承知いたしました。 間違いも多い「致しました」の意味|敬語表現・使い方と例文

「承知いたしました」は正しい敬語なのか・メール・上司への使い方

承知いたしました

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の

「了解しました」と「承知いたしました」違いと敬語の正しい使い方

承知いたしました

社外のクライアントへの「承知しました」• 自社の上司への「承知しました」• 同僚に対しての「了解」 社外のクライアントに「承知しました」と英語メールを送る場合 英語のビジネスメールを送る相手は、社外の人であることが多いのではないでしょうか。 相手が社外の人やクライアントだった場合、「OK」という返事だけでは簡素すぎてNG。 ビジネスメールの場合もう少し丁寧に返信する必要があります。 まずは、社外のクライアントに「了解しました」「承知しました」の意味を含むフレーズを確認していきましょう。 想定資料を受け取ったことの返事、依頼メールに対する返事、日程確認の返事のように、ビジネスメールのシーンごとに詳しく解説していきますね。 We have received your document. 「 We have received your document」は、相手から資料やデータなどの添付資料をもらい、「確認しました」と言いたいときに使えるフレーズです。 「document」は資料や記録という意味です。 複数の資料の場合は「documents」と複数形にするようにしましょう。 Duly noted. (承知いたしました)• Noted with appreciation. (承知いたしました)• Certainly. (了解しました) 「 Noted with appreciation」は感謝の気持を込めて「承知しました」と言いたい時に使えるフレーズです。 日本語で言う「敬語」で「了解しました」「承知しました」を言いたいときに使えるフレーズです。 社内の上司に英語メールでフォーマルに「了解しました」「承知しました」と伝える場合 社内の上司相手に、英語のビジネスメールを送る事がある人もいるのではないでしょうか。 「了解しました」「承知しました」といった了承の旨を上司に伝えるフレーズを紹介します。 日本語の「丁寧語」のように、少しだけカジュアルな返答です。 Noted. Okay. Understood. Got it. No problem. Sure thing. It's fine これらはいずれも「了解」を示す英語フレーズです。 メール相手との関係性がカジュアルになるほど、口語のような英語フレーズをメールに用いるようになります。 相手が間違えてメールを送ってきた場合の英語フレーズ あまりないケースではありますが、メールの誤送信について相手が謝罪メールを送ってくる場合の英語フレーズを紹介します。 下記のような英語フレーズで返信して、相手を安心させてあげましょう。 OK, no problem. 「大丈夫だよ」という意味の英語フレーズ「OK, no problem. 了解の言葉の後に、相手を安心させる英語フレーズをつけるだけで、優しくて好印象なビジネスパーソンのイメージを相手に抱かせます。

次の

「承知しました」の意味と上司に対する使い方!メール用の例文も

承知いたしました

Contents• 「了解」と「承知」の意味は? 「了解」は、物事の内容や事情を理解して 承認すること。 「承知」は、事情などを知ること。 または知っていること。 わかっていること。 依頼・要求などを聞き入れること。 「了解しました」は、敬語ではないの? 「了解しました」は、みんなよく使う言葉ですが、目上の人に使うといけないと言われたりしています。 これについて考えてみます。 「了解」という言葉のそもそもの意味は、 上にもあるように 事情などを知ること。 または 知っていること、理解すること。 「了解しました」というのは、「了解」に「しました」をつけることで 丁寧語にはなるが、尊敬語ではないので、ビジネスシーンでお客様や上司の人に使うのは失礼にあたると言われるのですね。 「了解しました」という言葉に対する価値観は人によって異なっているのが現状です。 会社によっては部下が上司に対して「了解しました」と言っていることも珍しくは、ありません。 このように、「了解しました」がビジネスシーンで失礼にあたるかは、微妙な表現になっています。 スポンサードリンク 「了解です」「了解いたしました」は? 「了解です」は、ビジネスシーンで目上の人やお客様に対しては使わない方がいいでしょう。 「了解いたしました」「いたす」という表現が謙譲語にあたりますので使ってもいいと表現だと思いますが、かなりくどい感じがしますので 「分かりました」のほうが 柔らかい表現で使いやすいかもしれません。 ビジネスシーンで推奨されている?「承知しました」 最近、ビジネスシーンでは「承知しました」といった言葉を使うようにといったことが言われています。 研修などでも「承知しました」を使うように推奨されているようです。 「承知」は、 事情などを知ること。 または知っていること。 「承知しました」は「承る」が「聞く」の謙譲語なので、「承知する」も基本的には謙譲語の範疇に入尊敬語になるため、大切な取引先・お客様や目上の上司に対して使うのに適切と考えられているようです。 研修などでも「承知しました」を使うように指導されていますね。 「承知いたしました」という言葉でも間違いではありませんが、回りくどいため、「承知しました」で十分だと思います。 「かしこまりました」について 「承知しました」と似た感じで使われる「かしこまりました」の使い方についてもお話します。 「かしこまる」ですが、これは、 命令・依頼などを謹んで承る意を表します。 「承知しました」は目上の人の命令などを承る意味合いで使われるのに対して、 「かしこまりました」は相手から受けた情報を理解して受けるといった意味合いで使用されます。 「かしこまりました」は、「承知しました」より敬いの気持ちが強く丁寧な表現だともいえます。 13時までにはお持ちします。 明日、午前の便でお届けします。 本日午後2時までに指定の便でお届け致します。 「了承しました」は目上に使ってはいけない? 「了承しました」は、何かを 「承諾」したときに使います。 意味としては、相手の申し出や事情などを 納得して承知することである。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、 目上の上司が目下の部下に使うのが正しい使い方となる。 または、発注者(クライアント)が受注者(請負)に対して使う言葉になります。 これは、「聞いてあげるよ」という上から目線のニュアンスが含まれるため、お客様や目上の人に使ってはいけない言葉になります。 お客様や目上の人への正しい使い方は、 お客様へは「承りました」 目上の人へは、「承知しました」 になります。 ま と め 「了解しました」と「承知いたしました」の違いから「かしこまりました」と「了承しました」についても使う上での注意点をお伝えしました。 最近よく言われている「承知いたしました」が正解で「了解しました」が失礼だといった風潮は、あんまり根拠があまりはっきりしないことだとは思います。 しかし、砕けた言い回しに感じるのということも事実ですので 、正式な文書や客向けのメールでは「承知しました」を使った方がいいのではないでしょうか。 社内向けや、お客相手でも実務的な連絡では「了解しました」でもいいと思います。 「かしこまりました」敬いの気持ちが強く丁寧な表現、「了承しました」は、お客様や目上の人に使ってはいけない言葉だということがわかりました。 言葉は、「昔は良かった」ことでも時代によって少しずつ解釈がかわり、「非常識」とされていることもあります。 自分が思っているのと相手の常識に差があると単に失礼なだけと思われるので注意しなければなりません。 「了解しました」は、社内の上司以外とのメールのやり取りや情報の交換のときなどに使うものと限定的にしておくというのもいいかもしれませんね。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の