テレビ タックル 出演 者。 【炎上】TVタックル、木村もりよさんの東国原さんに対する発言や態度がSNSで炎上@テレビタックル

テレ朝「TVタックル」を精神科医らが批判、暴力的手法で「ひきこもり当事者」を連れ出す映像を放送

テレビ タックル 出演 者

2019年12月8日 - TVタックルに登場-コインランドリー経営の注意 2019年11月17日、当NPO法人クリーニング・カスタマーズサポート代表は、テレビ朝日系列の番組、「ビートたけしのTVタックル」に出演、最近増えているコインランドリーの窃盗事件などに関して討論しました。 白昼堂々コインランドリーに侵入、バールやサンダーで集中精算機をこじ開け、金を奪う犯罪が発生しています。 しかも犯人は同じチェーン店のコインランドリーを一日に三軒もまわり、同じように精算機を破壊しています。 あまりに大胆、傍若無人な犯行には驚かされますが、お金が同じ箇所に集中していること、無人であることなどがつけいる隙となったのかも知れません。 コインランドリーのブームは現在も続いており、まだまだ増えています。 海外にも以前からコインランドリーはありましたが、日本のものは海外とは事情が違い、寝具を洗うなど、新しい清潔文化を構築しています。 その点ではいいのですが、現在の日本ではコインランドリーは「投資の対象」であり、多くの人々が他の投資よりも「利回りがいい」としてこの事業に手を出しています。 コインランドリービジネスをお勧めしているコンサルタントも多くなっています。 しかしながら、洗濯機や乾燥機、自動投入される洗剤や柔軟剤にも微妙な性能、品質の差があり、それらは素人にはなかなかわかりません。 事業に手を出したが、コンサルの提出した売上シミュレーションには達成しなかったといったトラブルも聞かれるようになりました。 同様な店がどんどん増えていることもあります。 投資は慎重にすべきでしょう。 なお、 当NPOではコインランドリーに関する相談も受け付けています。 何か問題を抱えている方はご相談下さい。 コインランドリーは現行のクリーニング業法の管轄外であり、これを縛る具体的な法規がありません。 当NPOは労働問題、大手の問題などにまるで対応できないクリーニング関連の法規などを問題視していますが、こんなところにもほころびが感じられます。 「防犯カメラ」が「監視カメラ」に 番組の後半、カメラによる監視社会の問題が話題になったとき、当方はクリーニング業界の問題を発言、「ブラック企業では防犯カメラが監視カメラになっている」とことを説明しました。 これに関しては、2016年、大手クリーニング会社の茨城県の工場で労働組合が立ち上がったとき、組合員の店舗にカメラが取り付けられ、それが動いていたという連絡があり、遠隔操作で店員を監視しているとの情報が寄せられました。 固定型の防犯カメラならともかく、方向を動かせるカメラとはどういうことでしょうか?今考えても不思議な話です。 ブラック企業と呼ばれる会社は、会社で行われている不正な行為などを外部に漏らされるのを嫌います。 労働組合ができると組合を通じ、それらが漏れる可能性が高くなります。 この茨城の件でも、団体交渉で労働問題だけでなく、会社が客に勧める加工が適正化という問題や、工場の生産性が過剰ではないかということまで踏み込まれたため、会社が警戒したのかも知れません。 いずれにせよこれでは店員には大きなプレッシャーとなり、新たなハラスメントのようにも感じられます。 当NPOは情報提供者からの連絡によって動くことが多くなっています。 残業代の未払い、売上がないと残業代を払わないなど勝手な会社のルール、工場での手抜き、「保管クリーニング」といいながらしばらく倉庫に品を放置して生産調整しているなど過去の事件も、ほとんどはクリーニング会社で働く人たちの連絡によって発覚しています。 その意味でこれからも多くの方々に連絡をいただきたいです。 4回目のテレビタックル出演 テレビタックルに出させていいただいたのは今回で4回目です。 最初は2017年5月でした。 番組製作スタッフが当方のHPを見て連絡をくれました。 「やたら安い業種」についての特集で、この時期には格安旅行会社が突然倒産する事件があり、旅行業界やもやし業界とともにクリーニングも選ばれました。 このときにはクリーニング業界は法律などの不備で、半世紀にわたって価格競争が続いている現状を説明、その弊害としておかしな追加料金などの消費者問題、残業時間が月に150時間などの労働問題が発生している事実を話しました。 特に、当NPOが以前より主張している「店員が最初からしみ抜き料金を取るのは、洗っただけで落ちるようなシミからも金を取ることになり、矛盾している」という問題については、他の出演者からも話題を振られており、強く説明することになりました。 これには多くのクリーニング業者から反響があり、「しみ抜き料金が取りにくくなる」などと反発する人も出てきました。 この後、やたらとテレビに「しみ抜き名人」が出るようになったのも、何か関係があるのかも知れません。 その後はコインランドリーについて、あるいはカスタマーハラスメントについての話題でも出ています。 TVタックルという番組は、一応大筋を決めた台本みたいな冊子はあるものの、撮影が始まると出演者がみんな一気に話し出すので、本当に何が飛び出すかわからないところがあります。 社会派的な番組ですので私たちのような団体が取り上げてもらえるのは大変嬉しいです。 スタッフの方々も大変丁寧に扱ってくれるのも嬉しいです。 こういう場を提供していただけることに本当に感謝しております。 業界からは歓迎されない?テレビ露出 ところで、当方がテレビ露出することに関しては、クリーニング業界はほとんど話題にしません。 10日に一度発行される業界紙が2紙ありますが、それらも記事にはしません。 クリーニング業界でテレビに何度も出る人などそういないのに、です。 当NPOはどうも業界からは歓迎されていないようです(全くない、というわけではありません)。 その理由は、クリーニング業界には独特の秘密体質があり、当方がテレビでそれらを暴露するのではないかと心配している人たちが多いからでしょう。 それほどクリーニング業界には一般社会に知られていない秘密が多くあるのです。 これまで当NPOが摘発してきたように、低価格業者では消費者を欺くような商法や怪しげなトッピング製品の問題があります。 あるいは大量の品をさばくため、労働環境が過酷になり、残業代もまともに払わないなどの労働問題が発生しています。 これは決して大手業者だけの問題ではありません。 個人経営の業者においては生衛法による利権の独占などがありますが、特に建築基準法の問題があります。 未だに4割強の業者が許可を得ずに住宅地、商業地で使用しており、東京都などは違反業者の方が合法な業者よりも多いといった有り様です。 「悪意はない」という方もいますが、この問題が発覚してから10年が過ぎており、業界挙げて何ら改善しないのですから悪くないなどとは到底いえません。 普段の火事が起こらなくても、関東で大地震が発生すると、ドライクリーニング洗濯機に引火して爆発的に燃え上がり、火元になってしまいます。 これを放置しているのは明らかに問題です。 一時期は多くの業者が使用していたテトラクロロエチレン(通称パーク)による土壌汚染問題も放置されています。 こういった問題があるため、クリーニング業界は業界の状況を知られるのを嫌がります。 ただ、消費者の誰もが利用するような商売で、その中身がわかりにくく、秘密があまりに多いのは困ります。 業界が隠蔽体質になると、悪いことをする業者がばれにくくなり、ますます悪くなっていくでしょう。 日本は世界一クリーニング需要が多い国で、たくさん品を出してくれるお客様のことを第一に考えるべきでしょう。 そうであれば、顧客を騙すような行為、おかしな追加料金はするべきではありません。 そういう意味で、当NPOが業界の秘密を暴いていくのは意義のあることでしょう。

次の

今日(8/9)のTVタックルの出演者

テレビ タックル 出演 者

