ロック ダウン に 備え て。 首都封鎖(ロックダウン)に備えて必要なものリストは?生活はどうなる?

ロックダウンに備えて備蓄!買い物リストは?あると便利なもの一覧!!|BuzzBorn

ロック ダウン に 備え て

みなさん 新型コロナウイルスの影響よる ロックダウン 都市封鎖 さに備えて備蓄はされてますか? ロックダウン期間は 2週間〜1ヶ月以上となる事が多い様ですが、その間買い物に行けない場合や物流が停止する場合があるので日用品も備蓄しておく事が推奨されています。 備蓄をいざするとなっても 何を備えればいいかわからない方や 必要なものを洗い出している時間がない方のために、一例ではありますが備えておきたい日用品をリスト化してみました。 簡易ではありますが チェツクできる仕様にしてみたので、お買い物の際などにぜひご活用ください。 食品についての備蓄リストは過去記事に農林水産省が新型インフルエンザの際に推奨していたものをに載せているのでよければ合わせてご覧下さい。 感染予防対策グッズ• 医薬品• ゴミ袋• ゴミ袋• ビニール袋• ラップ• アルミホイル• トイレットペーパー• ティッシュペーパー• 生理用品• ペットシーツ• オムツ 大人用、子供用• ウエットティッシュ アルコール、ノンアルコール• おしりふき• 歯ブラシ• 歯磨き粉• マウスウォッシュ• ボディーソープ• ハンドソープ• シャンプー• リンス• 洗顔剤• 洗濯用品• 室内外清掃用品 クイックルワイパー、コロコロなど• キッチン掃除用品 キッチンハイター、食器用洗剤、スポンジ、排水溝用ストッキングなど• トイレ掃除用品 トイレマジックリン、トイレシート、消臭剤など• 浴室掃除用品 バスマジックリン、スポンジ、排水溝用ストッキング、パイプユニッシュなど• ライター• ビタミン剤 特に備えてておきたい日用品とは? 特に備えておきたい日用品についてピックアップしてみます。 感染予防対策グッズ• 医薬品• ビニール袋、ゴミ袋、ラップ• 食器用洗剤、キッチンハイター• 生理用品、オムツなどの必需品 1. 感染予防対策グッズ ロックダウン中って外出できないんじゃないの?と思いがちですが、国や地域によって様々なロックダウンがあり、しばらくすると スーパーや銀行などには行ける場合もある様です。 また、もしも家族が発病し軽傷の場合などは 自宅待機などが求められるため、 家庭内感染がおきない様細心の注意を払う必要が出てきます。 なので、 マスクや 消毒液、 ビニール手袋、 ゴーグルなど感染予防できるグッズが必要になってきます。 すでに品薄で中々手に入らないとは思いますが、もし見つけたら購入しておく方が良い様です。 医薬品 いざロックダウンされると、 なかなか病院に行く事ができない場合やないとは思いますが 医療品が不足した場合などを想定し、事前に備えておくことが望ましい様です。 医療崩壊の様な事が起きていなくても、病院の診療待ち時間が長時間であったために感染してしまったケースなども報告されているので気軽に行きづらい状況になる可能性もあります。 処方薬は 常備薬は足りているのかなど、事前に確認しておく必要がありそうです。 また、発病した際を想定し、 解熱剤や 解熱シートなど、経口補水液やゼリー飲料やおかゆなど病気の時でも 摂取しやすいものを備えておられる方もいる様です。 ビニール袋、ゴミ袋、ラップ ゴム手袋や ビニール袋、 ゴミ袋、 ラップは感染症対策にも使用できるとのことで需要が多く、流行地域では 中々手に入らない場所もある様なので前もって購入しておいた方が無難な様です。 食器用洗剤、キッチンハイター 食器用洗剤 界面活性剤使用のもの は野菜など食品に付着したウイルスを取り除くために使用もできるなど、用途が多岐に渡る様です。 また、 キッチンハイターを希釈すれば 次亜塩素酸水スプレーの代用として仕様できるのでこちらも購入される方が多い様です。 生理用品、オムツなどの必需品 トイレットペーパー騒動の余波で 生理用品、 オムツなども品薄な様ですが、こういった他のものでは代用しにくい様な 必需品は少し多めに備えておくと安心です。 まとめ どこまで備えるかや、生活環境などにより必要なものは各自変わってくると思います。 上記リストは一例です。 もし、必需品など抜け漏れていた場合ご連絡いただけると幸いせす。 ロックダウンになるかどうかはわかりませんが 備えておいても損はないかと思います。 備蓄される際は必要最低限に留め、買い占めにならない様ご注意をお願いいたします。 ロックダウンについてや、備蓄リストのまとめや子供の備蓄に関する記事も書いているのでよろしければ、ご参照下さい。 最後までご覧いただきありがとうございます。 一日でも早く平和になります様に。

