ミス ユニバース 静岡。 【インタビュー】 塩月ゆかりさん ミス・ユニバース・ジャパン 静岡代表

「まずは日本」健闘誓う 静岡代表のミス3人|静岡新聞アットエス

ミス ユニバース 静岡

新型コロナウイルス感染拡大でイベント中止が相次ぐ中、2020ベストオブミス静岡が8日、静岡市内のホテルで開催された。 ミス・ユニバースなど3つの静岡県代表を決めるミスコンで、ミス・ユニバース静岡には、焼津市出身のモデル柴田彩花さん(23)が選ばれた。 名古屋経済大4年生だった昨年は、愛知大会に出場。 タイトルを逃したことから、「初めて『モデルとして有名になりたい。 勝ちたい』という思いが出て、次は地元の静岡大会に出ようと決意しました」と振り返り、「開催を信じていましたが、大変な中で開催していただいたこと、選んでいただいたことに感謝します。 そして、ここを通過点に日本へ、世界へと行ける女性になります」と宣言した。 今大会のファイナリスト12人は、2月中旬から、美を磨く「ビューティーキャンプ」に入っていたが、新型コロナウイルス感染拡大で、開催は各都道府県事務局の判断に委ねられる形になった。 静岡大会の事務局側も対応を協議。 その上で、飲食提供の中止、消毒液の配置、観客はファイナリストの身内、スポンサー関係の約200人に限って、マスクの着用を求めるなどし、開催を決行するに至ったという。 そして、この日、約2時間で大会を終えると、事務局関係者は「世界大会までのスケジュールも考えての開催ではありますが、彼女たちの思いに応えたいという部分あります」と話した。 柴田さんは、今夏に予定されているミス・ユニバース・ジャパンに出場する。 なお、ミス・グランド静岡には、浜松市出身の看護師、鬼頭舞友さん(24)が、ミス・ユニバーシティには、静岡大3年の袴田莉加さん(22)が選出された。

次の

2018ミス・ユニバース・ジャパン静岡大会開催!

ミス ユニバース 静岡

新型コロナウイルス感染拡大でイベント中止が相次ぐ中、2020ベストオブミス静岡が8日、静岡市内のホテルで開催された。 ミス・ユニバースなど3つの静岡県代表を決めるミスコンで、ミス・ユニバース静岡には、焼津市出身のモデル柴田彩花さん(23)が選ばれた。 名古屋経済大4年生だった昨年は、愛知大会に出場。 タイトルを逃したことから、「初めて『モデルとして有名になりたい。 勝ちたい』という思いが出て、次は地元の静岡大会に出ようと決意しました」と振り返り、「開催を信じていましたが、大変な中で開催していただいたこと、選んでいただいたことに感謝します。 そして、ここを通過点に日本へ、世界へと行ける女性になります」と宣言した。 今大会のファイナリスト12人は、2月中旬から、美を磨く「ビューティーキャンプ」に入っていたが、新型コロナウイルス感染拡大で、開催は各都道府県事務局の判断に委ねられる形になった。 静岡大会の事務局側も対応を協議。 その上で、飲食提供の中止、消毒液の配置、観客はファイナリストの身内、スポンサー関係の約200人に限って、マスクの着用を求めるなどし、開催を決行するに至ったという。 そして、この日、約2時間で大会を終えると、事務局関係者は「世界大会までのスケジュールも考えての開催ではありますが、彼女たちの思いに応えたいという部分あります」と話した。 柴田さんは、今夏に予定されているミス・ユニバース・ジャパンに出場する。 なお、ミス・グランド静岡には、浜松市出身の看護師、鬼頭舞友さん(24)が、ミス・ユニバーシティには、静岡大3年の袴田莉加さん(22)が選出された。

次の

「まずは日本」健闘誓う 静岡代表のミス3人|静岡新聞アットエス

ミス ユニバース 静岡

新型コロナウイルス感染拡大でイベント中止が相次ぐ中、2020ベストオブミス静岡が8日、静岡市内のホテルで開催された。 ミス・ユニバースなど3つの静岡県代表を決めるミスコンで、ミス・ユニバース静岡には、焼津市出身のモデル柴田彩花さん(23)が選ばれた。 名古屋経済大4年生だった昨年は、愛知大会に出場。 タイトルを逃したことから、「初めて『モデルとして有名になりたい。 勝ちたい』という思いが出て、次は地元の静岡大会に出ようと決意しました」と振り返り、「開催を信じていましたが、大変な中で開催していただいたこと、選んでいただいたことに感謝します。 そして、ここを通過点に日本へ、世界へと行ける女性になります」と宣言した。 今大会のファイナリスト12人は、2月中旬から、美を磨く「ビューティーキャンプ」に入っていたが、新型コロナウイルス感染拡大で、開催は各都道府県事務局の判断に委ねられる形になった。 静岡大会の事務局側も対応を協議。 その上で、飲食提供の中止、消毒液の配置、観客はファイナリストの身内、スポンサー関係の約200人に限って、マスクの着用を求めるなどし、開催を決行するに至ったという。 そして、この日、約2時間で大会を終えると、事務局関係者は「世界大会までのスケジュールも考えての開催ではありますが、彼女たちの思いに応えたいという部分あります」と話した。 柴田さんは、今夏に予定されているミス・ユニバース・ジャパンに出場する。 なお、ミス・グランド静岡には、浜松市出身の看護師、鬼頭舞友さん(24)が、ミス・ユニバーシティには、静岡大3年の袴田莉加さん(22)が選出された。

次の