが、東京を影で支配する集団と対峙し、戦うというもの。 ですがその制作中、鈴木プロデューサーは鑑賞した『踊る大捜査線 THE MOVIE』で感じた「リアルな若者の気持ち」に衝撃を受けます。 そして、その気持ちを宮崎監督に伝えます。 若者とは言えない自分たちが、本当に若者の気持ちを表現することができるのか疑問に思ったというわけです。 結果監督も納得し、この作品が日の目を見る日はありませんでした。 その後、千尋と同年代の子どもたちに向けた『千と千尋の神隠し』を手掛けるのですから、制作側の心境の変化もうかがえます。 最後に 『千と千尋の神隠し』に関する噂や謎、作品に込められたメッセージやテーマについて考察しました。 公式の見解が出揃っているわけではないので、一概に言えることではありませんが、これほど考察が深まるのはジブリ作品の特徴であり、醍醐味といえるでしょう。 スポンサーリンク.

次の

「よきかな」の意味とは?千と千尋で腐れ神が言ったセリフの意味!! | 情報トレジャー

千と千尋 よきかな

千と千尋の神隠しの名場面の画像まとめ 2001年7月20日に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション映画千と千尋の神隠しです。 突如神様の世界に迷い込んでしまった10歳の少女千尋。 湯婆婆に豚に姿を変えられた両親と元の世界に帰る為に、神様が来る銭湯で働きます。 最初は普通の子供らしかった千尋ですが、ハクやリンなど多くの人(?)達に支えられながら成長していく物語です。 そんな彼女達の高画質画像をお楽しみください。 あらかわいい!坊とカラスが小さくなってすす渡に遊ばれています 白と千尋が水の中でハグしている画像ですd。 かっこいい白をバックに主要キャラが描かれている千と千尋の神隠しの画像です。 イラストレーターに夜千と千尋のアートワークです 千と千尋のカオナシのこうがしつがぞうです。 カオナシのメイクだけの画像です。 顔のドアップ 千と千尋の館の画像です。 なんだかみたことある気がするという日本人は多いのではないでしょうか?そんな懐かしさがあります。 千と千尋の神隠し、車で進んで行き不思議なトンネルに辿り着いた千尋一家ですが、千尋はトンネルに入るのを嫌がります。 千と千尋の神隠し、置かれている食べ物を勝手に食べ始めるお父さんとお母さん。 後ろの戸惑っている千尋です。 千と千尋の神隠し、人間の千尋が居るのに驚いて慌てるハクです。 千と千尋の神隠し、千尋が地上に戻る時間を稼ぐために夜が来るのを少しでも食い止めようとするハクです。 千と千尋の神隠し、両親の元へ戻ると豚の姿に変わり果て、それを見た千尋は思わず悲鳴を上げます。 千と千尋の神隠し、仕事がしたいと言う千尋に役立たずとののしり怖がらせる湯婆婆です。 これは大人でも怖いです・・。 千と千尋の神隠し、話しかけてくる千尋にハク様と呼べと冷たく言い放つハクです。 最初見た時はこの変貌ぶりに驚きました。 千と千尋の神隠し、落ち込む千尋におにぎりを差し入れるハク。 そんな気分ではない千尋を励まし続けてくれます。 千と千尋の神隠し、ハクの作ってくれたおにぎりを食べて泣き出す千尋、そしてそれを慰めてくれるハクです。 千と千尋の神隠し、緊張が解けたのか、不安からなのか震えてうずくまる千尋。 それを心配してくれる優しいリンです。 千と千尋の神隠し、汚れきったお風呂を必死に掃除をする千尋とリンです。 流石にリンは力強いです。 千と千尋の神隠し、物凄い異臭を放ち湯婆婆の銭湯に訪れたオクサレサマ。 お湯もあっという間にヘドロに変わります。 千と千尋の神隠し、千尋達が迎えたオクサレサマが実は川の神様とわかり応援する湯婆婆です。 千と千尋の神隠し、見ているこっちが癒されてしまいそうなオオトリ様。 こう見えても神様です。 千と千尋の神隠し、神様が物凄い勢いで帰った後に千尋の手の中に残った泥団子です。 神様からのお礼でしょうか? 千と千尋の神隠し、仕事が一段落して部屋で大きなお饅頭を美味しそうに頬張る千尋です。 千と千尋の神隠し、神様から貰った泥団子をかじった千尋。 めっちゃまずかったようです。 あれをかじってみた千尋の勇気が凄いです。 千と千尋の神隠し、ハクを追って無茶な所を走り切る千尋。 