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 『 ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル、ジングルではティーヴィータックルともいう)は、にてから放送されている、を題材にしたである。 がを務める。 通称は『 TVタックル』。 ビートたけしのTVタックル ジャンル 、、 演出 奥田隆英 幅田啓之 出演者 ナレーター オープニング エンディング 参照 プロデューサー 松本能幸、寿崎和臣 (ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 制作 放送 音声形式 (放送分より) 放送国・地域 放送分 54分 どーする?! TVタックル やのに文字数の制限上『 たけしのTVタックル』と表記されることがある。 (3月31日放送分より)、(4月2日放送分より)、を実施している。 概説 1989年(平成元年)7月3日に『 どーする?! TVタックル』のタイトル、とビートたけしの司会でスタート。 (平成2年)3月26日放送分で関口が番組を降板、(平成3年)4月1日から『 ビートたけしのTVタックル』と番組名を変更、ビートたけしのとなり様々な時事問題をテーマとして各界の著名人などのパネリストによる論争を繰り広げる内容になった。 『ビートたけしのTVタックル』1回目のゲスト及び番組冒頭トークはで、テーマは『 第79回 たけしと巨泉と芸能界』だった(79回というのは1989年からの放送回数だったが、後にテロップに回数の表記をしなくなった)。 オープニングテーマは「『』前奏曲」で、ナビゲーターのが同曲に合わせてゲストを紹介し、最後にたけし、、の3人組を茶化して紹介する演出が恒例だったが、ネオバラエティ枠に移動してからは行っていない。 全体的に時事的要素が強いため、原則として休止となった回は次回以降に放送しない。 事前に番組出演者の性格と役付け、進行に沿った各々の発言が予め決められており、進行の構成台本に「 誰彼反論」「 宥める司会」「 誰彼激怒して退場」と細かにト書きがされている。 発言の自由度の幅はある程度利くがほぼ台本に沿った構成で収録されている。 このため、討論番組の範疇に当てはまらない、という批判も存在する。 おおむね2日前の土曜日の昼に収録されているが、選挙投票日の翌日が放送日にあたるため、当日昼に収録され編集し放送するいわゆる「 」の形式で放送されている日もある。 収録日後 - 放送日までの間に当日取り上げる話題で最新の情報がある場合はVTR部分を編集している(VTR中に出演者の声が聞こえない場合がそれ)。 (平成21年)8月31日は、に行われたの総括・分析のため、番組20年の中で初めてを行った。 これはレギュラーの大竹と阿川がラジオ番組『』()に出演しているため昼の収録ができなくなったからである。 (平成23年)4月11日・同年12月19日・2012年(平成24年)11月12日に放送された3時間スペシャルのそれぞれ後半で放送された分も生放送であった。 4月11日分は、後半部分 でに行われた総括・分析のため(主にについて)、12月19日は、当日死去したについて、2012年11月12日は政局関係について、(24年)12月17日では、に投開票されたとの総括と分析について、以上4つの放送が、となった。 2012年11月19日分は前週に引き続き生放送となった。 これは16日にとなったことと、15日にレギュラー出演していたが死去したため。 などの自民党幹部も出演している。 かつてはがそのキャラクターから「 悪党党」 幹事長として意見を述べていた。 ゴールデン時代は不定期で前枠の「」「」との(まれに他の特番とも合同)の3時間スペシャルで休止にすることがあったり、前2番組を休止にして当番組を3時間スペシャル にすることがあるが、(平成25年)5月13日の回では、この3番組を初めて合同させた3時間スペシャルが行われた 阿川、江口らが「Qさま!! 」のに参加、「Qさま!! 」側から、が本番組に参加。 2014年3月31日以降は放送開始25周年の機に放送枠を月曜日の21時台から「」(を除く月 - 木曜日の23:15 - 翌0:15に放送)の月曜枠へ移動 する。 サラリーマンが帰宅後の視聴を想定した案で、月曜日の21時台はの『』をレギュラーで放送し、21時からニュース番組が3番組続く。 この放送枠移動を機に、番組開始以来長年にわたって制作プロダクションを担当していた「」が降板し、新たに「」(テレビ朝日映像)が制作プロダクションを担当することとなった。 政治一辺倒だったテーマも一新し、社会世相全般を扱う方針に変更。 ナレーター陣も刷新され55時間テレビ特別版も担当していたとに変更された。 さらに、スタジオセットやタイトルロゴも大幅に一新した。 9月28日の放送から、最近の気になる検索キーワードを中心軸に、そのキーワードの深層を深掘りレポーターが検証し、それを基にスタジオで議論するという体裁で放送されるようになり、再びスタジオセットが一新された。 3月28日で「ネオバラエティ」枠月曜日での放送を終え、同年4月3日から放送枠を再度移動し、日曜日11:55 - 12:55での放送となり、全編ローカルセールス枠での放送になるが 、一部地域において、全編同時ネットに復す局がある一方で、12:00からの飛び乗り放送を行う局や全編遅れネットを行う局があったり、この枠移動を機に一旦打ち切る局 もある。 この時からほぼ原点に立ち返って、最近のニュース、特に政治や社会動向にスポットライトを当てた討論に戻り、ナレーターも銀河万丈に、テーマソングも「カルメン」に戻り、放送休止されないこともある。 4月9日から2時間ドラマ新枠『』(10:00 - 11:50)開始のため、本番組はフライングスタート(および12:00の飛び乗り点)を廃止し、テレビ朝日および同時ネット局では12:00 - 12:55に放送される。 2018年4月8日からは、同年3月25日をもって『日曜ワイド』が終了したため、11:55 - 12:55での放送に復した(12:00の飛び乗り点も再度設置)。 2019年7月7日、放送開始30周年を迎えた。 2019年10月6日からは、放送時間が再度12:00 - 12:55に変更された。 なお、『』からステプレレスで11:59にフライングスタートしている。 出演者 司会• (放送開始から出演) 進行• (2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト• (1998年4月より正式にレギュラー出演)毎年4〜5月はの演劇公演を行うため欠席する。 ナビゲーター• (4代目:1998年4月 - 、阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 阿川はナビゲーターが一時不在となった1998年3月も担当している。 2015年9月22日放送まで別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 深掘りレポーター (いずれも2015年9月29日から)• ら 頻出ゲスト ほぼ毎回登場するゲスト。 (2014年からゲスト出演)• (・) - 2014年から特別番組でゲスト出演• (2015年10月からほぼ準レギュラー) 主なゲスト 大学教員• (、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 (早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 (、元) - 外交問題の際に出演。 (教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 (元教授、女性学者、、元)• (教授、特任教授)• (教授、)• (教授、憲法学者) - 皇室典範問題の際に出演。 (元教授、理事、元)• () - 2007年、重村と白熱した議論を展開する。 (早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 (元早稲田大学、コラムニスト)• (法政大学教授、元朝日新聞解説委員)• (教授、元、映画評論家、落語評論家)• (大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場• (大学院教授、元官僚)• (教授、元官僚)• (教授、元委員) - 以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う• (特任教授、元総理秘書官)• (教授)• (教授)• (兼任講師、国際政治学者) 評論家• (軍事評論家)• (評論家、雑誌『』編集長)• (研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 (評論家)• (政治評論家) - スタジオ出演は数回。 