持田香織 声。 持田香織(ELT)の声が出ない!?歌い方が変わった理由とは!

持田香織の喉劣化がヒドイ!?歌い方が変わった原因は?

持田香織 声

【画像】Cocomiが似てる芸能人は須田亜香里? 早速Cocomiさんと須田亜香里さんを比較してみましょう。 まずはCocomiさん。 少し目の下から(中顔面)が長いでしょうか。 続いて須田亜香里さん。 やはり中顔面長めですね。 引用元:公式サイト 並べて比較してみましょう。 少し頬高なのか、頬にお肉が付いている印象も似ています。 あと垂れ目な感じも似てますね。 続いて横顔も比較してみましょう。 向きが違うのでなんとも言えませんが、目の下の間延び感は似ているでしょうか。 (間延びしているからといってダメと言っているわけではないですよ…!) Cocomiさんの方が少し下顎が後退していて、エラがないハイアングルな顔ですね。 顎が小さめな分、正面から見ると小顔に見えるかもしれません。 2人の特徴をまとめると以下の感じでしょうか。 目の下から口(中顔面)までが長い• 垂れ目• まずは、元「わらべ」の倉沢淳美さん。 「わらべ」は、1982年の人気番組『欽ちゃんのどこまでやるの!? 』で、『萩本家3人娘』の企画ユニットでした。 倉沢淳美さんは、その中の「かなえ」役で芸能界にデビューしました。 その後、ソロのアイドル歌手としても活動し、現在はオーストラリア人の夫とドバイに移住。 充実した生活を送られているようです。 倉沢淳美の若い頃に似ていると話題になっていました。 目や頬が似ているでしょうか。 Cocomiって倉沢淳美に似てる気がするw — ちかりん chikarin141061 Cocomiさんも歳を重ねても、こんな感じでとても美人なんでしょうね。 岡田孝子さんは、「あみん」のメンバーで、デビュー曲「待つわ」は誰もが一度は聞いたことがある名曲。 ソロ歌手に転向後も「夢をあきらめないで」は今も応援ソングとして歌われていますよね。 最近では白血病を患い、闘病生活を告白して話題になっていました。 確かに目元や頬骨の感じ、顎が小さめな感じが似ている気がします。 また、鼻が少し大きめなところもCocomiさんと似ているところでしょうか。 yahoo. 前髪ぱっつんの髪型もあるかもしれませんが、大きい目は似ているかもしれませんね。 のメンバー、飯田佳織さん。 当時は、Cocomiさんの母・工藤静香さんの物真似をしていました。 お母さんに似ているとなると当然Cocomiさんも似てる可能性が高いですよね。 ただ、髪型以外は正直そこまで似ている感じがしなかったのですが、どうでしょうか。 まとめ 結構似ていると言われてる芸能人が多いですね。 みなさん綺麗ですし、Cocomiさんもさらに美しくなるのではないでしょうか。 今後の活躍をお祈りしています。

次の

持田香織の結婚相手は金井俊希!現在は妊娠中?子供は?宗教団体に洗脳されたって本当?

持田香織 声

では、「声帯結節」についてもう少し詳しく解説していきます。 「声帯結節」とは一体!? 声帯結節というのは、声帯が振動して擦れ合いストレスをかけることによって左右両方の声帯の真ん中あたりに「結節」と呼ばれる硬い組織ができることを言うそうです。 まさに持田さんはデビューしてから数年間、高音を無理に出し続けたことで、この「声帯結節」になってしまったということになります。 矛盾する点もとりわけありませんので、これが持田さんが昔の歌を苦しそうに歌ったり、キーを下げて歌っている理由なのです。 完治するかどうかわかりませんが、持田さんの場合には歌手という職業柄、定期的に声を出す必要があり、これまで長い期間休養したことはないと記憶してますので、おそらく完治までは至っていないのではないかと思いますね。 持田さんはこれまでにも高音が出せないことから、昔の曲を歌うのをやめるかどうか悩んだようですが、結局いまでも定期的には歌番組などで歌っています。 しかし、キーを下げて歌っていたりして決して当時の歌声ではありません。 もうあの綺麗な声が聞けないのでしょうか? 答えとしては、 難しいんじゃないかと思います。 また、年齢的にも40歳を超えており、やはり声というのは10代・20代と比べれば変わるのは間違いありませんから、あの透き通った高音はもう二度と聴けないと思います。 もちろん、CD音源やダウンロードして聞くなら可能ですが、生歌であの声はもう一生聴けないでしょう! これは個人的にも非常に残念ですが、こればかりは仕方ありません T. 代表曲「Time goes by」の結構高い高音も見事に歌い切っており、これ以降次第に高音が出せなくなっていったのでしょう。 よくこんな高画質な映像が残っていたなと驚きですが、それよりもやっぱり透き通るようなもっちーの歌声はいいですね〜。 「fragile」は持田さん本人が作詞をしたもので、五十嵐さんが脱退してからの曲になります。 すでにこの頃から高音が出づらくなっていたのだと思います。 「fragile」自体もそこまでキーが高くありませんし、やや苦しそうに歌っている姿が見て取れます。 まとめ 持田香織さんが高音が出せなくなり、歌い方を変えてしまったのは、高音を無理に出し続けたことで声帯を酷使してしまい「声帯結節」になってしまったのが原因ということです。 歌手は昔の歌をCD音源のまま歌うことを期待されてしまいますので、こればかりはなかなか酷なことだと思いますし、もう出ないことは仕方ありませんので、ぜひこれからは温かい目で持田さんを見守っていきましょう!.