流石はジブリ!と言いたくなるアクロバティックな演出です。 千と千尋の神隠し、千尋の腕を掴んで離さない坊。 湯婆婆に甘やかされて育ったのでわがままな赤ん坊です。 千と千尋の神隠し、操られて暴走し傷だらけになっているハクをなだめようとする千尋です。 千と千尋の神隠し、千尋のえんがちょの真似をするネズミの姿の坊です。 実はお茶目で面白い子なのかもしれません。 千と千尋の神隠し、千尋が望むものなら何でも出してあげると言うカオナシです。 たくさん食べて巨大化しています。 千と千尋の神隠し、坊が居なくなっている事に気づき怒り狂う湯婆婆と冷静な表情のハクです。 千と千尋の神隠し、海の上を走る電車に乗り込む千尋とカオナシ、他にも何人か不思議なお客さんが乗っています。 千と千尋の神隠し、印鑑を返し謝罪に来た千尋達をもてなしてくれるゼニーバ。 顔は同じでも湯婆婆と違い穏やかに見えます。 千と千尋の神隠し、ゼニーバの元へ千尋を迎えに来てくれた竜の姿のハクです。 千と千尋の神隠し、ハクの背中に乗っている時に昔に川で溺れて何かに助けれた事を思い出した千尋です。 千と千尋の神隠し、千尋のおかげで自分の名前を思い出し取り戻したハク。 実は川の神様だったんです。 千と千尋の神隠し、千尋が湯婆婆から出された質問に正解し、大喜びをするリンや釜爺一同です。 いつのまにか千尋はみんなに好かれていたんですね。 千と千尋の神隠し、最後は笑顔で千尋を見送る坊。 この物語の中で成長したのは千尋だけではなかったんですね。 引越し先に向かう千尋。 さみしそうですね。 トンネルの先で見つけた屋台でごはんを食べるお父さん。 なかなかの食べっぷりです。 豚になってしまったお父さんとお母さん。 後ろ姿でも千尋の驚きっぷりが伝わってきます。 ハクも千尋と同じように油屋に突然現れ、釜爺の反対を押し切り湯婆婆の弟子となりました。 油屋の経営者湯婆婆。 人間の世界から迷い込んできた千尋の名前を奪い千と名付けました。 千尋とハク。 千尋には心当たりがないけどハクはなぜか千尋のことを知っていました。 実直な働きによりみんなに一目置かれるようになった千尋。 脇役たちもみんな魅力的です。 湯屋「油屋」の釜場でボイラーを担当している釜爺。 とても優しいお爺さんです。 リンと千尋。 リンはとても面倒見がいいお姉さんで千尋にも色々教えてくれます。 リンがくれたお饅頭を食べる千尋。 お風呂を楽しむオオトリ様。 オオトリ様は卵のまま生まれてくることができなかったひよこの神様らしいです。 何とも言えない気持ちになりますね。。 カオナシと千尋。 カオナシは千尋に喜んでもらうためあの手この手をつくします。 ススワタリ。 こんぺいとうはススワタリたちの大好物です。 ハクが千尋におにぎりをあげているところ。 有名なシーンですね。 ハクは千尋のことをいつも守ってくれています。 壁ドンだけではなく肩に手を回しているあたりなかなかのやり手ですね。 湯婆婆の息子の坊。 とても過保護に育てられているのでわがままです。 たそがれている千尋。 千尋が寝泊まりしている部屋の前です。 ハクの中にいた湯婆婆からかけられた呪いのもとを踏んでしまった千尋のえんがちょ。 傷ついたハクを心配する千尋。 引き出しについている血量がとんでもないことになってます。 魔女の契約印を盗み出したハクを追って油屋にきた銭婆。 電車に乗る千尋。 湯婆婆の双子の姉の銭婆の家に向かうところ。 銭婆によってねずみに変身した坊とハエドリに変身した湯バード。 銭婆の家にいる千尋。 千尋のあとについてきたカオナシも一緒です。 銭婆の家まで千尋を迎えに来たハク。 千尋はハクの傷が治っていることに安堵しています。 白龍の姿になったハク。 千尋により湯婆婆の支配から逃れたあとです。 ハクに乗って湯屋に帰る千尋。 小さい頃にハクと出逢っていたことを思い出します。 湯婆婆の試練。 両親を見事当てることができたら元いた世界に帰ってもいいと言われます。 千尋が湯婆婆の難題をクリアしたことを喜ぶ従業員たち。 元いた世界に帰っていく千尋をお見送りする坊たち。 