VTR出演が中心。 (精神科医、受験アドバイザー)• (外交評論家)• (ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 (評論家)• (ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (評論家、ジャーナリスト)• (評論家、著述家) 作家• (作家、前、客員教授)• (作家)• (小説家、客員教授、客員教授、客員教授)• (漫画家、作家、コメンテーター)• (作家、コメンテーター) 実業家• (株式会社社長) - 防衛・外交問題の際に出演。 未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 (株式会社社長) 弁護士• 国会議員 自由民主党• (衆議院議員、元)• (衆議院議員、、元、元内閣府特命担当大臣、元)• (参議院議員、元、元首相補佐官(広報担当)、元)• (衆議院議員、元)• (衆議院議員、、元、元)• (参議院議員、元官房副長官)• (衆議院議員、、元、元)• (衆議院議員、元、元)• (衆議院議員、元防衛庁長官、元)• (衆議院議員、元、元、元、元、元防衛大臣、元防衛庁長官、元) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任! 」とテロップ表示される。 (衆議院議員、元兼、元、元、元、元兼)• (衆議院議員)• (参議院議員、、元首相補佐官、元厚生労働副大臣)• (衆議院議員、元、元)• (参議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員、兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元党幹事長、元外務大臣、元、元経済財政担当大臣)• (参議院議員)• (参議院議員)• (参議院議員、元内閣府特命担当大臣)• (参議院議員、元、自民党参議院幹事長)• (衆議院議員、元、元内閣官房長官)• (参議院議員、)• (衆議院議員)• (参議院議員、元厚生労働副大臣)• (前衆議院議員、元)• (衆議院議員)• (参議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員、) 立憲民主党• (衆議院議員、元厚生労働大臣)• (参議院議員、元、元外務副大臣)• (参議院議員)• (衆議院議員、元)• (衆議院議員)• (衆議院議員、最高顧問、元、元経済財政担当大臣)• (衆議院議員)• (衆議院議員、)• (衆議院議員、元、元長)• (衆議院議員) 国民民主党• (衆議院議員、元総務大臣)• (衆議院議員、元、元)• (衆議院議員、元)• (参議院議員、元)• (衆議院議員、元厚生労働大臣政務官)• (参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 公明党• (衆議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員)• (元衆議院議員)• (衆議院議員、元[環境大臣)• (衆議院議員、元参議院議員、元) 日本共産党• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (参議院議員) 日本維新の会• (参議院議員、元)• (参議院議員、元) 自由党• (参議院議員、元文部科学副大臣) 社会民主党• (参議院議員、元) 無所属・元議員・都道府県知事• (元知事、参議院議員)• (元知事、元総務大臣)• (元参議院議員)• (元知事、衆議院議員)• (知事、元衆議院議員)• (長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 (長、元衆議院議員)• (元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣)• (元衆議院議員、元文部科学副大臣)• (元衆議院議員、元)• (元衆議院議員、元農林水産大臣)• (元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、現憲法下初現役閣僚による自殺。 (元衆議院議員、元厚生総括政務次官)• (元衆議院議員、元国土庁長官)• (長、元衆議院議員)• (元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 (元参議院議員)• (元参議院議員、元環境庁長官)• (元参議院議員)• (参議院議員、元衆議院議員、元、元)• (知事、元衆議院議員、元内閣府副大臣、元)• (前衆議院議員)• (前衆議院議員、元・、元)• (前参議院議員、元金融・郵政改革担当大臣、元)• (前参議院議員)• (前衆議院議員)• (前衆議院議員)• (前衆議院議員)• (前衆議院議員、元、元)• (前衆議院議員、元)• (前衆議院議員)• (前衆議院議員、元財務副大臣)• (前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演• (前衆議院議員、元厚生労働大臣)• (前知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者)• (前参議院議員、元文部科学副大臣)• (前参議院議員)• (元参議院議員、元兼兼)• (前参議院議員)• (元衆議院議員) - 民主党議員時代に出演• (元衆議院議員、前知事)• (元衆議院議員、前長)• (前衆議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員、元、元)• (衆議院議員、元(外交及び安全保障担当)、元)• (衆議院議員、幹事長、元兼)• (衆議院議員、元兼兼、元兼拉致問題担当副大臣)• (衆議院議員、前内閣総理大臣、元、元財務副大臣)• (元衆議院議員、元)• (元衆議院議員、元)• (元参議院議員、元)• (衆議院議員)• (知事、前参議院議員、元、元)• (前衆議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、浜田(幹事長)、大竹(党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党 」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。 (浜田は降板後2012年に逝去) 過去の出演者 番組開始当初から、降板時の翌週からの出演者への引き継ぎおよび花束贈呈の儀式・演出は行っておらず、卒業の挨拶も25年以上いっさい行われていない。 本編終了後の翌週の予告でナレーションにより軽く触れる程度となっている。 そのため、特に進行女性キャスターに関しては翌週から突然交代しているという状態で番組を進行していた。 (初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日)• (大竹まことの代理出演、5月17日放送分) 進行• (1989年7月 - 8月)• (1989年8月 - 1991年3月)• (1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月)• (1990年5月 - 6月)• (1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月)• (1990年8月 - 9月)• 関口が降板し現在のような討論型の番組となった1990年に、竹下・檀・星野・中井の4人(後に竹下・檀は正式のレギュラーとなる)が1ヶ月 - 2ヶ月の期間限定で進行役を担当するようになり、同時になどのパネリストと区別されるようになった。 ナビゲーター• 初代:(現・参議院議員、1989年7月 - 1995年6月) - 第1回の放送中、「唐突」を「からとつ」と読み上げる。 スタート当初は影のナビゲーター「マリリン」として顔出ししなかったが、石井が他の仕事で有名になっていくにつれ、少しずつ姿が映し出されるようになり(途中の段階では顔を隠すためタイトルロゴで覆っていた)、最後は完全に顔を出して出演した(議論が行われているスタジオの右後部にいた)。 聖路加看護大学に学士入学する準備のため、1995年6月に降板。 