次の

持田香織の喉劣化がヒドイ!?歌い方が変わった原因は?

持田香織 声

来歴 Every Little Thing以前 として、数々のテレビ、モデル雑誌で活躍。 小学校時代は、一輪車クラブに所属しており、一輪車で登下校していた。 高校時代は、部に所属。 その後、 持田 かおりの芸名で『』誌上で公募されたアイドルグループ・の第2期メンバーとして入りし、『黒BUTA天国』に出演。 (平成5年)に同グループ名義のシングル「あなたにお願い申し上げます。 」でCDデビュー。 後にシングル「」()でソロデビューを果たすが、特にヒットすることはなく、一旦芸能界を離れ、学業に専念する。 なお、「もう一度」はブレイク後の(平成10年)に再発売されている。 (平成4年)、第6回に出場したが予選で敗退。 その年のグランプリは、またが審査員特別賞を受賞している。 高校の先輩にはがいる。 Every Little Thingとして『』に出演した際、持田が子役時代に出演したのCMが放送された。 また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。 また、当時はにナンパされたと語ったこともある。 Every Little Thing発足 (平成7年)、「」(現エイベックス・グループ・ホールディングス)のディレクターにを紹介された。 五十嵐は、同社の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」 のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、を志し、音楽創作を続けていた。 週末にスタジオ勤務を終えた五十嵐と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、を作り続けた。 当初、持田はソロでデビューする予定だったが、持田が高校卒業目前だったことや、の勧めがあったことにより、高校卒業後に五十嵐と2人のユニットでデビューする予定になった。 さらに、五十嵐が楽曲にギターの音が欲しくなったことと心細さから、かつて共にバンドを組んでいたを入れたいと松浦に打診し、了承を得て、3人のユニットとしてデビューすることになった。 持田と伊藤はデビューの1か月前に初めて会った。 Every Little Thingは(平成8年)に「」でCDデビューした。 Every Little Thing発足後 ELTとしてのみでなく、持田単独でテレビCMにも多数出演していて、その多くはCMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は参照)がに使用されている。 (平成10年)以降、企画アルバムでソロ楽曲を発表。 また、やなどのアーティストと共演をしている。 (平成15年)にはフォト・エッセイ『ミドリノヘイワ』を本にして出版している。 (平成16年)には尊敬するによるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。 ソロとしては11年ぶりである。 は(昭和48年)の井上陽水「」の。 『』にも収録されている。 (平成18年)に発売されたの のデビュー曲「ピリオド」の作詞(と共作)をしている。 (平成19年)に発売された・の4thアルバム『』に収録されている「GOING BACK HOME」の作詞を担当。 (平成20年)に発売された・のシングル「」に収録されている「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」のに女優として出演している。 (平成21年)に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「」(「持田香織と」名義)がリリースされた。 これを機にソロ活動を本格的に開始。 また、同年3月とCaocaoを結成し、の楽曲「」をカバー。 映画『』の主題歌となる。 (平成24年)にリリースされた「」は、系ドラマ『』の主題歌で、ソロでは初のドラマ主題歌に抜擢された。 (平成27年)、ので開催された「」のステージにおいてスポーツトレーナーの一般人男性との婚約を報告し 、8月8日に婚姻届を提出した。 (平成31年)3月- 4月、ソロ活動10周年を記念した全国ツアー『KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」』を開催予定。 五十嵐充との関係• 持田と伊藤の2人体制になってからも五十嵐がELTのコンサートに行っていることが五十嵐のブログの中でも明らかにされており、交流は続いている。 なお、五十嵐が脱退した理由は作曲・編曲及びプロデュース活動に専念するためと発表されている。 2008年に『』に出演した際、8thシングル「」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。 五十嵐がELTを脱退して9年後となる2009年、36thシングル「」(9月23日発売)で五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した(作詞は持田香織、ただし、カップリングの「spearmint」の作詞は五十嵐自身が担当した)。 そして、その後の11月18日に発売した37thシングル「」でも同様の体制を取った。 