迷い込んだ千尋 エレベーターに乗る千尋 編み物をするカオナシ ハクと千尋 ケーキを食べるカオナシ 油屋の外観 真剣な顔の千尋 油屋のみんなに見送られる千尋 ハク竜と千尋 千尋におにぎりをあげるハク 傷ついたハク竜と千尋 湯婆婆とハク 走る千尋 千と千尋の神隠しの広告 水の上を移動する千尋 電車に乗る千尋 怪物になったカオナシ すごい顔の千尋 釜爺と千尋 かわいい坊ネズミ 花と千尋 かわいい坊 坊のアップ お風呂に入るオオトリサマ 金が欲しいカエル ハクの壁ドン かわいいススワタリ 腐れ神を接客する千尋 だんごを持つ千尋 腐れ神の正体 千と千尋の神隠しの高画質な画像の壁紙まとめ 千と千尋の神隠しのワンシーンです。 汚れたお風呂の掃除をしており千尋とリンが必死で仕事をしています。 千と千尋の神隠しのきれいな壁紙画像です。 満月に向かってハクが飛んでおり千尋も上に乗りとてもきれいな画像です。 千と千尋の神隠しのとてもりりしい画像です。 白竜と千尋が真剣な表情をしています。 濃い目のカラーで描かれている千と千尋の神隠しの壁紙画像です。 和風な雰囲気もあり素敵な画像です。 千と千尋の神隠しの映画内のワンシーンです。 カオナシと千尋が真剣な表情で電車の座席に座っています。 千と千尋の神隠しのススワタリの壁紙画像です。 一生懸命働いている姿がかわいらしいです。 千と千尋の神隠しの綺麗な壁紙画像です。 ハクの上に千尋がのっておりきれいでスピード感のある画像です。 千と千尋の神隠しのきれいな雰囲気の壁紙画像です。 ハクの上に乗っている千尋の表情がかわいらしいです。 千と千尋の神隠しの映画内のワンシーンです。 映画の一番最初のシーンで、車の中で千尋が脱力したような表情をしています。 千と千尋の神隠しの人気キャラクターのハクの壁紙画像です。 とてもりりしく格好いいです! 千と千尋の神隠しの最初のほうのシーンです。 不思議な石造の横で千尋が怒ったような表情をしています。 千と千尋の神隠しの千尋が小さいころに川でおぼれてしまい、ハクに助けられているシーンです。 千と千尋の神隠しのお茶シーンです。 おいしそうなお菓子がたくさん並んでおりカオナシもうれしそうにお茶を飲んでいます。 千と千尋の神隠しの従業員たちの画像です。 みんな楽しそうに笑っておりにぎやかな雰囲気が伝わってきます。 千と千尋の神隠しの人気キャラクターのハクのアップ画像です。 目がぱっちりとしておりとても格好いいです。 千と千尋の神隠しの千尋が真剣な表情で遠くのほうを見つめています。 肩には坊ものっており同じ方向を見つめています。 千と千尋の神隠しの映画内でのワンシーンです。 手には泥団子のようなものが乗っており真剣に見つめています。 千と千尋の神隠しのエレベーターのシーンです。 とても大きなキャラクターがのっており千尋はとても狭そうです。 千と千尋の神隠しのかわいらしいシーンの壁紙画像です。 とてもたくさんの花に囲まれており真剣な表情の千尋が走っています。 個性的なタッチで描かれている千と千尋の神隠しの壁紙画像です。 グレーで描かれていますが血だけ赤色になっており迫力があります。 千と千尋の神隠しの個性的なキャラクターの湯婆婆です。 濃いメイクに個性的なヘアスタイルが印象的です。 千と千尋の神隠しの映画の中でも感動的なシーンです。 ハクと向かい合い笑顔で涙を流す千尋がとても感動的です。 千と千尋の神隠しの中でも人気のあるキャラクターのカオナシの壁紙画像です。 鮮やかなピンク色の背景の中に顔がありシュールな画像です。 千と千尋の神隠しのラストシーンです。 トンネルのほうをまっすぐに見つめている千尋が印象的です。 千と千尋の神隠しの恐ろしいシーンです。 髪の毛がハクに絡みついておりとても恐ろしい表情をしています。 千と千尋の神隠しの千尋とハクが見つめあっているシーンです。 二人とも真剣な表情をしておりかわいらしい雰囲気です。 とてもきれいに描かれている千と千尋の神隠しの壁紙画像です。 ハクが淡い紫色で描かれておりとてもきれいです! 千と千尋の神隠しの街並みです。 神々がうっすらと描かれており不気味な雰囲気の壁紙画像です。 千と千尋の神隠しの窯爺と千尋のワンシーンです。 千尋が必死な表情で窯爺に話しかけています。 千と千尋の神隠しのハクと千尋が手を取り合い走っています。 何かから逃げているような真剣な表情をしています。

次の