2代目:(1995年7月 - 1997年12月)• 3代目:海老原由佳(1998年1月 - 1998年3月) レギュラー• (参議院議員、「(新)日本の景気を考える」司会、当時アナウンサー)• (初期のレギュラーパネリスト)• 「 鉄のゲージツ(芸術)家」(1994年10月 - 1996年3月までレギュラーパネリスト)- 降板後も2002年3月までは不定期出演として出演を継続していた。 (1995年4月 - 1997年12月までレギュラーパネリスト)- 降板後も2002年3月までは不定期出演として出演を継続していたが、政治1本化以降出演せず2015年5月4日に約14年ぶりにゲストとして出演した。 現在は、たまにゲストとして出演している。 他の番組などで後にTVタックルの映像が一部放送される場合、一部の出演者の顔はや権利関係の都合上、モザイク処理されることがある。 頻出ゲスト• (政治評論家、元自民党衆議院議員、「 悪党党」幹事長]) 番組には、たけしを総裁とする「悪党党」の幹事長という架空の肩書きで、準レギュラーとして出演した。 衆議院議員・の2008年3月10日付メルマガによると、「ハマコーマジ切れ、番組降板! 」と銘打っている。 浜田はかねてより暴言退場癖があったが、これまで決して暴言を吐かなかった阿川に罵詈雑言を浴びせて退場したためと記されている。 以降出演が無かったが、2009年7月20日放送の20周年記念スペシャル第3弾でVTR出演し、「20周年に参加させてもらい心から感謝しています」と述べている。 2012年8月5日に他界し、8月6日放送回の冒頭で追悼メッセージが放送された。 同年12月3日放送分では、同じく同年死去した三宅久之とあわせて追悼特別企画が放送されている。 (政治評論家、元特別報道部長) 2001年12月10日放送分で初登場。 浜田幸一と隔週交互での準レギュラー出演が多かったが、時に2人とも出演して激論を交わしたこともあった。 2012年にテレビ出演など評論活動からの引退を表明し、同4月2日放送分をもって降板し、「引退3時間スペシャル」として放送された。 2012年11月15日に他界。 翌日が解散となったために11月19日放送分が生放送となり、その中で追悼メッセージが放送された。 () 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少し、2018年11月28日に他界。 主なゲスト• (映画監督)• (元・タレント)• (映画監督)• (タレント)• (エッセイスト)• (作家、元参議院議員)• (作家)• (、) - 浜家の紹介ナビで「こうかみじょうと」と間違えられたことがある。 (女優)• (作家)• (ジャーナリスト)• (当時テレビ朝日コメンテーター、現・知事)• (軍事評論家、第29代) たけしバイク事故時の代役司会 1994年9月〜1995年2月。 (1994年9月12日)• (1994年10月10日)• (1995年1月23日)• (1994年9月5日)• (1995年1月16日)• 主なコーナー (新)日本の景気を考える• 放送期間:1995年4月 - 1999年7月• 司会:(当時)• 内容は「経済問題評論家・北野武(ビートたけし)」が、毎回全国各地から呼んだゲストと共に日本のについてトークを行うというもの。 このコーナーで丸川がを飲み過ぎて冷静さを欠き、喋れなくなるハプニングもあった。 その後、2009年(平成21年)7月の「20周年記念スペシャル」で当コーナーが復活。 この時は過去の傑作VTRに加え、過去に登場したゲストが再び出演した。 2009年(平成21年)9月21日の「3時間スペシャル」でも再登場した。 2010年(平成22年)1月11日の「3時間スペシャル」でも当コーナーは復活 したが、司会は(当時テレビ朝日アナウンサー)に交代。 ぶらり赤字列島の旅• 旅人:• 不定期で放送。 日本の施設を追う。 このコーナーのタイトルは、系で放送中の紀行番組『』のパロディ番組。 滝口はその番組でもナレーターを務めていた。 2010年(平成22年)8月2日の放送では「ぶらりその後の旅」を放送。 ナレーションを担当していた滝口順平が2011年8月29日に死去したため、その後は本番組のナレーターである銀河万丈がナレーションをする事となった。 永田町時代劇(政界時代劇スペシャル)• 人気コーナーの「永田町時代劇」では現在の政局の動きを時代劇ドラマでコミカルに描きなどの現職議員も本人役で出演し、ついに三宅まで出演するようになった。 (肩書き)・(役名):(モデルの人物) 時代劇に登場する肩書き• 将軍:• 副将軍:• 側用人:• 外交奉行:• 防衛奉行:• 養生奉行:• 農水奉行:• 普請奉行:• 勘定奉行:• 幕政刷新奉行:• 幕府戦略担当奉行:• 飛脚奉行:• 旗本:与党議員• 藩主:野党党首• 藩士:野党議員• 大老:幹事長• 必殺仕分け人: 菅藩:民主党• 鳩山由紀之介:(演:)• 前大老・小沢一郎太:• 普請奉行・前原誠司郎:• 岡田藩藩主・岡田克弥:• 将軍・菅隼人:(演:)• 小沢藩家老・輿石南:• 渡部恒蔵:• 小沢藩藩士・野田佳比古:• 将軍をめざす男・河村たかし:(本人出演)• 小沢藩藩士・松原仁助:(本人出演)• 小沢藩藩士・原口一広:(本人出演)• 前原藩藩士・永田久康:(以前は本人出演)• 側用人・仙谷由太:• 養生奉行・長妻明:• 側用人:平野博衛門:• 幕政刷新奉行・舫蓮:• 大老・枝野幸之進:• 旗本・高嶋良光:• 旗本・樽床伸三: 谷垣藩:自由民主党• 将軍・福田康家:• 元将軍・小泉純七郎:• 元将軍・森喜太朗:• 安倍晋吾:• 前側用人・与謝野薫:• 武部勤守:• 戦対奉行・古賀誠之助:• 元大老・加藤紘一郎:• 元大老・山崎助:• 大老・中川安直:• 青木幹家:• 元老中・中川昭一郎:• 麻生太郎兵衛:• 谷垣禎右衛門:• 窯業奉行:柳澤伯太夫:• 農水奉行・赤城徳家:• 農水奉行・遠藤武蔵:• 高村彦左衛門:• 勘定奉行・額賀福助:• 飛脚商人化奉行・竹中平造:• 元防衛奉行・九間章生:• 元飛脚奉行・野田聖之介:• 元幕府外交特使・猪口邦姫:• 旗本・佐藤ゆか里:• 将軍候補・小池百合之丞:• 谷垣藩家老・石破茂吉:• 大老・細田博行:• 谷垣藩藩士・平沢勝衛:(本人出演)• 旗本・山本三太:(本人出演の回もあり)• 旗本・大村秀秋:(本人出演)• 旗本・松村太蔵:• 旗本・河野一太郎:• 谷垣藩藩士・小泉新次郎:• 谷垣藩藩士・谷川矢一:• 谷垣藩藩士・西田正司: 神崎藩:公明党• 神崎藩藩主・神崎武則: 亀井藩:国民新党• 亀井藩藩主・亀井静家: 福島藩:社会民主党• 福島藩藩主・福島みずほ: その他• 元外交奉行・田中真紀姫:• 北の将軍様:• 堀衛門:• 建築問屋・小嶋進之助:• 悪党党・大竹誠:• お佐和:(本人出演)• 天下のご意見番・三宅久之介:(本人出演)• 南野知恵蔵:• 小林興吉:• 丸川珠世:• 丸山和八:• 前筆頭与力・守屋武政:• お幸の方:守屋幸子(演:阿川佐和子)• 防衛問屋・宮崎屋:• 瓦版屋元締め・渡辺常雄(通称なべ常):• 天下り役人・勝家誠彦:• 亜米利加国大統領:• 大江戸飛脚問屋主人・斎藤次郎吉:• 大阪城城主・橋本徹平:• 将軍・細川盛煕:• 小谷亮子:• 三原じゅんこ: 勝谷は2008年のに「に立候補します」というメールを流したとき、選挙ポスターとして、このときの時代劇の扮装の写真を使ってオチにしていた。 視聴者参加公開タックル 題名同じ。 放送日は(平成5年)12月6・13日。 ゲストは結城哲也(前半)・(後半)。 番組内で行われる議論に対し異議を持つ視聴者が多く番組に送られたからの手紙にも実際に番組の議論に参加したいと言う希望が多く寄せられたため、番組内で参加希望者を募り実際に番組に出演させた。 相当な数の参加希望の応募があったため、番組スタッフによるが行われた。 まず「 女の幸せは男で決まるか? 」等の番組側が用意した題目に対し、自分の意見を文章にして送らせた。 その中から番組出演に十分耐えると判断される者を選び出し、次は筆記と面接による選考が行われた。 このようなオーディションを行った結果、10代から50代までの各世代でそれぞれ10人が「世代代表」として選考され通常の番組と異なりスタジオ内に各世代を分けてレギュラー出演者と対面に座らせるセットが造られそのセットに参加者を座らせ番組が収録された。 