2009年8月23日に行われた'09において「DREAM GOES ON」を演奏する際、持田は「何年ぶりになるんでしょう。 やり続けていると素敵な再会がまたあるんだなと感じております。 」という言葉で五十嵐を紹介し、ELTのステージで共演も果たしている。 に行われたMEETツアーの最終日となった東京公演ではサプライズゲストとして参加した五十嵐がケーキを持ち込み、持田を驚かせた。 人物像 身体、特徴 身長160cm(公称) 体重43kg スリーサイズB78-W58-H80 左右の手の指全部の第一関節だけを曲げることが出来る。 首を鳴らしたり、しかめっ面をするのが癖である。 歯磨きの際は舌も磨く。 、 、、、、、、、、、、、など、交友関係が幅広い。 趣味・嗜好• 尊敬するアーティストは(元)。 他には姉の影響での歌声のファンになり、カラオケに行くと「」や「いちご畑でつかまえて」などをよく歌うと歌番組などで公言している。 好きなスポーツはと。 一方、水泳はとしてデビューしてからするようになったが、最近ではトレーナーをつけて習っている。 料理が得意で、の知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き溜めてある。 その腕前は、『』などで披露している。 『HEY! HEY! HEY! 』で「得意な料理は何か? 」という質問に、ばかりを挙げ、司会のから「 中華ばっかりやん! 」と突っ込まれた。 現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。 が好物で、特に好きなのは福岡県産の「あまおう」。 好きな漫画は『』『』『』。 プライベートではに乗っている。 人柄、仕事• テレビ出演時などでは物静かだが、ライブでは人が変わったかのように力強い煽り方をする。 主に作詞担当だが、14thシングル「」で初めて作曲に携わる(Every Little Thing名義)。 4thオリジナルアルバム『』では初めて単独で作曲した楽曲が収録され、以降7thアルバム『』までに1曲は本人作曲の曲が収録されている。 自身のソロ作品ではほとんどの楽曲を作曲している。 現地時間2014年12月14日、に初挑戦。 途中、雨や強風など、コンディションは決してよくないながらも、フルマラソン初参加で6時間40分台で完走した。 ディスコグラフィ Every Little Thing名義についてはを参照。 週間68位 ()• 登場回数1回 (オリコン) 持田香織 アルバム 年表 2012年 てんとてん (2019年) 映像外部リンク ゲスト参加• : のカバー「」収録。 : 「in case of me」収録(作詞、作曲は)。 「in case of me tatsumaki remix 」収録。 Kaori Mochida from ELT」にボーカル参加。 にも出演。 初回生産限定盤(2枚組)のリミテッド・ディスクに収録されている。 : のカバー「空いろのくれよん」収録。 : 「ねむれ ねむる」収録。 キャッチミー岡っ引きさん feat. もち政宗 -• 「」収録。 (持田香織と名義) 楽曲提供• のカバー。 開局20周年を記念して制作された持田出演のステーションID(放送局のメッセージを視聴者に伝えるイメージスポット映像)で歌っている。 Don't Wait Too Long 2011年に恵比寿 ザ・ガーデンホールで行われた『L'ULTIMO BACIO Anno '11』で披露。 ツアー・コンサート ツアー• 持田香織 first solo tour "NIU" アルバム『』を引っさげた最初のツアー。 全4公演。 持田香織 Concert Tour 2012 〜manu a manu〜 アルバム『』を引っさげた2度目のツアー。 全3公演予定。 「雨のワルツ」インストアライブ(2009年1月31日、新宿店)• FM802 HOLIDAY SPECIAL DHC presents MY GIFT TO YOU 持田香織 スペシャル・アコースティックライブ(2009年2月11日、タワーレコード梅田NU茶屋町店) シングル「」購入者に先着で入場券が配布された。 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009 〜5周年〜(2009年7月16日)• SPECIAL TALK SHOW Vol. 1(2009年7月19日、Collect point原宿店・店舗前特設スペース)• 赤い風船 東京ディズニーリゾートへの旅 LOVE FLAP SUMMER SPECIAL(2009年7月22日、レストラン「ムーラン」)• 美浜海遊祭 MUSIC WAVE 2009 Supported by SUNSHINE SAKAE(2009年8月9日、美浜小野浦海水浴場前「食と健康の館」隣・特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '09 in 池上本門寺(2009年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• 松本隆作詞活動40周年記念 風街ガラ・コンサート(2010年5月16日、Bunkamuraオーチャードホール)• 第21回めいほう高原音楽祭 -SUMMER FES in MEIHO-(2010年8月1日、めいほう高原野外音楽堂ソノラシアター)• 金沢城オペラ祭 THE地球LIVE 