次の

【経験談】ロックダウン(都市封鎖)で備えるべき3つのこと

ロック ダウン に 備え て

ニュースには流れませんが、米では銀行の取り付け騒ぎが何件か起きてるという噂です。 おろせなくなる前に、少しまとまった額の現金を手元におろしておくと良いです。 すでにスーパーでは1人1個と制限されてる場合が多いです。 ご自身が体調をくずしてスーパーに並べない時にも助かる備蓄です。 あるいは肉などを冷凍保存しておく。 これも保存が効きますので。 これは水道が止まるという最悪の場合も考えてです。 飲料水は1日1人1リットルと言われてますが、水道が止まると、生活用の水が3リットルは要ると言われてます。 ただしロキソニンやイブプロフェンなどの解熱剤は新型コロナウイルスに使用してはいけないとの噂もありますので、要注意。 小児救急でんわ相談窓口(#8000)や、生命保険に付帯する電話相談窓口がないかの確認。 これは災害に備えてすでにお持ちの方も多いと思います。 AMAZONで1000円ほどであります。 少し高いですが、カメラとセットのものもありますね。 首都封鎖(ロックダウン)されると生活はどうなる? 他の都市の様子を探してみました。 それらがやれたら、あとは心配し過ぎない。 長期戦だと腹をくくる。 人間関係を強くする。 まとめ ところで皆さん、集団免疫という言葉をご存知ですか? 集団の6割が感染すると、それ以上は感染しないという説です。 6割が体内に抗体(ワクチン)を持ち、外から新たにウイルスが来ても、6割が縦になって感染が広がらない状態になるというのです。 この新型コロナウイルスはどんどん変異しているので、ワクチンの開発や検査方法が難しいそうです。 実は医療が崩壊しないようにしながら、ゆっくりと6割感染で集団免疫の構築を目指してるのではないかという気がしてきます。 今回は、「首都封鎖(ロックダウン)に備えて必要なものリストは?生活はどうなる?」について検証してみました。 基本的なことを大切にして、あとは心配し過ぎないことが大切です。 心の健康も、大切にしていきましょう!.

次の

【新型コロナ対策】来るのか?ロックダウン。今できる備蓄を強化中!

ロック ダウン に 備え て

中国本土以外でも、すでにイタリア、フランス、スペインなどの、ヨーロッパ諸国を中心として、「 ロックダウン」が起こっている。 アジアでも、フィリピン政府が、マニラ首都圏を1カ月間「ロックダウン」することを発表している。 「ロックダウン」は、もともとは、 IT用語だ。 「ロックダウン」とは、セキュリティを強化するために、OSやアプリケーションの機能を制限する仕組みのことで、「 厳重な封鎖」を意味する。 政治的に「ロックダウン」が行われると、権限者の権限により、市民活動や経済活動など、多くのことが制限されることになる。 今回のコロナ騒動でいえば、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるために、各国政府は、自由な移動や渡航を制限し、学校や公共施設を閉鎖し、外出や企業活動を制限するなどの、緊急措置を実施することになるが、これが「 ロックダウン」だ。 ロックダウン・パラドックスとは 「 新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるため」という目的のための行動としては、「ロックダウン」も、必要な判断のようにも思えるが、結果的には、「ロックダウン」によって、経済や社会活動がストップしてしまい、必要以上に国民がダメージをおってしまうというのが、「 ロックダウン・パラドックス」だ。 つまり、長い目で見れば、「ロックダウン・パラドックス」によって、新型コロナウイルス感染の被害そのものよりも、経済的な要因で追い詰められる人のほうが、遥かに増えてしまう可能性が高い。 もっというと、新型コロナウイルスでは死にはしないが、経済的に追い詰められて命を落とすことも、あり得るということだ。 さらには、一定期間、食料品などの、 日々の生活に必要な買い物もすらも制限され、自由にできなくなる可能性すらある。 必要以上の買い占めは望ましくないが、 当面の生活に困らないくらいの生活必要物資は、ストックしておくと安心かもしれない。 また、職種によっては、仕事がなくなり、収入が激減してしまうことも考えられる。 新型コロナウイルス感染よりも恐ろしいことが、これから、日本をはじめ、世界的に起こるかもしれない。 もしかしたら、 これまでの生き方を、一変させざるおえないような事態になる可能性もある。 実際には、もう、すでに始まっているのだが、「ロックダウン」と、その先に待っている「ロックダウン・パラドックス」に備えて、私たちにできることは、なんだろうか? 【注意】 この記事は、2020年3月17日現在の情報に基づいて書かれたものです。 状況は絶えず変化しますので、必ず、最新情報をチェックするようお願いします。 また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づいて行動して下さい。 こんにちは なんか大変ですよね。 先月までは騒ぎすぎだと思ってましたが、 こう世界が騒ぎすぎると、なんだが自分が変わりものに思えて来ます。 仕事上、私の周りはイタリア フランス スペイン ドイツ アメリカ 韓国 台湾 中国 と国際的ですが、毎日のメール等のやり取りでは、コロナのこの字もないから不思議で、マーケットが適正価格まで下げ一方以外は、ほぼ生活は変わらないだけに、実感が今のところないです。 今回のことでいくらテクノロジーが進んでも、一つの新しい細菌にめっぽう弱いですね。 映画やドラマ、ゲームででこれより10000倍位強力な細菌による汚染を題材にしたものがありますが、全く生かされてないですね。 本当のバイオハザードならもう人工20%位減ってるかもしれません。 特定先進国で唯一日本は島国だからコントロールし易く、一番復帰が早い筈なのに、先がいまいち見えません。 政治家、役人が使えなさすぎで、困ったものです。 イベント中止しても、首都圏は、まだまだ満員電車で通勤してますから、ある一定の割合で広がるかもしれませんね。 トムクルさん、いつもコメントありがとうございます。 私も、別段、気にしてはいなかったのですが、取引先で感染者が出たり、ブルターレをオーダーしたと思ったら、イタリアがロックダウンしてしまったりと、突然、他人事ではなくなってしまいました。 ヨーロッパだけでも、早めに収束してもらわないと、ブルターレの納車が、いつになることやら… BobberTFCは、それほど遅れないといいですね。 マーケットは、底が見えませんが、私は資産家ではないので、むしろありがたいです。 日本は、これから、相変わらずのドタバタ劇を演じそうですね。 こういうときに、冷静にいられる人は、自分の人生を生きている人なのかな、と思います。

次の