普段はテレビで見る出演者がすぐ自分たちの目の前いるためか若い世代の参加者が緊張して、収録開始直後は発言数が極端に少なく盛り上がりに欠けた。 特に10代を代表する参加者の消極的な態度に司会者のが不満を漏らす場面もあった(放送時はカット)。 収録が進むにつれ次第に場の雰囲気に慣れたためか、参加者の発言は収録後半になるほど活発になった。 しかし収録終了後、多くの参加者が自分の意見を十分に言えなかったことを悔やんだ。 参加者全員に1万円の出演料が足代として支払われた。 番組収録の終了後、ビートたけしは「今回の収録は、番組スタッフも参加者も(視聴者参加型という企画に)慣れていない面があった。 次回の同企画ではもう少しスムーズにできるのではないか」という意の感想を述べた。 つぶやきシローの日本の頭痛 ごろに放送。 が日本全国で問題を抱えている場所を尋ねてみるコーナー。 たけしのコレってどーなの!? 8月9日放送分から放送開始。 たけしが疑問に思っていることをフリップを元に紹介するコーナー。 喫煙コーナー ごろから放送。 エンディングの直前にビートたけし・大竹まこと・ヒロミの3人でスタジオ出口付近に設置してある灰皿にたむろして、を吸いながら、討論のこぼれ話などを語り合うコーナー。 ヒロミが出演しない回は、ビートたけしと大竹まことの二人でトークを展開していた。 エンディングテーマ曲が討論に合わせて歌が流れる方式に変更された回以降、放送されていない。 番組前後のクロスプログラム 20時台の番組とのクロスプログラム• 3月まで、たけし、大竹、阿川の3人が揃い、たけしが「このあとは、たけしのTVタックル!! 」と述べているが、たけしが噛んだのか笑いを誘うシーンがあった。 2010年4月以後、直前の番組である「」の司会を務めるとが担当している。 ただし、「」がスペシャルを行う場合はこの番組の司会を務めるが担当している。 22時台の番組とのクロスプログラム• 基本的にその後の「」のその日の注目ニュースの映像を紹介する程度。 2010年4月以後、テレビ朝日系列のゴールデン枠の番組では前の番組の出演者が「この後は」や「(前の番組名)の後は」と述べてから次の番組の予告をするが、報ステは生放送なので、たけしが「TVタックルの後は…(報道ステーション)」と紹介することはほとんどない。 2013年10月改編後、ドラマ体制となっている水曜と木曜の21時枠番組は、『報道ステーション』との接続がレスに変更されたが、当番組は火曜日の『』や、金曜日の『』(制作)と共に、引き続きクロスプログラム・ステブレ入りで接続する。 深夜番組とのクロスプログラム• 2014年3月31日にネオバラエティに移行後は、「報道ステーション」終了後「この後は『TVタックル』」と告知する。 番組開始時刻の23:15:00に当番組の内容紹介と、直後番組「」の予告を合わせて15秒で告知し、2分の前CMを経て本編へとなる。 主な出来事(エピソード・ハプニング) 1990年代• 1991年(平成3年)からがよく出演し女性問題などを扱って他のパネリストとバトルを繰り広げ、特にとの2人は罵り合いになった。 (平成13年)に田嶋が参議院議員選挙に立候補した際は立候補前に田嶋が出演した収録分から編集により田嶋の出演を削る事で対処、後に選挙活動の密着取材を放送。 (平成6年)にビートたけしがバイク事故で番組を欠席している間、当時のサブ司会者のを中心に前述の特別ゲストがたけしの代役を務めた。 その間、当時のオープニングCGではたけしの顔が縦半分に割り「TV」と出てくる部分も欠席期間中は一部修正されたがたけし復帰時初回から数回は片目に眼帯が付けたものに修正された。 その中で舛添要一が だから、そういう精神的異常者を、その、いまのあれでは外に出して街に歩かせようということなんでしょう。 そしたらさ、逆にいえば銃器を解放して欲しいよな。 我々の防御の方法がないんでさ、困っちゃうと思う。 と応じた。 このやり取りがやなど120もの精神障害者団体から抗議を受け、12月2日の回の最後では局アナが謝罪文を読み上げ 、12月3日にテレビ朝日社長のが定例会見で謝罪した。 障害者団体が最も強く求めたのは、肝心の舛添やたけしによる謝罪であったが、テレビ朝日側は「あくまで編集ミスであり、局の責任である。 二人に謝罪は求めない」との立場に終始し、二人は結局謝罪していない。 (平成9年)に番組内でパネラーの1人が「なんていらない」ととも受け取れる発言をしたことで当時参議院の実力者であったから抗議を受ける。 が起きる前、番組全編がたけしとの対談だった回がある。 やなどののテーマが人気となり、超常現象肯定派と否定派に分かれ激しいバトルを繰り広げた。 その中で「」の話題に乗じての予言に関するテーマを放送、様々な予言者・研究家が出演した。 (平成10年)12月31日にで『世紀末スペシャル・ノストラダムスの大予言』を放送。 それ以降(平成17年)まで毎年に特番で『超常現象スペシャル』を放送するのが恒例となる。 1998年(平成10年)から(平成16年)までの平均は8. (平成13年)まではエンディングで「あなたのご意見をお寄せ下さい」というテロップが出ていたが、現在は出ていない。 2000年代• (平成13年)1月ごろ、その年の秋にが検討される。 しかしその年の4月に政権が誕生し「小泉人気便乗企画」と銘打って政治・選挙の特集を放送したところ視聴率が上がったことからそれ以降的な内容を扱う事が多くなり、ゲストも主に現職国会議員やなどの政治などが出演するようになる。 (平成14年)と(平成15年)は同局『』で取り上げられたが中心。 の『』(関西ローカル)にゲスト出演していたが「本人(ビートたけし)は(このテーマを)嫌がってますもん」とテレビ朝日側に苦言を呈していた。 2003年(平成15年)9月15日放送分において、(当時)の拉致問題に関する国会発言を意図的に編集し、不規則発言を行ったかのような誤った印象を視聴者に与えたとして、翌2004年6月22日付でから厳重注意のを受けた。 テレビ朝日もマンネリ解消とたけしへの配慮を考えたのか(平成18年)は『』が12月30日18時台後半-20時台に繰り上げられ、大晦日は『政界スペシャル』が20時から3時間放送された。 その『政界スペシャル』のサブタイトルが「紅白なんかぶっとばせ」となったことに関しては、たけしが完璧に呆れていたといわれている。 (平成19年)は30日に『超常現象スペシャル』は放送したが、大晦日の夜はがメインの『』ベースの特番(翌年(2008年)は『』)を放送。 (平成20年)も『超常現象スペシャル』は3年連続同枠で放送。 2009年(平成21年)は12月23日に繰り上げられた。 緊急報道時に次番組の『』が繰り上げ放送となり『TVタックル』が休止となる場合があり、これまでに(平成17年)8月8日の、2006年(平成18年)1月23日の元社長らの逮捕、2007年(平成19年)7月16日ので3回休止となっている。 2008年(平成20年)9月1日は首相が『TVタックル』放送中の21:30ごろに辞任を表明。 このため途中で「TVタックル」を中断、そのまま『報道ステーション』繰り上げとなった。 このほか2009年(平成21年)は当初放送する予定であったが「」が60分延長に伴い休止となり、そのまま『報道ステーション』を放送した。 2009年(平成21年)7月6日に20周年を迎え、3週連続でSP企画が放送された。 2010年代• (平成22年)1月17日、『どーする?! TVタックル』時代より、長年当番組のを務めたが急逝。 翌日・の放送分のナレーションは収録済みだったため、普段通り放送された(と一部のナレーションを郷里が担当)。 1月25日放送分から郷里が担当していた部分のナレーションを、二代目のが引き継いだ(ただし1月25日放送分の予告編は郷里が担当)。 同放送のEDでは、郷里の死去に対するお悔やみの言葉を、江口のナレーションを添えて放送した(番組タイトルロゴをぼかした画面を背景に、追悼テロップを表示)。 (22年)7月5日放送分からアナログ放送では、(23年)の地上デジタル放送への完全移行を前提に、に移行した。 2011年3月14日は東日本大震災発生に伴い、『拡大版』を放送したため休止となった。 2011年4月11日の3時間スペシャルの後半は生放送だったが、放送はCM中に地震が発生し、たけしとの2人が椅子に隠れた。 (平成24年)4月2日長らく字幕放送が行われていなかったが、当日放送分の「三宅久之マル秘卒業記念3時間スペシャル」から字幕放送が開始された。 (平成25年)2月10日、日曜21:00 - 23:10(本来の『』枠)で、『 ビートたけしのプレミアTVタックル』が放送された。 ならびにのレギュラー放送が2週連続で休止されたことに対する事実上の代替となった。 (平成25年)5月13日、3週間振りの放送は、史上初の『』・『』との合体3時間スペシャル。 当番組に『Qさま』から「」メンバーのと石原良純がゲスト出演した。 (平成25年)5月20日から6月10日までの4週はいずれも通常放送であったものの、テレビ朝日他一部地域のみ20:58開始のとなった。 通常放送がフライング体制となったのは9月以来11年8ヶ月振り(このときは系列局全局で20:54開始であった)。 ただし21:00までは当日の放送内容を紹介し、21:00から大半の地域が飛び乗り、本編開始となった。 『お試しかっ』や『Qさま』の3時間SPで3週休止した後、同年放送分から再び21:00開始に戻る。 (平成25年)12月9日、11月29日から始まったテレビ朝日開局55周年記念番組『』のラストとして、23:15 - 翌0:15(本来の枠)で「特別編 」として放送。 (平成26年)3月31日、この日より枠にて放送。 同時にからに変更された。 (平成26年)12月28日、29日が『有吉お笑い大統領選挙』のためにレギュラー放送が休止になる代替として、『』(日曜21:00 - 23:54 )でをゲストに迎えての『 ビートたけしのTVタックル 2014年! オレたちのお騒がせニュース3時間SP! 』を放送。 日曜21:00での放送は(平成25年)2月10日放送の『プレミアTVタックル』以来で、『日曜エンタ』枠では初。 SP』を放送。 (平成27年)12月27日、20:54 - 23:24に『ビートたけしのTVタックル 年末スペシャル』を放送。 年末最強の激論SP』の第2部として放送。 2016をザワつかせた30人』を放送。 2017をザワつかせた50人』を放送。 (平成30年)6月17日、『』(21:00 - 23:05)でこの日の通常放送とは別に『 ビートたけしのTVタックル 米朝会談ついに実現! 2018をザワつかせた50人』を放送。 (平成31年)4月28日、この日の放送をもって平成最後の放送となった。 2019年(令和元年)、令和最初の放送。 2019年(令和元年)、放送開始30周年の放送。 2019年(令和元年)、通常放送とは別に18:30 - 19:58に『 ビートたけしのTVタックル 東京・神奈川・千葉・埼玉 事故多発交差点ワースト10全部調べます! 全国交通事故ミステリーSP』を放送した。 2019をザワつかせた50人』を放送した。 スタッフ ナレーション 近藤以外はいずれも・ナレーター。 (・ナレーター)• 、同年5月15日、6月12日、8月7日、2017年1月22日、2月19日、4月16日、4月30日、5月14日、6月25日、7月9日、9月3日、2018年2月4日、12月23日、2019年8月11日、8月25日、9月22日、10月6日、10月20日、11月10日、11月24日、12月15日、2020年1月19日、1月26日、2月9日、2月23日、3月8日、4月5日、4月19日、5月3日、5月17日、5月31日、6月14日)、(2016年5月29日、10月16日、2017年10月8日、2018年4月29日、6月10日、2019年5月5日、5月19日、8月4日、8月18日、9月29日、11月17日)、(2017年6月18日)、(2018年11月18日)• TM:久保田春記(テレビ朝日)• 音声:志村剛、藤本樹恒、林田群士(週替り)• 照明:宮内貴生、井場琢哉()(週替り)• 美術:井磧伸介(テレビ朝日)• デザイン:前田香織• 美術進行:野口香織• 大道具:松岡美都司• 小道具:髙﨑香織、南本怜那(週替り)• 電飾:三木貴司、柴山潤(週替り)• 花装飾:松井達彦• ヘアメイク:川口カツラ店• 美術協力:• 編集:中西祐介、清水堅介、手塚貴幸(週替り)• MA:田中陽一郎、豊田紗佑里、石橋侑也、谷澤宗明、前田悠貴(週替り)• 選曲効果:竹科俊至• TK:西岡八生子(ニケデス)• 編成:田中真由子(テレビ朝日)• 宣伝:堀場綾技子(テレビ朝日)• リサーチ:ワンバイワンプラス• AD:田中淳也、大西千香、板橋周平、松永力、青野悠菜、浅野紘也、関谷俊宏、大坪 平 理佳、的場翔太、山井拓也、新崎康快、山城圭、今津悠太、横川大夢、須田梨紗子、村上聖宜、大澤耕也、村岡美子、石山詔一、吉田拓実、村上友萌、古川裕一郎、長内拓、溝口昇平、金杉ゆかり、川名洋平、長島有希、横山美希、三宅拓也、井上裕介、岡本喜郎、一色凌、柳千晶、佐藤良信、藤田綾、佐々木宏之、井上浩好、石井美幸、金城万利郎、外山隼、福野紗也、那須愛美、小川渚(週替り)• 制作協力:GOLDSHIP(2017年4月9日 - )、Rippte、(共に2019年4月7日 - )• 制作著作:(2014年3月までが制作名義、2014年3月31日からは制作著作名義) 過去のスタッフ• ナレーター:(1989年7月3日 - 2010年1月18日)、、(2010年1月25日 - 3月? 制作:(テレビ朝日、1989年7月 - 1990年3月)• ゼネラルプロデューサー:山下浩司(テレビ朝日、2009年7月 - 2010年3月)、藤井智久(テレビ朝日、2011年7月11日 - 2017年3月)• AP:高橋良美、井上篤史、小田敬• AD:安藤耕介、大竹一輝、塚平敬司、小林恵、内田洋輔、黒石岳志、高山和也、西山和行、宮沢志歩、三浦敦子、中松謙介、安達優貴、茂木玲央来、福士恭平、荒木恵、臼井梨恵、駒奈穂子、鈴木彰• 制作進行:西村瑞穂• キャスティング:鈴木美江子• リサーチ:CUBE、T2ファージ、• 編成:金澤美保・遠藤華子・林雄一郎・宮田奈苗・吉見尚子・西山隆一・澤井尚子・森大貴・吉村周・高橋正輝・池田佐和子・島川博篤・西岡佐知子・須藤なぎさ・高橋陣(テレビ朝日)• 広報:森田兆基・小林直紀・小泉善太郎・太田正彦・・村上弓・望野智美(テレビ朝日)• 宣伝:椿本晶子・吉原智美(テレビ朝日)• WEB:荒木美住・織田笑里(テレビ朝日)• デスク:小林裕美子・由利倫梨子(テレビ朝日)• 技術:• TM:大島秀一、太田憲治、福元昭彦(テレビ朝日)• SW:本郷勝利• カメラ:中司武史、住田清志、栗林克夫• VE:勝又章浩、勝屋一朗、宮越直幸、小松淳• 音声:中村政夫、中本清• 照明:田中晴夫・江口義信・中野照規(共立)• ロケ技術:、インフ• 美術制作:石井直澄、黒目樹司、吉木崇、森つねお• 美術進行:亀井直子、髙木由樹• 大道具:尾和敏明、粟津歳、真次智樹、高子昌樹、小塚信人、松本寿久、森田亘、中沢誠、木村朔也、橋本海• 小道具:東条綾乃、白鳥泰司、塚谷将朗、宮本恵美子、加藤美佑、斉藤佳穂• メカニック:八木澤市朗()• 電飾:青羽亮、ワンダーライト• メイク:北森久光、重原純子、杉山和子、甲斐女衣花• モニター:村松裕章、下園拓也• マルチモニター:奥山航• オープニングCG:マックレイ、田辺潤一郎、、蒲池高志• タイトルCG:• CG:小林宏嗣(テレビ朝日)、大森清一郎• 編集:須藤康則、佐藤敦哉、辻泰治、細川孝幸()、室井智之• 調査:プロポ、• 協力: ネット局と放送時間 2020年4月2日現在• 2016年4月3日からは 全編ローカルセールス枠のため、通常時同時ネット局でも臨時非ネットまたは後日振替放送に変更する場合があり、当日遅れネット局でも臨時同時ネットまたは後日振替放送あるいは非ネットまたは通常より数時間繰り上げでの放送(当該時間帯にゴルフ中継などの特別番組がある場合)にそれぞれ変更する場合がある。 放送対象地域 放送局 系列 毎週日曜 12:00 - 12:55 脚注 (EX) 同時ネット 制作局 (HTB) (ABA) (IAT) (AAB) (YTS) (KHB) (KFB) (UX) (abn) (HAB) (SATV) (NBN (ABC)• 毎年8月のの中継が準々決勝・準決勝開催日と重なった場合は全編臨時非ネットとなる(雨天中止時はネット復帰)。 2014年4月1日未明(制作局で3月31日深夜放送分)から2016年3月29日未明(制作局で28日深夜放送分)までは1時間15分遅れネット。 (KSB)• 2017年10月8日から同時ネット再開。 2016年3月28日までの月曜深夜時代は同時ネット、日曜枠移動後の同年4月17日・5月1日に単発時差ネットで放送、同年6月19日から15:25 - 16:25枠での時差ネットで放送再開。 (eat) (yab) 3時間30分遅れ 15:30 - 16:25• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2017年3月末までは、15:25 - 16:25で放送。 (KBC)• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは自社制作番組『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』の放送枠を変更しないため、全編時差ネットに変更。 2017年3月末までは、15:25 - 16:25で放送。 (KAB)• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2018年4月から9月までは毎週土曜日 15:30 - 16:27に、2018年10月から2019年4月20日までは毎週土曜日 12:00 - 12:56に放送。 2019年4月27日から『』放送開始に伴い、現在の時間に変更。 (KKB)• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2016年4月23日から10月15日までは毎週土曜日 16:00 - 17:00に、2017年3月25日までは毎週土曜日 15:00 - 16:00に放送。 (NCC) 3時間25分遅れ 15:25 - 16:25• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2017年3月末までは、15:25 - 16:25で放送。 (OAB)• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2017年3月末までは、15:25 - 16:25で放送。 (QAB) 3時間25分遅れ 15:25 - 16:20• 2016年3月28日までは同時ネット、4月3日からは九州朝日放送制作『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』を同時ネットに伴い、全編時差ネットに変更。 2016年4月から6月までは毎週土曜日 14:55 - 15:55に遅れ放送。 (HOME) 毎週火曜 0:55 - 1:50 (月曜深夜)• 2018年3月25日まで同時ネット。 (KUTV) 毎週木曜 23:56 - 翌0:51• 2015年4月17日(金曜日)未明から再開し(ただし初回は編成の都合で15分遅れとなり、金曜日になってからの放送)、2016年3月24日までは毎週木曜日 23:58 - 翌0:58、2017年3月までは毎週木曜日 23:55 - 翌0:55に放送。 以前に放映していた系列外ネット局 かつては以下のようにテレビ朝日系列局のない地域でも放送されていた が2000年代中盤以降、政治を主軸に置いた番組構成となり話題の鮮度に欠けるようになってしまったためか、クロスネット局やテレビ朝日系列局のない地域での放送は一時期行っていなかったが、上述のようにテレビ朝日系列局の置局がない高知県域局のテレビ高知(TBS系列)で系列外ネットが唯一行われている。 :(YBS)()• 石川県:(ITC)(フジテレビ系列。 北陸朝日放送開局まで、未明帯に遅れ放送)• :(FBC)(日本テレビ系列 )• ・:(TSK)(フジテレビ系列)• :(JRT)(日本テレビ系列)• :(MRT)(TBS系列) 放送時間の変遷 放送期間 放送時間() 1989. 07 2000. 03 月曜日 21:00 - 21:54(54分) 2000. 04 2001. 09 月曜日 20:54 - 21:48(54分) 2001. 10 2014. 03 月曜日 21:00 - 21:54(54分) 2014. 04 2016. 03 月曜日 23:15 - 翌0:15(60分) 2016. 04 2017. 03 日曜日 11:55 - 12:55(60分) 2017. 04 2018. 03 日曜日 12:00 - 12:55(55分) 2018. 04 2019. 09 日曜日 11:55 - 12:55(60分) 2019. 10 現在 日曜日 12:00 - 12:55(55分) この節のが望まれています。 1989年• 1989. 07 - 1989. 09:「」• 1989. 10 - 1989. 12:「」 1990年• 1990. 01 - 1990. 03:「」• 1990. 04 - 1990. 06:「」• 1990. 07 - 1990. 09: (不明)• 1990. 10 - 1990. 12:「」 1991年• 1991. 01 - 1991. 03:「」• 1991. 04 - 1991. 06:「」• 1991. 07 - 1991. 09:「」• 1991. 10 - 1991. 12:「」 1992年• 1992. 01 - 1992. 03:「」• 1992. 04 - 1992. 06:「」• 1992. 07 - 1992. 09:「」• 1992. 10 - 1992. 12:「」 1993年• 1993. 01 - 1993. 03:「」• 1993. 04 - 1993. 06:「」• 1993. 07 - 1993. 09:「」• 1993. 10 - 1993. 12:「」 1994年• 1994. 01 - 1994. 03:「」• 1994. 04 - 1994. 06:「」• 1994. 07 - 1994. 09:「」• 1994. 10 - 1994. 12:「」 1995年• 1995. 01 - 1995. 03:「」• 1995. 04 - 1995. 06:「」• 1995. 07 - 1995. 09:「」• 1995. 10 - 1995. 12:「」 1996年• 1996. 01 - 1996. 03:「」• 1996. 04 - 1996. 06:「」• 1996. 07 - 1996. 09:「」• 1996. 10 - 1996. 12:「」 1997年• 1997. 01 - 1997. 03:「」• 1997. 04 - 1997. 06:「」• 1997. 07 - 1997. 09:「」• 1997. 10 - 1997. 12:「」 1998年• 1998. 01 - 1998. 03:「」• 1998. 04 - 1998. 06:「」• 1998. 07 - 1998. 09:「」• 1998. 10 - 1998. 12:「」 1999年• 1999. 01 - 1999. 03:「」• 1999. 04 - 1999. 06:「」• 1999. 07 - 1999. 09:「」• 1999. 10 - 1999. 12:「」 2000年• 2000. 01 - 2000. 03:「」• 2000. 04 - 2000. 06:「」• 2000. 07 - 2000. 09:「」• 2000. 10 - 2000. 12:「」 2001年• 2001. 01 - 2001. 03:「」• 2001. 04 - 2001. 06:「」• 2001. 07 - 2001. 09:「」• 2001. 10 - 2001. 12:「」 2002年• 2002. 01 - 2002. 03:「」• 2002. 04 - 2002. 06:「」• 2002. 07 - 2002. 09:「」• 2002. 10 - 2002. 12:「」 2003年• 2003. 01 - 2003. 03:「」• 2003. 04 - 2003. 06:「」• 2003. 07 - 2003. 09:・「」• 2003. 10 - 2003. 12:「」 2004年• 2004. 01 - 2004. 03:「」• 2004. 04 - 2004. 06:「」• 2004. 07 - 2004. 09:「」• 2004. 10 - 2004. 12:「」 2005年• 2005. 01 - 2005. 03:「」• 2005. 04 - 2005. 06:「」• 2005. 07 - 2005. 09:「」• 2005. 10 - 2005. 12:「」 2006年• 2006. 01 - 2006. 03:「」• 2006. 04 - 2006. 06:「」• 2006. 07 - 2006. 09:「」• 2006. 10 - 2006. 12:「」 2007年• 2007. 