2010(2010年8月12日、金沢城公園三の丸広場)• フジテレビ お台場合衆国「めざましライブ」(2009年8月27日、お台場合衆国HAPPYスタジアム)• Slow Music Slow LIVE '10 in 池上本門寺(2010年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '11 in 池上本門寺(2011年8月26日 - 28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• L'ULTIMO BACIO Anno '11(2011年12月20日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)• 東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012(2012年5月6日、隅田川テラス)• 道との遭遇ヒガシトーキョー音楽祭 Vol. 2(2012年5月12日、野外ステージ)• ap bank fes '12 Fund for Japan(2012年7月15日、つま恋)• Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺(2012年8月25日、池上本門寺・野外特設ステージ)• 3 〜Toward ZERO〜(2012年9月9日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)• 若草山 MUSIC FESTIVAL 2012(2012年9月16日、若草山麓特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '13 in 池上本門寺 (2013年8月23日 - 2013年8月25日、池上本門寺・野外特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺 (2014年8月29日 - 2013年8月31日、池上本門寺・野外特設ステージ)• ザンジバルナイト2014 (2014年10月12日、) ラジオ出演• 知って肝炎プロジェクト "Letter Songs" - パーソナリティ(フルネット、2012年10月6日 - ) テレビ出演 バラエティ・トーク番組• (、2002年10月 - 2003年3月) 教養番組• バックヤードハンター!! (NHK総合、2015年9月21日) - バックヤードハンター(MC) CM• おにかいさん()• 歳末ビッグセール()• (と共演、1985年)• 歌って点太くん()=このCMは、ご本人がテレビ番組に出演する際、ネタにされるらしい。 アクアクア()(黒BUTAオールスターズ時代)• CDing・MD(1996年・Every Little Thingとして出演)• ICE BOX( - 1998年)• (1998年)• (1998年 - 2000年)• ヌーブ(1999年)• Ti-Ha(2000年)• Solo 3300(2000年)• (2000年)• プロスタイル(2001年 - 2002年)• はちみつきんかんのど飴(2002年 - 2005年)• アトリックス(2003年 - 2005年)• vodafone (2004年)• SMCCローンカード「エブリ」(2007年)• 「サッポロ 冬物語」(2007年)• 「BION3」(2008年)• 「開局20周年特別CM」(2009年)• 「」(2011年 - 2013年)• トヨタ自動車 (2011年)• 「」(2012年 - 2013年、Every Little Thingとして出演)• 「みんなに笑顔を届けたい。 冬篇」(2012年)• サッポロビール (2012年)• 「歌うタンブラー篇」• 「夏祭り篇」• フェアルーセント薬用ホワイター(2012年 - 現在)• バレンタインジャンボ(2018年、と共演)• 「スクワット マジック」(2019年)• NewマイティアCLスタンダードシリーズ 「すずアニメ 篇」 (2020年、歌のみの出演) その他の出演• 「」(2008年) 女優としてPVに出演。 一部ではあるが、歌唱するシーンが最中にある(演出上のものであるため、CDには収録されていない)。 『ミドリノヘイワ』(2003年、、)• 『もちだより』(2011年、、) 写真集• buffo(1999年、、) 撮影: 脚注• 法人としては現在のエイベックス・ライブ・クリエイティブ。 「法人としては」と断りがあるのは、同社が2005年のグループ再編でライブ企画会社に業態変更したため。 Sponichi Annex 2015年7月27日. 2015年7月27日閲覧。 Sponichi Annex 2015年8月8日. 2015年8月8日閲覧。 Avex Official site 2018年11月9日. 2018年11月25日閲覧。 - デイリースポーツ2014年12月15日(2014年12月15日閲覧)• 再発盤。 Caocao名義• より出版。 雑誌として書店、コンビニ等で発売。 シングルCD収録曲「green」は系「」8月度テーマ・ソング、「アカシア」は映画「」主題歌。 4,810枚限定生産• ミニアルバム• 音楽ナタリー 2016年1月21日. 2016年1月21日閲覧。 外部リンク• - 公式サイト• ゲスト持田香織さん(内).

次の