01 - 2007. 03:「」• 2007. 04 - 2007. 06:「」• 2007. 07 - 2007. 09:「」• 2007. 10 - 2007. 12:「」 2008年• 2008. 01 - 2008. 03:「」• 2008. 04 - 2008. 06:「」• 2008. 07 - 2008. 09:「」• 2008. 10 - 2008. 12:「」 2009年• 2009. 01 - 2009. 03:「」• 2009. 04 - 2009. 06:「」• 2009. 07 - 2009. 09:「」• 2009. 10 - 2009. 12:「」 2010年• 2010. 01 - 2010. 03:・「」• 2010. 04 - 2010. 06:「」• 2010. 07 - 2010. 09:・「」• 2010. 10 - 2010. 12:「」 2011年• 2011. 01 - 2011. 03:「」• 2011. 04 - 2011. 06:「」• 2011. 07 - 2011. 09:「」• 2011. 10 - 2011. 12:「」 2012年• 2012. 01 - 2012. 03:「」• 2012. 04 - 2012. 06:「」• 2012. 07 - 2012. 09:・「」• 2012. 10 - 2012. 12:「」 2013年• 2013. 01 - 2013. 03:「」• 2013. 04 - 2013. 06:「」• 2013. 07 - 2013. 09:「」• 2013. 10 - 2013. 12:「」 2014年以降• 2014. 01 - 2014. 03:「」• 2014. 04以降:エンディングテーマ曲は廃止された。 2014年4月から2016年3月までのエンディングのスタッフロール時に「」のイントロが流れた。 2016年4月からのエンディングのスタッフロール時にオープニングと同じが流れるようになった。 関連項目• 姉妹特別番組。 姉妹特別番組。 第1回に関しては本番組の特別編として放送された。 (制作) とTVキャスターのが司会の討論バラエティ番組。 番組の雰囲気・コンセプトは似ているがパネリストが互いに野放図な応酬を行うタックルに対し、各人が最初からパネルで考えを示し、司会者が議論の進行役を果たしている。 ただし関東圏(レギュラー出演者が猛反対しているため日テレでのネットは不可 で、を除く)や東北の一部(宮城県・秋田県を除く)福井県、沖縄県では放送されないことに加え、全編がスポット枠となっているため一般にテレビで取り上げ難い事柄が話題となる回が多い。 三宅がレギュラーを務めたほか、勝谷、田嶋、原口、舛添、宮崎など出演者にも共通点が多く、たけしや当番組ナビゲーターの江口ともみも出演経験がある。 (系列) 2006年(平成18年)春から放送されているが司会の討論バラエティ番組。 番組の雰囲気や、政治を扱うバラエティという面では似ている。 一方コンセプトは太田総理が提示する極端な提案にパネリスト全員で是非を下すと言う形で、自由討論型ではない。 出演者にも共通点が多かった。 () この番組のパロディ的なシーンがあり、同作品にとが出演。 2004年(平成16年)の大晦日に放送された超常現象スペシャルは同作の監督である、特技監督である、が出演し宣伝CMが流された。 当番組での紹介をきっかけとし、ネット上で話題となった学説。 信憑性は低い。 月曜21時台時代(2014年3月24日まで)はであった。 前半部分は収録放送で、4月18日分はについての特集、12月18日分は今年日本をダメにしたについて、11月12日分は中国に関しての放送だった。 前者の2つもどれか1つだけに絞って2-3時間スペシャルにする場合もあるが、19時台からの2時間SPである場合は当番組が放送される• 当該局では後に数回の不定期ネットを経て、全編遅れネットでネット再開し、その後同時ネットに移行。 2018年3月25日までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。 2016年8月の『全国高校野球選手権大会』期間中は11:55 - 12:00はミニ番組『エビ推シ~』放送のため、臨時に12:00飛び乗り(ただし、3回戦までが該当)に変更となった。 不定期で全国ネットのゴルフ中継または『』(戦中継)編成により、土曜午後での遅れネットになる場合がある。 日曜ゴールデンタイムにスペシャル版を放送する時は、同日正午分の月曜深夜での遅れネットを実施せず単発番組で穴埋めするか、そのまま遅れネットするかがその時々により異なる。 本来の時間帯で2018年4月から2019年3月までは自社制作番組『ココ! ブランニュー』を、同番組が日曜午前枠に移動した2019年4月からは『』(朝日放送テレビ制作)の再放送を編成。 以下のネット局のうち、石川テレビのみテレビ朝日系列開局に伴う放映権移行による終了でそれ以外は打ち切り。 テレビ朝日系列(サブ)とのでもあるが、ANNの一般番組供給部門は非加盟。 1989年3月までは日本テレビ系列単独加盟局であった。 放送されたとしても出演者のワンシーンとして扱われる程度。 まんたんウェブ 2014年1月30日閲覧。 スポーツニッポン 2014年3月5日閲覧• SANSPO. COM 2016年2月15日発行、同日閲覧。 ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2013年1月6日放送. ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2009年7月6日放送. ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2009年9月21日放送. ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2010年1月11日放送. ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2008年3月10日放送. ビートたけしのTVタックル. テレビ朝日. 2010年8月2日放送. 160-165• 鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編『放送法を読みとく』p. 86 2009年 商事法務• 2017年4月から2017年10月1日まで16:30 - 17:25に放送。 富山新聞 1993年3月24日付朝刊テレビ欄。

次の

ビートたけしのTVタックルとは (ビートタケシノテレビタックルとは) [単語記事]

テレビ タックル 出演 者

「テレビタックル、木村もりよ」に関するツイート 以前も言いましたけど、。 スウェーデン方式推奨、集団免疫つけるためには死ぬ人がいっぱいでたり、一時的な医療崩壊は仕方ないから経済をまわせだそうです。 といいながら重症感染者を出さない為にこれをやるんだと意味不明。 もう、この人出すのやめて欲しい。 — たかお cffUQsXqTt5xtMA 本日のテレビタックルに関するツイートとなっています。 ご覧の通り、TVタックルに東国原さんと木村もりよさんが出演していることが報告されています。 この放送の中で、お互いの意見に対する厳しい言葉の応酬が見られ、木村もりよさんの対応がTwitterで炎上することとなりました。 「テレビタックル、木村もりよ」に対する世間の反応 「木村もりよって自分が絶対正しいと思ってる典型的な人やな。 自分と違う意見の人を徹底的に攻撃する」 「木村もりよ、この人は擁護したいな。 このタイプの「ディスカッション時にデータを出さないとキレる。 なのでこの人がヒスっぽく見えるのはそのまんま東がなんのデータも数値も日数も出さないで話を進めてるからなんだよ。 TVタックル」 「木村もりよは話し合いができないタイプ。 最後まで話が聞けなくて、人が話してる途中で口を挟む人だと感じた」 「木村もりよさん、批判が多いのね。 言い方はあれだけど正論では?むしろ、東国原さんの方がテレビに出るのに論文も読まず、ただ主観と世論によった発言してて信頼性に欠ける気が…。 せっかく自粛してるから自粛が正しいと信じたいけど、それでは長引くという声もよく聞いておくべき。。 」 「TVタックル見てるんだけど、この木村もりよって人、そもそも「議論」をするつもりないよね」 などの声があがりました。

次の